「雀神道」対局レートの変動でスリリングな麻雀が楽しめるHTML5技術を利用したおすすめの新作ブラウザゲーム!カスタマイズ要素も豊富!



PC サービス中 無料 ブラウザゲーム テーブルゲーム/オンライン麻雀

001 「雀神道」は、「株式会社レコム」が開発を手がける基本プレイ無料(一部課金制)のオンラインHTML5ネットワーク対戦型麻雀ゲーム!

 

2018年5月18日から「Yahoo!ゲームプラス」で正式サービス配信が開始されているぞ!

 

オンラインの対人戦が楽しめる本作は、手持ちのポイント「雀P」を点数に変換して遊ぶシステムを採用しており、対局終了時に一定以上の点数を維持できなければ何も還元されないという厳しいゲームシステムを採用している。無料で続けるためには「勝つ」しかないため、スリリングな対局が楽しめる点が魅力だ。

 

また、自分の「呼び名」「卓の背景」「効果」をカスタマイズできる機能も実装されており、自分だけのカスタムプレイ画面を生み出すこともできるぞ!

 

「雀神道」は、オンラインで対人戦を楽しみたいと考えている人や、高レートな対局でシビれるような展開を楽しみたい麻雀ファン、豊富なカスタマイズ機能を利用して自分の個性をアピールしたい麻雀好きにはオススメのオンラインHTML5ネットワーク対戦型麻雀ゲームだ!

 

 「雀ポイント(雀P)」を稼いで次に繋げよう!毎回「伸るか反るか」の大勝負が楽しめるスリリングな対局システム!

012

 

「雀神道」最大の特徴は「射幸性の高さ」にある。「幸運を得たい」と思う感情「射幸心」を高める要素である「射幸性」という言葉がゲームの説明に使用されることは非常に珍しいが、これは「株式会社レコム」が使用している表現だ。つまり本作は他の麻雀ゲームと一線を画すため、勝敗のメリハリがハッキリとしているのだ!

 

002 ▲「ログインギフト」としてユーザーに贈呈される「雀P」。本作ではこの「雀P」を利用して対戦を行う。

 

「雀神道」では対局時に「雀ポイント」略して「雀P」と呼ばれるポイントを「点数」に還元してゲームを行うルールがある。プレイヤーはホーム画面左側に表示されている自分の「雀P」を消費して対局に望むことになるのだが、「対局レート」は自分の所有「雀P」に応じて決定されるため、常にタイトな状況になるぞ。

 

003

▲ギフトで貰ったポイントを加算した状況でも、「対局レート」システムで倍率が調整されると、1つの対局でほぼ全ての「雀P」を消費してしまう。なかなかハードコアな対戦仕様だ。

 

004

 

 本作には「一局戦」「東風戦」「半荘戦」の3種類が用意されており、対局終了時に25000点以上を維持することができれば、その点数が「雀P」として還元される。ただし25000点を下回った場合には「雀P」は一切還元されない仕組みだ。つまり、続けて長く対局を楽しみたい場合には、何としても25000点をキープする必要があるのだ!

 

005

▲対人戦のマッチング画面。どのような相手が現れるかわからないので緊張する瞬間だ。

 

対局レート制度を導入することによって1つの対局で消費するポイント「雀P」を大きく変動させ、常に「後が無い」状況で対局を行うことになる「雀神道」は、厳しい勝負の世界で己の腕を磨いていこうと考えているユーザーや、「負けたら終わり」という一発勝負の状況に燃えるタイプのユーザーにはオススメのオンラインHTML5ネットワーク対戦型麻雀ゲームだ!

 

 

笑える要素や遊び心が満載!「呼び名」変更機能を利用して他のプレイヤーに「自分らしさ」をアピールしよう!

 

「雀神道」ではスタート直後に自分自身のハンドルネームを設定するが、それとは別に「呼び名」を設定できるようになっている。「見習い」から始まる「称号」は対局で勝ち進むことで変化していくが、「呼び名」はいつでも自由にカスタマイズすることができるので、様々な組み合わせを考えてみよう!

 006

 

「呼び名」は2段階に分かれている。選択可能な項目には「優しい」「不思議な」「一月の」「二月の」「陽気な」「内気な」「笑う」「北海道の」「東京の」などの形容詞があり、その後に「ヒト」「男性」「女性」「オトナ」「コドモ」などの名称が続くという仕組みだ。選択次第では面白い組み合わせが楽しめるぞ!

 007

 

「呼び名」の項目を上手に利用すれば、他のプレイヤーに与える印象がかなり変わってくる。自分の出身地をアピールしても面白いし、笑える名称を考え出しても良いだろう。他のプレイヤーの顔が見えないオンライン麻雀ゲームでは、ちょっとした工夫が勝負の行く末を左右することも十分あり得るので、こまめに変更してみよう!

 

所謂「通り名」のような存在の「呼び名」をユーザーが自由に設定し、相手プレイヤーに特定の印象を与えることができる「雀神道」は、遊び心を持った麻雀ゲームを探している人や、一種の心理戦的な駆け引きをしてみたいユーザーにはオススメのオンラインHTML5ネットワーク対戦型麻雀ゲームだ!

 

 

プレイを有利に進めるアイテムや画面をカスタマイズできるアイテムが勢揃い!自分だけのプレイ画面も生み出せる!

 

本作にはゲーム内通貨「ダイヤ」を消費して各種のアイテムを購入できる機能が実装されている。アイテムは対局時の雰囲気を変える「卓背景」、ロンやツモ時のビジュアル効果を変更できる「効果」、高レートのVIPルームに入場できるパスや特殊効果を発揮するアイテムが揃う「その他」3種類に分類されているぞ。

 

008

▲「稲妻」が走るカッコ良い演出をカスタマイズできる「効果」セクション。相手に与える心理的な影響を考えて使用すると一層効果的だ。

 

009

 

「その他」セクションにあるアイテム「安心のつぼ」は、対局で負けたときに1回だけ使用したポイントが戻ってくるという優れものだ。対局レートシステムで多くの「雀P」を消費する本作は「負けたら全ておしまい」という傾向が強いので、勝てる自信を得られるまでは利用してみるのも良いだろう。

 

010

 

アイテムの購入に利用するゲーム内通貨の「ダイヤ」は「雀P」の購入にも利用可能だ。ちなみに「ダイヤ」はゲームを続けて「スタンプカード」を貯めることで貰うこともできるので、入手したら有効に活用しよう。

 

011

 

「ダイヤ」の購入システムは所謂「課金要素」となり、購入したいユーザーは実費を支払う必要がある。対局で常に勝ち続けることができる人はあまり利用しない要素かもしれないが、アイテムを利用したカスタマイズなど、本作の世界をとことん楽しみたいと考えている人は常識の範囲内で利用すれば楽しくなるだろう。

 

画面や特定の効果をカスタマイズできるアイテムが登場し、さらにはプレイに多様性を持たせるアイテムも実装している「雀神道」は、「課金要素」に対してあまり抵抗がないユーザーや、自分だけのプレイ画面を作り上げることが好きな人にはオススメのオンラインHTML5ネットワーク対戦型麻雀ゲームだ!

 

 

「雀神道」は、こんな人にオススメだ!

 

対局レートが「雀P」の総数に応じて変動する「雀神道」は、毎回スリリングな対局が楽しめるオンライン麻雀ゲームだ。負けたときにリスクは非常に高いが、その反面買ったときの喜びは数倍以上に膨れ上がり、触れ込み通りの「射幸性の高さ」を実感できる。

 

013

 

現在ブラウザゲームでスタンダードになりつつある「HTML5」技術を採用したプレイ画面は滑らかでストレスがなく、ちょっとしたトイレ休憩時に利用できる「代走」機能も持っている点は好印象だ。初心者にはかなり厳しいゲームであることは間違いないが、腕に自信があるユーザーなら時間を忘れて熱中できるだろう!

 

「雀神道」は、最新規格で製作されたブラウザ型麻雀ゲームを探している人や、厳しい勝負の世界に身を置いて自分自身の腕を鍛えたいと考えている真摯な麻雀ゲーム好きユーザーには絶対オススメのオンラインHTML5ネットワーク対戦型麻雀ゲームだ!

雀神道の評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

雀神道のレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

2
3