「デッドセルズ(Dead Cells)」ローグライク要素を持つ2D横スクロールアクションゲームが「STEAM」に新登場!



PC サービス中 購入 アクション

001

 「デッドセルズ(Dead Cells)」は、フランスのインディー系ゲーム会社「Motion Twin」が開発を手がける新作横スクロール型ドット絵アクションゲーム!

 

2018年8月7日からゲーム配信サイト「STEAM」でダウンロード販売が開始されているぞ!

 

本作はエリアがランダム生成される「ローグライク」の要素と、2D横スクロール型探索アクションジャンル「メトロイドヴァニア」要素を融合したゲームシステムを持っている点が特徴で、懐古調のドット絵グラフィックと高難易度なゲーム性が大きな魅力だ。

 

日本語字幕とインターフェースを実装しているので、誰でも安心してプレイすることができるぞ!

 

「デッドセルズ(Dead Cells)」は、繰り返し遊んでも飽きない「ローグライク」要素を持つゲームが好きな人、海外で定着しているレトロ2Dアクションゲームの代表的ジャンル「メトロイドヴァニア」の要素を持つゲームを探している人、ドット絵グラフィックが好きな人にはオススメの新作横スクロール型ドット絵アクションゲームだ!

 

 

新ジャンル「ローグヴァニア」誕生!「ローグライク」要素と「メトロイドヴァニア」要素が融合した「デッドセルズ(Dead Cells)」の特徴と世界観

002

フランスのボルドーに拠点を置くゲーム会社「Motion Twin」は、創設から13年、従業員10名という小規模なインディー系企業だ。過去13年間に開発した作品は150本以上と非常に多産で、ゲーム開発に対するスタッフの情熱と意気込みを感じることができる。「デッドセルズ(Dead Cells)」はそんな「Motion Twin」が手がけた最新作だ。

 

003

本作が最大の特徴として掲げているのは、新たなゲームジャンル用語「ローグヴァニア」だ。これはダンジョンがランダム生成される「ローグライク」要素と、日本産レトロゲームの傑作「メトロイド」「悪魔城ドラキュラ」から取られた海外のジャンル名「メトロイドヴァニア」が融合した作品であることを意味している。

 

004

▲ゲーム開始直後の映像。プレイヤーは陰鬱なダークファンタジー的世界観に彩られた魔界城の名もなき囚人として目覚め、バトルアクションを駆使しながら迷路のように入り組んだ城からの脱出を目指す。このダークな世界観は本作がインスピレーションを受けたと公言している日本産レトロゲームの傑作「悪魔城ドラキュラ」に近い。

 005

▲グラフィックは懐かしき「ドット絵」を採用しており、全ての登場キャラクターはギザギザとした質感を持つが、背景を含めたステージは細部まで計算し尽くされた光源と色彩が美しく、懐かしくも新しい不思議なゲーム世界を構築することに成功している。ロケーションも非常に豊富で、景色の変化も大きな見所だ。

 006

▲大きく11種類に分かれる完全2D横スクロール型のステージは毎回自動生成される仕組みになっており、異なるプレイ体験を楽しむことができる。特殊なアビリティをアンロックすると新たなエリアが出現するという仕掛けもあり、ルート選択の自由度は非常に高い。隠されたエリアを見つける探索要素も充実しているぞ。

 

 「デッドセルズ(Dead Cells)」は、かつてコンシューマーゲーム機で横スクロール型レトロアクションゲーム「悪魔城ドラキュラ」「メトロイド」に打ち込んだことがあるオールドゲーマーの人、陰影が美しいダークな世界観を持つゲームが好きな人にはオススメの新作横スクロール型ドット絵アクションゲームだ!

 

 

死亡すれば全てやり直し!超高難易度のステージがプレイヤーの前に立ちはだかる!脳髄を刺激するシビアなプレイ体験を存分に堪能せよ! 

008

「デッドセルズ(Dead Cells)」が持つもう一つの特徴は、多くのプレイヤーを苦しめる「ゲームの高い難易度」にある。「Motion Twin」のスタッフはかつて自分たちを苦しめたレトロゲームの異様な難易度を本作で忠実に再現しており、思わずコントローラーを投げ捨てたくなるような「あの頃の感覚」を呼び覚ましてくれるのだ!

 

009

▲ゲーム紹介で自らを「サディスティックな開発者」と称する「Motion Twin」のスタッフが生み出した敵キャラクターは個性的かつ強力な攻撃を繰り出す難敵揃いで、何も分からずに初見でプレイしているとまず勝ち目はない。難易度が低いカジュアルなゲームが好きな人は、本作が持つ難易度の高さに要注意だ。

 

010

▲同じルートが2度続かない本作をクリアするためには、トリッキーなステージに対処する「的確なコントロール能力」と、何度死んでも気を取り直して再度チャレンジする「屈強な精神力」が要求される。死亡すると全てやり直しとなる本作は常に緊張感漂う極限のプレイをプレイヤーに要求してくるのだ!

 

011

 ▲プレイヤーが操作するキャラクターの動きはスピーディーで、操作が上達すれば素早いアクションを交えた攻撃を相手に喰らわせることができる。難解なステージと歯応えのある敵が連続するものの、操作性でイライラする場面は皆無と言って良いだろう。アクションゲームの醍醐味を突き詰めたゲーム性は見事だ。

 

013

「デバッガーたちの汗と涙」によって作り上げられたというボス戦では、かつてない試練がプレイヤーを苦しめることになる。ただし高難易度を持ちながらも決して理不尽なゲーム展開にならないのが本作の良い点だ。倒すためには何度も死ぬことになるかもしれないが、その先に待つ勝利を目指して頑張ろう!

 

012

 「デッドセルズ(Dead Cells)」は、難しいステージに何度でも挑戦してクリアを目指すことに燃えるタイプの人、集中力を研ぎ澄ましてゲームプレイすることが好きな人、自分のスキルを最大限に活かせるゲームを求めている人にはオススメの新作横スクロール型ドット絵アクションゲームだ!

 

 

豊富なアイテム収集要素がゲームプレイを大きく変える!ステージをくまなく調べて便利な武器やアイテムを集めよう!

014

「デッドセルズ(Dead Cells)」にはプレイヤーキャラクターを強化できる90種類以上の武器とスキルアイテムが登場する。これらのアイテムはステージ内に設置されており、獲得すれば今まで苦戦していた敵キャラクターに対して優位を保てるようになる。プレイ中はアイテム収集要素が重要になるぞ!

 

015

 ▲詳細なステータス設定が施されたアイテム群。細部にわたるステータス付与効果を覚えることは容易ではないが、装備することによってゲーム展開が非常に楽になる場面が数多くあるため、苦労して入手する価値はある。ステージ内をくまなく探索し、全てのアイテムコレクションを完成させよう!

 

016

 「デッドセルズ(Dead Cells)」は、細かいステータス変化やダメージ特性が設定された武器やアイテムを収集し、自分が操作するキャラクターを徐々にパワーアップさせていくことが好きな人にはたまらない魅力を持った新作横スクロール型ドット絵アクションゲームだ!

 

 

「デッドセルズ(Dead Cells)」は、こんな人にオススメだ!

017

かつて日本のゲームシーンに登場してその後世界的なファンを獲得するに至った不朽の名作「悪魔城ドラキュラ」と「メトロイド」を掛け合わせて誕生した「デッドセルズ(Dead Cells)」は、日本のゲームファンに是非ともプレイしてもらいたい優秀な作品だ。懐古調のドット絵グラフィックも「らしさ」を演出しており、完成度は非常に高い。

 

018

 迷宮のようなステージ内に出現する凶悪な敵キャラクター、そして各所で発見できる特殊アイテムなど、アクションゲームとしてのバランスは絶妙で、ハイレベルなゲーム体験を経験できる点が素晴らしい。幾度も心が折れそうになる場面を乗り越えて辿り着くエンディングは、かつてない達成感をもたらしてくれることだろう!

 

019

 「デッドセルズ(Dead Cells)」は、日本が生み出した優秀なゲーム作品に多大な影響を受けた海外のゲームを探している人、アクションゲームの面白さを再発見できるゲームを求めている人、歯応え十分の高難易度を持つゲームにチャレンジしたい人には絶対オススメの新作横スクロール型ドット絵アクションゲームだ!

デッドセルズ(Dead Cells)スペック/動作環境

動作環境 必須環境 推奨環境
対応OS Windows 7
CPU Intel i5
メモリー 2GB
グラフィックカード NVIDIA 450 GTS / Radeon HD 5750 or better
VRAM
HDD空き容量 500MB以上の空き容量
DirectX DirectX 9.1
回線速度

デッドセルズ(Dead Cells)の評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

デッドセルズ(Dead Cells)のレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

2
3
Chevron up