『ロストアーク』『エアー(A:IR)』『リネージュ2M』など2019年配信が期待されるPC・スマホ向けMMORPG30作品を一挙紹介!



 2019年にサービス開始が予定されている、また国内での配信が待ち遠しい期待&話題のPC・スマホ用オンラインゲームを一挙紹介したい!

 

ロストアーク(PC/国内配信未定)

『ロストアーク(LOST ARK)』PC向けMMORPGの人気復活を担う現在話題沸騰中の大型タイトル

『ロストアーク(LOST ARK)』は、韓国SmileGateが開発に7年、開発費に100億円を費やし、韓国にて2018/11/7よりOBTが開始されたPC向け新作ダークファンタジーハクスラ式MMORPGで、PC向けMMORPGの人気復活を担う現在話題沸騰中の大型タイトルだ。国内でのリリースはまだ未定。

 

どれぐらい人気かというと、韓国における2018年度のGoogle検索語ワード1位がなんと『ロストアーク(LOST ARK)』だったというのだから驚き。その他にも快進撃を続けている。

・2018/8/24 韓国で開始されたCBTは高評価を獲得!
・2018/11/7 韓国でOBTが開始され、テスト開始数時間で同時接続者数25万人!
・OBT開始3日目の11/9には、分析サイト「Gametrics」のPC Bangシェアランキングで3位。
 ※1位は「リーグ・オブ・レジェンド」、2位は「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」。
 RPGジャンルではダントツの1位と快進撃が止まらない!


クォータービュー(斜め上方向からの視点)のハクスラ式MMORPGで、美麗なファンタジーの世界観と自由度の高い迫力アクションが注目だ。

『ロストアーク(LOST ARK)』クォータービュー(斜め上方向からの視点)のハクスラ式MMORPGで、美麗なファンタジーの世界観と自由度の高い迫力アクションが注目

また独自のコンボシステム「Tripod System(トライポッドシステム)」により、コンボスキルの効果を複数から選択可能。美しすぎるグラフィックに加え、豪快で多彩な必殺技のカッコよさがハンパない! 

『ロストアーク』をもっと詳しく→
 

 

A:IR(PC/国内配信予定)

『エアー(A:IR)』飛空挺を利用した空の戦いや勢力同士の大規模バトルをフィーチャーして、プレイヤーを未曾有のRPGプレイ体験へと導く超大型ファンタジー&サンバーパンクMMORPG

『エアー(A:IR)』は、Bluehole Inc.が開発、ゲームオン運営で日本での正式配信サービスが決定している。

 

飛空挺を利用した空の戦いや勢力同士の大規模バトルをフィーチャーして、プレイヤーを未曾有のRPGプレイ体験へと導く超大型ファンタジー&サンバーパンクMMORPG!

『エアー(A:IR)』最大で400対400の対戦も可能な大規模PvPバトルコンテンツ、1人乗り用から多人数用まで用意された飛空挺を利用した迫力の空中戦が大きな特徴

最大で400対400の対戦も可能な大規模PvPバトルコンテンツ、1人乗り用から多人数用まで用意された飛空挺を利用した迫力の空中戦が大きな特徴。壮大なファンタジー世界とSF要素が混じり合ったゲーム世界観が好きな人、かつてない規模でPvPを楽しみたい人にオススメの作品だ。

『エアー(A:IR)』をもっと詳しく→


 

Project TL(PC/2019年配信予定)

 『プロジェクト TL(Project TL)』大人気MMORPG「リネージュ」シリーズ最新作にして最強のグラフィックを持つファン待望の「次世代のためのリネージュ」

『プロジェクト TL(Project TL)』は韓国のNCSOFTが運営を手がけ、2019年のクローズドβ版配信を目指して現在開発が進められている、大人気MMORPG「リネージュ」シリーズ最新作にして最強のグラフィックを持つファン待望の「次世代のためのリネージュ」! タイトルのTLとはThe Lineageのこと。

 『プロジェクト TL(Project TL)』ゲームエンジン「Unreal Engine 4」が生み出す最新ゲームに相応しいリアルなグラフィック描写が大きな特徴で、従来のリネージュが持っていたMMORPG

ゲームエンジン「Unreal Engine 4」が生み出す最新ゲームに相応しいリアルなグラフィック描写が大きな特徴で、従来のリネージュが持っていたMMORPGらしい楽しさがすべてアップデートした状態で提供されるため、シリーズファンは必ずプレイすべき新作タイトルだ。

『Project TL』をもっと詳しく→



Ashes of Creation(PC/2019年以降)

『アッシェズ・オブ・クリエイション(Ashes of Creation)』2019年以降の配信に向けて現在鋭意開発中の新作ファンタジーMMORPG

『アッシェズ・オブ・クリエイション(Ashes of Creation)』は、2017年にkickstarter約3億5,350万円という巨額な開発資金を調達することに成功し、イントレピッド・スタジオが2019年以降の配信に向けて現在鋭意開発中の新作ファンタジーMMORPG。

『アッシェズ・オブ・クリエイション(Ashes of Creation)』プレイヤーの行動がトラッキングされ世界を紡いでいく「ノードシステム」、対峙するプレイヤーによって異なる思考をするNPCの「アダプティブAI」が最大の魅力

プレイヤーの行動がトラッキングされ世界を紡いでいく「ノードシステム」、対峙するプレイヤーによって異なる思考をするNPCの「アダプティブAI」が最大の魅力で、自分の行動が世界を変えていく画期的なMMORPGをプレイしたい人にオススメ!

『Ashes of Creation』をもっと詳しく→

 

 

Crowfall(PC/2019年以降)

34 crow

『クロウフォール(Crowfall)』は、ArtCraft Entertainment、Inc.が開発し、Kickstarterで開発資金の提供を呼びかけ、80万ドルの目標に対して約2450万ドル(約2億6千万円)の調達を達成した「探検」「構築」「征服」という3つのキーワードをフィーチャーし、カートゥーン風のファンタジー世界観で大規模RvRにフォーカスした対人重視の新作オンラインファンタジーMMORPG!

 

現在、アルファテスト中(日本語版なし)で公式サイトで販売しているパッケージ購入で「アルファ」や「βテスト」に参加可能。

35 crow

アメリカのアニメ映画風に表現されたアーティスティックなグラフィック、多彩な種族・クラスの選択要素、幅広いコンテンツが魅力。

『クロウフォール』をもっと詳しく→

 

ICARUS M(スマホ/正式サービス中)

Ica01

 

2019/2/21についに正式リリースされた『イカロスM(ICARUS M)』は、WeMade ICARUSが開発し、WeMade ServiceがiOS/Android向けの基本プレイ無料の空を自由に飛行できる騎乗キャラに乗って空での戦いができる新作MMORPG。

 

 
PC版の「イカロスオンライン」は、構想10年、40億円かけて開発され、2014年に韓国最大のゲーム賞で「最優秀賞」受賞したPC版大人気MMORPG。国内では、2015/04/28からWeMade OnlineとNHNハンゲーム配信中。

 

「Unreal Engine 4」で実現した次世代のモバイルグラフィック、空を自由に飛行できる騎乗キャラクター「フェロー」の存在が大きな魅力で、1対1から50対50の大規模バトルや地上・空中の両方で繰り広げられるレイドボスバトルなどのバトルコンテンツも満載。

 Ica02

PC版「イカロスオンライン」ファンの人、スマホ向けとは思えないゴージャスなグラフィックでゲームを楽しみたい人にオススメ。

『イカロスM』をもっと詳しく→

 

 

DarkAvenger X(スマホ/正式サービス中)

12 dark

『DarkAvenger X(ダークアベンジャークロス)』は、全世界で累計3500万ダウンロード突破の大人気スマホゲーム「DarkAvenger」「DarkAvenger2」の続編。

 

ネクソン子会社のBOOLEAN GAMESが開発し、ネクソンが2019/2/13に正式サービスを開始したiOS/Android向けダークファンタジー3DアクションRPG!

 

海外では「DarkAvenger3」「Darkness Rises」といったタイトル名で2018年より先行配信され、6週間で1,000万ダウンロード達成し、東南アジア諸国のGooglePlayストア売上ランキング5位にランクインするほどの人気ぶり!


前作で好評だったリアルタイム対戦モードがパワーアップされていたり、多数のプレイヤーが参加可能な「ボスレイド」「パーティダンジョン」には、より進化した「リアルタイムネットワークコンテンツ」が実装されているとのことで、本作も期待してしまう。

12 dark3

ドラゴンを操って戦場を制圧、敵から武器を強奪し華麗にフィニッシュを決めるなど、一般的なモバイルアクションRPGにはない自由なアクションが特徴! また対戦や共闘など白熱のオンラインマルチバトルも楽しめ、美麗グラフィックで描かれる混沌の復讐劇はさすが人気シリーズのシナリオというところ。

  

また、カスタムアクションや、派手なカメラの演出などを取り入れ、アクションゲームにおけるユーザーの満足度を高めるために、スマホで良く見られるクォータービューではなく、コンソールゲームで良く採用されるバックビューを採用したことにも注目だ!

『ダークアベンジャークロス』をもっと詳しく→

 

 

黒い砂漠 MOBILE(スマホ/正式サービス中)

『黒い砂漠 MOBILE』全世界150カ国1,000万人のゲームファンが夢中になって遊んだ超有名MMORPG「黒い砂漠(PC版)」をモバイル版として再構築した、想像を超える次世代の新作MMORPGだ。

『黒い砂漠 MOBILE』は、パールアビスジャパン運営による基本プレイ無料のスマホゲームで、2019/2/26に待望の正式リリースが開始された。

 

全世界150カ国1,000万人のゲームファンが夢中になって遊んだ超有名MMORPG「黒い砂漠(PC版)」をモバイル版として再構築した、想像を超える次世代の新作MMORPGだ。

『黒い砂漠 MOBILE』、PC版の黒い砂漠ファンは勿論、モバイル向けで高グラフィックMMORPGを遊びたい人にオススメ

PC版と比べても全く遜色のないハイクオリティなグラフィック、とことん作り込める充実のキャラクターカスタマイズ機能が大きな魅力で、PC版の黒い砂漠ファンは勿論、モバイル向けで高グラフィックMMORPGを遊びたい人にオススメ!

『黒い砂漠 MOBILE』をもっと詳しく→


 

リネージュ2M(スマホ/2019年配信予定)

『リネージュ2M』2019年上半期に配信予定の PC向け大人気MMORPG作品「リネージュⅡ」のモバイル向けに再構築した、新作ファンタジーMMORPG

『リネージュ2M』は、韓国NCSOFTが開発、iOS/Android向け作品として2019年上半期に配信予定! PC向け大人気MMORPG作品「リネージュⅡ」の世界観を現代最高の技術でモバイル向けに再構築した、新作ファンタジーMMORPG!

 

「The Next」というキーコンセプトが掲げられている本作では、これまでユーザーがリネージュシリーズに抱いてきた「美しいグラフィックを持ったMMORPG」という印象をさらに推し進め、「次世代のリネージュ」を実現するとのこと。

『リネージュ2M』PC版を移植するというレベルではなく、完全リメイク作品

PC版を移植するというレベルではなく、完全リメイク作品として、全ての技術力を集約した最高仕様のフル3Dハイエンドクオリティを目指し現在開発が進められている。

『リネージュ2M』をもっと詳しく→


 

Blade & Soul M(スマホ/2019年配信予定)

7 blade&soulm

『Blade & Soul M』は、Team Bloodlustが開発、韓国NCSOFTよりiOS/Android向け作品として2019年に配信予定。日本でも大人気のPC向けMMORPG「ブレイドアンドソウル」の世界をモバイル向けにリファインした話題の新作ファンタジーMMORPG!

31 bladem

2018年の発表後に公式ティーザーサイトがオープン、ゲームの世界観が分かる予告動画を見ることができる。何よりも衝撃的なのは「Unreal Engine 4」が生み出すリアルで重厚な風景描写。広大なフィールドがリッチなグラフィックで再現されている。

『Blade & Soul M』をもっと詳しく→


 

Blade & Soul S(スマホ/2019年配信予定)

8 bladeandsouls

『Blade & Soul S』は、韓国NCSOFTが開発、2019年にiOS/Android向け作品として配信予定。日本でも大人気のPC向けMMORPG「ブレイドアンドソウル」の登場キャラクターたちを可愛くデフォルメさせ、原作から3年前の話を描く新作ファンタジーMMORPG!

28 blades

華麗アクションはそのままにキュートな外見に変貌した愛すべきキャラクターたち、すべてが繋がるオープンワールドが魅力で、ブレイドアンドソウルファンの人、可愛いちびキャラスキルを発動しながら大暴れするファンタジーRPGが好きな人にオススメ!

『Blade & Soul S』をもっと詳しく→



Blade & Soul 2(スマホ/2019年配信予定)

9 bladeandsoul2

『Blade & Soul 2』は韓国NCSOFTが開発、2019年にiOS/Android向け作品として配信予定。日本で絶賛配信中のPC版「ブレイドアンドソウル」の正統続編を次世代のグラフィックで鮮やかに描き、新たな冒険世界が展開する全世界待望の新作ファンタジーMMORPG!

29 blades2

同時期に発表された新作「Blade & Soul S」がPC版ブレイドアンドソウルの3年前を描くのに対し、本作ではさらに進んだ未来が描かれる。重厚なストーリーラインが魅力だった前作の後継作品として、そのストーリー性にも大きな注目が集まっている。続報を楽しみに待とう!

『Blade & Soul 2』をもっと詳しく→



AION 2(スマホ/2019年配信予定)

10 aion2

『アイオン2(AION 2)』は、韓国NCSOFTが開発、iOS/Android向け作品として2019年配信予定。日本でも多くのファンを持つPC向けMMORPG「タワーオブアイオン(The Tower of AION)」をモバイル向けにリファインした注目度MAXの新作ファンタジーMMORPG!

 

新時代のモバイル向けゲームを目指すフル3Dグラフィック、自社が持つIP(知的財産)をフル活用した圧倒的な世界観が大きな魅力。

32 aion

本作が描かれるのはThe Tower of AIONから900年前の世界。「天族と魔族の戦い」以前の世界が冒険の舞台となる本作は、プレイする全てのユーザーを誰も見たことがないアイオンのファンタジー世界へと連れて行ってくれる。

 

本作の情報が解禁された際、The Tower of AIONの最大の特徴でもあった「天族と魔族の戦い」が無くなるという一報を聞いて不安に駆られたファンも多かっただろうが、その意味は「ゲームの舞台が900年前の過去に遡る」という仰天の設定だった。これには期待が高まる!

『アイオン2(AION 2)』をもっと詳しく→

 

 

リネージュ M(スマホ/事前登録中)

リネージュ1

『リネージュM』は、韓国NCSOFT開発、エヌ・シー・ジャパン株式会社運営のスマホアプリで、もはや "MMORPGの伝説" とも言っても過言ではないPC向け超大作MMORPGであり、日本でも大人気での「リネージュ」の世界をモバイル向けに再構築したファンタジーMMORPG!

 

2019/2/15からついに事前登録受付が開始され、正式配信予定は2019年春を予定している。

リネージュ2

一足先に韓国で2018/6/21より正式サービス開始された本作は、リリース10日でプレイヤー数が700万人超え、1日(2018/7/1)の売上が約12億円を超えるなど、韓国スマホアプリ史上最高記録を樹立しているモンスタータイトルだ。日本でも2019/2/15から事前登録が開始されたが、わずか160時間で10万人の事前登録者数を獲得するという快挙を達成!

 

本作のベースとなるPC向けMMORPG「リネージュ」は配信開始から20年以上愛され続ける本格MMORPGの代表作。スマホ向けMMORPGの大本命がついに日本上陸だ! 

『リネージュ M』をもっと詳しく→

 

アルマテジア(スマホ/事前登録中)

Almategia 1

『アルマテジア』はアソビモ運営の基本プレイ無料のスマホアプリで、3つの国で争われる領土戦に参戦し、最大100名が入り乱れる大規模戦争が楽しめる、新作ファンタジーアクションMMORPG!

 

個性あふれる三国から好きな国を選んで属し、領土を広げるべく、領土戦で活躍するのがプレイヤーの使命。前作「セブンソード」の大規模戦争はそのままに、Unreal Engine3による美麗グラフィックで、迫力ある対人バトルが楽しめる。

Almategia 2

最大100名のプレイヤーが同時参戦する50vs50の大規模人数参加型バトル、古の英霊の力を召喚して必殺技を放つ「アルマ」機能、戦場の環境や気候が戦闘に影響する「マップギミック」、召喚したモンスターに騎乗できる「マウント」などが大きな魅力。

 

ファンタジー世界で他プレイヤーたちとガチの真剣勝負をしたい人、モンスター召喚要素が好きな人に断然オススメ!事前登録キャンペーンが絶賛開催中なので、この機会を見逃すな!

『アルマテジア』をもっと詳しく→

 

 

ゲートオブリベリオン(スマホ/2019年以降)

Gateofrebellion 1

『ゲートオブリベリオン(GATE OF REBELLION)』は、アソビモ株式会社が開発中の基本プレイ無料のスマホアプリ。多種多様な種族と広大なファンタジー世界を、スマートフォン最先端のグラフィック技術で描く正統派MMORPGだ。

 

ノンターゲティングシステムを採用した無限に広がる自由なアクション、Unreal Engine 4で描き出される細部まで丁寧に作りこまれた美麗なフィールドやモンスターたち。しかも本作には「時間経過」と「天候変化」の概念もあり、現実世界同様のリアルな空間を再現。

Gateofrebellion 2

正統派MMORPGをうたうだけあってやりこみ要素も充実しており、キャラクターは種族やジョブやスキル、アバターの組み合わせで何万通りにもカスタマイズ可能。

 

現在は配信開始に向けて開発と調整が進められており、開発状況は公式Twitterアカウントでもアナウンスされている『ゲートオブリベリオン』。最高のゲームエンジンで描かれる極上のファンタジー世界で、仲間たちと共に終わりのない冒険を体感しよう。

『ゲートオブリベリオン』をもっと詳しく→

 

 

テイルズウィーバーM(スマホ/2019年以降)

Talesm 1

『テイルズウィーバーM』は、韓国NEXON開発のスマホアプリで、2019年韓国で配信予定。日本で10年以上親しまれているPC向けMMORPG「テイルズウィーバー」をモバイル向けにリブートした、新作2D見下ろし型ファンタジーMMORPG!

 

ユーザーから高評価を受けていたPC版「テイルズウィーバー」の「エピソード1」の世界観をベースに、モバイル用に再構築した完全オリジナルストーリーが展開する。原作でも屈指の人気を誇るエピソードがどのように変化しているのか要注目だ。

Talesm 2

長年愛されてきたPC版「テイルズウィーバー」のIPを最大限に活かしつつ、モバイルだけで楽しめるゲームモードやオリジナルコンテンツも実装されるとのこと。日本版展開への準備も進められているそうなので、来るべき配信開始を楽しみに待とう!

『テイルズウィーバーM』をもっと詳しく→

 

 

TERA M(スマホ/2019年以降)

Teram 1

『TERA M』は、Bluehole Studioが開発、Netmarble運営のスマホアプリで、韓国で2017/11/28より正式配信している。本作は、絶大な人気を誇るPC向けMMORPG「TERA:The Exiled Realm of Arborea」の1,000年前を描いており、スマホ向けとは思えない豪華グラフィックで描く超大作MMORPGだ。

 

シリーズの魅力でもあるノンターゲティング方式のバトルシステムと、爽快かつ華麗なコンボアクションはPC版と比べても全く見劣りしない秀逸な出来栄え。

Teram 2

また高精細グラフィックや自由度の高いフル3D視点、数々のダンジョンやギルドバトル要素、感情を表現するエモーション機能の実装など、PC版「TERA」が持つ壮大な世界観が好きな人だけでなく、本格派MMORPGを求める新規ユーザーにもオススメ。

 

現在「黒い砂漠 MOBILE」の登場によって明け渡した首位の座を奪還すべく、全面的な再開発(リブート)を敢行している。このリブート計画は2019年中の完了を目指しているとのことで、さらにブラッシュアップされた『TERA M』に期待しよう!

『TERA M』をもっと詳しく→

 

 

BLESS mobile(スマホ/2019年以降)

Blessmobile 1

『BLESS mobile』はJOYCITYの子会社THINK FUNが開発中の新作スマホアプリ。制作期間7年以上、総額70億円以上を開発に費やしたPC向け超大作MMORPG「BLESS」のIPを最大限に活かし、モバイル用に再構築した最高峰グラフィックの新作MMORPGだ。 

 

Unreal Engine 4で実現した驚愕の次世代グラフィックとゲームシステムを実装。原作とはまったく異なるゲーム性で、独自の世界観とストーリーが描かれ、ゲームを再誕させるとのこと。

Blessmobile 2

2018/10/16に公開されたキャラクターカスタマイズ映像では、豊富なキャラメイクが紹介された。細かなディテールで表現された映画アバターのような3Dキャラから、平面的に描かれたアニメ風の風貌まで、直感的な操作で誰でも簡単に作成できるのが魅力。

 

この映像を皮切りに今後も様々な情報が公開される予定。新たな情報に大いに注目しよう!

『BLESS mobile』をもっと詳しく→

 

 

ラグナロクM(スマホ/2019年配信予定)

Ragnarokm 1

『ラグナロクM』は、Gravityが開発によるスマホアプリで、日本でも多くのユーザーに愛されるPC向けMMORPG「ラグナロクオンライン」のIPを活かしてモバイル向けに再構築した新作ファンタジーMMORPGだ。

 

スマホ環境に合わせたゲーム性や利便性を考慮しつつも、PC版ラグナロクオンラインを10年以上もやりこんだスタッフ陣が「生きていることを実感できるシステム」を目指して開発。スマホタイトルは手軽なものが多い中、PC向けMMORPGならではの醍醐味を再現し、他のスマホMMORPGよりも奥深いプレイを実現させた。

Ragnarokm 2

原作の壮大なストーリーは継承し、ラグナロクらしい温かい雰囲気はそのままに、2Dドットだったお馴染みのキャラクターやモンスターなどが3Dグラフィックスで描かれている。

 

またマイキャラの姿を好きな角度で自撮りしてSNSへアップロードできたり、レシピを研究しフレンドと一緒に食事できる「料理システム」の実装など、スマホ端末でもラグナロクらしいMMORPGを満喫できる造りだ。

Ragnarokm 3

2017年に台湾、香港、マカオで配信され、2017/10/12に配信された台湾では配信開始から約24時間でAppStoreでセールスランキング1位、Google Playでもセールスランキング2位、人気ランキングで1位を記録した。その後2018年に韓国、そして2019年には北米・南米・オセアニア・南アジアでも配信がスタート。

 

日本では2019年の配信を予定している。本国でも盛り上がること必至の新作スマホ向けMMORPGだ!

『ラグナロクM』をもっと詳しく→

 

 

DURANGO: Wild Lands(スマホ/2019年以降)

Durango 1

『DURANGO』は、NEXONグループのWHAT!STUDIOが、「革新的なモバイルゲーム体験」を提供するというコンセプトをもとに開発したスマホアプリ。

 

時空の歪みによって、現代社会から恐竜の生息する原始世界「DURANGO」にタイムスリップしてしまったプレイヤーが、自給自足のサバイバル生活を営みながら暮らしていくオープンワールド型MMORPGだ。

 

NEXONグループ史上最高を誇る事前登録者数250万人超えという大記録を樹立し、2018/1/25に韓国にて配信開始。配信開始後にはApp Store 及び Google Playのゲームジャンルにて人気ランキング1位を獲得するという破竹の勢いを見せている。

Durango 2

プレイヤーの行動や発見によって独自の世界を構築することができる画期的なシステムを採用しており、無数の選択を通じて、無限のシナリオが展開する。

 

たとえば恐竜と戦うだけでなく移動の手段として生活を共にしたり、他プレイヤーと協力して住居を建てコミュニティを作ることで生存率をアップさせたり、ユーザーの選択による無限の可能性が広がる!

Durango 3

2018年に日本版配信が正式アナウンスされてから諸事情で延期となっているが、本年度中には配信開始のニュースを聞きたいところだ。

『DURANGO: Wild Lands』をもっと詳しく→

 

 

セブンナイツ2(スマホ/国内配信未定)

Sevenknights2 1

『セブンナイツ2』は、韓国Netmarble Gamesが開発中のスマホアプリで、日本でも多くのファンを持つスマホ向けRPG「セブンナイツ」の30年後の世界を舞台とした新作ファンタジーMMORPG。

 

前作「セブンナイツ」のキャラクターはデフォルメされた可愛い印象だったが、本作ではすべてのキャラクターが8頭身になってカッコ良くなっている。

Sevenknights2 2

Sevenknights2 3

またUnreal Engine 4を採用し、セブンナイツの世界を現代最高峰のゲームエンジンがハイパーリアルなグラフィックで再現!前作を知る人にとっては「まるで別ゲー」のような、超絶グラフィックが描く生まれ変わった『セブンナイツ2』が展開される。

 

ただし前作に登場した「アイリーン」などの一部ヒーローも再登場!人気キャラクターたちの「その後」が分かるのは、ファンにとっては嬉しいところ。もちろん新ヒーローも続々登場するので要チェック。韓国で2019年配信を予定しており、日本でのリリースはまだ未定だが、ぜひ本国でのリリースに期待したい!

『セブンナイツ2』をもっと詳しく→

 

 

ZUNDA フクロウとよみがえる月(スマホ/2019年以降)

Zunda 1

『ZUNDA フクロウとよみがえる月』は、株式会社Aimingが手がける期待の新作スマホアプリ。900万ダウンロードを達成したモンスターアプリ「剣と魔法のログレス いにしえの女神」の開発スタッフが現在鋭意制作中のモバイル向け新作ファンタジーMMORPGだ。

 

開発プロデューサー兼ディレクターは「剣と魔法のログレス いにしえの女神」でおなじみの「しもへー」こと下川晶平氏が担当しており、「剣と魔法のログレス」の開発で培ったノウハウが投入され、現代社会にも通じる「困難と成長」という深遠なテーマや様々な障害を乗り越えて成長していくストーリーが魅力!

Zunda 2

2017/9/7にAiming主催で開催されたファン感謝祭「AimingFES 2017」では、俳優の小林薫氏がナレーションを務めるPVの公開と、2018年リリース予定という具体的なスケジュールまで公表されたが、その後は進捗状況が伝えられていない。 1日も早い最新情報が欲しい話題の新作MMORPGだ!

『ZUNDA フクロウとよみがえる月』をもっと詳しく→

 

 

ファイナルファンタジーXI リブート(スマホ/2019年以降)

Ffxi 1

『ファイナルファンタジーXI リブート』は、韓国NEXONとスクウェア・エニックスが現在共同開発中のスマホアプリ。世界中で遊ばれている超人気作、PCや家庭用ゲームの「ファイナルファンタジーXI」を驚愕のグラフィックで再構築してモバイル向けに最適化させ、まったく新しい “次世代のFFXI” になるという。

 

FFシリーズ初のMMORPGとなる本作だが、配信日もシステムもまだまだ謎に包まれている。その存在が明らかになったのは2015/3/9でのプレス発表会で、発表当初は2016年の配信を予定していたものの延期。

 

2018年5月にNexon Korea公式サイトの求人ページで、スクリーンショットが公開され、Unreal Engine 4によるハイクオリティなグラフィックが確認され、開発が続いていることが明らかになった。

Ffxi 2

その他に天候や時刻によって突発的にイベントが発生する「ダイナミックイベント」が追加されるとのことだが、具体的な内容は未だ不明。ビッグタイトルの続報を引き続き追いたい!

『ファイナルファンタジーXI リブート』をもっと詳しく→

 

 

ワールドオブドラゴンネスト(PC、スマホ/2019年以降)

Worldofdragonnest 1

韓国Eyedentity Gamesが現在開発中のMMORPGで、スマホとPCのクロスプラットフォームプレイが可能とのこと。ハンゲーム配信で絶賛稼働中の大人気オンラインRPG「ドラゴンネスト」のIPを最大限に活かしてモバイル環境にリビルドした、期待の新作ファンタジーノンタゲMMORPG!

 

最大の魅力は最大20対20という規模で繰り広げられる対人戦(PvP)コンテンツ。ノンターゲティングシステムを採用したバトルは、コンボも交えた爽快感あふれる戦闘シーンが魅力。

Worldofdragonnest 2

アクションバトルに定評がある「ドラゴンネスト」の強みを進化させ、モバイルで本格的なノンタゲMMORPGの実現を目指す。気になる日本での配信時期に関してはまだ正式に発表されていない。

『ワールドオブドラゴンネスト』をもっと詳しく→

 

 

BLADE 2(スマホ/国内配信未定)

Blade2 1

『BLADE 2』は、ActionSquareが開発し、韓国で2018/6/28より絶賛配信中のスマホアプリ。

 

2014年に韓国で登場して韓国で1,400億ウォンもの大ヒットを記録した「BLADE for Kakao(邦題:BLADE -ブレイド 天から堕ちる千の刃-)」の正統続編となる待望の新作オンラインアクションRPG。

Blade2 2

最高峰のゲームエンジンUnreal Engine 4で実現したゴージャスなグラフィックと、アクション性に富んだド派手なバトルシーンは圧巻!

 

韓国ではすでに圧倒的な人気を獲得している超大作RPGだが、日本での配信時期は未だに未定。ただし前作が日本でも配信された経緯を見ると本作の日本版が出る可能性は高い。朗報を待とう!

『BLADE 2』をもっと詳しく→

 

 

Hundred Soul(スマホ/国内配信未定)

Hundredsoul 1

『Hundred Soul』は、HOUND13が開発し、韓国にて2019/1/17より正式配信されているスマホゲーム。HOUND13は、世界中で大人気のMMORPG「ドラゴンネスト」の父として知られるパク・ジョンシク氏が率いる韓国ゲームデベロッパーだ。

 

オートシステムを実装する簡易的なオンラインRPGとは全く異なるゲームシステムこそ本作の真骨頂!オート機能は移動と通常攻撃という最小限に抑えられている上に、コンシューマー機に匹敵する豪華なグラフィックが大きな魅力だが、『Hundred Soul』最大の特徴はプレイヤーがバトル中に生み出す「行動理論」だ。

 

行動理論とはプレイヤーの判断がバトルの成否を分けるということ。本作のバトルは、敵の特性や弱点を把握しながら100種以上の武器とNPCの仲間キャラクターを組み合わせ、最良の勝ち方を見つけていく必要があり、かなり戦略性が求められる。

Hundredsoul 2

また武器や仲間キャラクターは、それぞれ複数の状態異常付与スキルを持っているので、スキルを念頭に置きつつパーティーを組み立ててゲームを制覇したい。敵キャラクターの性質を考えて自らの行動を決める戦略的なバトル要素は、スマホのオート機能にうんざりしたゲームファンには是非オススメしたいアクションRPGだ。

 

開発段階からグローバル進出を準備しているが、日本でのサービスはまだ未定。すでに配信されている韓国での評価はかなり高いので、一刻も早い上陸に期待したい。

『Hundred Soul』をもっと詳しく→

 

ザ・キングオブファイターズ:ワールド(スマホ/国内配信未定)

Kofw 1

『ザ・キングオブファイターズ:ワールド(THE KING OF FIGHTERS:WORLD)略名KOF W』は、株式会社SNKが手がけ、2017年夏にシリーズ人気の高い中国で配信開始しているスマホゲームアプリ。日本での配信はまだ未定だが、順次グローバルでの展開を予定している。

 

SNKが生み出した格闘アクションゲームの名作シリーズ「THE KING OF FIGHTERS」初のMMORPG作品で、KOFの世界観をモバイル向けに再構築した異色の新作格闘MMORPGだ。

Kofw 2

Kofw 3

「新たなKOF」と銘打って宣伝された本作の大きな特徴は、全編が3Dエンジンで開発されたというゲームシステムと、MMORPG作品らしい「見下ろし型」の3DCGのパノラママップ。 “草薙 京” や “不知火 舞”、“八神 庵”といった「KOF」シリーズおなじみの人気キャラクターたちが多数登場し、謎解きやバトルを繰り広げながら広大なマップを探索していく。

 

KOFならではの重厚なストーリーや格闘ゲーム作品らしいアクション要素も魅力で、「KOF」ファンの人だけでなく、ファンタジーとは異なる世界観のMMORPG作品を求めている人にオススメ!

『ザ・キングオブファイターズ:ワールド』をもっと詳しく→

 

 

Rappelz Mobile(スマホ/2019年以降)

Rappelzm 1

『ラペルズモバイル(Rappelz Mobile)』はガーラが開発中で、FY2019.4Q(2020年の1月〜3月)にアジアでオープンβテストを予定している新作スマホゲームアプリ。

 

世界中のファンに惜しまれつつも2018/2/28をもって約12年という長き配信サービスを終了したPC向けオンラインゲーム 「ラペルズ(Rappelz)」をモバイル向けに再構築した、期待の新作MMORPGだ。PC向けMMORPG「ラペルズ(Rappelz)」は20カ国以上で配信され5,000万以上のダウンロードを達成。97億円以上の累計売上を叩き出した大作。

 

『ラペルズモバイル(Rappelz Mobile)』では、ラペルズの代名詞でもあるクリーチャーテイミングや育成に加え、細かいキャラクターメイキングやさまざまなスキル、RvRシステム、コミュニティ機能などが楽しめるのが特徴。ちなみにクリーチャーテイミングとは、モンスターを手なずけ(テイミング)して「クリーチャー」という相棒にし、育成して一緒に戦ったり騎乗したりすること。

Rappelzm 2

また本作には、ガーラグループが積極的に開発を進めるVR・AR機能技術も搭載される予定で、配信開始後の新たな展開にも要注目。長年プレイしてきたファンの期待を汲み取りながら、スマホに戦場を移して「ラペルズ(Rappelz)」の冒険は続く!

『ラペルズモバイル(Rappelz Mobile)』をもっと詳しく→

 

 

Project ORCA(スマホ/国内配信未定)

Projectorca 1

『プロジェクト・オルカ(Project ORCA)』は、韓国NCSOFTが「NCSOFTの集大成」と銘打って、自社の技術力を集約して開発している新作スマホゲームアプリ。

 

2016/10/27に本作のティーザートレイラーが公開され、現在開発中であることが明らかになったのだが、その際に「既存に公開されたゲームとは差別化された新しい経験を提供する」とした。

Projectorca 2

まだ具体的な内容は明らかになっていないものの、既存のスマホMMORPGとは次元の違う高品質なグラフィックスと、雄大壮厳なスケールを目標に開発中とのこと。モバイル環境に合わせた操作でアクション性の高い作品であることも強調した。

 

NCSOFTは近年、スマホアプリでリネージュやブレイドアンドソウルといった自社IPを活かした作品を次々と発表しているが、本作の場合は完全オリジナル作品になるため、世界観などは全て謎に包まれたままだ。韓国NCSOFTが全力を傾ける次世代型ゲームに乞うご期待!

『プロジェクト・オルカ(Project ORCA)』をもっと詳しく→

 

 

 

© NCSOFT Corporation.All Rights Reserved.
© 2015 Kakao Games Europe B.V. All Rights Reserved.
© Smilegate RPG & Smilegate Stove All rights reserved.
© 2018 Intrepid Studios, Inc. All rights reserved.
© 2018 ArtCraft Entertainment, Inc. Art CraftTravian Games
© Pearl Abyss Corp. All rights reserved.
© 2018 NEXON Co., Ltd. & NEXON Korea Corp. & BOOLEAN GAMES Inc. All Rights Reserved.
© NCSOFT Corporation. Licensed to NC Japan K.K. All Rights Reserved.
© ASOBIMO,Inc. All rights reserved.
© NEXON Korea Corporation All Rights Reserved.
© Netmarble Corp. All Rights Reserved.
© JOYCITY Corporation. All rights reserved.
© 2018 Gravity Co., Ltd. All Rights Reserved. © 2018 Gravity Interactive, Inc. All Rights Reserved. © 2018 X.D. Global Ltd. All Rights Reserved.
© Aiming Inc.
© NEXON Korea Corporation All Rights Reserved.© 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
© EYEDENTITY GAMES, INC. ALL RIGHT RESERVED.
© ACTION SQUARE CO.,LTD. All rights reserved.
© HOUND13.All Rights Reserved.
© SNK CORPORATION All Rights Reserved.
© Gala Lab Corp.All Rights Reserved.
© NCSOFT Corporation.All Rights Reserved.

 

 

2
3