10月23日は「G123.JP」の日!「ねえG123してキャンペーン」の発表会が開催!



ゲームパブリッシャーの「CTW株式会社」2018年10月23日都内で会見を開き、同社が運営するゲームポータルサイト「G123.JP」のリニューアルを記念したキャンペーン「ねえG123してキャンペーン」の概要を発表した。

001

会見ではポータルサイト「G123.JP」の名称にちなんで10月23日を「G123の日」と定めることが発表され、続いて先日「G123.JP」のアンバサダーに就任した元ベイビーレイズの傳谷英里香さんが登壇して「G123.JP」の魅力をアピール。さらに7名の公式コスプレイヤーも全員登場して会場を大いに盛り上げた。

 

目指すは「新たなゲーム体験」と「市場創出への挑戦」!HTML5ゲームの新作リリースラッシュで新規ユーザーの開拓を目指す「G123.JP」

会見の冒頭では「CTW株式会社」のプラットフォーム事業部 ゼネラルマネージャーの大友優衣子氏が登壇して「G123.JP」が目指す今後の事業展開について語った。

002

大友氏は11月上旬リリース予定の「ガールズクリーチャーズ」「ナイトメアクロス」に加え、12月には「ソードスピリット」「乱世コンクエスト」など計3タイトルをリリースして現在11本ある「G123.JP」のゲームタイトルを年内中に「16タイトル」にまで拡充する構想を発表。このリリース速度は「国内最速レベル」と表現された。

 

003

▲ポータルサイト「G123.JP」の目標として掲げられた2つのキーワード「新たなゲーム体験」「市場創出への挑戦」。大友氏はさらに最新技術HTML5を利用した同社のゲームが持つダウンロード不要の手軽さと起動の速さ、あらゆるデバイスでプレイできる点などのメリットについても改めて解説した。

 

004

▲会見で明らかになった怒涛の年内リリーススケジュール。発表会前日の10月22日には新作「革命フロントライン」が正式サービス配信をスタートしており、まさに「国内最速」の呼び名に相応しいリリースラッシュが続く。なお「G123.JP」のゲーム作品は本サイトでも随時紹介しているので、気になる人は併せて参照してほしい。

 

005

▲「G123.JP」が保有するHTML5型のゲームの特徴は、PCやスマホなどのデバイスを問わず同じゲームが楽しめるという点。異なるデバイスでゲームをプレイしているユーザー同士が容易に交流できるため、オンラインゲームとしてのアドバンテージは非常に高い。また初回ダウンロードなどの手間が一切かからない点も大きな魅力だ。

 

「Gボタンを押せば幸せになれます!」アンバサダーを務める傳谷英里香さんが語る「G123.JP」の魅力とは

006

キャンペーン概要の説明を終えた大友氏がステージに設置された「Gボタン」を押すと、天龍源一郎さんと共に「G123.JP」のアンバサダーを務める元ベイビーレイズの傳谷英里香さんが登場。「G123.JP」が保有するゲームタイトルの魅力について語ってくれた。

 

007

▲好きな「G123.JP」のゲームは「放置伝説」と「ケモニスタオンライン」だというアンバサダーの傳谷英里香さん。「G123.JP」の魅力については「短い時間でもできる」「ゲームが苦手な人でも楽しめる」と話し、「いろいろな種類のゲームをプレイしてほしいです!」と力強くアピールしていた。

 

008

▲傳谷英里香さんがボタンを押すと傳谷さんが様々な人物になりきって登場するキャンペーン用スペシャルムービーの予告編が上映された。ユーザーの選択肢でストーリーが変化するムービーの全長版はキャンペーン特設サイトで公開されているので、気になる人はチェックしてみよう。

 

009

「ねえG123してキャンペーン」の骨子はキャンペーン動画の配信と「G123.JP」が展開する各ゲームでのプレゼントキャンペーン、そしてスペシャル動画配信と特別プレゼントが提供されるリツイートキャンペーンの3種類。アンバサダーの両名も「あの手この手」でゲームプレイをおねだりしてくるそうなので楽しみだ。

 

014

▲「ねえG123してキャンペーン」特設サイトでは傳谷英里香さんが様々なキャラクターに扮する特別ムービーとメイキングムービーを特別公開中。公式Twitterアカウントをフォローしてリツイートし、その数が1230RTに達すればさらなるスペシャルムービーが公開されるので、気になる人は今すぐアクセスしてみよう!

 

「ねえG123してキャンペーン」特設サイトURL : https://g123.jp/cam/site-gshite

イベント開催期間は1023日から11232359分まで

 

 

「G123.JP」公式コスプレイヤー7名全員が記者会見場に大集結!

010

会見では公式コスプレイヤー7名全員が登場。左から順に「micco」さん(革命フロントライン)、「ひのきお」さん(ガールズサバイバー)、「えい梨」さん(繚乱綺譚)、「五木あきら」さん(ケモニスタオンライン)、「うらまる」さん(放置三国)、「せんじ」さん(ガールズ&クリーチャーズ)、「アオゾラ」さん(百戦恋磨)。

 

011

▲傳谷英里香さんが「Gボタン」を押すと登場するという「ゲーム会社のキャンペーン発表会らしい粋な仕掛け」で会場を賑わせた公式コスプレイヤーたち。彼女たちが身に纏うゲームの世界観を忠実に再現した衣装には傳谷さんも感激していた。

 

012

▲「G123.JP」公式サイトでは「ねえG123してキャンペーン」と連動した公式コスプレイヤーのキャンペーンも同時開催されている。ここでは公式コスプレイヤーたちの特別動画が11月23日に公開されるほか、公式TwitterアカウントをフォローしてRTすると抽選でプレゼントがもらえるのでぜひチェックしてみよう!

 

「G123.JP」公式コスプレイヤー特設サイトURL:https://g123.jp/cam/site-cosplay

 

013

「Gボタンを押せば幸せになれます!」という傳谷英里香さんの「名言」も飛び出した今回のキャンペーン発表会。「G123.JP」の日は同じ数字列を持つ月にも適用されることが明かされ、今後は11月23日、12月3日、1月23日と連続してアクションが起こっていく予定だ。「G123.JP」のさらなる展開に大いに期待しよう!

Copyright © CTW, Inc. All Rights Reserved.© 2018 G123.JP
Jack bg01
Jack bg02