【第六猟兵】自分だけのオリジナルRPGを体験しよう!「PBW(プレイバイウェブ)」方式を楽しめるおすすめPCブラウザゲーム。共同作業で生まれる冒険が大きな魅力。



PC サービス中 料金未定 ブラウザゲーム シミュレーション

『第六猟兵』のタイトル画像

2018/12/14から正式配信されているトミーウォーカーの基本プレイ無料PCブラウザゲーム。文章とイラストで自分だけの冒険を楽しめる「PBW(プレイバイウェブ)」方式のシミュレーションRPG。

 

膨大なシナリオに参加しながら自分の行動を決定し、それが小説として仕上がる独特なプレイ方式、オリジナルイラストをリクエストできるシステムが魅力で、PBW(プレイバイウェブ)方式で遊べるRPG作品を求めている人、これまでのRPGを大きく上回るような体験をしてみたい人、自分だけの冒険を大切にしたい人におすすめ。

オリジナルRPGを楽しもう!

現在好評配信中の『第六猟兵』は、プレイヤーとクリエイターの共同作業によって成り立つゲーム方式「PBW(プレイバイウェブ)」システムが大きな特徴となっているおすすめのPCブラウザゲーム。限りない可能性を持つロールプレイング作品を求めている人には断然おすすめのシミュレーションRPGだ。

 

既存のロールプレイング作品をプレイしていて、「自分だったらこういう風に行動するのに」といったツッコミが思い浮かんだことはないだろうか。そんな疑問やストレスを解消してくれるのが本作で、プレイヤーは自分が生み出したキャラクターの行動を「文章」で表現し、それがその先の展開を形作ってくれるのだ。

 

PBW方式で進む『第六猟兵』

▲全部で36個ある世界でプレイヤーだけのオリジナルストーリーと冒険を体験できる『第六猟兵』。

 

主人公はプレイヤーが考え出したキャラクターで、自分が文章で提出した行動がプロのクリエイターたちによって「小説化」「イラスト化」されて帰ってくる。設定された範囲内での共同作業が発生し、プレイヤーとクリエイターが一緒に物語を紡いでいく点が作品の特徴で、その自由度の高さは計り知れない。

 

本作はこれまで数々のPBW型ゲーム作品を提供してきた「トミーウォーカー」が創業15周年に開発した作品で、同社の6作目にあたる。PBW作品でユーザーとクリエイター双方から絶大な信頼を獲得してきている会社の作品なので、初めてPBWにチャレンジしたいと考えている人にもおすすめできるゲームと言えるだろう。

 

PBWとはどんなゲームシステムなのか

ここで本作が採用する「PBW」のゲームシステムについて詳しく見ていこう。簡単に言うとPBWは「オーダーメイド」のゲーム作品。前述の通りプレイヤーがアウトラインを決め、それを受けたクリエイターたちが小説やイラストで再現していくという流れを採用している。1つとして同じ展開にはならない点が魅力だ。

 

一般的なロールプレイング作品の場合、シナリオ展開から主人公キャラクターの結末まで全てが最初に設定されており、プレイヤーはゲーム内で可能な範囲の選択を行なって遊んでいくが、本作の場合はシナリオ展開とキャラクターが「後付け」で生まれてくるため、参加してから完結するまで何が起こるか分からない。

 

PBW作品では統一した世界観やキャラクターの種族・ジョブの初期設定は存在するものの、その後クリエイターに注文を出して完成した小説やイラストは全て「オーダーメイド」で出来上がってくるため、自分のためだけに用意された物語展開とキャラ絵を得られる点が最大の魅力と言える。圧倒的な自由度が特徴だ。

 

オーダーメイドでゲームを体験できる『第六猟兵』

▲参加するプレイヤーの数だけ物語が存在するPBWの世界。圧倒的なボリュームを持つプレイスタイルだ。

 

『第六猟兵』では、最初に100種類以上存在する種族やジョブから自分のキャラクターを設定し、その後クリエイターへの報酬を用意、そしてシナリオに参加して自分の行動指針などを送ると、その結果が数日後に「小説」として提供される。またプレイ中にオリジナルイラストをリクエストすることも可能だ。

 

遊ぶ前の前提として用意されている世界観を把握し、その中にクリエイター陣と一緒に飛び込んで共同作業でゲームプレイを創出していく作業を行うことがPBW(プレイバイウェブ)最大の特徴で、言わばプレイヤー自身もゲームのクリエイターになれる。世界に1つしかないオリジナルの冒険を堪能できるプレイ形式なのだ。

 

人と人が生み出すRPG

以上のようにPBWは「人と人との共同作業」で生み出していくプレイスタイルであり、参加しているプレイヤーが多いほどゲーム世界が広がりを見せていく。ありきたりなRPGの展開に飽きている人や、自分のために用意された世界を求めている人にはおすすめのPCブラウザゲームと言えるだろう。

 

基本プレイは無料。ただしクリエイターに作品を依頼する時点で課金要素が発生するので、プレイ前に公式HPをよく確認し、ゲームを円滑に進めるための基礎知識を得ておこう。作品を納品してもらいながら自分だけの冒険を進められるおすすめのブラウザゲームで、かつてない世界を体験することができるぞ。

 

【おすすめポイント】自由度MAXの冒険へGO!

シナリオに参加しよう!

『第六猟兵』では自分が好きな「シナリオ」に参加することになる。シナリオはゲームプレイ画面上部に表示されているブーツ型のアイコンを押すことによってアクセス可能で、膨大な数が用意されているシナリオの中から自分に合っていると感じたシナリオを選んでプレイを開始する。幅広い選択肢が用意されているぞ。

 

膨大なシナリオが用意されている『第六猟兵』

▲圧倒的な物量を誇る『第六猟兵』のシナリオ群。ピンと来るシナリオを選んで冒険へ旅立とう。

 

蓄積された過去の集積体「骸の海」の中に浮かぶ36の世界が舞台の本作で、プレイヤーは世界を救う為に選ばれた「猟兵(イェーガー)」として驚異の超常能力「ユーベルコード」を携えながら怪物「オブリビオン」に挑むことになる。選ぶ際には以上の世界観を理解してからアクセスすると良いだろう。

 

キャラクターを設定してシナリオを選択すると冒険が開始され、プレイヤーが選択した行動の結果は3日間後くらいで「小説」の形式で帰ってくる。PCブラウザで「人間」が「人間」とやりとりをして冒険世界を紡ぎ出していくプレイが本作の真骨頂で、そこに今までにはない新たなプレイ体験が待ち構えているのだ。

 

【おすすめポイント】自由なロールプレイを存分に楽しもう!

「旅団」に入ってみんなで遊ぼう!

オリジナルな冒険を生み出せる点が魅力の『第六猟兵』だが、同じ作品をプレイしているユーザーたちで形成されるコミュニティー「旅団」に加入することでさらに楽しさが広がっていく。ゲームに関する情報交換も行えるので、1人で何も分からずにプレイを進めるよりもはるかに気が楽だ。みんなでプレイを堪能しよう。

 

公式サイトには数々の「旅団」が設立されており、自分が好きな旅団を選んで加入申請を送ることができる。初心者の人はPBWを知り尽くしている先輩ユーザーにアドバイスをもらいながらプレイするのも良いだろう。独特なゲームシステムを持つ作品だけに、先人のアドバイスや情報はかなり有益になるはずだ。

 

コミュニティー「旅団」が存在する『第六猟兵』

▲同じ「猟兵」としてプレイしているユーザーが形成しているコミュニティー集団「旅団」に入れる。

 

プレイヤーとクリエイターの双方が一緒にゲーム世界を作り上げていくPBW形式のブラウザゲーム『第六猟兵』は現在好評配信中。今までにない斬新なロールプレイを求めている人にもおすすめのシミュレーションRPG作品で、出来上がった小説やイラストは一生モノの宝になるはず。今すぐ自分だけの冒険を始めよう!

 

【おすすめポイント】みんなで一緒に楽しめるPCブラウザゲーム!

第六猟兵の評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

第六猟兵のレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

2
3
Chevron up