【Steam】2021年Steamウィンターセールが開始!編集部おすすめの20タイトル

ZOOM編集部SKIPPER

漫画大好きおっさん。漫画原作のゲームをプレイ→ストーリーで気になるところがあって原作を読み返す→ゲームが進まないというループから抜け出せない。IPものなら機種、ジャンル問わずなんでもやる。最近のマイブームはマンガを読みながら放置で進めるゲーム全般。

3,168 views

今年も超ビッグセールの季節がやって来た!今回の特集では、毎年大盤振る舞いのセール価格でお得にゲームをゲットできる「Steamウィンターセール」にエントリーしている作品を一挙20タイトルご紹介。これまで値段的な理由で手が出なかったタイトルをプレイできる最大のチャンスを見逃さないようにしよう。

 

1年を通して最も活気を帯びることで知られている「Steamウィンターセール」は、通常販売価格よりも大幅に値引きされるタイトル群のラインナップが大きな魅力。今回も定番作品からバリバリの新作まで、幅広いジャンルのゲームが顔を揃えている。冬休みに向けて複数のタイトルをゲットすれば楽しみが広がるぞ。

 

Steamウィンターセールの画面

▲多くの人気タイトルが破格のセール価格で登場する超人気の「Steamウィンターセール」。見逃し厳禁だ。

 

「Steamウィンターセール」の開催期間はストア上で2021/12/22から2022/1/5 午前10時までと記載されているが、これは米国太平洋標準時における基準で、日本国内では2021/12/23から2022/1/6 午前3時までがセール期間となる。欲しいタイトルがある人は忘れずにセール期間内の購入を済ませておこう。

2021下半期新作

ここでは2021年の下半期に登場した人気のゲームタイトルを5作品ご紹介。バリバリの新作たちがお得な価格で顔を揃えているので、これまで購入を我慢していた人もゲットのチャンスだ。値引率も大きくなってお買い得だぞ。

 

01鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚

2021/10/16から正式配信されているSEGAのアクションアドベンチャーゲーム。世界的なヒットを記録した超人気アニメ『鬼滅の刃』の世界をゲーム化した必見タイトルで、ストーリーモード以外にオフラインとオンラインで最大2名の「2vs2」バトルを体験できるPvPコンテンツ「バーサスモード」も収録されている。

 

汎用コントローラーでの操作をフルサポートし、CS機と同じ感覚でプレイできる点が魅力。日本語インターフェースと音声・字幕もサポートされており、幅広いユーザーにおすすめできるタイトルだ。インストールサイズは約25GBと大きめなので、事前にストレージ容量をチェックしておくと安心だぞ。

 

セール中の『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』ファン必見の『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』

▲アニメと3Dモデリングが融合したグラフィックで人気キャラたちの活躍を体験できるファン必見タイトルだ。

 

通常価格は8360円だが、「Steamウィンターセール」中は30%引きの5852円で購入することが可能。なお、ゲーム本編に加えてゲーム内衣装やキメツポイントなどのアイテム類がセットになっている『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚 デラックスエディション』は、定価9900円のところが30%引きの6930円でゲットできるぞ。

 

02FIFA 22

2021/10/1から正式配信されているエレクトロニック・アーツのサッカーシミュレーションゲーム。ゲームファンとサッカーファンに絶大な人気を誇る人気シリーズも「Steamウィンターセール」の仲間入り。シリーズ史上最高と言われるリアルなゲームグラフィックで白熱の試合とプレイをたっぷりと体験しよう。

 

作品には世界の選手17000名以上、700種類以上のチーム、90種類以上のスタジアム、30種類以上のリーグが収録され、監督や選手として活躍できるやり込み要素満点の「キャリアモード」など複数のゲームモードでサッカーの醍醐味を体験できる。自分だけのドリームチームを生み出せる「FIFA Ultimate Team」もあるぞ。

 

シリーズ最高峰の新作『FIFA 22』ドリームチームを作れる『FIFA 22』

▲汎用コントローラーでの操作をフルサポート。日本語インターフェースと音声もサポートされているぞ。

 

通常価格は8700円だが、「Steamウィンターセール」期間中60%引きの3480円で購入可能。同時併売中の『FIFA 22 - Ultimate Launch Edition』も定価10700円のところが50%引きの5350円と、非常にお買い得な値段になっている。定価の高さがネックで見送っていた人は、今がゲットするチャンスだ。

 

03DEATHLOOP

2021/9/14から正式配信されているBethesda SoftworksのアクションFPS。多くのファンを生み出した名作アクションFPSタイトル『Dishonored』を手掛けたゲームスタジオ「Arkane Lyon」の最新作として一躍脚光を浴びているおすすめタイトル。永遠に同じ1日を繰り返す暗殺者たちを描いた必見の作品だ。

 

時間のループを終わらせる方法は、1日がリセットされる前に8名の人物を暗殺することとなっており、何度もチャレンジして試行錯誤を重ねながら目標に到達するやり込み度満点のプレイを体験できる。新感覚のアクションバトル要素を体験できるシングルモード以外に、オンラインでのマルチプレイ対戦でも遊べるぞ。

 

新感覚のアクションを体験できる『DEATHLOOP』セール中の新作『DEATHLOOP』

▲独特なゲームシステムと世界観でプレイヤーの頭脳を刺激してくれる必見のアクションFPSタイトルだ。

 

通常価格は8778円だが、「Steamウィンターセール」期間中は50%引きの4389円で購入することが可能。カッコ良さ満点のサントラが付属している『DEATHLOOP - Deluxe Edition』も、定価10978円が50%引きの5489円で購入できる。日本語インターフェースと音声・字幕もバッチリ完備されたおすすめの作品だ。

 

04Tales of Arise

2021/9/10から正式配信されているバンダイナムコエンターテインメントのアクションRPG。日本のRPGファンに大きなインパクトを与え続けている『テイルズ オブ』シリーズの25周年を記念したタイトルで、アニメ表現と水彩画にインスピレーションを得た「アトモスシェーダー」のグラフィック描画が特徴。

 

豪華絢爛なアクションバトルを体験できる点が魅力となっており、新規に実装されたシステム「ブーストストライク」によってパーティーに編成している仲間との連携攻撃が行えるようになった。コンボも炸裂する圧巻のバトルを体験しながら、2つの星に分かれるファンタジー世界で思う存分暴れ回ろう。

 

25周年記念作『Tales of Arise』セール中の新作『Tales of Arise』

▲人気シリーズ25周年記念タイトルとなるおすすめRPG。美しいグラフィックで再現された世界を冒険しよう。

 

通常価格は8778円だが、「Steamウィンターセール」期間中は30%引きの6144円で購入することが可能。なお、併売中の『Tales of Arise: Deluxe Edition』は11000円が7700円で、『Tales of Arise: Ultimate Edition』は13750円が9625円で購入できる。元の金額が大きいだけに30%オフは非常に有難い。

 

05The Last Stand: Aftermath

2021/11/16から正式配信されているArmor Games Studiosのゾンビサバイバルゲーム。『The Last Stand: Union City』と『Dead Zone』で知られるクリエイターの最新作で、ゾンビが蠢くポストアポカリプス世界を舞台に、ウイルスに感染してしまった主人公としてたくましく生き延びていくハードコアな作品だ。

 

緻密なグラフィックで再現された黙示録世界を見下ろし型のプレイ画面で楽しめる点が特徴で、危険なゾンビたちとの戦いを行いつつ、生存者たちの命をつなぐ貴重な資源やアイテムを求めて探索を繰り広げていく。操作キャラが感染症の進行によって死亡した場合、次の生存者で探索を再開できるローグライクなシステムが魅力だ。

 

黙示録世界を生き延びる『The Last Stand: Aftermath』セール中の新作『The Last Stand: Aftermath』

▲絶望に包まれた世界で理性を持った人間として行動していく重いテーマのタイトル。重厚感がスゴい作品だ。

 

通常価格は2570円だが、「Steamウィンターセール」期間中は10%引きの2313円で購入することが可能。なお、ストアでは2タイトルがバンドルになっている『The Last Stand Bundle』が3580円のところ19%引きの2900円で販売されているので、一気にシリーズの世界を体験してみたい人はこちらも選択肢に加えよう。

 

協力プレイで盛り上がる

このセクションではズバリ「協力プレイ要素」が大いに盛り上がるタイトルを5作品ご紹介。事前にプレイ環境を整えておけば家族や知人・友人、親しいフレンドユーザーたち一緒にゲーム世界を存分に味わうことができるぞ。

 

01It Takes Two

2021/3/26から正式配信されているエレクトロニック・アーツの協力プレイ向けアクションゲーム。ゲーム全編が「CO-OP」要素で展開していくという協力プレイ専用のゲームシステムを持っている点が特徴の作品で、絵本の世界に登場するようなファンタジックな世界で奇想天外なアクションを体験できる。

 

「Remote Play Together」システムによってフレンドを無料で招待できるという画期的なシステムも持っているため、どちらか1人のユーザーが作品を購入すれば2名のCO-OPが成立する点が魅力。一度体験したら忘れられない不思議なファンタジー世界を冒険しながら、ストーリー性とアクション要素を楽しもう。

 

CO-OP専用のタイトル『It Takes Two』セール中のゲーム『It Takes Two』

▲CO-OP専用ゲームとして極めて高い評価を獲得したタイトル。数々の受賞歴も持つ文句なしの傑作だ。

 

通常価格は4300円だが、「Steamウィンターセール」期間中は50%引きの2150円で購入することが可能。標準で日本語インターフェースと字幕がサポートされ、幅広い年代のユーザーが協力プレイの醍醐味を体験できる。ちなみにインストールサイズは約50GBと大きいので、事前にストレージを確認しておくと安心だ。

 

02Valheim

2021/2/2から早期アクセス版が配信されているCoffee Stain PublishingのオープンワールドサバイバルクラフトSLG。自動生成されていく広大なオープンワールド世界を舞台に生存とバトル、探索とクラフトを繰り返していく作品で、バイキング文化にインスパイアされた世界観とやり込み度満点のシステムが特徴だ。

 

早期アクセス版の状態にありながらもユーザー人気が非常に高く、破格の勢いでセールスを伸ばしている必見作。CO-OP要素に加えて最大10名のPvE要素があり、複数のプレイヤーが協力しながら遊ぶことで程良いゲームバランスを保つように設計されている。仲の良いフレンドと一緒に遊ぶのに最適なタイトルだ。

 

協力プレイが楽しい『Valheim』Steamでセール中の『Valheim』

▲自由な冒険と建設要素、そしてバリエーション豊富なバトルシステムもあり、ユーザー人気は非常に高い。

 

通常価格は2050円だが、「Steamウィンターセール」期間中は25%引きの1537円で購入することが可能。元の価格がそれほど高くないため、フレンドにプレゼントとして贈るのもアリ。ゲームは標準で日本語インターフェースと字幕をサポートしているため、参入の敷居も低い。ファンタジー世界が好きな人におすすめだ。

 

03Back 4 Blood

2021/10/13から正式配信されているWarner Bros. Gamesのゾンビサバイバルゲーム。CO-OP型のゾンビアクションゲーム『Left 4 Dead』シリーズの制作陣が手がけたタイトルとして大きな脚光を浴びているゾンビゲームファン必見のタイトル。最新ゲームらしいリアルなグラフィックで再現された世界で戦おう。

 

キャンペーンモードでは最大4名の協力プレイを楽しむことが可能で、人間とリドゥンに分かれて戦うPvP形式のマルチプレイにも対応。特に4名のチームとしてみんなと一緒に盛り上がれるキャンペーンモードが面白く、仲間を気遣いながらゾンビ軍団を討伐していくプレイが大いに捗ること間違いなしだ。

 

ザンビサバイバルゲーム『Back 4 Blood』Steamでセール中の『Back 4 Blood』

▲超巨大なミュータント系モンスターも出現。バリバリ倒しながら協力プレイの面白さを味わっていこう。

 

通常価格は8580円だが、「Steamウィンターセール」期間中は40%引きの5148円で購入することが可能。なお、同時販売中の『Back 4 Blood Deluxe』と『Back 4 Blood Ultimate』もそれぞれ40%引きで6930円と7458円に値下がりしている。ゾンビサバイバルゲーム好きなフレンドと一緒に盛り上がれるぞ。

 

04Orc Must Die! 3

2021/7/23から正式配信されている受賞歴を持つRobot Entertainmentのアクション型ストラテジーゲーム。『Orcs Must Die!』シリーズの最新作で、続々と侵入してくるオーク軍団に対してトラップや兵器を仕掛けながら迎え撃つ「タワーディフェンス」バトルを体験できる。2名の協力プレイが可能だぞ。

 

数で上回るオーク達に対抗しながら頭脳プレイ要素で戦うプレイが最高に面白く、一撃必殺の罠が上手く作動した際の喜びは大きい。同じゲームで遊んでいるユーザー同士が阿吽の呼吸でCO-OP要素を繰り広げていくことを念頭に置いているゲームシステムが素晴らしく、全てにおいて順当に進化を遂げた最新作だ。

 

オーク軍団と戦う『Orcs Must Die! 3』Steamでセール中の『Orcs Must Die! 3』

 ▲一新されたグラフィックとゲームシステムで楽しく遊べる。日本語環境もサポートされ、敷居は低い。

 

通常価格は3090円だが、「Steamウィンターセール」期間中は34%引きの2039円で購入することが可能。なお、ストアでは一挙にシリーズ関連作品9タイトルをバンドルした『Orcs Must Die! Franchise Bundle』も59%引きの3460円で併売中。シリーズを一気に遊んでみたい人は、こちらの購入も検討しよう。

 

05Degrees of Separation

2019/2/14から正式配信されているModus Gamesのパズルアクションゲーム。「熱」と「冷気」に分かれる力を持つ2人の主人公「エンバー」「ライム」が一緒に力を合わせながらステージを進んでいくプレイスタイルが特徴で、共有・分割画面を利用したCO-OPを楽しめる。美しいグラフィックが魅力を放つ作品だ。

 

景色とパズル要素が一体となっている2Dグラフィックのステージが最高の面白さを引き出していくれるタイトルで、横スクロール型で展開するプレイで頭を使いながら一緒にパズルを解いていく要素を堪能できる。協力することでお互いを理解するという主人公達のストーリー要素も秀逸なアクションゲームだぞ。

 

協力プレイ型ゲーム『Degrees of Separation』Steamでセール中の『Degrees of Separation』

▲芸術性に満ちたグラフィックは一度体験すると忘れられないものになる。協力要素を楽しもう。

 

通常価格は2050円だが、「Steamウィンターセール」期間中は75%引きの512円で購入することが可能。ワンコイン価格でゲットできるお手軽な値引き率が魅力で、日本語UI環境こそ無いものの、直感的な操作体系を持っているため、基礎的な語学力を持っていれば十分にプレイできる。年代を問わず遊べるおすすめ作品だ。

  

冬の雰囲気を満喫できるゲーム

「Steamウィンターセール」といえば冬の風物詩。というわけでこのセクションでは「冬」の雰囲気をバッチリ楽しめる世界観を持ったタイトルを5つご紹介。冬を感じながら家で暖かくゲームプレイを堪能していこう。

 

01Frostpunk

2018/4/24から正式配信されている11 bit studiosのストラテジー型サバイバルシミュレーションゲーム。街を導いていく「指導者」として、凍てついた世界を蒸気の力で存続させていく都市型SLG要素を持っている。名作の誉れ高い『This War of Mine』のクリエイターが送る真面目なシミュレーションタイトルだ。

 

プレイヤーが決定していく事項は多岐に渡り、指導者として市民達の運命を決めていく重大な決断を下す場面にも遭遇していくことになる。マネジメント能力を発揮しながら法を整備し、新たな技術も生み出しながら厳しい気象条件下で生存を目指していこう。長時間ハマれること間違いなしのおすすめゲームだぞ。

 

極寒世界で指導者になれる『Frostpunk』Steamでセール中の『Frostpunk』

▲社会派の内容を持つ鉛のように重いテーマが特徴のゲーム作品。標準で日本語UIと字幕に対応している。

 

通常価格は3090円だが、「Steamウィンターセール」期間中は70%引きの927円で購入することが可能。ちなみに7アイテムがセットになった全部入りの『Frostpunk: Game of the Year Edition』も定価6660円が71%引きの1934円で購入できるので、ゲーム世界を一気に体験したい人はこちらの購入も検討しよう。

 

02We Were Here Together

2019/10/10から正式配信されているTotal Mayhem Gamesのパズルアクションゲーム。オンライン協力プレイを念頭に置いたゲームデザインを持っているタイトルで、極寒の地を舞台に遭難した南極探検隊を救出するミッションに挑んでいくことになる。ボイスチャットが必須となるので、事前に環境を整えておこう。

 

不思議な空間となった城内を探索しながら2名のプレイヤーがお互いに協力していくパズルアクション要素が最高に面白く、これまでにリリースされてきたシリーズ作品中最も美しいグラフィックを持っているため、没入感満点に遊べること間違いなし。標準で日本語インターフェースと字幕をサポートしているので安心だ。

 ボイスチャットが必須の『We Were Here Together』Steamでセール中の『We Were Here Together』

▲協力プレイ専用のタイトルで、ソロプレイモードは存在しない。ボイスチャットで連携しながら遊ぶ作品だ。

 

通常価格は1320円だが、「Steamウィンターセール」期間中は55%引きの594円で購入することが可能。なお、ストアではシリーズ作品をバンドルした『We Were Here Series bundle』も定価3365円が60%引きの1332円で販売されているので、世界観を一気に味わいたい人はこちらの購入も検討してみよう。

 

03Project Winter

2019/5/24から正式配信されているOther Ocean Groupのサバイバルアクションゲーム。極寒の地を舞台に最大8名のプレイヤーが生存を目指していくが、プレイヤーの中に「裏切り者」が存在することによって非対称型対戦アクションプレイ要素が生まれてくるスリリングなタイトル。人狼ゲーム好きな人は必見の作品だ。

 

生存者(サバイバー)の目標は、リソースを集めながらミッションを進め、指定されたタスクを完了していくこと。裏切り者(トレイター)の目標は、仲間と一緒に生存を目指して一緒に働くフリをしながら、徐々に善良なプレイヤーを抹殺していくこと。極限の状況下で発生する「心理戦」要素が最高に面白いPvPゲームだぞ。

 

心理戦が面白い『Project Winter』Steamでセール中の『Project Winter』

▲上手なプレイヤーが集まることでゲームはさらにスリル感を高めていく。みんなと一緒に盛り上がれるぞ。

 

通常価格は2050円だが、「Steamウィンターセール」期間中は55%引きの922円で購入することが可能。日本語インターフェースに標準で対応しており、さらに汎用コントローラーでの操作もフルサポートされているので、参入の敷居は非常に低い。フレンドユーザーが多い人にはピッタリのゲームタイトルと言えるだろう。

 

04Praey for the Gods

2021/12/15から正式配信されているNo Matter Studiosのアクションアドベンチャーゲーム。全てが冬景色に閉ざされてしまったオープンワールドを舞台に、画期的な移動アクションを駆使しながら生存とバトルを繰り返していくプレイを体験できる必見タイトル。終わらない冬の謎を解き明かしていこう。

 

最新ゲームらしい豪華なグラフィックで再現された冬景色は必見のクオリティーで、アクション性抜群の移動シーンとバトル要素、そして謎が謎を呼ぶ深遠な仕掛けの数々に夢中になれること請け合い。詩的な要素を感じられるファンタジー世界を冒険していくことが好きな人であれば、世界観にハマること間違いなしだ。

 

終わらない冬の謎に挑む『Praey for the Gods』Steamでセール中の『Praey for the Gods』

▲没入感の高い世界観とアクション性に富んだゲームプレイが確かな満足感を与えてくれるゲーム作品だ。

 

通常価格は3300円だが、「Steamウィンターセール」期間中は15%引きの2805円で購入することが可能。新作ゲームのため、値引率的にはお得感が薄れるかもしれないが、日本語インターフェースもしっかりと搭載されているため長く遊べること請け合い。シングルプレイ専用の作品を探している人にもおすすめだ。

 

05Steep

2016/12/22から正式配信されているユービーアイソフトのウィンタースポーツゲーム。冬に遊ぶのにピッタリなタイトルで、スキーやウィングスーツ、スノーボードやパラグライダーを操りながらアルプスの山岳地帯でスリル満点のスポーツアクションを体験できる。オンラインPvP要素もあって遊び甲斐満点だぞ。

 

対応するアイトラッキングデバイスを所有していると、さらに没入感の高いプレイを味わえる点がポイント。標準で日本語インターフェースと字幕・音声に対応しており、部分的ながら汎用コントローラーでの操作もサポートされているので、幅広い人がウィンタースポーツの世界をたっぷりと体験できるはずだ。

 ウィンタースポーツを体験できる『Steep』Steamでセール中の『Steep』

▲暖かく安全な室内で冬のエクストリームスポーツにチャレンジできる。これぞゲームの醍醐味だ。

 

通常価格は3960円だが、「Steamウィンターセール」期間中は80%引きの792円で購入することが可能。驚異の値引率でお得にゲットできるおすすめの作品で、普段なら5280円かかる『Steep - X-Games Gold Edition』も1056円でゲットできてしまう。ビッグセールらしい安価な価格設定が嬉しいスポーツゲームだ。

 

Steamセールの真骨頂!1000円以内で遊べる人気ゲーム

このセクションでは、お得な販売価格で入手できるゲームを5本ご紹介。普段ならゲーム1本分に相当する金額で複数のタイトルを購入できる点が「Steamウィンターセール」の醍醐味。安くなった製品をチェックしていこう。

 

01プラネットコースター

2016/11/18から正式配信されているFrontier Developmentsの運営シミュレーションゲーム。誰もが童心に帰って遊ぶことができる「遊園地」の設計と運営を体験できる必見のシミュレーション作品で、詳細なシステムにアクセスしながら自分だけの遊園地を設計してお客さんに楽しんでもらうことができる。

 

自分が作った遊園地に来場するNPCのお客さんに「感情」がある点がポイント。園内がきちんと整備されていれば満足度がアップし、さらなる感動と満足感を与えるために細部を調整していくマネジメント要素も大いに捗ること請け合い。同じゲームを遊んでいる他ユーザーとデータを交換できるシステムもあり、遊び甲斐は満点だ。

 遊園地を運営できる『プラネットコースター』Steamでセール中の『プラネットコースター』

▲自分だけの遊園地を生み出して世界のユーザーにシェアできる機能を持っている。日本語UI対応済みだ。

 

通常価格は4580円だが、「Steamウィンターセール」期間中は80%引きの916円で購入することが可能。12種類のアイテムが全て詰め込まれた『Planet Coaster: Complete the Collection』も、通常14554円が64%引きの5253円でゲットできるので、一気に世界観を体験したい人はこちらの購入も検討しよう。

 

02Little Witch Nobeta

2020/6/24から早期アクセス版が配信されているPupuya Gamesのアクションゲーム。3Dモデルで再現されたファンタジー世界を舞台に魔女っ子「ノベタ」を操作しながら様々なバトルに挑んでいく。様々な特性を持った元素魔法を操りながら戦う戦闘シーンは迫力満点で、美少女キャラファンにもおすすめできる作品だ。

 

古城に隠された秘密を解き明かしていく謎解き要素もブレンドされた世界観が面白く、やり込み要素満点のバトルシステムも痛快。魔女っ子アクションをたっぷりと体験できる必見タイトルで、標準で日本語インターフェースと字幕を完備しているため参入の敷居も低い。PCへの要求スペックが低めな点もグッドだ。

 

魔女っ子が主役の『Little Witch Nobeta』Steamでセール中の『Little Witch Nobeta』

▲バリバリの魔女っ子アクションを堪能できる美少女キャラファン必見作。ノベタの活躍を楽しもう。

 

通常価格は990円だが、「Steamウィンターセール」期間中は10%引きの891円で購入することが可能。元々早期アクセス版価格でお手軽にゲットできるタイトルだが、安くなるに越したことはない。正式版の登場にはあと数年かかりそうなので、フィードバックを送って作品の開発を支援したい人にも向いているぞ。

 

03Yakuza 0(龍が如く0)

2018/8/1から正式配信されているSEGAのアクションアドベンチャーゲーム。東京と大阪を舞台にご存知「桐生」と「真島」が大暴れするヤクザゲームで、1988年の日本を描いている点が特徴。バブル絶頂期の日本をゲーム内で体験できる点も魅力の作品で、見所満載のロケーションの数々を体験できるぞ。

 

街中で起こるバトル中には自転車や電柱、車のドアなどを使用してコンボを繰り出すことが可能で、何でもアリの喧嘩アクションが最高に面白い。シリーズの中核をなしている没入感満点のストーリー要素も必見で、華やかさの裏にある人間の「業」「哀しさ」も体験しながらプレイに没頭できる。

 

バブル期の日本が舞台の『Yakuza 0(龍が如く0)』Steamでセール中の『Yakuza 0(龍が如く0)』

▲ヤクザの人生を疑似体験しながら遊べる必見のアクションアドベンチャーゲーム。ディスコも登場するぞ。

 

通常価格は3888円だが、「Steamウィンターセール」期間中は75%引きの972円で購入することが可能。日本語インターフェース及び字幕・音声を標準で実装し、さらに汎用コントローラーでの操作もフルサポートされているので、CS機と同じ感覚でプレイできる点も魅力。解除できるSteam実績も55種類と豊富だ。

 

04Cookie Clicker

2021/9/2から正式配信されているPlaysaurusのクッキー製造シミュレーションゲーム。2013年に登場以降継続的なアップデートを繰り返し続けている作品のSteamバージョンで、熱狂的なファンを持つインディーゲームタイトル。インストールサイズが約350MBと非常に少ない点も特徴となっているぞ。

 

ゲームには600種類以上のアップグレード要素と解除できる532種類のSteam実績が実装されており、遊び甲斐は満点。シングルプレイ専用のゲーム作品となるが、標準で日本語インターフェースと字幕をサポートしており、誰でも気軽にクッキー製造の世界を体験できるようになっている。長く遊べるSLGタイトルだ。

 

クッキー製造シミュレーション『Cookie Clicker』Steamでセール中の『Cookie Clicker』

▲約8年もの間継続的なアップデートを敢行してゲーム世界が成長を続けている必見のインディーゲームだ。

 

通常価格は520円だが、「Steamウィンターセール」期間中は40%引きの312円で購入することが可能。元々ワンコイン価格でゲットできるお手軽な作品だが、セール価格ではさらに格安な値段で購入できるので、お得感は非常に高い。ゲームが気に入った人は、DLC扱いのサントラを購入してスタジオを支援してあげよう。

 

05Loop Hero

2021/3/5から正式配信されているDevolver Digitalのローグライクカードゲーム。自動生成されていく世界をヒーロークラスとデッキ構築で攻略していくやり込み度満点のゲームシステムが特徴のタイトル。敵や環境、構造物などに分かれているカードを戦略的に配置していくことで面白さが広がるユニークな作品だ。

 

自分自身で道を作りながら報酬アイテム獲得を目指して戦い続けていく本作のシステムには中毒性があり、膨大な時間を費やしながらさらなる強化を目指すプレイが大いに捗る。ローグライクなゲームプレイとデッキ構築の奥深さ、そして強大な敵モンスターへ挑んでいくスリリングな戦いを体験しながら成長を目指そう。

 

ローグライクカードゲーム『Loop Hero』Steamでセール中の『Loop Hero』

▲レトロな雰囲気を持つインターフェースが秀逸な作品。日本語UIと字幕を標準で完備しているぞ。

 

通常価格は1520円だが、「Steamウィンターセール」期間中は40%引きの912円で購入することが可能。PCへの要求スペックが非常に低い点も魅力のタイトルで、インストールサイズも約200MBと極小。ノートPCユーザーでも手軽にプレイできるスペック設定が嬉しい作品だ。年末年始にじっくりと冒険を楽しもう。

 

セール価格は変動する可能性アリ

今回の特集では、「2021上半期新作」「協力プレイで盛り上がる」「冬の雰囲気を満喫できるゲーム」「Steamセールの真骨頂!1000円以下で遊べる人気ゲーム」の4カテゴリに分けて合計20タイトルをご紹介してきた。気になっていた作品や、これまで知らなかったタイトルに手を出してゲーマーライフを充実させていこう。

 

特にゲームをゲットできるSteamウィンターセール

▲ちなみにSteamストア内でもカテゴリーや値段別に製品を閲覧できる。深掘りしていくと楽しいぞ。

 

なお、「Steamウィンターセール」で実施されている割引価格は、期間中に変動する可能性があることが公式にアナウンスされているので、欲しいゲームがある人は早い段階でゲットしておくと安心。今回の特集記事も参考にしつつ、膨大なタイトルが登場しているセールから次に遊ぶ1本を見つけ出して欲しい。

 

【おすすめポイント】気に入ったゲームは迷わずゲットしよう!