【大航海時代Ⅵ】コーエーテクモゲームスの大人気航海シミュレーション最新作となるおすすめのスマホゲームアプリ!パワーアップしたコンテンツを楽しもう!



スマホゲーム サービス中 無料 シミュレーション

【大航海時代Ⅵ】ロールプレイングとシミュレーションのいいところを掛け合わせた

『大航海時代Ⅵ』は、KOEI TECMO GAMES CO., LTD.より2019/9/26からリリースされたスマホゲームアプリ、ロールプレイングゲームとシミュレーションゲームのいいところを掛け合わせた新しいシステム、リコエイションゲームだ

 

「大航海時代」1990年KOEI TECMO GAMESの合併前である「光栄」からパソコンゲームとして発売された。大人気のタイトルとなり、順調にナンバーリングを続けていたが、1999年に「大航海時代IV」を最後にピタリと発売が止まってしまう「大航海時代 Online」で再び、頭角を現し、2014年3月26日「大航海時代V」をブラウザゲームでリリースし、今回ついに本作「大航海時代Ⅵ」が登場した

 

七つの海を自由に航海しながら貿易や海戦を行って、名声を高めていくシステムが非常に面白い。特に主人公が持つ葛藤が見事に描かれたストーリーは胸を熱くさせる海を舞台にしたMMORPGを探している人におすすめの新作スマホゲームアプリだ!

ナンバリング作品にふさわしい完成度!

「たどるのだ。おまえの軌跡を」そんな書き出しから始まる祖父の手紙を読むところから本作はスタートする。「海から地球儀とともにやってきたおまえは、本当の故郷を見つけるべきなのだろう」と綴られた。手紙に書かれていたのは、現実離れしたまるでおとぎ話のような荒唐無稽な内容

 

「海を翔けろ。きっとその地球儀がおまえの故郷へ通ずる、しるべとなるはずだ」男手ひとつで育ってくれた祖父。溢れんばかりの愛情を感じていたが、何か違和感を覚えていた。祖父の手紙を読みを奇妙な感覚が1つに集約していく。自分の本当の故郷を知りたい。いつか本当の家族に「ただいま」を言うために、祖父の言葉を信じて主人公は旅立つ決意をする。

 

本作は30年近い歴史をもつシリーズで、昔ながらのファンだけでなく、Onlineから始めた若者たちまで実にプレイヤー層は厚いゲーム内には様々な年代のプレイヤーがいると考えていいだろう。グラフィック的には、男性よりも女性受けするようになっている点からも性別も幅広いぞ。

【大航海時代Ⅵ】ナンバリング作品にふさわしい完成度!

船はタップした場所に進むようになっており、逆に自分の船をタップすれば船が停止する。港は大陸をタップすれば見つけられる。寄港を押せば立ち寄ることができ、「補給」「取引」が行える。船にはパンと飲み物のアイコンになっている「物資」と船のアイコンになっている「耐久」があり、どちらかが0になると「強制帰還」させられてしまう。強制ゲームオーバーになっていた過去のシリーズに比べると優しい采配だ。無理をしても港に送り返されるだけですむのは助かる。

 

物資に関しては移動している時だけでなく、停止している時も消費し、定期的に港に寄って補給をしなければならない。耐久は敵船と接触したり、交戦を行うコトで減っていく。どちらも大事なパラメーターになっており、常に画面下部に表示されている。見逃さないようにしておこう

 

港では補給以外にも特産品の購入が可能だ。一定数の特産品を購入すると「投資レベル」がアップして、特産品の種類が増える。どんな商品が出てくるのかは、特産品の所に表示される。狙った港ではしっかりと投資レベルを上げて、解放していこう。さらに「パートナーの拠点」になっている港では、「マーケット」も使用でき、便利なアイテムが盛りだくさんだ。解放されたぜひ立ち寄りたい

【大航海時代Ⅵ】港では補給以外にも特産品の購入が可能

海を自在に移動して敵船を沈めていこう!

本作の最大の売りとなるのはやはり「海戦」だろう。仮想スティックで船を動かすコトも出来るし、通常と同じようにタップして進むこともできる。キャラの横にあるアイコンをタップするとスキルが発動する1度使うとクールダウンが必要になるので、連続使用はできない。戦況を見極めながら、最高のタイミングでスキルを発動させよう。

 

キャラごとにスキルの効果は異なっており、砲撃を行ったり、命中度を上げたり、威力が増したりと実に幅広い。船種には弱点が設定されており、アイコンと同じ色のスキルを発動させれば大ダメージを与えられるようになっている。

 

自分で船を操作して、スキルを使って、敵艦隊と戦うのは慣れるまで中々難しい。そんなプレイヤーのためにオートも用意されており、それなりに賢い動きをしてくれる。操作が難しい場合や手が離せない時は、全てコンピュータに任せてしまうのもありだ。戦闘速度を変える機能も3倍まで用意されているので、快適な海戦を楽しめるぞ

【大航海時代Ⅵ】海を自在に移動して敵船を沈めていこう

本作には海戦だけでなく、探検地を発見すれば、上陸して探索が行える遺跡みたいなシンボルが目印になっているので、発見したら立ち寄っておこう。探索はすごろくのようにマスを移動する形式になっており、前進するたびに行動力が減っていく。限られた行動力内で一番奥にいるボスまで辿り着かなければならない

 

移動は手持ちにある3枚の提案書によって決まる。普通に探検隊が移動する「茶色の提案書」には数字が刻まれており、その数値分だけ前に進んでいく。スキルが発動する「緑の提案書」もあり、こちらは一気に進めるスキルや周辺のマスの状況を調べるなど、便利な効果がになっているので、状況に応じて使っていこう

 

交易品や宝箱などが見つかる代わりに、危険な敵や障害物を多数出てくる。敵と戦闘はオートバトルになっており、プレイヤーが手を出せることは何もない。勝利を信じて戦いの行く末を見守ろう。海戦でも冒険地でも戦いに参加したキャラだけでなく、船も経験値が得られる。育てるほどに優秀になっていく。色々なキャラや船を手に入れて、船橋を有利に進めていこう。海戦も冒険もどっちも楽しめるぞ

【大航海時代Ⅵ】勝利を信じて戦いの行く末を見守ろう

町を発展させたりクエストをこなしたりやること盛りだくさん

本作では「建築棟」を使うコトで、「機能施設」「生産施設」「ランドマーク」「装飾」など様々な建物や家具を生産できる。自分の陣地内に好きな様に配置できるので、ストーリーが進むほどにオリジナルの町を作り出すことが可能だ。

 

建築には時間がかかる上に、作れる数に制限がある。課金アイテムであるダイヤを使えば、作業時間を短縮できるがもったいない。急いで作りたいものでなければ、寝る前やしばらくゲームができない時に依頼しておこう

【大航海時代Ⅵ】町を発展させたりクエストをこなしたりやること盛りだくさん

キャラクターのレベルの他にプレイヤーレベルもあり、こちらは冒険を行ったり、クエストを行ったり、貿易をすることでも少しずつ上がっていく。レベルが高くなると自分の領地に新しく建築できるモノが増えたり、生産できるモノが増えたりする

 

「農園」を作ることで、特産品を自分で生み出せる上に、それを売ってお金稼ぎも行えるなど、生産者として楽しめるシステムが用意されている。時間をかけて様々な特産品を作り出し、それを元手にお金を稼いでいくのも面白い

 

建造物はかなりたくさんの種類があるが、プレイヤーのレベルに合わせて解放されていくので、何を作れば良いか悩むことはない。冒険の途中で宝箱を手に入れたら、時間経過で増えていくカギを使って中身を取り出せるぞ。

 

キャラは宝箱や紹介状(ガチャ)から獲得でき、同一キャラを手に入れた場合、ランクアップを行える。レベル上限が解放されたり、スキルを新しく覚えたり、スキルが強化されるなどメリットが多いので、キャラがかぶったとしても悲しむ必要はない

 

仲介所には、「日替わり雇用」もある。ラインナップは毎日異なり、指定のダイヤを払えば、確実に手に入れられるようになっている。キャラや船にはレアリティが設けられており、レアリティが高い方がもちろん強い。しかし、ランクを上げることで、低レアリティでもかなり活躍が出来るようになる

 

「交易」「海戦」「探検」のコンテンツがあり、どの場面で活躍したいかによって、艦隊の編成は大きく変わるだろう。クエストボードの依頼をこなしながら、少しずつ大きくなっていく船や仲間たち七つの海を自由に航海しながら、大冒険をしていきたい人におすすめの新作スマホゲームアプリだ

【大航海時代Ⅵ】大冒険をしていきたい人におすすめのスマホゲームアプリ

大航海時代Ⅵの評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

大航海時代Ⅵのレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

2
3