【甲鉄城のカバネリ -乱-】大人気アニメの正統続編がついにゲーム化!原作スタッフ再集結&豪華声優陣で送るPC・スマホ両対応の新作RPG



PC スマホ サービス休止中 無料 オンラインRPG

Ogp

『甲鉄城のカバネリ -乱- 始まる軌跡』は、第20回文化庁メディア芸術祭にて、アニメーション部門の審査委員会推薦作品に選出された大人気アニメ「甲鉄城(こうてつじょう)のカバネリ」の正統続編となる、スマホ・PCブラウザ両対応の新作オンラインRPGゲーム。

 

2016年9月16日の東京ゲームショウでゲーム版の制作発表がされ、当初は2017年冬のリリースを予定されていたが、来たる2018年12月19日ついに正式サービスが開始された。株式会社トライフォートが開発し、PC版はDMM GAMESで配信されている。

 

本作の舞台はアニメ本編の3カ月後。テレビアニメ「甲鉄城のカバネリ」と、2019年春に公開が予定されている中編アニメーション映画「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」を繋ぐ物語となる。アニメで活躍した甲鉄城の面々に加え、新たなキャラクターも登場するので、カバネリファンはぜひ映画公開までにプレイしておこう。

 

また、本作のメインストーリーはアニメ原作スタッフが完全監修! 監督は荒木哲郎氏、シリーズ構成・脚本は大河内一楼氏、キャラクターデザインは美樹本晴彦氏らと豪華製作陣が名を連ねる。2DRPG最高峰のキャラクターアニメーションも「進撃の巨人」でおなじみのWIT STUDIOが手がけている。

1347 001

バトルは自動で進行するセミオートバトルで、敵味方の双方合わせて、素早さの高い順から通常攻撃を繰り出していく。キャラクターには属性があるので、属性を見極めて戦闘を有利に進めたい。

 

突撃、迎撃、斥候の3すくみの基本属性に加え、支援、遊撃などの相性にとらわれない属性も存在する。自動戦闘の際は基本、自身が有利な属性の敵を優先して標的としてくれるのでゲーム初心者でも安心だ。オートバトルで進めつつ、戦況に応じてド派手なスキルで介入してバトルを有利に進めよう。

 

スキルの種類も500以上あり、ランダムで付与される装備によって強化されるので、こだわりの武器を製作・強化して、最強の武器を作り上げる楽しさもある。

1347 002

Img system1

Img system2

美麗グラフィックに加え、アニメファンが待ちに待った新たなストーリーとオリジナルアニメーション、また小松昌平、黒沢ともよ、梅原裕一郎など大人気声優陣が演じるフルボイスも必見だ!

 

また、メインストーリーでありアニメ続編となる「正史」だけでなく、各キャラクターごとのエピソードが楽しめる「列伝」といったやり込み要素もあり、ボリューム満点だ。

 

ぜひこの機会に『甲鉄城のカバネリ -乱- 始まる軌跡』をプレイして、壮大なカバネリの世界に触れてほしい。簡単オート操作なので原作は知っているがゲームはちょっと……というユーザーにもオススメだ。

 

初めてカバネリを見たという方は、制作側の本気度が伝わる内容となっているので、まずは上のオープニングムービーを見てみて欲しい。そうしてゲームをプレイしつつ、2019年春の映画公開を待とう。

1347 003

Img system3

654370jp 7

甲鉄城のカバネリとはどんなアニメ?

そもそも「甲鉄城(こうてつじょう)のカバネリ」を知らない方のために、どんな作品か説明しておきたい。「甲鉄城のカバネリ」は、アニメ版「進撃の巨人」を手がけたアニメーションスタジオWIT STUDIOによるオリジナル作品。

 

監督は「進撃の巨人」と同じく荒木哲郎氏が務め、シリーズ構成・脚本は「コードギアス 反逆のルルーシュ」などの大河内一楼氏。進撃の巨人BGMで2014年度JASRAC賞銀賞を受賞した澤野弘之氏が音楽を担当、キャラクター原案は「超時空要塞マクロス」などの美樹本晴彦氏が手がけた。

 

大物クリエイターが総力を結集した本作は、発表時から大きな話題となった。

1347 005

026

2014年11月17日の「ノイタミナプロジェクト発表会2015」にて制作発表された後、テレビ放送に先駆け特別先行版「甲鉄城のカバネリ 序章」が2016年3月18日より1週間限定で劇場公開。

 

その後2016年4月~6月にかけてテレビアニメ版がフジテレビ「ノイタミナ」枠など計18局で放送されたちなみにノイタミナとは、2005年4月からフジテレビが設けた深夜のアニメ専門枠のことで、過去多くの名作を生み出したアニメファンなら必ずチェックする人気枠のこと。

 

噛んだ人間を同族へと変えてしまう怪物「カバネ」に支配された世界を舞台に、大きな犠牲を払いながらも戦い続ける人々の姿を描いた本作は、度肝を抜く高クオリティな作画、迫力のバトルアクションシーン、絶望的な現実にあらがう主人公たちの生き様に思わず胸が熱くなると、大きな話題を呼んだ。

3

2

10

スチームパンク・時代劇・バトルアクション・ゾンビ・ロードムービーなど多くの要素が込められており、蒸気機関が発達した極東の島国・日ノ本(ひのもと)を舞台に、装甲蒸気機関車・甲鉄城に乗る人々と、不死の怪物「カバネ」との戦いを描いた物語だ。キャッチコピーは「死んでも生きろ」「貫け、鋼の心を」。

 

カバネを恐れるがあまり全てを「祟り」のせいにして考えるのをやめてしまう人々や、ピンチに陥ったときにむき出しになる人間の醜さ。パニックホラー映画さながらの、恐怖のあまり疑心暗鬼になる人々の心理描写には、感情移入して思わず身を乗り出してしまう。

 

見応えのあるアニメを探している人にも、ゾンビものが好きな人にもオススメで、さすがはノイタミナプロジェクトの作品と言える良アニメなので、まだ見たことがないというユーザーはぜひ見てみてほしい。Amazonプライムビデオやdocomoのdアニメストアで全話視聴ができる。

 

アニメのキャラクターたちは、ゲーム版である『甲鉄城のカバネリ -乱- 始まる軌跡』にも登場するので、よりゲームを楽しめること間違いなしだ。

1

カバネリとは何か?

では、タイトルでもあるカバネリとは何か?

 

先述した通り「甲鉄城のカバネリ」の世界では、突如として現れた「カバネ」と呼ばれる不死の怪物が覆い尽くしている。カバネは噛んだ相手を同族に変化させてしまうゾンビのような化物で、噛まれた人間は死亡後にカバネ化、死せずとも3日間の潜伏期間を経てカバネと化す。

 

頭を潰しても息絶えることなく、核を破壊する必要があるのだが、この核は鋼鉄のように硬い「心臓被膜」で保護されており、倒すのが非常に困難だ。

019

020

時代は産業革命の波が押し寄せ、近世から近代に移り変わろうとしていた。

 

カバネが猛威を振るう中、人々はカバネから逃れるために「駅」と呼ばれる要塞の中で生活し、他の駅とは鋼鉄製の蒸気機関車「駿城(はやじろ)」を利用することで物流を統制、堅牢なインフラを整備して生計を立てていた。

 

物語は、蒸気機関が発達した極東の島国・日ノ本(ひのもと)という架空の日本を舞台に展開していく。

013

014

017

018

かつてカバネに妹を殺されたアニメ版主人公の生駒(いこま)は、顕金駅で住み、製鉄と蒸気機関の生産をなりわいとしつつ、独自の対カバネ武器である「ツラヌキ筒」の開発・研究を行っていた。

 

ある日、駿城の1つ・甲鉄城が顕金駅にやってくる。車両の清掃整備をすることになった生駒は、義務であるはずのカバネ検閲を免除される不思議な少女・無名(むめい)と出会う。

 

そんな中、別の駿城が暴走しながら、顕金駅に突入してきた。乗務員は全滅し、全てカバネに変化しており、溢れ出るカバネたちに人々はパニックに。

 

妹の無念を晴らすため、生駒は懸命にカバネに対抗するのだが、ついに噛まれてしまう。自作の器具を用いてウイルス侵食を止めることはできたものの、体はカバネとなりながらも理性と人格を保った「カバネリ」へと化してしまった。

 

高い身体能力を得たものの、引き換えに感覚の一部を失い、存続には人間の血液を必要とすることに。つまりカバネリとは、「カバネと人の境界にいる」存在なのである。

 

そうして、同じくカバネリである無名とともに、カバネからの脱出行が始まった。カバネを倒すことが生きる全てだった生駒は、無名や後に出会う甲鉄城の面々と旅をするうちに「無名を人間に戻す」という新たな目的を見出すことになる……。

4

021

アニメの主人公は蒸気鍛冶の少年・生駒だが、ゲーム版オリジナルキャラクターである『甲鉄城のカバネリ -乱- 始まる軌跡』の主人公・要(かなめ)もまた、生駒同様カバネによって家族を失った少年。

 

物語は、要の妹がカバネに襲われるシーンから始まり、生駒や無名などの原作キャラたちに助けられた要たちは、甲鉄城に乗り込むこととなる。喧嘩っ早いが仲間想いな要が、生駒たちと出会ってどのように成長と遂げ、どのように本編に絡んでいくのか、ぜひ映画公開までにプレイしたいところ。

 

2016年に放映されたアニメと、2019年春公開の映画「甲鉄城のカバネリ ~海門決戦~」を繋ぐ正式続編だけあって、ゲーム版のシナリオもきちんと作り込まれた印象だ。

6

8

9

魅力的なキャラクターと安定の作画

ここからは『甲鉄城のカバネリ -乱- 始まる軌跡』に登場するキャラクターを紹介したい。

 

キャラクター原案は、くどいようだが「超時空要塞マクロス」の美樹本晴彦氏が、アニメーションキャラデザインは「進撃の巨人」でアクション作画監督などを務めた江原康之氏が担当しているので、そのキャラ設定やアクションの細かい動きは言わずもがな。

 

特に女性キャラはみんな魅力的で可愛く、アニメでは無名ファンが続出した。男性キャラも格好良く、生駒はもちろん新キャラの要もちょっと真っ直ぐすぎるものの顔立ちがよく好印象。画もとっつきやすく万人受けする美しい作画が特徴だ。

 

17

 

18

15

更に、主要キャラクターを彩る声優陣も豪華!

 

ゲーム版主人公・要を務める小松昌平は、「アイドルマスターSideM」牙崎漣を演じ人気急上昇中の声優。要の孤児仲間である葉矢は2018年第12回声優アワード主演女優賞を受賞した黒沢ともよ、同じく2人と家族同然の千尋役は2016年第10回声優アワードで新人男優賞を受賞した梅原裕一郎がキャスティングされた。

 

またおなじみの生駒は、「遊☆戯☆王ZEXAL」九十九遊馬役、「バジリスク〜桜花忍法帖〜」甲賀八郎など多くの主役キャラを演じる畠中祐、無名は「甲鉄城のカバネリ」で一躍脚光を浴び第11回声優アワードで新人女優賞を受賞した千本木彩花。受賞歴のある実力派の声優が名を連ねているのも大注目だ。

7

 

▼要(かなめ) CV:小松昌平

ゲーム版の主人公。勝木駅の孤児であり、拾い屋として生計を立てていた。真っ直ぐな性格だが喧嘩っ早いのが困りもの。

13

 

▼葉矢(はや) CV:黒沢ともよ

勝木駅の孤児で、要とは幼い頃からの孤児仲間の少女。辛いことにもめげずに、周囲に元気を振りまく。

12

 

▼千尋(ちひろ) CV:梅原裕一郎

孤児仲間を家族と思い、誰よりも絆を大切にする。家族のためなら多少の犠牲はいとわない。

11

 

▼生駒(いこま) CV:畠中祐

原作版の主人公である17歳の少年。整備工の仕事のかたわら、カバネの心臓被膜を撃ち抜く武器の開発やカバネ化を防ぐ方法を研究している。

 

5年前に住んでいた駅を襲撃され、妹をカバネに殺害された。一度は怖くなり逃げだしたが、後に殺害場所まで戻りカバネ化した妹に自らトドメを刺している。その事件で妹を助けられずに逃げてしまったことがトラウマとなり、常に正しく強くあろうと心に決め「誇れる自分になる」と誓う。

 

カバネに噛まれるも、自作の器具を用いてカバネリとなった。 本作では襲われていた要たちを助け、自身の駿城に乗せてあげることとなる。

19

 

▼無名(むめい) CV:千本木彩花

原作のメインヒロイン。あどけない容姿からは想像もつかない対カバネ戦闘の達人。常人が普通の刀では貫けないカバネの「心臓被膜」をナイフ1つで貫いてしまう。


過去に殺されかけたところを、カバネを狩る精鋭部隊「狩方衆」総長の美馬(びば)に救われ、無名の名を与えられる。本名は「穂積(ほずみ)」。

 

美馬から「誰にも頼らず一人で生きろ。弱いやつは死ね」と教え込まれたため強くなるために自ら「カバネリ」となり超人的な身体能力を得た。しかし引き換えに、全力で戦闘した後に猛烈な眠気にさいなまれる副作用がある。

004

アニメの中では、いつか完全にカバネになってしまうのか、明日私の心は無くなってしまうのではないかという不安と常に戦っていたが、生駒と一緒に戦う中で「いつかカバネが居なくなった世界でお米をお腹いっぱい食べたい」という壮大な夢を持つようになる。

022

 

▼四方川 菖蒲(よもがわ あやめ) CV:内田真礼

誠実で責任感が強い四方川家惣領。弓道を習得している。甲鉄城城主として皆を導くため研鑽を欠かさない。

006


▼来栖(くるす) CV:増田俊樹 

菖蒲の身辺警護を務める顕金駅の侍。卓越した剣術の使い手。侍としての誇りに溢れる忠義に厚い青年だが、頑固で融通が利かず生駒や無名にも厳しく接する。菖蒲には頭が上がらない。

008

 

▼八鳥(やとり) CV:五十嵐裕美

ゲーム版で登場する新キャラクター。アニメ版同様、江原康之氏が担当している。鉄道網を管理する國鉄衆の一員。要たちに同行し旅をサポートするお姉さん的存在。

21

▼香姫(こうひめ) CV:高森奈津美

ゲーム版で登場する新キャラクター。アニメ版同様、江原康之氏が担当している。先代三河公の娘であり、まだ幼いお姫様。存命とわかった兄を探すべく屋敷を抜け出した。

20

アニメ本編から3か月後、中ノ国へ入った国境付近の給水所で不具合を起こして立ち往生していた生駒たちが乗る甲鉄城。生駒と無名は、補修資材を手に入れるために立ち寄った勝木駅で、新キャラクターの要、葉矢、千尋たちと出会うことになる。

 

サービス開始に合わせて、ログインボーナスやゲーム内アイテムが手に入るイベントといった記念キャンペーンも行われているので、忘れずにゲットしたい。スマホでもPCブラウザでもプレイ可能なので、まずは痺れるオープニングムービーを見て、「甲鉄城のカバネリ」の世界観に触れて欲しい。

 

セミオートバトルシステムでゲーム初心者でも全く迷うことなくプレイできる上に、好きなキャラクターを掘り下げた「列伝」も見逃せない! 本作は、2019年春の公開が予定されている劇場版に繋がる物語なので、カバネリファン、そして全国の無名ファンは、必ず『甲鉄城のカバネリ -乱- 始まる軌跡』をプレイしておこう。

5


甲鉄城のカバネリ -乱-が良く分かる動画を見てみよう!

第1弾ティザームービー


公式アニメ第三弾PV


甲鉄城のカバネリ -乱-の評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

甲鉄城のカバネリ -乱-のレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

2
3