【三十六計M】中国で人気沸騰の新感覚「計策コレクションRPG」ブラウザゲームがスマホゲームになってついに待望の日本上陸!おすすめのストラテジーゲーム!



スマホ サービス中 無料 オンラインRPG シミュレーション

『三十六計M』のタイトル画像

2019/6/26正式配信開始!『三十六計M』はYOOZOO GAMESがおくる基本プレイ無料の新作スマホゲームで、中国で大人気を博したシミュレーションブラウザゲーム「三十六計」のモバイルバージョンとなる新感覚 "計策コレクションRPG" が待望の日本上陸。 

 

「計略」をコレクションして戦略を増やしていくRPG要素と多彩なストラテジー要素が大きな魅力で、「三国志」の世界を題材とするゲームが好きな人、斬新なストラテジーゲームを求める人におすすめ!

 

こんな「三国志」見たことがない!

新感覚の「計策コレクションRPG」がついに日本に上陸!『三十六計M』は中国で人気沸騰だった同名ブラウザゲームの世界観をそのままのスケールでモバイル向けに移植した注目の新作スマホゲーム。「三国志」の本場である中国のユーザーを熱狂させた三国志ゲームを日本語版で楽しめるぞ。

 

従来の「三国志ゲーム」と『三十六計M』が大きく異なる点はそのゲームシステム。

 

超本格的なストラテジーシステムに加えて「三国志」を題材とした作品らしい「計略」をコレクションするというシステムを加えたことによって、「ストラテジー×RPGという新たなジャンルを創生したのだ。

ストラテジーとRPGが融合した『三十六計M』

「三国志」と言えば知恵を絞った「計略」。その「計略」を集めるという大胆なゲームシステムが特徴だ。

 

若き将軍としてゲームをスタートさせるプレイヤーは、建国ストラテジー要素を駆使しながら自分の領地を発展させる以外に、「三十六計」を探し出して自軍を強化できる。計略はストーリーを進めていくことでアンロックされ、その数を増やすほどバトルで有利な状況を生み出すことができるぞ。

 

ゲームを進めてレベルを上げればワールドマップや「ギルド」システムが解放され、ゲームの世界は突如広がりを見せる。このあたりは本格ストラテジー作品と同じシステムなので、建国システムを持つRTS作品に馴染みがある人であればすぐにゲームシステムに溶け込めることだろう。

 

「三国志」を世界中で親しまれる人気作品に押し上げた数々の「計略」を大胆にフィーチャーした『三十六計M』は、「三国志」への愛情に溢れた新作スマホゲーム。おふざけ要素は一切ないので、真面目な「三国志ゲーム」を求めるストイックなユーザーには是非プレイしてもらいたい作品だ。

 

【おすすめポイント】「計略」を集める新感覚スマホゲームが登場!

 

人気武将が続々登場!

『三十六計M』には「三国志」ファンなら誰もが知る超有名武将が多数登場。日本版では豪華声優陣がCVを担当しており、広大な中国大陸を舞台に繰り広げられるストーリーを彩ってくれる。武将のイラストは王道のデザインで緻密に描かれているので、武将コレクションが好きな人は必見だぞ。

 

▼呂布(CV:福山潤)

ゲームファンには特に人気が高い武将。人並外れた力を持つ武人キャラクターで、馬術にも優れていたことから「飛将」とも呼ばれた。仲間でも容赦なく切り捨ててしまう冷酷な人物で、小説や漫画でも「悪役」然とした描写で描かれることが多いが、直情型で一途な面が可愛くもあり、そこが人気の秘訣。

『三十六計M』の呂布

 

▼貂蝉(CV:鈴木愛奈)

絶世の美女として有名な王允の養女で、その美貌を武器にして時の権力者董卓や呂布を惑わしたエピソードはあまりにも有名。呂布と貂蝉とセットで覚えている人も多いことだろう。本作にも彼女をフィーチャーした計略「美人計」が登場し、その美貌で史実通りの活躍を見せてくれるぞ。

『三十六計M』の貂蝉

 

▼諸葛亮(CV:福山潤)

劉備が治めた国「蜀」の軍師で「三国志」の中でもトップクラスの人気を得ている人物。「計略と言えばこの人」というほど策士のイメージが強いキャラクターで、劉備亡き後の戦いで部下に遺言を残して実現させた「死せる孔明、生ける仲達を走らす」という奇抜な計略はあまりにも有名。

『三十六計M』の諸葛亮

 

▼黄蓋(CV:坂本興太)

「苦肉計」の立役者として知られる老将。映画『レッドクリフ』でも登場した有名な合戦「赤壁の戦い」において投降すると見せかけて曹操軍の目を欺き、火を放って曹操の船団を壊滅させたという伝説の計略「苦肉計」は「三国志演義」に登場する計略の中でもトップクラスの認知度を誇っている。

『三十六計M』の黄蓋

ここで紹介した武将たちは特に「計略」と縁がある武将たちだが、『三十六計M』には関羽・張飛・趙雲・周瑜・蔡文姫・郭嘉・孫尚香・孫策・大喬・小喬・太史慈・典韋・黄月英などの有名武将が続々と登場する。武将は階級やレアリティを上げることで強化できるので、コレクション性はバッチリだぞ。

コレクション性が高い『三十六計M』の武将たち

 

【おすすめポイント】豪華イラストとボイス付き武将が嬉しい!

 

計略を集めて戦いに勝て!

本作最大の見どころは「三十六計」を集める要素。物語を進行させていくことで徐々にアンロックされていく計略は戦闘時に特殊な効果を付与し、上手く使いこなすことで強敵も撃破できるようになる。スキルのような位置付けとなる計略を数多く獲得すればするほど天下統一への道が近づくぞ。

『三十六計M』の計略システム

「欠片」を規定枚数獲得することで計略の効果がアップ。三十六計全てを手中に収めて最強を目指そう。

 

空城計

自分の陣地に敵を招き入れることで敵の警戒心を解き、攻城戦や包囲戦に流れ込む流れを断ち切る計略。大胆極まりない作戦であり、敵に見破られた際には全滅する危険と隣り合わせ。相手の心理状況を巧みに利用した計略だ。

『三十六計M』の「空城計」

 

美人計

女性による「色仕掛け」を根幹に据えた計略で、相手の戦意を削ぎ、その勢いを軽減させる。内通する女性に危険が及ぶ可能性もあるが、上手く機能すれば軍隊による攻撃よりも深いダメージを与えることができるだろう。

『三十六計M』の「美人計」

 

苦肉計

兵法三十六計の第三十四計にあたる計略。人間の深層心理にある「人間は自分で自分を害することがない」という思い込みを利用した戦術で、この計を実行する者は敵の目を欺くために多少の犠牲を払う必要がある。

『三十六計M』の「苦肉計」

中国に古くから伝わる「兵法三十六計」を巧みに応用した作品「三国志演義」の世界観をフィーチャーしている『三十六計M』では、中国の兵法や「三国志」の世界を深く知る人ほど「おおっ」と唸る計略が多数登場し、ゲーム展開を盛り上げてくれる。戦略の限りを尽くして戦いたい人におすすめの新作だぞ。

 

【おすすめポイント】ファン感涙の有名な計略が次々登場!

  

一味違うRTSが楽しめるスマホゲーム!

リアルタイムで時間を消費する本格的な建国ストラテジーシステムを基盤に据えながらも、「三国志」の世界には欠かせない「計略」を集めて戦うという新規システムを取り入れた『三十六計M』は、じっくりと「三国志」の世界に浸りたいと考えている人にはおすすめの新作スマホゲームだ。

やり込み要素満点の『三十六計M』

▲ゲームをプレイすることでより深く「三国志」の世界を知ることができる。ためになるスマホゲームだ。

 

かなりストイックなゲームシステムでありながらもオートで進行するバトルシーンを実装するなど、モバイル版らしい工夫や改良も数多く見られ、操作関係が煩雑で困るということは全くない。武将のランク上げや装備品強化などのやり込み要素が多数登場するため、モチベーションが保てる点も高評価ポイントだ。

 

ワールドマップが解放されれば広大な世界が広がり、ユーザー同士の協力プレイができるようになるので、フレンドユーザーと一緒に助け合いながら領地を発展させる楽しみも味わえる。自分なりの楽しみ方を見つけて奥深い「三国志」のゲーム世界を満喫しよう!

 

【おすすめポイント】ストラテジー×RPGが斬新なおすすめアプリ!

三十六計Mの評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

三十六計Mのレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

2
3