「ウィッチャー3」新作おすすめのオープンワールド!JRPG特有のストーリー重視!洋ゲー特有の自由度の高さでゲームオブザイヤー受賞の革命的なオープンワールドMMORPG!



PC サービス中 購入 MMORPG

001

「ウィッチャー3ワイルドハント」は、2015年5月18日に発売され、全世界で600万本以上の売り上げを誇っており、2015年にはThe Game Awardsにて「ゲーム・オブ・ザ・イヤー」を受賞した中世ヨーロッパを舞台にしたオープンワールド系おすすめRPGだ!

程よい広さのオープンワールド!JRPG特有のストーリー重視!洋ゲー特有の自由度の高さ!の3つがの大きな特徴!

 

引き込まれるストーリー!

本作は、ポーランドの作家、アンドレイ・サプコフスキによるファンタジー小説『魔法剣士ゲラルト』を原作としており 、怪物退治のプロ「ウィッチャー」であるリヴィアのゲラルトの活躍を描いた「ウィッチャー」「ウィッチャー2」に続くウィッチャーシリーズの3作目にして、最後の作品である。

 

004

 

この世界には獣、グール、吸血鬼など様々な怪物がおり、その怪物を倒す存在としてウィッチャーがいる。その中でも主人公のゲラルトは今までの様々な実績から「伝説のウィッチャー」と呼ばれている。

 

008

 

そして本作では過去にゲラルトが稽古をつけた少女「シリ」を軸としてストーリーを進めていくこととなる。

 

▼秘められし力を持っている「シリ」

023

 

シリは強力な秘められし力を持っており、その力を狙う者達「ワイルドハント」から追われている。追われているシリを助けるためにゲラルトはワイルドハントと戦闘をしながらシリの足取りを探していく。

 

追っていく過程でバラエティ豊かな登場人物と出会い関わっていくこととなるが、その人物たちとの会話の中でプレイヤーは協力をするのか、それとも敵対するか、選択を迫られる。ストーリーがどのように進んでゆくのか、そレを決める会話選びも本作の魅力となっている。

 

自由度の高い規格外のオープンワールド!

「ウィッチャー3ワイルドハント」は、その見た目から洋ゲーであるように思われるだろうが日本製のゲームである。

 

自由度が高すぎて何をすればいいのか分からなくなってしまう洋ゲーとは違い、本作にはには明確なメインストーリーがありながら、オープンワールドの利点を使った自由度の高いサブクエストなどが豊富に取り揃えられている。

 

024

 

メインストーリー50時間?サブクエスト50時間?本作はゲームをやり込む人間も、ストーリー以外やりたくない人間も楽しめると上記したが、その理由は和ゲー要素と洋ゲー要素が上手くミックスされているためである。

 

例えば練り込まれたメインストーリーはJRPGのテイストだと言えるだろうし、オープンワールドの利点を上手く取り入れたサブクエストは洋ゲーの得意とするところだろう。

 

一本道のゲームが好きな人はメインクエストを進め、あちこち寄り道したい人はサブクエストも進めるという選択ができる。

  

また、「君この手紙をあの人に渡してくれ」など何から何まで押しつけてくるモブキャラクターに嫌気が刺した経験があると思うが、本作では面倒な依頼は無視しても問題ない。

 

026

 

なぜなら、お使いクエストだけではなく、人探し、魔物退治、宝探し、カードゲームなどサブクエストはゲームバリエーションを富んでいるからだ。

 

010

 

また、本作はシリーズ3作目なので、前作のストーリーを知らない人は楽しめないのではないか、という不安が生じるかもしれないが問題ない。

 

本作には登場人物図鑑が用意され、またストーリーでの会話から前作の流れをある程度読み取れるようになっている。そのため前作を知らないことが大きなマイナスになるということはない。

 

018019

 

また、しっかりとしたメインストーリーがあるが、それを無視して別のクエストをやり続けることも可能となっており、本作でプレイヤーは完全な主人公であり、ゲームの進め方は自分次第である。これも本作の魅力的な部分だ!

 

映像、音声が圧倒的!

魅力的なゲームシステム、ストーリーを紹介したがグラフィックも本作の大きな魅力だ!

空の色や草原の動きなどの風景のリアリティから、動物、人物、怪物の動き、街中の雰囲気、途中のムービーまで細部にこだわっており、中世ヨーロッパの世界観を作り上げている。

 

016

007

017

015

 

特に怪物のグラフィックは見た目や不気味な動きなど画面越しでも伝わってくる恐怖がある。

 

020

 

また、場面によって切り替わるBGMも草原での壮大な音楽から戦闘時の危機迫る音楽まで、雰囲気にとてもマッチした音楽が奏でられ、物語の会話はフルボイスであり、主人公はもちろんどのキャラクターにも感情移入をすることができる!

 

アイテムの入手法や戦闘

武器、防具、アイテムの入手法は、「ドロップしたものを拾う」「店で購入する」「設計図を使い鍛冶屋」で制作するの三つである。

 

027

 

その中で鍛冶屋で制作する方法はウィッチャーの世界の特徴を表している。設計図の他に怪物を倒して手に入れた素材とお金が必要になる。

 

そしてこの方法で作った武器防具、アイテムには普通の武器とは異なり、様々な能力が追加されたり序盤で強力な武器が手に入れることができるなど様々なメリットがあり、本作の広大で自由な世界観を表してると言える。

 

戦闘方法では、近接武器の剣でのアクション、魔法、爆弾、弓矢などの武器を使った遠距離でのアクションがあり、敵には空を飛ぶ怪物、角があり突進してくる怪物など個々に特有の動きと弱点がある。敵の隙を突いていかに弱点を突くかという駆け引きが楽しめる。

 

022

 

まとめ

「ウィッチャー3ワイルドハント」について様々な魅力を紹介したが、本作は前作をプレイしていなくても楽しめる作品となっており、洋ゲーの広大な世界観や綺麗なグラフィックと和ゲーの深く練られたストーリーがうまく合わさった素晴らしい作品となっている。

 

005

 

なんといっても主人公のゲラルトが渋くてかっこいい。そのゲラルトに自分がなるのだから自然と移動中も楽しく、会話の中の選択ではゲラルトならこうするだろうと考えて選択をしたりする。

 

すべての要素を含めて一度はプレイしていただきたい作品となっている。DLCも配信されており2016年8月31日には本編とすべてのDLCが合わさった「ウィッチャー3ワイルドハント ゲームオブザイヤーエディション」が発売されている。

 

本作は、RPGが好き!でも洋ゲーテイストのオープンワールドも楽しみたい!一本道のゲームを楽しみたい!やっぱりあちこち寄り道したい!ボリュームがあるゲームがやりたいというワガママなプレイヤーにこそおススメしたい!

さあ、本当の自由を手にすることが出来るオープンワールドの世界を駆け回ろう!

ウィッチャー3(ワイルドハント)スペック/動作環境

動作環境 必須環境 推奨環境
対応OS 64-bit Windows 7, 64-bit Windows 8 (8.1) or 64-bit Windows 10
CPU Intel CPU Core i5-2500K 3.3GHz / AMD CPU Phenom II X4 940
メモリー 6GB
グラフィックカード Nvidia GPU GeForce GTX 660 / AMD GPU Radeon HD 7870
VRAM
HDD空き容量 35GB
DirectX
回線速度

ウィッチャー3(ワイルドハント)の評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

ウィッチャー3(ワイルドハント)のレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

2
3