「ドルアーガの塔(the Phantom of GILGAMESH)」1年に1回の特別イベント「超塔の日」の開催を発表!遠藤雅信氏よりコメントも!


株式会社ウィローエンターテイメントは、『ドルアーガの塔』にて、イベント「超塔の日」と「ドルアーガの塔イラストコンテスト」の開催を発表した。

▼ 今年もこの日がやってきた!1年に1回の「超塔の日」開催

2012年10月10日(水)定期メンテナンス後より、イベント「超塔の日」を開催いたします。

今回は1年に1回の特別な『塔の日』を記念して、様々なイベントを実施いたします。
本イベントは「ドルアーガの塔~the Recovery of BABYLIM~」始めたばかりの方でも気軽にご参加いただけるイベントとなっておりますので、皆様のご参加を心よりお待ちしております。

■イベント概要
毎年恒例の「カウントダウン花火」を始め、「バトルコロシアムβ」や「ダイスバトル」等、どなたでも楽しめるイベントをご用意しております。
1年に1度の記念すべき日を盛大に祝いましょう。

【カウントダウン花火】
2012年10月10日(水)「超塔の日」を記念して、22時10分10秒を迎えた際に、冒険者の皆様全員で花火を打ち上げるイベントです。

【ダイスバトル】
ダイス機能を使用し、出目の数の大きさで勝敗を決めるといった非常にシンプルで奥が深いイベントです。

【バトルコロシアムβ】
「バトルコロシアムβ」とは、次々と湧き出るモンスターを参加者全員で協力し、制限時間内に討伐することを目的としたイベントです。
迫りくるモンスターへ立ち向かい、仲間と共に討伐への活路を開きましょう。

■イベントスケジュール
2012年10月10日(水)定期メンテナンス後より、順次、各イベントを実施いたします。

また、「超塔の日」を記念して、「ゲームの神様 遠藤 雅伸氏」から「塔の日」と「今後の展望」についてお言葉をいただきました。

 
ドルアーガの塔・2012101013-オンラインゲームニュースドルアーガの塔・2012101013-オンラインゲームニュース

「ゲーム内でも登場する遠藤雅伸氏」
© NBGI / 株式会社ゴンゾ All Rights Reserved.
Published by Willoo Entertainment Inc.

10月10日が「塔の日」なんて、スタッフが語呂合わせで始めたいい加減なイベントだけど、継続は力なりというか、すっかりみんなで花火を上げる日に定着しているね。

さて、ゲームスタート画面を見てもわかるように、運営がウィローエンターテイメントになって、遠藤もスーパーバイザーとして再び「the Recovery of BABYLIM」に戻ってきた。しかも今回はゲーム内容についても意見を言って構わないとのことで、早速4年前にこのゲームを始めた時からの不満の1つ「マップの移動に時間が掛かりすぎる」を解消する提案をしてみたぞ。

「ボッタクルバス(仮)」というシステムで、各マップに数か所の停留所を置き、乗り継ぐことでマップ内の各地に移動できるというものだ。「ボッタクルという名前が不安なんですが…」という声はもっともだが、このバスは現在のゲーム内経済を考えると大変お得な、1区間1銀の料金とした。もちろんこの価格は、何かを外すだけなのに数百銀も無駄に使えるようなベテランプレイヤー向け価格。一次職のうちはマップの適正レベルのPCなら、1区間10銅と良心的な価格としている。

さらに、間違って初心者が危険な狩場に行ってしまわないよう、マップごとの適正レベルに届いていないPCは、乗車をお断りして事故を防ぐ予定だ。そして二次職以上なら、あえて危険な狩場に行くことも可能、というか、いろいろ一緒に行動できないと折角の利便性が担保されないので、どんなマップでも自由に利用できる設定としている。ただし「炎神の鼻」の中は、どうなっているのかわからなかったのでバスもなし。同じようによく分からない「死の砂漠」も、まだ遠藤のPCのレベルがそこまで達していないので、路線未開拓の状態だ。あしからず!

先日、全マップを実際に走破して調査し、全停留所を設定した提案書をプロデューサに届けたところ、「実装しましょう!」と好感触。ついでなので、ちまちま1銀ずつ払うのが損した気分になる遠藤から、「ボッタクル商店で30日定期券を『良心的な』価格で出しましょうよ、う~ん200円くらい?」と言ってみたが、こちらはちょっと渋い顔だった。できればプレイヤー諸君からも「200円でバス定期出して!」とメールしてもらえれば「いや、この効果なら2000円でしょう」などと『良心的な』気分のカケラもないような価格にはならないはず。

他にもいろいろと、ゲームを始めた時に不愉快に思っていた部分を改良するような提案をして行き「オンラインゲームの登竜門(笑)」として、安心して遊べるようなコンテンツに徐々に変えていきたいね。そして120レベルで60階に登頂するのはもちろんだけど、その先の「幻の塔」のコンセプトも既に考えてあるし、その先に待っている事態に関するストーリーも用意しているので、改めて初心を大切にして「継続は力なり」という言葉を実践していきたいかな。

■遠藤 雅伸氏とは
『ドルアーガの塔~the Recovery of BABYLIM~』の原作でもあり、ゲーム界に金字塔を打ち立てた伝説的ゲーム『ドルアーガの塔』の生みの親です。
また、日本で初めてのゲームデザイナーでもあり、多数の大ヒット作を世に生み出した功績から、次第に「ゲームの神様」と親しみを込めて呼称されるようになりました。

■イベント「超塔の日」についての詳細はこちら
http://druaga-mmo.com/top/information_detail.action?id=6820

▼ 求む画伯!あなたのイラストがローディング画面に!「ドルアーガの塔イラストコンテスト」開催

2012年10月10日(水)定期メンテナンス後より、「超塔の日」を記念してイベント「ドルアーガの塔イラストコンテスト」を開催いたします。

イラストのテーマは問いません。
この機会に『ドルアーガの塔~the Recovery of BABYLIM~』のイラストを自由にお描き下さい。
皆様の力作をお待ちしております。

■イベント概要
皆様から募集したイラストの中から運営チームにて10~20作品を選定させていただき、その後、選定されたイラストの中から、「優秀賞」「最優秀賞」を皆様の投票にて決定いたします。
見事入賞されたイラストは、期間限定で新たなローディング画面としてゲーム内に実装いたします。

■イベントスケジュール
【応募受付期間】

2012年10月10日(水)定期メンテナンス後~2012年11月7日(水)定期メンテナンス前

【運営チーム選定期間】
2012年11月7日(水)定期メンテナンス後~2012年10月14日(水)定期メンテナンス前

【投票受付期間】
2012年11月14日(水)定期メンテナンス後~2012年11月21日(水)定期メンテナンス前

【イラスト実装日】
2012年11月28日(水)定期メンテナンス時

■「イラストコンテスト」の詳細はこちらから
http://druaga-mmo.com/top/information_detail.action?id=6807

ドルアーガの塔(the Phantom of GILGAMESH)の

ゲーム詳細ページ 公式サイトへ
(c)NBGI/イズミプロジェクト published by GONZO ROSSO K.K. produced by Q Entertainment Inc.
2
3