「ドルアーガの塔(the Phantom of GILGAMESH)」大型アップデートで3つの新マップ登場!


ドルアーガの塔・2008072312-オンラインゲームニュース

新マップ「ナラク」

株式会社ゴンゾロッソは、オンラインRPGドルアーガの塔』にて、大型アップデートを実施した。

▼3つの新マップ登場!大型アップデート実施!

今回のアップデートでは、「ナラク」、「審判の荒野」、「ラビリンス」の3つの新マップが登場しました。

「ナラク」は6月に実装された「ナラク採掘場」から続く地域で、ガールー神を信仰する遊牧民が暮らしています。その奥には高原「審判の荒野」が存在します。さらに、続くダンジョン「ラビリンス」には大型モンスター「デーモン」が登場し、冒険者を待ち受けています。

さらに、メインダンジョン「ドルアーガの塔」も19階まで解放されました。

なお、8月13日(水)には早くも次回の大型アップデートを実施予定です。塔の階層拡張はもちろんのこと、新マップ、転職、決闘システム、称号システム、ギルドシステムなど新機能が続々登場します。どうぞご期待ください!

アップデート概要:
【新マップ】
・ナラク
「ナラク」は、遊牧民がテントを張って暮らす地域です。 「ナラク」の住民は、かつてバビリムが神々の戦いによって崩壊した際にイシター信仰を捨て、代わりに付近に降臨したガールーを信仰する人々です。そのため、バビリムからは異端として扱われており、外部との接触もほとんど存在しません。しかし、ガールーから授かった「オーブの炎」によって得た金属加工の術は大陸でも珍重されていて、「ナラク」製の金属武器は非常に貴重な存在となっています。この地域は基本的には荒地で、農作物には恵まれていません。付近に存在する古代都市「エシュヌ」から採掘されるオーブの原石を加工し、販売することで生計を立てています。また、「ナラク」の民は平等を常とし、協議制で物事が決定されています。

・審判の荒野
「ナラク」の後背地にあたる場所は、ガールー神が降臨した地域に繋がることから、「審判の荒野」と呼ばれています。荒々しく削り取られた高原はナラクの民にとっては聖域への玄関口であり、軽々しく立ち入ることを許されるものではありません。切り立った崖を抜けると、ラビリンスの入り口が冒険者たちを待っています。

・ラビリンス
ガールーが降臨する際、人類が神殿にむやみに近づかないように作り出した迷宮です。ここを抜け出せる程、熟達した冒険者であれば、ガールーに認められて新たな力を授かることもあると言われています。ガールーの眷属たちが多くはびこる、バビリムで最も危険な場所のひとつで、幾多の冒険者達が過去にこれに挑んでは敗れ去ったため、亡者たちがひしめいているとも言われています。

「ドルアーガの塔」19階
メインダンジョン「ドルアーガの塔」では、各階に「エニグマ」(謎)が隠されており、「エニグマ」を解くことで特別な宝箱を入手することができます。

ドルアーガの塔「ナラク」・2008072312-オンラインゲームニュース ドルアーガの塔「ラビリンスに生息するデーモン」・2008072312-オンラインゲームニュース

ドルアーガの塔(the Phantom of GILGAMESH)の

ゲーム詳細ページ 公式サイトへ
(c)NBGI/イズミプロジェクト published by GONZO ROSSO K.K. produced by Q Entertainment Inc.
2
3