【防振り。らいんうぉーず!】8000万PVを達成した大人気ラノベをベースにしたおすすめの新作スマホゲームアプリ。テレビアニメも同時にスタートし、メディアミックスが楽しめる大作だ!



スマホゲーム サービス中 無料 オンラインRPG

【防振り。らいんうぉーず!】8000万PVを達成した大人気ラノベ

痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。らいんうぉーず!は、D-techno Co.,Ltd.より2020/1/9からスマホ向けにリリースされた、手軽な操作だけで楽しめるラインディフェンスゲームだ。

 

ゲーム初心者の少女が「痛いのがいや」という理由だけで、ステータスポイントを防御力だけに極振りした結果、様々な偶然が重なって無敵の要塞となっていく。原作を忠実に再現した追体験できるストーリーだけでなく、アプリならではのオリジナルストーリーも盛り込まれており、登場するキャラたちの意外な一面も見られる。

 

バトルではフィールドにたくさんのキャラがわちゃわちゃと登場し、所狭しと暴れて戦う陣取り合戦の様なシステム。防御力に特化したダメージを受けない主人公と言う原作の雰囲気を壊すことなく、きちんとしたバランスのゲームが誕生した。

 

どこか抜けた性格ながらも、困難にもめげない強い芯を持った少女に、好意的な印象抱く人も多く、殺伐としないゆるいストーリー展開で安心しながら遊んでいける。のんびりまったりとした気分で遊べるアプリを探している人におすすめの新作スマホゲームアプリだ!

ゲーム初心者の少女がちょっとした偶然で最強になるストーリー

本作は「小説家になろう」というWEB投稿サイトで「作者:夕蜜柑」によって2016年5月から連載され、8000万PVを達成した超人気の作品「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」がベースになっている。WEB小説として知名度を築き、大手出版社である「カドカワBOOKS」から刊行され、シリーズ累計70万部突破した。

 

ストーリーは主人公である「本条 楓(ほんじょう かなで)」が、友人の「白峯 理沙(しろみね りさ)」に誘いに応じてVRMMOの「NewWorld Online」をプレイするところから始まる。そこで楓はメイプルという名前のキャラを作りゲームを開始するが、ゲーム知識に乏しい初心者であるため、「痛いのが嫌だ」という理由で、不人気の大盾をクラスに選び、さらにステータスポイントまで「VIT(防御力)」に全部つぎ込む、極振りをしてしまう。

 

その結果、歩くのも遅くなり、ザコモンスターにすら倒せずに翻弄されてしまうが、攻撃を喰らっても「痛っ……くない!?」ことを知る。モンスターにどつき回されてもダメージゼロが続く。


【防振り。らいんうぉーず!】ゲーム初心者の少女がちょっとした偶然で最強

偶然が重なりユニークスキルをどんどん発動させるなど、様々な幸運に恵まれて、メイプルは着実に成長を繰り返す。レベルが上がって新しいステータスポイントが手に入っても、防御力に回し続けるという徹底ぶりで、ついには無敵の防御力を手に入れる。さらにダンジョンの最奥にいる「毒竜(ヒドラ)」を奇想天外な方法で討伐することに成功した。

 

毒竜から得たレアドロップの装備を使って、第一回イベントで他のプレイヤーたちを無傷にして第三位の成績を収めたことで、周りから一気に注目される。そうこうしているうちにようやく友だちの理沙もサリーというキャラで参入して、本格的に「NewWorld Online」の世界にはまり込んでいく。ひと癖もふた癖もある仲間たちがどんどん登場し、「歩く要塞」や「ラスボス」とまで言われるメイプルの伝説のノーダメージ攻略が幕を開ける

 

本作のリリースに合わせて、アニメの方もAT-Xほかにて放送が開始されており、原作をストーリーをよりわかりやすく楽しめる様になっている。もしもまだ原作を見たことがない人はアニメの方もチェックしてみよう。アニメ連動イベントなども期待できる。ゆるく可愛いキャラたちと一緒に冒険へと出かけよう!


【防振り。らいんうぉーず!】ちょっとした偶然で最強になるストーリー

シンプルなシステムのディフェンスバトルでノーダメージ攻略を体現しよう

本作では、時間経過で回復するハートを使用して、メインクエストに挑むことになる。ストーリーは原作の追体験できるようになっており、さらに本作だけのオリジナルストーリーも収録されている。人気の声優によるボイスの演出もあり、かなり引き込まれていく内容だ。

 

メインクエストはベーシックなタワーディフェンスになっている。時間経過で溜まっていく召喚コストを集めながら、キャラを出撃させていく。キャラは左から右へと進んでいき、出てくる敵を倒しながら最終ラインまで到達出来れば勝利だ。

 

敵も同様に右から左へと向かって進んでいくため、押し込まれる形でラインが少しずつ変化する。うまくキャラを出撃させることが勝敗のカギになっており、パーティ編成が重要だ。


【防振り。らいんうぉーず!】シンプルなシステムのデフェンスバトル

キャラにはそれぞれ出撃ポイントというものが設定されており、高レアリティになるほど、出撃に多くのコストがかかってしまう。さらに本作のバトルではコストさえあれば、同じキャラを何体でも召喚できるため、強くてもほとんど出せないキャラよりは弱くてもたくさん呼べた方が使える場合もある。

 

ならば出撃ポイントが低いユニットだけがいいのかというとそうでもなく、本作ではフィールドに召喚していなくても、スキルを発動させられるため、スキルだけのキャラでも十分に活躍の場を作れる。手持ちのユニットを見ながら試行錯誤出来るので、パーティ編成が非常に面白い

 

オートも各種揃っており、忙しい人でも気軽にクエストを進められる親切設計。メインクエスト以外にも曜日ごとに開催される「育成クエスト」や強敵がたくさん出てくる「緊急討伐クエスト」、原作を読むだけでは決して味わえないアプリならではキャラシナリオなど、遊べるコンテンツが豊富に揃っているたくさんのキャラたちの中から自分だけのチームを作って、伝説のノーダメージ攻略を実現させよう。


【防振り。らいんうぉーず!】ノーダメージ攻略を体現しよう

豪華な声優陣とやりこみ要素も盛りだくさん

主人公となる「メイプル(CV:本渡 楓)」を筆頭に「サリー(CV:野口 瑠璃子)」「ミィ(CV:佐藤 利奈)」「ミザリー(CV:皆口 裕子)」「カスミ(CV:早見 沙織)」「フレデリカ(CV:竹達 彩奈)」「ドラぞう(CV:丹下桜)」「マイ(CV:加隈 亜衣)」「イズ(CV:佐藤 聡美)」「カナデ(CV:新井 里美)」「ユイ(CV:諏訪 ななか)」と女性の有名な声優を大量に投入している。

 

さらに「マルクス(CV:石田 彰)」「シン(CV:山口 勝平)」「クロム(CV:杉山 紀彰)」「ドラグ(CV:神奈 延年)」「ペイン(CV:小野 賢章)」「ドレッド(CV:山崎 たくみ)」などのベテラン男性声優も惜しげもなく使われており、ここまで豪華な声優が揃うのもかなり珍しい。本作だけでしか聞くことのできないオリジナルボイスに魂を震わせよう


【防振り。らいんうぉーず!】豪華な声優陣とやりこみ要素も盛りだくさん

登場するキャラはレベルアップだけでなく、使用タイミングが選べる「アクティブスキル」と自動的に発動する「パッシブスキル」を強化していくことで、個性的な育成が出来るようになっている。戦闘では敵もスキルを使ってくるので、敵との相性などを考えながら育てることにより育成にも深みを増していく

 

他にも育成要素ではないが、原作に登場する衣装以外にもアプリならではのオリジナル衣装も用意されている。それらを集めて身につけさせることで、キャラへの愛着も深まっていくシステムだ。

 

防御力最強の世界観の中で、敵をどのように倒していくのか考えながら、色々なキャラたちを眺めていこう。新しい攻略法も少しずつ見えてくる。シンプルなバトルシステムの中で色々な試みがあり、短い時間でも遊べるように設計された本作。原作ファンだけでなく、ユニークなキャラクターに囲まれたほんわかムードで楽しめるアプリを探している人にもおすすめの新作スマホゲームアプリだ!


【防振り。らいんうぉーず!】おすすめの新作スマホゲームアプリ

防振り。らいんうぉーず!の評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

防振り。らいんうぉーず!のレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

2
3