「CryptoNinja(クリプト忍者)」ブロックチェーン技術を利用した注目のおすすめ新作SLGが登場!正式配信開始までもう少し!



PC スマホゲーム サービス中 無料 ブラウザゲーム シミュレーション

「CryptoNinja」イーサリアムブロックチェーンをフルに活用した面白い戦略シミュレーションゲームの誕生だ!

『CryptoNinja』は、エバーシステム株式会社が開発し、2018/06/11からブラウザゲームでリリースされた、自分でアイテムが管理できる基本プレイ無料のブラウザ型のブロックチェーンゲームだ

 

忍者を使って相手の城へ潜入し財宝を奪ったり、侵入者を倒して財産を奪ったりと2つの方面から楽しめるようになっている。罠は無属性の罠3種類と、属性罠5種類が用意されており、様々な戦略を必要となっていく

 

ビットコインを管理する「ブロックチェーン」を使うコトで、不正なデータを書き換えを難しくしており、誰でも安心して仮想通貨の奪い合いを楽しめるようになっているのだ。普通のゲームじゃない、ギャンブルに近いゲームを探している人におすすめ!

 

資産を奪い合う新しいタイプの戦略ゲーム!

02

「CryptoNinja」は自分が所有している忍者で、他のユーザーが所有する罠の仕掛けられた城へ潜入して、資産を奪い取るのが目的のゲームになっている。

 

侵入するだけでなく、侵入してきた忍者を撃退することでもEverGold(EG)が入手出来るようになっており、しっかりとした仕組みを作り上げれば、何もしてなくてもEGがどんどん稼げるようになっていくのだ。

 

最新のネットワーク管理システムであるイーサリアムを応用したブロックチェーン技術を用いており、不正な方法で奪われたり、消されたりもすることがなく安心してゲームを楽しめる。

 

イーサリアムとは、イーサリアム・プロジェクトによって開発が進められている、スマート・コントラクト分散型アプリケーションを構築するためのプラットフォームの名称に使われるコトが多い。他にも関連するオープンソース・ソフトウェア・プロジェクトの総称となっているのだ。

 

ブロックチェーンの特徴のひとつに、デジタル資産の安全な移転、管理、流通履歴の追跡が行え、ビジネス上のアプリケーションでも応用できる技術として注目を集めている。

04

本作「CryptoNinja」を通じて、ゲームのみならず、ブロックチェーンに関連する様々な開発支援も積極的に行われていく予定だ。今後、新しい機能がどんどん追加されていることも期待できる

 

そのために、ゲーム単体で6ヶ月以内に1万ユーザーを達成することを第1目標に、開発元である「エバーシステム株式会社」が動いている。最新のネットワーク技術がどのように進化し、さらにどんな姿になっていくのか非常に楽しみだ。

 

イーサリアムとかブロックチェーンとか、専門用語で「CryptoNinja」を説明してしまうと、難しいゲームに思えてしまうかもしれない。なので、簡単に言ってしまうと、オンライン上のアイテムを意味不明になくしてしまう危険性を最小限にできる機能が搭載されていると覚えておこう。

 

イーサリアムブロックチェーンでアイテムロストの可能性を極限まで減らせる!

03

かつてオンラインゲームは、サーバー上でアイテムが管理されていたため、ネットワークの不具合やバグなどのトラブルによって、せっかくお金を出して購入したアイテムが消えてしまうコトが多々あった。

 

スマホアプリで課金したのに、ガチャの引くためのジェムなどの課金石が反映されなかった嫌な経験を持つ人も多いだろう。サーバー単独でアイテムを管理してしまうと、ちょっとしたトラブルでアイテムが消えてしまう問題が常に付きまとうのだ。

 

しかも、エラーの内容によっては、サーバー管理者でも本当にアイテムが反映されていないのか、ユーザーからの悪質なクレームなのかわからない場合もある。悪意のある偽課金などをすれば、お金を払ってもいないのに、課金石だけを手に入れられたりもするのだ。

 

このような状況に対して、ビットコインの中核技術として知られる分散型ネットワーク「イーサリアムブロックチェーン」が非常に有用となる。ネットゲームに使われるアイテムやゴールドを「仮想通貨」に置き換えて考えてもらうとわかりやすい。

 

仮想通貨は実際に物を買ったり、ガス代を払ったりと現実のお金と同じような力を持ち始めている。そんな貴重な物がトラブルやエラーなどでなくしましたでは話にならないだろう。

 

そうならないために、アイテムの状況を分散しておき、常に最新の情報をたくさんのパソコンで管理しておけば、トラブルや不正が発生しても、どの部分でおかしくなったのか、突き止めやすいのだ。

 

さらにクラッキングによりデータの書き換えを行おうとしても、複数のパソコンによって管理しているので、その難易度はかなり上がるというわけだ。数年前に仮想通貨の不正流出があったので、可能性は0とは言えないが、それでも普通の方法ではデータを書き換えるのは不可能と言っても過言ではない

 

チートなどを頻繁に行われているネットゲームも多く、まともなシステムがチートやクラッキングより台無しになってしまったケースもかなりある。

 

今までのオンラインゲームではどうしても発生してしまう「アイテム所有履歴消失」を極力を回避できると言う素晴らしい魅力だけでなく、オンラインゲームを円滑に進めるシステムとして、「CryptoNinja」は高い注目を浴びているのだ。

 

ゲームは非常にシンプルだが奥深い遊び方ができる!

05

「CryptoNinja」では、他のユーザーに城に潜入する「Attack」、自分の所有する城に罠を設置する「Guard」をうまく使い、EGを集めていく。単純に攻撃と防御となるので、自分がどちらの戦略を重視するのか考えながら動いていこう

 

Attack

自分の所有している忍者で他のユーザーの城へ潜入する。潜入する城を選択し、潜入する忍者を選択する。潜入を行うためにはルートを指定しなければならない。罠が仕掛けてありそうな所などを判断してうまくルートを構成していこう。

 

潜入ボタンを押してから一定時間が経つと、忍者は帰ってくる。体力を0にすることなく、最奥まで行ければ潜入は成功となり、城に貯められていたEGを手に入れることができるのだ。

 

しかし、失敗した場合は潜入時に支払ったEGを失ってしまう。支払うEGは城に貯まっている量の半分になるので、狙う城によってはかなりの痛手になるだろう。くれぐれも潜入する城には気をつけたい。

06

 

Guard

自分が所有している城に、持っている罠を仕掛けることができる。任意の位置に罠を配置して、財宝となるEGの数を決めて確定すれば、他のユーザーが潜入の選択肢に選べるようになるのだ。

 

たくさんEGを設置しておけば、侵入してきた忍者が失敗した際に多くのEGを得られるようになる。相手の実力が不明なので、厳しいギャンブルになるが勝てばその分、リターンも大きくなるのだ。

 

注意する点として、罠をリセットしてしまうと配置してした罠は戻ってこなくなる。再配置などを検討している場合にはくれぐれも注意しておこう。

07

盗むのに特化したAttack型にするか、罠を配置して完璧な布陣で待ち構えるGuard型にするか、どちらでも同じように「CryptoNinja」を楽しめるだろう。両方に特化するよりは最初は偏らせた方が有利になるはずだ。

 

AttackやGuardを行っていると、忍者や城もレベルアップもする。レベルアップすれば、忍者は体力が増え、潜入を成功させやすくなるし、城は罠のダメージが大きくなるので、侵入を防ぎやすくなるのだ。

 

失敗を重ねても強くなっていくので、最初はまったく勝てなくても何度か繰り返しているうちに勝てるようになっていくだろう。育成するコトで立派になっていくのでやりこみ要素としても楽しめる。ゲームをしながらお金を稼いでいく。そんな夢の様なゲームを求めている人におすすめだ!

CryptoNinja(クリプト忍者)の評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

CryptoNinja(クリプト忍者)のレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

2
3
Chevron up