「ベルアイル」真言魔術の限界を突破する「奥義書」が出現


ベルアイル・2008090203-オンラインゲームニュース

頑丈な短弓

株式会社ベルクスは、ファンタジーオンラインRPGベルアイル』において、2008年9月3日(水)18:00より、「黒の果実」、「白の果実」そして「黄の果実」から出現するアイテムを変更する。

▼「黒の果実」から真言魔術の限界を突破する「奥義書」が出現!~大樹の恵み~

■日時
2008年9月3日(水)18:00から

■「大樹の恵み」の果実アイテム入手方法
「黒の果実」「白の果実」
リーフレート「3000L(レア)」または「レア大樹の種」から出現。

■「黒の果実」から出現するアイテム
攻撃に関連するアイテムが出現
「魔術(地)の奥義書I」「魔術(地)の奥義書II」
「魔術(氷)の奥義書I」「魔術(氷)の奥義書II」
「魔術(炎)の奥義書I」「魔術(炎)の奥義書II」
「魔術(風)の奥義書I」「魔術(風)の奥義書II」
「魔術(光)の奥義書I」「魔術(光)の奥義書II」
「魔術(闇)の奥義書I」「魔術(闇)の奥義書II」
「魔術(時)の奥義書I」「魔術(時)の奥義書II」
それぞれの真言魔術スキルの最大値を上げる。
「魔(地)の宝珠1」「魔(氷)の宝珠1」「魔(炎)の宝珠1」「魔(風)の宝珠1」
「魔(光)の宝珠1」「魔(闇)の宝珠1」「魔(時)の宝珠1」
それぞれの真言魔術スキルを上げる。
「頑丈なバロックナイフ」「頑丈な剣」「頑丈なパイク」
「頑丈なクラブ」「頑丈なハチェット」「頑丈な短弓」
耐久度が高い「頑丈」シリーズの武器。
ジェムスロットが付きやすく、誰でも装備できる。
まれに通常よりも高性能な逸品が出現。
「DEX強化ジェム2」「STR強化ジェム2」「INT強化ジェム2」
装備と融合するとDEX、STR、INTが上がるジェム。
「チャームI」
闇の魔法型ガーディアン「リリス」専用のロジックルーンカード。
カードセット中は行動パターンが変化し、攻撃ダメージが増加する。
カードフォルダに入れる前ならば、他のプレイヤーとのトレードが可能。
ロジックルーンカードは使用回数に制限がない。
「ルーンを帯びた石」
産業省長官に30個渡すと、「金の果実」を受け取ることができる。

■「白の果実」から出現するアイテム
生産に関連するアイテムが出現
「木こりの魂」「鉱夫の魂」「武具職人の魂」
「鎧職人の魂」「料理人の魂」「調薬師の魂」
アーティファクトに生産スキルアップの効果を付与する。
「ミスリル鉱石」「アダマンタイト鉱石」「オリハルコン鉱石」
アーティファクトに耐久度アップの効果を付与する。
「ルーンを帯びた石」
産業省長官に30個渡すと、「金の果実」を受け取ることができる。
「ステラニウムインゴット」「フォルチウムインゴット」「モンシウムインゴット」
「ルナチウムインゴット」「ソルニウムインゴット」「ノクシウムインゴット」
「イグニシウムインゴット」「ブロンズインゴット」
様々なアイテムの材料になる合金。

⇒「大樹の恵み」の詳細はこちら
ゲーム内ショートカット[Ctrl + S]

⇒闇のガーディアン(守護精霊)特設ページはこちら

▼「黄の果実」で次世代に受け継ぐアーティファクトを作製~幸運の花~

■日時
2008年8月27日(水)18:00から

■「幸運の花」の果実アイテム入手方法
「黄の果実」
「幸運の花工房」にてBloomで作成。

■「黄の果実」から出現するアイテム
アーティファクトに関連したアイテムが出現
「装身具の技法書」
アーティファクトアクセサリ「ブリュンヒルデの指輪」、「ノルンのピアス」、
「ブリーシングの首飾り」の製法が書かれている。
「採取道具の技法書:上巻」
アーティファクト伐採道具「ランバーアクス」、
採掘道具「マイナーピック」の製法が書かれている。
「生産道具の技法書:1巻」
アーティファクト武具作製道具「職人の武具用ハンマー」、
防具作製道具「職人の鎧用ハンマー」の製法が書かれている。
「生産道具の技法書:3巻」
アーティファクト調理道具「職人のフライパン」、
調薬道具「職人のすり鉢」の製法が書かれている。
「魔水晶」「エレクトラム金属」「太陽の石」
「月の石」「星の石」「ユグドラシルの木片」
様々なアーティファクトの材料になる貴重なアイテム。

⇒一攫千金ナンバーズ。「幸運の花」の詳細はこちら
ゲーム内ショートカット[Ctrl + T]

⇒全員プレゼント付き! カムバックキャンペーンはこちら
ベルアイル・2008090203-オンラインゲームニュース ベルアイル・2008090203-オンラインゲームニュース
ベルアイル・2008090203-オンラインゲームニュース ベルアイル・2008090203-オンラインゲームニュース
(C) VerX Inc., Developed by HEADLOCK Inc.
2
3