【Smite (スマイト)】全世界3000万人が遊ぶ基本プレイ無料MOBA!神々になって戦え!日本神話の神々も参戦中!



PC サービス中 無料 外国語版 RTS/MOBA

Smite (スマイト)のタイトル画像

2015/9/8からSTEAMで配信中!Hi-Rez Studios運営の基本プレイ無料MOBA世界3000万人がプレイ、世界中の神々となって熱気あふれるアリーナで三人称視点のバトルを展開するマルチプレイ対戦バトルアリーナゲーム!

 

プレイヤーが操作できる100種類以上の神々、バトルの好奇心を満足させる多彩なゲームモードが魅力で、海外のMOBAが好きな人、神話に登場する神々による大迫力のバトルを体験したい人にオススメ!

 

神々の戦いが今始まる!

『Smite (スマイト)』には100種類を超える神話や伝説の神々が登場!それぞれ外見や能力・攻撃特性が異なる「神」キャラクターを選んでバトルに参戦できる点が大きな魅力だ。日本で有名な神々も登場するので、自分が好きな神を選んで白熱のバトルアリーナへと降り立とう!

 

100種類以上の神々が登場するSmite (スマイト)

▲現在もアップデートで多彩な神々が追加されているぞ。

 

プレイヤーが操作できる神々は「ウォリアー」「ガーディアン」「アサシン」「ハンター」「メイジ」という5種類のタイプに分類され、対戦時にはそれぞれが異なる役割(ロール)を受け持つことになる。自分のプレイスタイルに最も合った神を選べば対戦プレイが大いに捗るだろう。

 

Achilles (アキレス)

ギリシャ神話に登場する英雄。アキレスはトロイア戦争で踵に矢を受け死に至ることになり、ここから「アキレス腱」という名称が生まれたことで有名。ウォリアータイプのキャラクターで、近接戦闘とフィジカル面で優れている点が特徴だ。前方に衝撃波を放つ「Shield of Achilles」などのスキルを持つ。

 

Smite (スマイト)に登場するアキレス

 

Amaterasu (天照大神)

日本神話の主神である女神。太陽神の性格と巫女の性格を併せ持つ存在として知られ、「天岩戸」のエピソードはあまりにも有名。アキレスと同じウォリアータイプのキャラクターで、高い機動力と範囲攻撃が魅力。自分自身と味方を回復する「Divine Presence」などのスキルを持っている。

 

Smite (スマイト)の天照大神

 

Athena (アテナ)

芸術・知恵・戦略を司るギリシャ神話の女神。都市の守護女神として崇拝されてきた歴史を持つ。ガーディアンタイプのキャラクターで、騎士団を召喚して範囲内の敵に大きなダメージを与える「Shield Well」や、指定した仲間の元へ飛んでいく「Defender pf Olympus」などのスキルを持つ。

 

Smite (スマイト)のアテナ

 

Susano (スサノオ)

日本神話に登場する男性神。8つの頭を持つ蛇「ヤマタノオロチ」を退治したエピソードはあまりにも有名。アサシンタイプのキャラクターで、フィジカルと機動力に優れる。3秒ごとに連続して攻撃を繰り出す「Storm Kata」や「つむじ風」を巻き起こす「Jet Stream」などのスキルを持つ。

 

Smite (スマイト)のスサノオ

 

Apollo (アポロ)

ギリシャ神話に登場する男神。ゼウスの息子で「太陽神」や「光明の神」と呼ばれることも多い。ハンタータイプのキャラクターで、遠距離攻撃と機動力に優れている。直線上に存在する敵にダメージを与える「So Beautiful」や歌声で敵を眠りにつかせる「Serenade」などのスキルを持っている。

 

Smite (スマイト)のアポロ

 

Zeus (ゼウス)

ギリシア神話の主神にして全知全能の神。「神」と聞いて多くの人が真っ先にイメージする存在。メイジタイプのキャラクターで広範囲ダメージに秀でる。直線上に雷状の矢を放つ「Chain Lightning」や大嵐を呼び出して範囲内の敵に毎秒ダメージを与える「Lightning Storm」などのスキルを持つ。

 

Smite (スマイト)のゼウス

 

神々のオールスターバトル!

本作には上記のキャラクター以外にも「アフロディーテ」「ポセイドン」「ラー」「キューピッド」「マーキュリー」「ネメシス」「ソー」「ロキ」「バッカス」「オシリス」「孫悟空」「関羽」など世界各国で「神」と崇められているキャラクターが大集結し、夢のオールスターバトルを体験できる。

 

神はそれぞれ4種類のアクティブスキル1種類のパッシブスキルを持っており、プレイ中はここぞという場面でスキルを発動することが勝敗に大きな影響を与えることになる。無論チームプレイを行なっている場合には味方キャラクターが力を最大限に発揮できるようにサポートする精神も大切だ。

 

神々のバトルを堪能できるSmite (スマイト)

▲これを「擬人化」と呼んで良いものか判断に迷うが、神を操作できるという畏れ多いゲーム設定が実に斬新。

 

【オススメポイント】神々が己の力を出し尽くして戦う禁断のバトルが開幕!

 

多彩なゲームモードを遊び尽くせ!

『Smite (スマイト)』は多彩なゲームモードを搭載!5対5のチーム戦がメインとなる本作の面白さを最大限に味わえる基本モード「コンクエスト」や円形のフィールドで戦う「アリーナ」、1つのレーン上で真っ向勝負を挑む「アサルト」など、それぞれルールが異なるゲームモードを遊び尽くそう!

 

豊富なゲームモードが特徴のSmite (スマイト)

 

コンクエスト

5対5で戦う最もポピュラーなゲームモード。プレイヤーは3つのレーンが存在するマップ内でタワーを奪い合うバトルを繰り広げつつ、最終目標となる「タイタン」の破壊を目指す。タイタンを破壊する前に「フェニックス」を撃破する必要があるが、基本的な流れは一般的なMOBAのシステムそのものだ。

 

本作が一般的なMOBAゲームとやや異なる点は「三人称視点」を採用していること。プレイヤーは自分が受け持つ神を背後から眺める形になるため、プレイ時にはこの視点に慣れる必要がある。ミニマップを最大限に活用し、自分のチームメンバーがどんな位置で戦っているのか随時確認しておこう。

 

Smite (スマイト)随一のゲームモード「コンクエスト」

チームワークと戦略性も問われるSmite (スマイト)の「コンクエスト」モード

 

最終目標となるタイタンを守るフェニックスの数は3つ。平均的なプレイ時間は約25分程度となる。相手チームも自陣に攻め込むMOBAシステムの特性上、ちなみにプレイ前に自分の役割(ロール)をチームメンバーに宣言することが慣例となっているので、選んだ神に相応しいロールを宣言すると良いだろう。

 

個人のテクニックは勿論のこと、仲間同士で上手く連携して敵チームに立ち向かう「チームワーク」「戦略性」も大いに求められるコンクエストは『Smite(スマイト)』随一の対戦モードと言える。長いようで短いプレイ時間内に完璧な勝利を収めるために様々な戦略を練って戦いに挑むのだ!

 

アリーナ

アドレナリン全開になるハイペースなバトルを望むならアリーナモードだ。コンクエストと同様にソロから最大5名のプレイヤーで戦いに挑める本モードはさながら「デスマッチ」の様相を呈したゲームモードで、敵プレイヤーとNPC「ミニオン」をひたすら撃破してカウントを稼いでいくことになる。

 

Smite (スマイト)のアリーナモード

 

1回のプレイ時間は平均15分程度と短く、集中力が途切れにくい点も秀逸。切り込んで相手を倒しまくるプレイに快感を覚える人なら、きっと本モードで本領を発揮できるはずだ。ただし複数のプレイヤーと一緒に戦っている場合に単独行動していると不評を買う。チームワークも意識したプレイを心がけよう。

 

この他にも平均プレイ時間20分前後の「クラッシュ」、シングルレーンが用意された「Joust」、コンクエストのマップをシンプルに変えてバトルの重要性を引き出す「Assault」などが登場。全世界3000万人のプレイヤーが遊んでいる本作ではマッチングも即完了するので全てのモードにチャレンジだ!

 

究極のMOBAを楽しめるSmite (スマイト)

▲神々が織り成す究極のMOBAがプレイヤーの参戦を待っているぞ。

 

【オススメポイント】様々なルールとシチュエーションでバトルを堪能できる作品!

Smite (スマイト)の評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

Smite (スマイト)のレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

2
3