「ヒーローズインザスカイ」[レビュー]話題の新作!大迫力の空戦シューティングに挑戦!


ヒーローズインザスカイ・2009011901-オンラインゲームニュース

12月16日に正式サービスを開始

昨年クローズドβ、オープンβテストを経て、ついに12月16日に正式サービスを開始した、 国内では数少ないフライトシューティングゲーム「Heroes in the Sky(ヒーローズインザスカイ)」。

フライトシューティングと聞くと、戦略系のなんだか小難しそうなイメージを持っている人も多いかもしれないが、 ヒーローズインザスカイはいわゆるシミュレーション的な戦略性を楽しむというより、 純粋に空中戦のスピード感や戦闘シーンの迫力を楽しむアクション的要素が強いので、まずは気軽にプレイしてみよう。

アクション性が強いとはいっても、第二次大戦をモチーフとした世界観はしっかりと確立され、 ミッションや対戦もその世界観に基づいて展開されるので、 軍事モノが好きなプレイヤーも楽しめる本格的な雰囲気づくりがされている。

ではヒーローズインザスカイの魅力をたっぷりと紹介しよう。今回は気になる大規模空戦「占領戦」のレポートムービーもご紹介!ぜひチェックしてみよう。

▼キーボードで簡単コントロール

スタートすると、キャラ作成の前にまずストーリー仕立てのチュートリアルが進行していくので、 自然な流れで操作は頭に入っていく。上下左右の移動、加速方法、空中での戦闘や地上への攻撃と基本操作はこれで一通り覚えられるので、 オープニング終了後は安心して本番に臨もう。

本格的なグラフィックとは裏腹(?)にキーボードだけで気軽に操作できる点は大きな魅力。 基本操作は[←][→][↑][↓]キーと[A][S]だけなので、初心者でも問題なく覚えられるだろう。 キーボードは苦手…という人も、マウスやゲームパッドに対応しているので安心だ。

チュートリアル1ゲーム起動後オープニングが開始。まだ戦争は始まっていないようだ

チュートリアル2 平和な世界が徐々に変わっていく…

チュートリアル3突然の敵機襲来。初めての戦闘機搭乗だ

チュートリアル4いよいよ自分で操作できる。基本は表示されたキー操作だけなので簡単

チュートリアル5 お待ちかねの空中戦へ

チュートリアル6 はじめての敵機撃墜はなんとも言えず爽快!

チュートリアル7 チュートリアル内で大量の敵機との戦闘も体験できる。それにしてもいい眺めだ

チュートリアル8 チュートリアルの間にもだんだん操作に慣れてきた

チュートリアル9 制限時間付きのドキドキ感も味わえる

▼第二次大戦の世界観をモチーフにしたリアリティある時代背景

モチーフとなっている舞台は1940年初頭の第二次大戦時代。 チュートリアルを終えると、プレイヤーは名前や「連合」と「枢軸」のどちらに所属をするかを決定し、 傭兵としてゲームに参加することになる。

連合と枢軸どちらを選んでも、プレイ内容にはほとんど差がないが、機体のデザインなどが異なるので、 自分の好みに合わせて選択すれば問題なさそうだ。

陣営の選択訓練を完了するいよいよどちらかの陣営を選択しキャラクターを作成する

連合連合を選んだ場合イギリス、アメリカ、ソ連の機体を選択できる

枢軸枢軸を選んだ場合ドイツ、イタリア、日本の機体を選択できる。やはりこちらが人気だ

キャラクター作成後はすぐにでもミッションに参加したいところだが、 最初から受けられるクエストもあるので、 ひとまず「飛行基地」の酒場や作戦基地を覗いてクエストを確認してみるといいだろう。

ロビー画面ロビー画面。ここからミッション、対戦、占領戦への移動ができる

酒場酒場へは飛行基地から行ける。新規クエストや進行状況が確認できる

作戦基地飛行基地の作戦基地でも別のクエストが受けられる

▼空中バトルを盛り上げる多彩な演出&グラフィック

まず空中へ出て自由に飛行してみると、意外と地面や空が近く感じるかもしれない。 しかしこれにより地面すれすれの低空飛行をしたり、高度をコントロールしたりと、 より戦闘に緊張感が生まれ、戦闘シーンの迫力を増してくれているのだ。

また敵機との戦闘シーンでは、弾を受けると画面上に穴が開く演出があったり、 遠くで撃ち落とした敵機をモニターで確認できる「ミサイルカメラ」、敵位置を把握するためのレーダーなど、 細かな機能も充実。

また視点は、一人称視点、三人称視点の切り替えから、後方や左右からの視点、ターゲットからの視点のように自由に切り替えができるため、視界がきかずイライラするようなことがなく嬉しい機能だ。

地上地上へ接近しすぎると機体にダメージを受けるので注意しよう

基地への攻撃戦闘機の撃墜だけでなく、陸上の基地を破壊しなければならない場合も

空空は遠すぎず、ほど良い緊張感を演出してくれている

海上ミッションによっては海上での戦闘になることも

艦船海上の艦船を護衛せよ!

撃墜撃墜され海上に真っ逆さまなんてことも…

ミサイルカメラ遠くの敵を撃墜した場合も様子を確認できる

ダメージダメージを受けると、画面上も激しく変化し緊張度UP。弾痕も生々しい

ダメージ2時には前面に激しくオイルが飛び散り視界不良になることも

▼選べる3つのゲームモード

現在で実装されているゲームモードは「ミッション」「対戦」「占領戦」の3つ。 気軽に参加できる「ミッション」モードでは、1~4人が協力してミッションのクリアを目指します。 1人でもミッションはできますが、複数人でクリアすることで、得られる経験値が増えたり、 何人かでガンガン進めていくほうがレベル上げもスムーズになるのでおすすめ。

ミッション1ミッションの進行状況などが丁寧に表示されるのでテンポよく進めていける

ミッション2ミッション中にも経験値や報酬を得ることができる

ミッション3ミッション結果を確認して次に備えよう

「対戦」モードでは最大16人までのプレイヤー同士で対戦するので、より緊張感あるバトルを楽しめる。

対戦1通常の対戦シーン。アイテムを使用すると…??→

対戦2アイテム使用で外見も変化。強敵も楽々クリア?

対戦3対戦ロビーには同志&敵が続々。オリジナルの機体を見せつけよう!

▼やっぱり大規模で楽しみたいなら「占領戦」

定期的に行われる「占領戦」では最大15対15の大規模空戦となり普段は味わえないスリルを味わえるので、開催情報は要チェック。
占領戦では全てのプレイヤーが連合側と枢軸側の2つの陣営に分かれ、 合計25の陣地の覇権を争う。陣地毎に決められた勝利条件は様々で、各陣地において勝利条件をクリアした陣営が「占領」することになる。 占領した陣地の数や、占領した陣地内の施設などによって、各陣営の物価や攻撃力、獲得経験値などが変動するので、ガンガン占領 していこう。気になる占領戦の様子がよくわかるレポートムービーも届いたのでこちらも要チェックだ!

■各陣地での戦闘について

・基本ルール
制限時間内に各陣地に決められた勝利条件によって勝敗が決まります。

1.相手機体を多く撃墜した側が勝利する 制空権奪取  
2.陣地の内に、建物や艦船など、攻撃目標が設定されている陣地などがあります。

・特定の陣営の優勢陣地
  特定の陣地では、最初から特定の陣営の優勢となっている陣地があります。
  これは、その陣地の拠点から近かったり、実際の歴史の背景によって設定されています。

■占領戦によるゲーム内への影響

・多くの陣地を占領している陣営は物価(アイテムや武器の価格)が安くなります。

・施設を持つ陣地の占領
陣地には、色々な施設を持つ陣地があります。
こういった陣地を占領すると、占領した陣営全体に、攻撃力、獲得経験値など各陣地内の施設によってメリットが適用されます。

・占領戦での占領状況
両陣営の、占領戦での陣地占領状況は、メインロビー右上のバーに表示されます。
また、各施設の占領状態も、ここに表示されます。

占領戦1多数の敵機と大迫力バトル!

占領戦2占領戦での陣地占領状況。味方の陣営をどんどん増やそう。


▼機体を自分色に染め上げよう

パイロットとともに機体も進化させることが可能。 レベルが上がるにつれ搭乗できる機体や、使用可能な装備や武器が増えていくので、 まずはどんどんミッションに挑戦して経験値やBP(ゲーム内通貨)などを増やしていこう。

機体の性能を変化させるだけでなく、外見を装飾するデカールも購入可能。 車のような感覚で自分好みのマシンへ徹底的に改造していくことも可能だ。 デカールには国籍マークや、ノーズアート(戦闘機に描かれるアート)、 アルファベットなどがあり、外見でも個性をアピールできる。

機体は乗り換えるだけでなく、既存の機体を改造によって強化することもできる。 ただし一度機体を改造すると元には戻せないので、改造するときには性能などをしっかり確認しておこう。

ファクトリーファクトリーでは機体の乗換や改造などを行う。最初は無難な戦闘機…

ファクトリー2必要な条件がそろえば戦闘機以外に官制機、爆撃機なども生産可能に

格納庫格納庫では装備の確認やアイテム、スキルなどを確認できる。

ショップショップでは装備や武器などを変更できる。レベルに応じて購入できる商品が異なる

デカール様々な装飾用デカールが用意されている。追加効能付きもあるのでチェックしてみよう

文字装飾ゲーム内通貨で購入可能な文字装飾。手軽に個性をアピールできそうだ

▼もちろん基本無料。まずはプレイしてみよう。

12月から正式サービスを開始し、とにかく「占領戦」の模様が気になるヒーローズインザスカイ。今なら占領戦に伴う大規模イベントも実施中。どんどん新しいプレイヤーも増えて今まさに旬のゲーム。

自分のペースで1人でミッションに挑戦もでき、チーム戦でもサクっとプレイできるので忙しい人にも是非プレイしてみてほしい。

始めにも言ったとおり、爽快なアクション性を楽しめるのが「ヒーローズインザスカイ」の大きな魅力。まずは難しいことは考えず、その爽快なアクション性を自分の目で確かめてみては。

(c) 2008 GameUS All rights reserved. (c) 2008 JC Entertainment All rights reserved. (c)2008 JC Global All rights reserved.
2
3