「グリモアA〜私立グリモワール魔法学園〜」南條愛乃、小倉唯など50人以上の豪華声優が出演!おすすめリアルタイム学園ライフADV!



スマホ サービス中 無料 カードゲーム/TCG シミュレーション

『グリモアA〜私立グリモワール魔法学園〜』現実の携帯と連動したメッセージ機能や電話機能が熱い!

『グリモアA〜私立グリモワール魔法学園〜』は、2014/8/14(iOS版)、2014/8/15(Android版)「アプリボット(Applibot)」からリリースされた、学園を舞台に美少女たちとのキズナを描いた本格アドベンチャーRPGだ。

 

登場する全ての魔法少女にフルボイスのシナリオが用意されている。初期リリース時当初でも10時間を超えるボイス量。しかも、声優陣もかなり豪華で、迫真の演技には心打たれてしまうはずだ。素敵な物語をぜひその目で体験しよう。

 

学園生活を楽しめる様々なイベントが用意されているだけではない。ターン制のコマンドバトルが戦略性を醸し出してくれる。スキルやカードの組み合わせによって戦況が大きく変わるなど、やりこみ要素も非常に高い。美少女たちとイチャイチャしながら、ゲームを楽しみたい人にオススメだ!

 

霧の魔物が現れて300年。人類は存亡の危機に瀕していた!

02

「グリモアA」では人類を滅ぼそうとする「霧の魔物」との戦いを描いた物語になっている。軍、傭兵は「霧の魔物」に戦いを挑むが敗退を余儀なくされ、生存圏は日々脅かされていた。

 

「霧の魔物」と戦う主役となるのは魔法使いだ。優れた力は軍隊にも匹敵し、軍の応援が間に合わないときは率先して撃破に向かう。

 

そんな魔法使いを育成しているのが、男女比2:8の「私立グリモワール魔法学園」だ。主人公は「無尽蔵の魔力」をもち、他人に魔力を分け与えることができる力を備えて、この学校に転校してきた。

 

主人公自体、魔法は何も使えないし、ふさわしい知識もない。そんな状況で、「兎ノ助(うのすけ)」に命じられ、案内役の「南 智花(みなみ ともか)」と共にクエストに出発する。

 

クエストは特別な授業になっていて、デバイス(携帯)にクエストを受注して行う。しかし、授業だからと言って軽く考えていると死ぬことになる。相手は「霧の魔物」なのだ。チュートリアル式にクエストで必要なコトを教えてくれるので、きちんと覚えていこう

 

力を分け与えることしかできない主人公が、周りの魔法少女たちと力を合わせて「霧の魔物」を撃破していく。ストーリーはすべてフルボイスになっており、アドベンチャーゲーム顔負けのクオリティだ。声優たちの迫真の演技を堪能しよう!

 

ターン制の本格バトルを楽しめる!

03

「グリモアA」ではクエストに出発する前に最大4人でパーティを編成する。さらに1人に対して3人まで「協力生徒」を組み込めるのだ。「協力生徒」を加えることでパラメータが上昇するだけでなく、「協力スキル」も発動できるようになる。できるだけ強い生徒を編成し、クエストを有利に進めよう

 

そして、クエストによっては、5人目のメンバーである「固定生徒」が入る場合もある。こちらはストーリーに紐付けられているので、編成に関してプレイヤーはノータッチだ。

 

クエストではいくつのかWAVEに分れて進行していく。ターン制のコマンドバトルになっており、全ての敵を撃破すれば次のWAVEへ向かう。すべてのWAVEで敵を撃破すれば、クエストクリアだ。

 

バトルが開始すると最初に「パーフェクトエフェクト」が発動する。パーティ編成によって様々な効果になるので、レアリティや相性などを含めて、いろいろと組み合わせて試してみよう。

07

生徒の行動は「通常攻撃」「防御」「必殺魔法」「協力スキル」の中から選ぶことになる。全員の行動を決めてターンを進めていこう。

 

「通常攻撃」「防御」に関しては言葉通りだが、「必殺魔法」「協力スキル」については戦闘における重要なファクターとなるので覚えておいて欲しい。

 

「必殺魔法」キャラ1人1人につけられた固有の能力になっており、効果は全て違う。HPゲージの下にある紫のゲージが満タンになったときのみ発動が可能だ。

 

「協力スキル」カード1枚1枚に用意された能力になっている。高い威力を持っているが、1度使うとしばらく使うコトができなくなるので、使用のタイミングはしっかりと見極めたい。

09

攻撃時、稀にカットインが入り「レゾナンスラッシュ」が発生することがある。パーティ全員が一斉に追撃を行うので戦闘がかなり有利になるのだ。しかも、見た目が派手なので思わず「おっ」と驚いてしまうだろう。ピンチになっても「レゾナンスラッシュ」で形勢逆転することもあるので、最後まで諦めずに戦うのだ。

 

オートバトルに戦闘スピードアップなど、時間が無いプレイヤーでも安心してクエストを進められるようになっている。

 

主人公はサポート的な立ち回りで、戦闘に直接参加することはない。主人公のスキルはどれも特殊で、必殺魔法を使うMPを一気に補充したり、協力スキルの使用制限を解除したり、使い方によっては戦闘を非常に優位にしてくれる。主人公は魔力供給の電池的な役割に徹しているのだ。

 

可愛らしいイラストが多数用意されている!

04

「グリモアA」のメインキャラクターデザインには、「この中に1人、妹がいる」「彼女がフラグをおられたら」を担当した「CUTEG」が起用されている。どれもこれも高いクオリティのイラストになっているので、レアリティに関係なく大事にしてしまう。

 

キャラはガチャやイベントで手に入るようになっており、なかなか好きなカードを手に入れるのは難しい。

しかし、「グリモアA」ではパーティ編成にはかなり多くの人数が必要になる。高レアリティ以外のハズレ的なメンバーにも使い道が用意されているのだ。

 

育成は「強化」「覚醒」くらいで初心者でもすぐにシステムを理解出来るシンプルさが嬉しい。使いたいキャラと編成コストをうまく考えながら最強パーティを組み上げていこう。

 

親愛度を上げることで女の子たちを身近に感じられるようになる!

05

「グリモアA」で何よりも楽しいが、女の子との「親愛度」に関するイベントだろう。親愛度を上げるとパラメータが伸びるとか、固有イベントが発生するなど、最近のゲームではよく見るシステムだ。

 

もちろん「グリモアA」でもそれらは取り入れられている。しかし、それだけではないのだ。「もあっと(More@)」と言う女の子たちとのコミュニケーションツールがあり、そこには「LINE」のようにメッセージが届いたり、電話がかかってきたりするのだ。

 

「トーク」では届いたメッセージに対して「返信」が行え、返信によって相手の返事や対応などが変わってくる。本当にメッセージ交換をしているような気分になれるだろう。

 

「電話」ではメッセージは一方的だが、本当に電話がかかってくる。何を言っているのかわからないと思うが、本当に「電話が鳴る」のだ。しかも、現実世界の通知機能と連動しているので、携帯自体がリアル着信をしているような感覚に陥ってしまうかもしれない。

08

会話時間もそれなりに長く設計されている。好きな声優や好きなキャラクターの甘いボイスなので、話を聞きながら思わずにやけてしまうだろう。

 

人が多い場所だったら場所を変えて聞き返すことをオススメする。「拒否」を押しても後でボイスを聞くこともできるのだ。かなり楽しい機能なので、ぜひ親愛度を上げてみて欲しい。ハマること間違いなしだ。

06

「私立グリモワール魔法学園」内ではリアルと連動して時間が経過している。時間帯によって、出現する女の子が変わったり、見た目が変化するなど、様々な隠し要素的なものが多い。本当に学園がそこにあるような気分にしてくれるはずだ。

 

可愛いグラフィックの女の子たちと絆を深めて、色々なコトを楽しんじゃおう。イベントなども頻繁に行われており、運営もTwitterで頑張るなど広報活動も素晴らしい。女の子ととの繋がりを持ちたい人に特にオススメのゲームだ!


グリモアA〜私立グリモワール魔法学園〜が良く分かる動画を見てみよう!

実況動画


実況動画


グリモアA〜私立グリモワール魔法学園〜の評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

グリモアA〜私立グリモワール魔法学園〜のレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

2
3