「ブレイドアンドソウル(Blade&Soul)」PVPは衣服で決める!そのメリットとデメリットとは?


NCsoftが現在韓国での2次クローズドβテスト(以下、CBT)中のMMORPGブレイド&ソウル(Blade&Soul)』での衣服による陣営について紹介します。

Blade&Soul(ブレイド&ソウル)は最初から陣営での対立がありません。
具体的な例を出すとAIONのように魔族や天族などに分れての対立がないと言うことです。
なので、全てのユーザーが「同じ宗派の門下生」、(もっと分かりやすく言うと「みんな同じクラスメイト」)というようなスタートラインから始めます。
ほとんどののMMORPGでは決闘や陣営(種族)間対立を主力コンテンツで前に出しますが、Blade&Soul(ブレイド&ソウル)は開始からこの対立抗争はなく出発します。
初期シルクロードを思い浮かべていただくと分かりやすいかもしれません。

しかし、Blade&Soul(ブレイド&ソウル)は、独自の方法で、対立の構図を築きました。
それは「衣服を通しての対立(PVP)の選択」といものです。
陣営を表す衣服を着用するだけで該当の陣営を選択したとみなされ、相手陣営との戦闘が可能となるシステムです。
最初から決まる陣営ではなく、いつでも必要な陣営を選択できるようです。

ブレイド&ソウル(Blade&Soul)・2011091401-オンラインゲームニュース

▲着る服によって陣営が決定される

1次CBTでは選択できる陣営が二つでした。
プレイ中いつでも、「A」というの服を着れば、味方が「A」になり、「A」とは反対陣営の「B」という服を着れば、味方が「B」となります。
このようにユーザー達は、相手が着た服を見て反対陣営の衣服を着ることでいつでも戦闘を繰り広げることができます。

▼ 考え抜かれたPKシステム

PKシステムは、多くのゲームでユーザー、運営陣ともに苦労している部分です。
最初から種族を選択させて、ユーザーを初めから分けさせてしまったり、一部地域だけで自由なPKを許容するシステムを使うとされているのが、よくあるMMORPGの通常のシステムです。
しかし、様々な人たちが一緒にプレイしているので、自由なPKシステムというのは、平和に狩りしたいと望むユーザーに相当なストレスを与えます。
なので運営側は、PK嫌いとPK好きの間をとってしまうシステムが生まれます。
そうすると、PKを望むユーザーには制限的なPKシステムは、また多くのストレスと制約を与えます。

ブレイド&ソウル(Blade&Soul)・2011091401-オンラインゲームニュース

▲服が違えば、いつでも戦うことができるBlade&Soul(ブレイド&ソウル)陣営システム
フィールドだけで自由なPKを可能にしたり、無分別なPKをしているユーザーには制約を与えることで、戦場を作ってPVPを望むユーザーを一箇所に集めるのも、この問題を解決するための努力の一部です。

しかし、Blade&Soul(ブレイド&ソウル)衣服を通したオプションPK方式を選択することで多くの問題を一度に解決しています。
PKを望んでいないユーザーは、陣営に属していない衣服を着て、PKを望むユーザーは、陣営に属している衣服を着れば良いのです。
普段の狩りを楽しみながらいつでもPVP・PK仕様に変更することができるのです。

ブレイド&ソウル(Blade&Soul)・2011091401-オンラインゲームニュース

▲普段中立(白)だったユーザが服だけ着替えているので、敵(赤)と、味方(青色)に変わった!表示されている名前の色も変更されます

このように、ユーザーは自分が望むプレイをいつでも選択することができます。
自分が楽しむ方法を自ら選択すること。
このように見れば非常に単純で当たり前のことなのですが、最近のゲームには制約が多く、比較するとBlade&Soul(ブレイド&ソウル)の非常に大きなメリットです。

▼ 陣営によってNPCの色にも変化が現れる

陣営によって自身表示Nameも色が変化しますが、この方法はユーザにのみ適用されるわけではなく、該当の陣営に属しているNPCにも適用されます。
ストーリー上、敵に分類されるNPCが存在しますが、このNPCと同じ陣営の衣装を着れば友好的なNPCに変更されます。

ブレイド&ソウル(Blade&Soul)・2011091401-オンラインゲームニュース

▲さらに警備兵NPCもに変わる

このため、ユーザー達が団体で反対陣営の衣服を着て町を襲撃することも可能です。
実際に1次CBTでしばしば見られる光景とのことでした。
逆に村を襲撃しているユーザーに対抗して、敵対の衣服を着て戦闘することも可能です。
また、PVPで集まっているところに、戦闘可能な衣服を着ているのにも関わらず戦闘せずにただ、通り過ぎる人もいました。

▼ デメリットや欠点はあるのか

このような衣装で陣営を決定するシステムは、多くの面での利点でもあるが、欠点もあります。
面白いことにもその理由は「いつでも、陣営を移動することができる」からです。
陣営の衣服を着ているユーザが表示されたら、いつでも攻撃できるということです。
されるユーザは防御する暇もありません。
相手が通常の服装で接近して服を着替えて攻撃すれば・・・。
陣営の衣服を着ていた自分を恨む外ありません。
陣営の衣服を自分の意思で着ている限り、攻撃されても文句は言えないので、それなりの覚悟を決めてから着きた方がいいみたいですね。

ブレイド&ソウル(Blade&Soul)・2011091401-オンラインゲームニュース

▲このように見守って・・・

二手に分かれて戦争をする時もそうです。
戦争が進行すると、優勢と劣勢に分れます。

ブレイド&ソウル(Blade&Soul)・2011091401-オンラインゲームニュース

▲劣勢側にいても優勢な側の服に着替えればいつも勝利者!?

通常、このような時は陣営をさらに呼んだり、後退するものですがBlade&Soul(ブレイド&ソウル)はその必要はありません。
陣営を変えてしまえばいいですね。
それで本来まともに戦争を楽しみたくても、相手がいなくなり虚しく終わる場合が多いです。
あるいは急に横の仲間が相手陣営に変貌して自分を攻撃し、不当に殺される場合も出てきます。
このようにゲーム最大の面白味となる要素が、逆に面白みを半減させて要素にもなりうる可能性もあります。

これからの課題になっていきそうです。

上記記事はplayforumプレス記事の翻訳となりますが、分かりやすい表現を心がけておりますので、playforumにない文章も含まれています。
Copyright (c) PlayForum All Rights Reserved.

ブレイドアンドソウル(Blade&Soul)の

ゲーム詳細ページ 公式サイトへ
Copyright(c)NCsoft Corporation, All Rights Reserved.
2
3