PC 正式サービス中:2015/07/07〜 基本無料 外国語版 ブラウザゲーム MMORPG

「メイプルストーリー2(MAPLE STORY2)」世界100カ国、1億人以上のプレイヤーが参加したという超モンスター級MMORPGの続編!今年一押しの新作MMORPG!



0点  0件

100カ国で1億人がプレイした驚異のオンライン型モンスターMMORPGの続編が登場!!

「MAPLE STORY2」のメイン画像

「メイプルストーリー2」は、韓国のオンラインゲーム会社である「NEXON Korea Corporation」が2010年頃から開発を行い、2015/07/07に韓国国内で正式配信を開始したオンライン参加型のMMORPGゲーム!

 

前作にあたる基本無料のオンライン参加型MMORPG「メイプルストーリー」は、2003年の配信開始後から2017年現在までに世界100カ国、1億人以上のプレイヤーが参加したという超モンスター級のゲームであり、ここ日本でも未だに高い人気と多くのプレイ人口を誇っている!

 

正当なナンバリングタイトルとして発表された本作は、前作の要素を受け継ぎつつもゲームシステムの多くを刷新。最も象徴的な変更点は横スクロールの2D型プレイ画面から見下ろしタイプの3D型画面への移行だ!

 「MAPLE STORY2」最も象徴的な変更点は横スクロールの2D型プレイ画面から見下ろしタイプの3D型画面への移行だ!

「MAPLE STORY2」最も象徴的な変更点は横スクロールの2D型プレイ画面から見下ろしタイプの3D型画面への移行だ!②

「MAPLE STORY2」3D型のゲームシステムを上手く取り込んでおり、現代のゲームユーザーが求める視覚的ニーズへの対応を見せている。


前作から約7年の時を経て開発がスタートした本作は、その間に熟成してきた3D型のゲームシステムを上手く取り込んでおり、現代のゲームユーザーが求める視覚的ニーズへの対応を見せている。

 

前作のファンにはもちろん、3Dモデルとなりアクション性、アバターのカスタマイズなどMMORPGのゲーム性を高めたオススメの新作MMORPGだ!

 

 

 「メイプルストーリー2」のグラフィックとUI

本作は2010年頃から開発された作品である為、前作よりも格段に充実したグラフィックの完成度を誇っている。

ギザギザしたエッジが目立っていた前作よりもまろやかな描画となった本作の登場キャラクターは、特に髪などの細部の質感に劇的な向上が見られるようになり、カスタマイズが楽しくなるような愛らしさと魅力を生み出す事に成功している。

 

「MAPLE STORY2」まろやかな描画なった本作の登場キャラクター

 

また、ステージ内で描かれる背景地面は、適切なテクスチャ処理と陰影のエフェクトが相まって質感が上昇しており、基本的には込み入った画面でありながら、前作よりも視認性は確実に向上しているので、長時間プレイしても目が疲れる事は少なくなるだろう。

 

「MAPLE STORY2」適切なテクスチャ処理と陰影のエフェクトが相まって質感が上昇「MAPLE STORY2」適切なテクスチャ処理と陰影のエフェクトが相まって質感が上昇②

 

アイテムを表示するUIに関してはポップアップと切り替えタブを基本としたシンプルな構成となっているので非常に見やすい!

 

「MAPLE STORY2」アイテムを表示するUIに関してはポップアップと切り替えタブを基本としたシンプルな構成


また、登場キャラクターとの会話は半透明のウィンドウの中に表示されるので、移動中であっても特に邪魔に感じることは無い。

現在各ソフト会社からリリースされている標準的なMMORPGではほぼ定番となりつつある「オーソドックスなUI」を上手く踏襲している本作は、過剰なデザイン性を排した無難なUIを備えたゲームに仕上がっているぞ!

 

 3Dモデルとなった登場キャラクターたちもキュート!

「メイプルストーリー2」に登場するキャラクターは、基本的に前作「メイプルストーリー」の主要キャラクターが持つデフォルメされた可愛らしいデザインを踏襲しているが、少しだけ頭のバランスが小さくなり、2.5頭身程度のサイズで描かれている。

また、昨今のPC業界におけるキャラクター造形技術の向上に伴い、3Dモデリングを使用した立体的な形状になっているのが大きな特徴だ。

 

「MAPLE STORY2」3Dモデリングを使用した立体的な形状になっているのが大きな特徴だ。

 

本作は横スクロール画面のみで構成されていた前作とは違い、斜め上からの立体俯瞰のプレイ画面となる為、前作のような2Dベースのキャラクターを使用すると、角度によっては描画具合に支障が生じる場合がある。

「メイプルストーリー2」ではプレイヤーが操作するキャラクターは360度のあらゆる方向を向く事が可能になるので、キャラクターの作画が破綻しない描画方法である3Dモデリングは、本作にマッチした描画手法なのだ。

 

「MAPLE STORY2」

「MAPLE STORY2」

 

3Dモデリングを採用した事によって、本作のキャラクターはより豊かな表現力を獲得する事となった。

 

「MAPLE STORY2」


移動時の身体の動きや戦闘中の各種アクションは以前よりも可愛らしさを増しており、結果的に感情移入しやすくなったと言えるだろう。

 

豊富なキャラクターエディット機能を搭載!

「メイプルストーリー2」ではキャラクターの外見をエディットする機能が前作以上に強化されており、目つきの変更や表情を表す色合いの追加まで、実に幅広いカスタマイズが可能となっている。

 

「MAPLE STORY2」

 

これらのエディット機能はコンスタントに行われてきたアップデートで拡張された部分でもあるので、これからプレイする方はキャラクターの作成だけでも膨大な時間を費やす事になるかもしれない。

 

アニメ系キャラクターにおいて最も重要な外見的要素となる「髪の毛」は、エディット画面内にあるパラメーターを操作する事で長さの調節が可能となっており、さらにカラーリングの変更にも対応している。

衣装の色に合わせて髪の長さや色を変更するといった楽しみ方をしても面白いだろう。

 

また、衣装や装飾アイテムの豊富さもプレイヤーには嬉しいポイントだ。衣装関連のアイテムは頭と体、両手両足などの細かいパーツに分かれているので、カスタム性は非常に高い。

また、衣装や特定の装備へのスキン作成機能も実装されているので、完全オリジナルの装備を作成する事も可能だ。

 「MAPLE STORY2」

 

カスタムスキンの実装はポップアップで表示されるウィンドウ上で行う。

衣装や武器などのカスタムスキン対応アイテムは3Dモデルを平面で展開した状態で表示されるので、ブラシを使って簡易的なペイントを施したり、自分で用意した画像を貼り付けることでオリジナルのスキンを作成する事が出来るという仕組みだ。

 

他のユーザーと組んで冒険を行う場合には、自分たちのチームカラーやシンボルを反映したオリジナルスキンを共有して親睦を深めるのも面白いだろう。

 

「MAPLE STORY2」

 

自分のアバターを極限まで調整し、より自分好みに変更する事が可能になる本システムは、カスタム好きなユーザーにとっては歓迎すべき進化だ。

 

 

 プレイスタイルに応じて選べる「職業」システム!

「メイプルストーリー2」でも前作「メイプルストーリー」同様「職業」のシステムが存在するので、自分好みの職業を選んでキャラクターを育成することが可能だ。

配信開始から現在までのアップデートで新規の職業が数種類加えられ、2017年9月時点では全11種類の職業【ナイト、バーサーカー、バーサーカー、ストライカー、ソウルバインダー、ウィザード、プリースト、レンジャー、ヘビーガンナー、シーフ、アサシン】が存在する。

 

「MAPLE STORY2」

 

武闘家系

▼ストライカー

素手での攻撃を得意とする「ストライカー」は、戦闘時にスキルが連続で使用出来るという特徴を持つ職業だ。

「MAPLE STORY2」

「MAPLE STORY2」

 

▼ソウルバインダー

防御能力に秀でた「ソウルバインダー」は、主に味方の治癒に貢献する職業だ。

「MAPLE STORY2」

「MAPLE STORY2」

 

戦士系

▼ルーン・ブレイダー

装備品にルーンの力を加えて攻撃する「ルーン・ブレイダー」は、ウィザードと戦士の中間的な位置付けの職業となっている。

「MAPLE STORY2」

「MAPLE STORY2」

 

▼戦士

接近戦で圧倒的な攻撃力を誇る「戦士」はスタンダードな能力が魅力の職業で、攻撃力と防御力のバランスに優れているので初心者でも扱いやすい。

「MAPLE STORY2」

「MAPLE STORY2」

 

 

▼バーサーカー

自分よりも大きな武器を振り回し、敵に大きなダメージを繰り出すことを得意とする「バーサーカー」は、一撃必殺を得意とする狂乱の戦士だ。

「MAPLE STORY2」

「MAPLE STORY2」

 

 

ウィザード系

▼ウィザード

広範囲への攻撃を得意とする「ウィザード」は、3つの異なる属性を持つ魔法を扱う事が出来る職業だ。

「MAPLE STORY2」

「MAPLE STORY2」

 

▼プリースト

主に治癒能力に秀でた神聖な職業である「プリースト」は、後方支援向きのキャラクターである。

「MAPLE STORY2」

「MAPLE STORY2」

 

射手系

 

▼レンジャー

弓を攻撃手段に利用する「レンジャー」は、連れている鷹とのコンビネーション攻撃も行える特殊なスキルを持つ。

「MAPLE STORY2」

「MAPLE STORY2」

 

▼ヘビーガンナー

銃器専門の攻撃を行う「ヘビーガンナー」は、強力な攻撃能力を持つ魅力的な職業だ。

「MAPLE STORY2」

「MAPLE STORY2」

 

盗賊系

▼シーフ

俊敏な移動能力が特徴の「シーフ」は、盗賊ならではの狡猾な戦闘アビリティを持つ。

「MAPLE STORY2」

「MAPLE STORY2」

 

▼アサシン

隠密行動が得意な「アサシン」は、敵に対して罠を仕掛け、素早く急襲する能力に秀でた職業だ。

「MAPLE STORY2」

「MAPLE STORY2」

 

全ての職業には長所短所があり、どの職業が自分に合っているかはプレイしながら判断しないと分からない部分がある。

これほどのバリエーションがあれば異なるキャラクターを育成する楽しみも増えるので、長期間プレイし続けたい方にとっては遊びがいのあるシステムだと言えるだろう。
プレイ中は各職業が持つスキルと異なる能力を最大限に利用し、存分に冒険を楽しもう。

キャラクターに可愛さだけでなく同時にカッコよさも求めてしまう欲張りな人にオススメと言える豊富なクラスたちだ!

 

 

キューブ型のフィールド構成が世界観をより艶やかに彩る!

本作最大の特徴がステージの構成要素とデザインである。
完全横スクロール型だった前作から一新された本作のステージは、キューブ状のブロックを基本構成単位とする完全立体型のステージへと変貌を遂げ、3D感覚満載のアクションを堪能する事が出来るようになっている。

 

「MAPLE STORY2」

「MAPLE STORY2」

 

キューブ型のパーツというデザインを根幹にもつ「メイプルストーリー2」のフィールドには整然とした秩序が生まれており、デフォルメされた木々のパーツなどは見た目にも収まりが良い。

 「MAPLE STORY2」

 


また、本作では個々のキャラクターが明確な攻撃範囲を持っているので、戦闘時にはブロック単位を基本とするマス目状のフィールドが視認性を高める役割を果たす。

マス目で攻撃範囲を判定する要素はストラテジー型のゲームではお馴染みのものだが、リアルタイムでアクションを行うMMORPGで実装している点が面白い。

 

「MAPLE STORY2」

 

隅々までマス目で整理されていると聞くと窮屈に感じる方々もいるかもしれないが、プレイ中にはそういった制約は一切気にならないようにデザインされているので安心してほしい。

 

尚、中にはレゴのようなブロックで構成されたユニークなステージもあるので、前作の舞台設定や世界観に慣れている人とっては新鮮な驚きとなる事だろう。

 

「MAPLE STORY2」


まるで積み木で出来ているかのような新しい「メイプルストーリー2」の舞台は、登場キャラクターの3Dモデリングをベースとした容姿と非常にマッチしているので、プレイ中に違和感を覚える事は無く気が付けばこの世界観の虜となっていることだろう!

 

「MAPLE STORY2」

 

立体物を斜め上のアングルから描写する事によって、全体に奥行きが表現されるようになった点も見逃せない。


特に高い場所へ行くと下界ステージとの距離感はかなりリアルに感じられるようになっているので、高所恐怖症の人は若干注意が必要かもしれない。

 

「MAPLE STORY2」

 

本作では前作とは異なりステージ毎に明確な高低差が存在するので、召喚系の乗り物を利用すればダイナミックな景色を一望する事も出来る。
この点も含め、本作のステージ構成は前作から格段の進化を遂げている。

一応ナンバリング作品ではあるが、プレイヤーは全く異なるプレイ感覚を覚えるに違いない。

 「MAPLE STORY2」

 

「メイプルストーリー2」に登場する新概念「生産・クラフトシステム」!

本作では新たに「生産システム」という概念が組み込まれており、プレイヤーはゲーム内で素材やアイテムを生産する事が出来るようになっている。

移動中にマップ上に点在する「鉱物」を収集してからその「鉱物」を加工したり、自分が飼っている各種の生物から収集した素材を加工して、そこから新たなアイテムを生み出すという事も可能だ。

 

「MAPLE STORY2」

 

ゲームの世界をより深く味わうことが出来るこの生産・クラフトシステムは、本作が戦闘以外の要素にも十分配慮して開発された事を伺わせる充実したコンテンツだと言えるだろう。

国内外の主要なRPGの世界ではすでに定番となりつつある「生産」の概念と「クラフト」システムが「メイプルストーリー2」にも本格的に実装されたという点については、素直に歓迎したい。

 

「クエスト」と「報酬」は前作を踏襲!

「メイプルストーリー2」でも基本的には前作同様のクエスト受注方式を採用しており、依頼されるクエストをこなしていく事で様々な報酬を貰うことが出来る。

ただし大型で非常に強力な攻撃力を持つボスの討伐に向かう場合には一人では歯が立たない事があるので、そのようなチェレンジクエストを受注する際には、事前に信頼できる仲間集めを忘れずに行なっておくと良いだろう。

 「MAPLE STORY2」

「MAPLE STORY2」

 

クエストクリア報酬として入手出来るのは各種の「トロフィー」「武器」、そして「アクセサリー」など多岐に渡る。

倒した敵がアイテムをドロップするというゲームシステムも前作を踏襲しているが、本作ではクエストの種類と獲得アイテムの幅が格段に広いので、繰り返し受注してもやり込み甲斐のある要素に進化している点がポイントだと言える。

 

「MAPLE STORY2」

 

 「メイプルストーリー2」でも登場!人気の「釣り」システム

前作「メイプルストーリー」でも好評だった「釣り」のシステムは「メイプルストーリー2」にもきちんと引き継がれている。

 

「MAPLE STORY2」


レアな「黄金魚」は「黄金のエサ」のみを使用して釣り上げることが可能になっているので、是非チャレンジしてもらいたい。

尚、パーティを組んで釣りをする場合、パーティのみで使用可能な「特殊能力」を発揮すれば、普段釣り上げる事が出来ない大物を釣り上げる確率が飛躍的に上昇するので、確実に成果を上げたい時は複数人のパーティーを組んで釣りを行うようにしよう。

ただの作業プレイにならないよう、ここでもMMOでのコミュニケーション要素を混ぜており、MMORPGならではの「みんなでプレイ」を楽しみたい人にオススメだ!

 

建築ブロックや家具を配置して様々な生活要素を実装!

「メイプルストーリー2」のプレイヤーにとって最大の楽しみは、自キャラクターを生活環境に置いて様々な活動をさせられるという事だ。
プレイヤーはゲーム内で自宅を持つ事が可能になっており、ペットを飼ったり家具を好きな位置に置いて装飾を行うという日常的な行為を満喫出来る。

また、管弦楽器を購入して演奏会を行ったり、美容院で髪型を変更するといった要素も組み込まれているので、プレイヤーは戦いに疲れた時、これらの要素を利用して違った面でもゲームを楽しむ事が出来る。

 「MAPLE STORY2」

 

バトル要素の印象が強い「メイプルストーリー2」だが、クエストやダンジョン探索以外の要素を充実させている点は興味深い。


自キャラクターに色々な行動をとらせる事によって生活感が生まれ、結果的にゲーム内に暮らしているような感覚を覚えるのだ。

 

「MAPLE STORY2」

また、最初から全ての要素がアンロックされているわけではないので、自分が求める理想の暮らしを実現しようとする場合にはそれなりに時間と労力を費やす必要があるという点も、プレイヤーを飽きさせない配慮だと言えるだろう。

 

プレイヤー同士が長期間滞在し、ある意味では同じフィールドで暮らしているような感覚を覚える「生活要素」の実装は、本作のゲームプレイ時間を長期的に持続させる仕組みであり、プレイするたびに次への欲求が生まれてくる魅力的なシステムもオススメの一つ!

 

正式配信後から現在までのアップデート状況

 

2015/07/07の正式配信と同じくして「メイプルストーリー2」の公式ホームページがリニューアルされ、初心者に向けたゲームのチュートリアル的ガイドが掲載された。

このガイドマップには各レベルごとに取得可能なスキルや解放要素が実際のアイコンなどを使って解説されており、MMORPG初心者には格好の説明書の役割を果たしている。

ちなみに配信開始日の2015/07/07にはレベル1から30までの解説が掲載されていたが、現在はレベルキャップ解放に伴ってレベル50までの解説とその後のロードマップが掲載されている

 

配信開始初日にはユーザーからのアクセスが殺到し、一時サーバーがダウンするという状態にもなった本作は、2015年7月30日に初回の大規模アップデートを敢行した。

このアップデートではプレイヤーのレベル上限が30から40へ変更された他、各職業には新たなスキルが実装され、ダンジョンや敵キャラクターの追加なども行われた。

また、2015年8月20日には早くも2回目のアップデートが行われ、レベル上限は40から50に変更となり、多数のアイテムや新マップが追加された。

 

その後も約2ヶ月に一度のペースでアップデートが行われてきた本作だが、2016年12月15日に大型アップデート「RESTART」を行なっており、ゲーム内容やバランスが大幅に修正されている。

配信開始直後から寄せられているユーザーの意見を反映する形で行われたという待望のアップデート「RESTART」だが、一方でユーザーがこれまで育成してきた既存のキャラクターに影響が出るなどの弊害もあった。

 

紆余曲折があったものの、ユーザーがさらに楽しめるように現在も改良が加えれらている本作は、配信当初よりもさらに面白さと魅力を増した作品になっていると言えるだろう。

 

 

正式配信前には「ユーザー参加型」のフェスティバルを開催!

韓国では正式配信開始前の6月27日に「ローンチング・フェスティバル」と題したゲームの仕様やアップデートに関する情報提供などが配信され、正式配信を待ちわびるユーザーが多数参加して大いに盛り上がった!

 

「MAPLE STORY2」


フェスティバルは全2部形式で構成され、第1部ではこれまで公開されてこなかった新マップボスキャラクターの紹介、第2部ではユーザー参加型の先行体験プレイが提供された。

 

この先行体験プレイではフェスティバルの主催者が提供するサーバーを利用して参加ユーザーがログインし、キャラクターの作成から簡単な体験プレイまでを行う事が出来た。

体験プレイには一定の制限時間が設定されていたが、いち早く解放された本作のゲームフィールド内には韓国中から多数のユーザーが集結し、最終的には約43万体ものキャラクターが作成されて大いに盛り上がった。

 

「メイプルストーリー2」はこんな人にオススメ!

本作は大ヒットした前作の正統的なナンバリングタイトルなので、「メイプルストーリー」ファンには自信を持ってオススメ出来る作品だ!

 

「MAPLE STORY2」

「MAPLE STORY2」

 

作品は正統な進化を遂げ、さらに現在も定期的に新たなアップデートが行われてイベントも充実しているので、是非とも早期の日本配信開始を願ってやまないタイトルだ!


メイプルストーリー2(MAPLE STORY2)が良く分かる動画を見てみよう!

公式ジョブ紹介


公式コンテンツ紹介動画


メイプルストーリー2(MAPLE STORY2)の評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

メイプルストーリー2(MAPLE STORY2)のレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

Left banner
Right banner