【オーバーヒット(OVERHIT)】映画のような本格ストーリーと超美麗シネマティック演出による美しいバトルは圧巻! ストーリー重視派の人にオススメのスマホ用RPG。



スマホ サービス中 オンラインRPG

「オーバーヒット(OVERHIT)」はストーリー重視派の人にオススメのスマホ用RPG

「オーバーヒット(OVERHIT)」は、全世界2500万ダウンロードの「HIT」を手がけたNAT Gamesが開発し、2018年5月29日にネクソンからリリースされた、本格的で壮大なストーリーとシネマティック演出による美しいバトルが魅力のスマホ用大人気オンラインRPG。

 

中世ファンタジー、近未来都市、未開拓地域など、次元を超えて多彩な世界へ壮大な冒険を始めよう。そこで出会う数々の英雄たちと紡がれる新たなストーリーが世界を大きく左右する。

 

フル3Dによる映画さながらのムービーシーン、美しいグラフィックによるド派手なカットイン演出、豪華声優陣がフルボイスで演じる100人以上の英雄など、とっても贅沢なゲームとなっている。

 

ストーリー重視でRPGを選ぶなら「オーバーヒット(OVERHIT)」がオススメだ!

魔神復活を目論む悪の組織との激闘再び

魔神復活を目論む悪の組織と、幾多の世界から集結した英雄との激闘再び

「オーバーヒット(OVERHIT)」の世界では、50年前にすべての “世界” が滅びの危機に瀕していた。

 

その元凶となったのは太古の魔神の復活を目論む秘密結社「コンクレイヴ」。そして、その野望を阻止するために、数多の “世界” から英雄が集結、結成されたのが「黒翼団」。

 

この2つの組織による激しい死闘の末、幹部を失ったコンクレイヴの野望は潰えた。その後、役目を終えた黒翼団の英雄たちも、それぞれの “世界” へと帰っていった。

 

ひとまずの平和を得た世界だったが、最近になり再びコンクレイヴの影がちらつき始める……。というのが本作のプロローグ。

主人公は太陽の聖女ソフィア。彼らの視点に立ってストーリーを読み進める

本作では、主人公である「太陽の聖女ソフィア」や「新米傭兵アッシュ」、ソフィアの護衛をする「忍者レン」などによる一団と、魔神復活を目論む悪の組織「コンクレイヴ」との闘争を中心にストーリーが進んでいく。

 

プレイヤーは主人公を操作するのではなく、その時々でソフィアやアッシュなどの視点に立ってストーリーを読み進めていくことになる。 

 

Unreal Engine4による最高峰の美麗3Dグラフィックス

Unreal Engine4による最高峰の美麗3Dグラフィックスは圧巻

「オーバーヒット(OVERHIT)」の最大の魅力は、何と言ってもグラフィックのクオリティの高さ!

 

本作で使用されているゲームエンジンはUnreal Engine 4(UE4)なのだから、グラフィックの良さは間違いない。UE4が主に使用されているのは、最新ゲームハードであるPlayStation 4やNintendo Switchであり、当然ながら本作もそれと同等品質のグラフィックである。

 

ゲームのスクリーンショットを見てもらえれば分かるが、グラフィックのクオリティの高さは、スマホ用ゲームでは最高峰のものと言えるだろう。

グラフィックのクオリティの高さはスマホ用ゲームでは最高峰だ

映画のような本格的ストーリーが口コミで高評価!

グラフィックの良さに目を奪われがちだが、実は本作はストーリー重視のゲームであることを明記しておきたい。しっかりと作り込まれたストーリーの面白さに、時を忘れてゲームの世界に入り込んでしまう。

画面の美しさ以外に、映画のような本格ストーリーが口コミで高評価

本作の舞台は、次元をまたいで複数の “世界” がつながっている世界。主人公たちは次元を超える飛行艇に乗り、それぞれの “世界” を旅して回る。

 

ストーリーの始まりは、ソフィアたちが暮らしている魔法と秩序の世界「グランバース」だが、冒険を進めていく中で、機械文明の世界「インダストリア」、神々が住まう世界「天州」、生命の宿り木たる世界「ウルク・ラン」など、文化がまったく違う “世界” を巡っていくこととなる。

世界を旅して、かつての英雄たちとの出会いや別れに触れていく

それぞれの “世界” には、かつてコンクレイヴと戦った英雄たちが待ち受けており、その英雄たちとの出会いや別れなど、美しい映像とともに紡がれる映画さながらのストーリーを楽しむことができる。

スマホ用ゲームとは思えぬ大ボリュームのストーリー

本作の序盤は、ストーリーの導入や登場人物の紹介といった内容だが、Chapter3から話が動きだし、Chapter5からストーリーがさらに加速していく。

 

2018年11月現在のところChapter16まで実装されているが、アップデートにより新Chapterが随時追加されていく。スマホ用ゲームとは思えぬ大ボリュームのストーリーを是非堪能してもらいたい。

 

一度、この世界観にはまってしまうと、なかなか抜け出せず、いつの間にか時間が過ぎてしまっているので注意!

 

主人公など主要登場人物を一挙に紹介!

登場する人物たちは皆とても表情豊かに描かれている

本作では、登場する人物たちもとても表情豊かに描かれている。ここでは、ストーリーの中心となる主人公ソフィアとその一団を紹介しよう。

 

▼ソフィア(CV:内田彩)……天告の聖日に生まれた「太陽の聖女」

ソフィア(CV:内田彩)は天告の聖日に生まれた「太陽の聖女」

ルーモ法国の “太陽の聖女” であり、常人とは桁違いの魔力を有している。世界の未来を左右する重要な秘密を知る人物でありコンクレイヴから狙われている。本人には緊張感が乏しく、その天真爛漫な言動により一団をほんわかとした雰囲気にさせるムードメーカー。

 

▼アッシュ(CV:石川界人)……傭兵集団「黒翼団」の駆け出し傭兵

アッシュ(CV:石川界人)は傭兵集団「黒翼団」の駆け出し傭兵

最近になり黒翼団に入団した新米の傭兵。ソフィアの護衛という大役が初任務となるが、不器用ながら真摯に任務をこなす。その真面目な性格ゆえ、他の個性的すぎる面々に囲まれ、なし崩し的にツッコミ役も担当させられてしまう苦労人。本人に自覚は無いが、ストーリーの根幹に深く関っているようだが……。

 

▼レン(CV:石川由依)……ソフィアの側近として仕える忍者

レン(CV:石川由依)はソフィアの側近として仕える忍者

ソフィアの護衛を務めるルーモ法国所属の忍者。記憶を失い倒れていたところをソフィアに助けられた過去がある。忍としての腕は一流で任務を忠実にこなすが、ソフィアのことが好きすぎて暴走する一面も。

 

▼マルピオン(CV:森川智之)……「黒曜宮の狂犬」エルフの暗殺者

マルピオン(CV:森川智之)は「黒曜宮の狂犬」エルフの暗殺者

“黒曜宮の狂犬” とも呼ばれるエルフの暗殺者。戦いの腕は一流だが我が強く、強い者と戦うことを求め黒翼団に入団した。ソフィアのほんわかした雰囲気にも飲まれず、いつもクールに振る舞っている。

 

▼コレット(CV:井口裕香)……不老の体を持つ「異端の魔女」

コレット(CV:井口裕香)は不老の体を持つ「異端の魔女」

見た目は幼女だが、10代前半で開発した禁術により不老の体を得ている伝説級の魔女。50年前のコンクレイヴとの争いでは黒翼団の一員として戦いに参加した。再び活動を開始しだしたコンクレイヴと決着をつけるためソフィアたちと行動をともにする。御歳149歳。

総勢100人以上登場する魅力的なキャラクターたち

キャラ設定が深く、キャラ同士の関係性にもこだわりが感じられる

「オーバーヒット(OVERHIT)」では、現時点で100体以上の英雄が実装済み! 超美麗グラフィックの英雄たちを収集・育成し、自分だけのパーティーを編成してバトルを楽しむのが本作の醍醐味だ。

 

すべてのキャラクターが丁寧に制作されており、キャラクターの見た目や性格だけではなく、キャラクター同士の関係性にもこだわりが感じられる。

 

個性豊かなキャラクターたちの中には、きっとお気に入りのキャラクターがいるはず。お気に入りのキャラクターを見つけたら、バトルで活躍させて冒険を一緒に楽しもう!

100体以上の魅力的な英雄たちが実装済み!

入手できるキャラクターはすべて、メインストーリーに登場する者たちばかり。ソフィアやアッシュたち主人公一団だけではなく、黒翼団団長や聖騎士などさまざまなキャラクターが入手できる。

 

ストーリー上は敵として登場するキャラクターも入手することができ、パーティーに編成しても問題なくメインストーリーをプレイ可能だ。

敵キャラも入手し、パーティーに編成できる

キャラクターの入手方法は基本的にガチャとなっている。メインストーリーのクリアでもキャラクターを大量に獲得できるが、ほとんどが低レアなのであまり戦力にはならない。一部のSSRはメインストーリーでもドロップするが、かなりの回数を周回しなくてはならないので、けっこう大変だ。

 

本作は、チュートリアルを終えると30回引き直しができるセレクトガチャ(10連)が引けるので、ここで欲しいキャラがでるまで粘るのがオススメ。30回引き直しても欲しいキャラが出なかった場合はリセマラしてみよう。

  

サブシナリオまですべて豪華声優陣によるフルボイス

ブシナリオまですべて豪華声優陣によるフルボイス

驚くことに、すべてのキャラクターがボイス付き! バトル中はもちろんムービーシーンもすべて声優が演じ、プレイヤーをストーリーにぐいぐい引き込んでくれる。

 

檜山修之、緑川光、森川智之、内田彩、上坂すみれなど、アニメやゲームの声優として大活躍している面々が集合。さらに、現ドラえもんのCVを担当している水田わさびまでもが登場するという驚きの豪華声優陣!

 

本作はモブっぽいモンスターもよくしゃべるので、何気ないバトルも楽しめるのが特徴だ。勇ましい声を上げて向かってくるモンスターや、悲しいセリフを残し倒れていくモンスターなど、モブのボイスにも注目したい。

英雄シナリオで掘り起こされるキャラクターの魅力!

「英雄シナリオ」システム導入で、他キャラとの関係性や過去なども描かれる

「オーバーヒット(OVERHIT)」では、登場キャラクターの人物像を掘り下げるために、R以上のキャラクターすべてに「英雄シナリオ」と呼ばれるシステムが導入されている。

 

英雄シナリオでは、そのキャラクターが主役となったサブストーリー、ムービー、バトルステージなどが楽しめる。メインストーリーで匂わせていた他のキャラクターとの関係性や、過去にどんなことをしていたかなど、キャラクターをより深く知ることができるコンテンツとなっている。もちろん、すべてフルボイス。

 

キャラクターさえ入手すれば、メインストーリーで登場する前でも英雄シナリオを見ることができる。しかし、あえてメインストーリーで登場するまで見るのは我慢して、メインストーリーで出会ってから見るという楽しみ方もできる。

英雄シナリオを最後までプレイ後にキャラ合成をすれば限界突破も

それぞれの英雄シナリオを最後までプレイすると、それと同じキャラクターがもう一体獲得できる。同じキャラクター同士を合成すれば限界突破ができるので、レア度が高いキャラクターは積極的にプレイしていきたい。

 

ただ、英雄シナリオは読み進めるごとに難易度が高くなり、キャラクターを一定のグレードまで強化しないと先に進めないなど、簡単にはプレイできないようになっている。キャラクターを育成しながら、焦らず少しずつシナリオを楽しんでいこう。 

 

爽快感あふれるシネマティック演出で必殺スキルを発動!

爽快感あふれるシネマティック演出で必殺スキルを発動!

必見なのが、「シネマティック・スキル」と呼ばれる豪華エフェクトとカットインによるスキル攻撃だ。

 

SSRのキャラクターが持つ必殺スキルは、画面いっぱいに専用カットインとムービーが流れる豪華仕様! 背景とBGMが変わり専用のカメラワークとモーションでキャラクターたちが個性豊かにフルボイスでスキルを使う。数秒~10秒ほどの長さで演出されるシネマティック・スキルは、本作最大の見所なので是非見てもらいたい。


専用のカメラワークとモーションで個性豊かなスキルを堪能しよう

スキルは画面全体に専用カットインとムービーが流れる豪華仕様だ

リアルタイムのターン制オートバトルが簡単だけど戦略的!

「オーバーヒット(OVERHIT)」のバトルシステムを一言で表すと、リアルタイムのターン制オートバトルとなる。フルオートかセミオートを選択でき、フルオート中は攻撃とスキルの両方が自動発動で、セミオート中は攻撃だけが自動でスキル発動は手動で行う。 

リアルタイムのターン制オートバトルは簡単だけど戦略的!

スキルを使用するのにMPなどは消費せずいつでも自由に発動可能だ。

 

ただし、スキルごとにクールタイムが設定されているほか、他のキャラがスキルを使った後は全員が一律8秒のクールタイムが課せられるので、スキルを連発することはできない。

バトルでのスキル発動は最大3つまで予約できるので上手く利用したい

スキルには単体攻撃、複数攻撃、バフ、デバフといったものがあり、高難易度のステージとなるとスキルを発動する順序が勝敗を分けることもある。

 

スキルの発動は最大3つまで予約できるので、上手く利用してバトルを勝ち抜こう。

フレンド枠を含めて最大5人でパーティーを編成できる

属性ごとに相性があるので、相性を考慮してパーティー編成しよう

本作はフレンド枠を含めて最大5人でパーティーを編成できる。自分のリーダーとフレンド枠のキャラクターが持つリーダースキルが発動し、対応したキャラクターのステータスがアップする。リーダースキルは対象属性が決められていることが多いので、編成するキャラクターの属性を確認しておこう。

 

また、属性ごとに相性が設定されているので、攻略できないステージが出てきたときは、属性の相性を気にしつつパーティーを編成すると攻略が楽になる。

陣形も重要。前列・中列・後列にそれぞれ3人まで配置できる

パーティーを編成したら、陣形も確認しておこう。前列・中列・後列の3ヵ所にそれぞれ3人まで配置でき、前から順番に攻撃を受けやすくなっている。

 

前列は体力と防御力が高いタンカー、中列は攻撃力が高いアタッカー、後列はサポート要員のヒーラーやバッファーを配置するのがオススメだ。

メインストーリーは難しくないので、バトルもサクサク進められる

本作はメインストーリーの難度は抑えられているので、バトルに関してあまり深く考えなくてもサクサクストーリーを読み進めていける。

 

ただ、メインストーリー以外のコンテンツで、強敵を倒したい、他のプレイヤーに勝ちたい! と思い始めると、パーティー編成やスキルの使い方といった戦術が要求される。

 

気軽にストーリーを読んだり、がっつりバトルコンテンツやり込んだり、プレイヤーごとに好きな楽しみ方ができるのも本作の魅力だ。

共闘バトルやアイテム収集などの多彩なコンテンツ

共闘バトルやアイテム収集などの多彩なコンテンツが用意されている

本作には、メインストーリー以外にも豊富なコンテンツが用意されている。お気に入りのキャラクターを育成するためのアイテム収集や、他のプレイヤーと戦うやり込みコンテンツなど、目的に合わせて遊び尽くそう。

 

▼闘技場:PvPコンテンツ

「闘技場」は他のプレイヤーと戦うPvPコンテンツ

「闘技場」は他のプレイヤーと戦うPvPコンテンツ。対戦相手との勝敗に応じてレートが決まり、一定期間ごとにランキング報酬が獲得できる。レートに応じてランクが決まっており、同じランクの相手しかマッチングしないので、自分と実力の近い対戦相手と拮抗したバトルが楽しめる。

 

▼七曜の地:アイテム収集用のダンジョン

「七曜の地」は曜日ごとに解放されるアイテム収集コンテンツ

「七曜の地」は、曜日ごとにダンジョンが解放されるアイテム収集コンテンツ。「商人の宝物庫」、「術師の倉庫」、「武士の武器庫」、「英雄伝」といった4種類のダンジョンがあり、それぞれゲーム以内通貨、キャラ育成アイテム、装備強化アイテム、経験値が獲得できる。

 

1日2回まで挑戦することができ、4つの難易度のステージが用意されている。難易度が高いほど獲得できるアイテムの量が増えるので、できるだけ高難易度のステージに挑もう。

 

▼討伐戦:力を合わせて超強敵を倒す

「討伐戦」は他プレイヤーと協力して強敵に挑むバトルコンテンツ

「討伐戦」は、他のプレイヤーと協力して、超強敵に挑むバトルコンテンツ。敵として登場するモンスターは、体力が非常に高いため1回のバトルでは倒しきれない。自分一人では倒せないので、みんなで寄ってたかって攻撃しつつ体力を減らしていこう。

 

見事、敵を倒すことができれば与えたダメージ量に応じて報酬が獲得できる。討伐戦でもらえるアイテムは貴重品ばかりなので、積極的に参加したいコンテンツだ。

 

▼探査:どこまで行けるか挑戦するダンジョン

「探査」はフレンド枠無しでどこまで行けるかの挑戦用ダンジョン

「探査」は、フレンド枠無しでパーティーを編成し、敵と戦い続けるダンジョン。4つの難易度のダンジョンが用意されており、それぞれ30ステージで構成されている。ステージをクリアしても体力が回復せず、ダメージを受けたまま次のステージに挑むことになる。

 

▼派遣:放置系のアイテム収集コンテンツ

「派遣」はチームを派遣に出す放置系のアイテム収集コンテンツ

条件にあったチームを編成し派遣に出すことで、一定時間経過後に報酬が獲得できるコンテンツ。放置するだけでアイテムが獲得できるが、派遣中のキャラクターは他のコンテンツで一時的に使用できなくなるので注意。

強化・グレード・限界突破でお気に入りキャラを最強に育成!

強化・グレード・限界突破など育成システムも多数

「オーバーヒット(OVERHIT)」では育成システムもたくさん用意されているので、お気に入りのキャラクターを見つけたら思う存分育成しよう!

 

▼強化

「強化」では他キャラを素材としてレベルを上げることができる

「強化」では、他のキャラクターを素材としてレベルを上げることができる。レア度などを指定して、条件に当てはまるキャラクターを一括で素材に登録できる機能が便利。チュートリアルで登場するアレックス曰く「素材になった英雄は戦いのない平和な世界に旅立つのさ」とのこと。

 

▼グレード

「グレード」を上げるとステータスが全体的に上昇&装備スロット拡張

「グレード」は、キャラクターのレベルやレア度とは別に設定された項目。すべてのキャラクターがグレードDから始まり、アイテムを消費して最終的にはグレードSまで強化できる。

 

グレードを上げると、ステータスが全体的に高くなり、装備スロットが拡張される。また、英雄シナリオを最後まで見るためにはグレードBまで上げる必要があるので、お気に入りのキャラクターから優先的にグレードを上げよう!

 

▼限界突破

同キャラ同士の合成で起こる「限界突破」は恩恵が大きい

同じキャラクター同士を合成すると「限界突破」することができる。限界突破すると、レベル上限が引き上げられたり、スキル強化が可能になったりと、とても恩恵が大きい。

 

SSRなどレア度の高いキャラクターは限界突破の難易度も高いので、序盤はレア度の低いキャラを限界突破させて使うといった攻略法もおすすめだ。

 

自分だけのキャラクターを作れるアビリティシステム

自分だけのキャラクターを作れるアビリティシステム

「オーバーヒット(OVERHIT)」のアビリティは、ツリー形式に連なったアビリティ項目を順次解放することで、永続的なステータスアップ効果を受けられるシステムだ。

 

前列に置くキャラクターは体力を伸ばし、中列に置くアタッカーは攻撃力を伸ばすなど、キャラクターごとに好みのステータスを伸ばすことができる強力な育成要素となっている。

 

ただ、アビリティ解放に必要なアイテムが貴重なため、どのステータスを伸ばすかは慎重に決めていきたい。

日本向けに本気でカルチャライズした意欲作!

日本向けに大幅にカルチャライズされ、ストーリーまで日本人描き下ろし

本作は、もともと韓国でリリースされたゲームなのだが、日本版をリリースするにあたり大幅なカルチャライズが施されている。

 

カルチャライズの内容で驚くのが、なんとメインストーリーをまるごと作り直したそうだ。韓国版のストーリーをベースに修正を加えたのではなく、新たに日本人ライターが描き下ろした新作ストーリーとなっている。

 

そのおかげで翻訳が変なところや日本人の感性とはかけ離れた演出などは一切なく、JRPGのような親しみやすいストーリーを楽しむことができる。

すべてのキャラに用意された2Dイラストも日本版だけの仕様

日本版のカルチャライズとして、2Dイラストが実装されている点も注目したい。今まで紹介してきたスクリーンショットには、当たり前のように2Dイラストでキャラクターが表示されているが、これはすべて日本版だけの仕様となっている。

 

カルチャライズにあたり、実装されている100体以上すべてのキャラクターに、2Dイラストを新規で用意したのだから驚きだ!

 

メインストーリーで、キャラクターのセリフとともに表情豊かな2Dイラストが表示されるのは、まさに日本のゲームらしい演出となっている。

キャラクター情報画面も日本版では3Dと2Dの両方が選択できる

キャラクターの情報画面は、韓国版では3D表示しかないが、日本版では3Dと2Dの両方が選択できる。3Dモデルも日本用に調整されているそうだ。

 

この他に、グレード、アビリティ、英雄シナリオなども日本版だけのコンテンツ。本作は韓国版から大幅に変更・パワーアップがされているので、とてもボリュームたっぷりのゲームに仕上がっている。

家庭用ゲームの大作RPGに負けないクオリティなのに基本無料が嬉しい

「オーバーヒット(OVERHIT)」は、家庭用ゲーム機の大作RPGにも負けないクオリティのグラフィックとストーリーなのに、基本無料でプレイできるのはとてもありがたい。

 

バトルはオートでサクサクプレイできるので、手軽に本格的なRPGのストーリーを楽しみたいという人は是非プレイしてみて欲しいオンラインゲームだ!

オーバーヒット(OVERHIT)スペック/動作環境

動作環境 必須環境 推奨環境
対応OS iOS9.0以上 Android 4.4以上
CPU
メモリー
グラフィックカード
VRAM
HDD空き容量
DirectX
回線速度

オーバーヒット(OVERHIT)が良く分かる動画を見てみよう!

ゲームプレイムービー


シネマティックムービー


オーバーヒット(OVERHIT)の評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

オーバーヒット(OVERHIT)のレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

1jack left
1jack right