「アビストライブ」世界の創造主に対し特殊な能力”アビス”を使い戦いを挑むおすすめのスマホゲームアプリ新作RPG。マンガとゲームを融合させたようなUIになっているのが特徴!



スマホゲーム サービス終了 無料 オンラインRPG

040

 

『アビストライブ』は、2017年12月4日株式会社ベクターがリリースした新作スマホゲームアプリ。公式サイトにて配信されている原作コミック「アビストライブ」と繋がる物語を、本編のメインストーリーと併せて楽しむことのできるファンタジーRPGだ!

バトルは、キャラクターが自動で攻撃を行う中で、スキル発動に必要なSPを消費しながら2種類のスキルを発動して戦う横スクロール型のアクションバトルとなっており、どのタイミングで誰のスキルを使用するか、戦闘中に1度しか使えない「天賦スキル」をいつ発動するかといったプレイヤーの判断能力も問われる戦略性のあるバトルが楽しめる。

もちろん、キャラクター毎に存在する6種類の装備品や固有スキルの強化、レベル上限の開放など自分の好きなように強化が行える自由度の高い育成システムも搭載され、じっくりとキャラクター育成を満喫したい人も満足できるおすすめの新作ファンタジーRPGだ!

 

謎に包まれた少女”パンドラ”と共にホウカイした世界で運命に抗う物語!

ホウカイは突然訪れた…突如現れた怪物「ソウルロスト」に襲われたソウマは、謎の少女パンドラに助けられ、世界に迫る危機を知らされた。

041

超人的な力を持つ「アビス能力者」、謎の存在である「至高なる意思」、裏切りと共生…かつてない混沌に見舞われた学園聖地で、ソウマは運命を切り開けるか――。
 042

 

セミオートでありながら、”SP”の管理や”天賦スキル”の使い分けがカギとなる奥深いアクションバトル!

『アビストライブ』は、自動で通常攻撃が行われる中で最大5体のキャラクターの「スキル」を任意で発動しながら戦う横スクロール型のアクションRPG

 

スキルは使用可能になるまでの時間が経過すれば、画面下のキャラクターアイコンをタップするだけで発動できるのだが、スキルを発動するには時間経過で回復する”SP”を一定数消費することになるため、バトル中は”SP”の管理も非常に重要となってくる。

 

しかし、SPはストックできる最大値もあるので、ある程度SPが溜まったらスキルを発動しスキルの使用サイクルをどんどん回して攻撃の手数を増やしていくのもポイントだ。

043

また、キャラクターのスキル以外に、敵全体や味方全体に様々な効果を付与する「天賦」と呼ばれる特別なスキルも存在。

 

天賦スキルは1回の戦闘中にそれぞれ1度しか発動できないが、最大で2つ設定でき、スキルの再使用時間が発生している間に大量の敵が出現した時に”敵全体に大ダメージを与える”天賦スキルを使用したり、味方が瀕死状態の時に”味方の体力を回復する”天賦スキルろ使用したりと、ピンチをチャンスに変えてくれるスキルでもあるので、天賦スキル発動の際は効果と使用タイミングをしっかり見極めて使うようにしよう。

また、バトル前にはテキストのみの会話進行だけでなく、コミック調のカットシーンも挿入されることもあり、そのシーンの魅力がより感じられるカット演出を楽しみながらド派手なアクションバトルが体験できる。バトルの際はその作り込まれた演出も魅力の一つだ
 044

 

”レベルアップ”と”グレードアップ”を繰り返してキャラクターを鍛えていくやりごたえを感じられる育成システム!

キャラクターはバトルに勝利したり経験値取得用アイテムを使うことで「レベルアップ」をしていくが、敵から”進化体”というアイテムを獲得できるとキャラクターのすべてのステータスが上昇する「グレードアップ」が行えるようになる。

他にも、”武器”、”防具”など計6個の装備アイテムを強化することも可能。強化の種類には、必要となる金額を支払って装備品の基本能力を上げる「強化」と、素材アイテム”改造薬剤”を使って装備品のグレードを上げる「グレードアップ」があり、装備のグレードアップを行うとレベルの上限が引き上がりより強く鍛え上げることができる。

 

そのため装備品の強化では、基本的に”装備のレベルを最大値まで上げて素材を集めレベルの上限を開放していく”繰り返しになるので、素材集めは適宜行うようにしていこう。

045

キャラクターのレベルアップや装備品の強化以外にも、強化したいキャラクターと同じキャラクターの”欠片”を集めるとレアリティが上がる「進化」が行えるように。

 

初めのうちはキャラクターの欠片を集めるのは中々大変かもしれないが、進化を行うことでキャラクターの能力が大幅に上昇するため、キャラクターをより強く鍛えていきたい人は「進化」による強化も視野に入れて育成を行おう。

最後に、キャラクター固有のスキルの強化だが、スキル強化では時間経過で1pt回復するスキルポイントを自由に割り振ることでスキルレベルを上げていくことができる独特のシステムが採用されている。その上、所持キャラクター全員でスキルポイントを共有しているので、ポイントを割り振る時は誰のスキルを優先的に上げるか考えることも必要だ。

 

ただ、スキルレベルはプレイヤーのレベルを超えて強化ができないため、いつかはスキルレベルをMAXまで上げ終わってしまいポイントを割り振れなくなってしまうなんてことも出てきてしまうかもしれない。そんな時は、メインストーリーなどを進めてプレイヤー経験値を上げることに専念し、レベルの上限を引き上げていこう。

050

 

シナリオ以外にも全く違った遊び方が楽しめる多種多様なコンテンツを搭載

本作では、”ソウマ”と”パンドラ”が混沌とした世界で運命に抗っていく「メインストーリー」のほかに、装備品をグレードアップするために必要な素材が手に入る「番外ストーリー」やストーリーやゲームのプレイ進捗に合わせて報酬がもらえる各種「クエスト」などを楽しむことができる

プレイヤーレベルが上がれば、”課外活動”の項目から他のプレイヤーと自動戦闘でランキングを競う対人戦「競技場」や、各階層に潜む強敵を倒して豪華報酬を獲得していく「無限回廊」、ゴールドや経験値アイテムなどが大量に獲得できる「特殊バトル」、マップを探索し発生する様々なイベントを攻略する「郊外探索」といった一風変わったバトルも楽しめるように。

046

中でも「競技場」は、試合中キャラクタースキルや天賦スキルなどの発動タイミングを操作することができないのでやりごたえがないように感じられるかもしれないが、挑戦する相手の戦闘力を見てどういった編成を作れば対抗していけるのか、攻撃や防御、回復といった役割を持つキャラクターたちをどう組み合わせれば良いのかなどと、自分の作った編成が勝敗を左右する奥深い内容になっているので、攻略のし甲斐もあるはずだ。

他にも、他のプレイヤーとリアルタイムで協力しながらボスを倒す「竜穴進撃」、レベル40にならないと開放されない「救出任務」など、仲間と一緒に遊べるマルチプレイや、高レベルになってから遊べる上級者向けコンテンツもしっかりと用意されている。

 

また、課外活動はスタミナが消費されないという大きな特徴があるので、気分転換にいつもと違ったバトルモードを楽しんだりキャラクター育成に必要なアイテムをコツコツと集めたりと、時間のある時に好きなだけ各コンテンツを遊ぶことができる。プレイヤーレベルが上がりコンテンツが徐々にアンロックされてきたら、ぜひこちらの各種バトルコンテンツも楽しんでみてほしい。

 047

バトルコンテンツ以外にも、本作にはメインヒロイン”パンドラ”の「心情度」を上げるとパンドラを着せ替えすることのできる”衣装”や”クリスタル”といった様々なプレゼントがもらえるコミュニケーション要素も搭載されている。

 

”衣装”はただ着せ替えができるだけでなく、指定制服を着れば”防御上昇”、メイド服(黒)を着れば”燃焼”、ビキニ(青)を着れば”能力弱体”といったように、戦闘中着た衣装によって異なる能力を付与できたり、衣装強化専用のアイテムを使って衣装の能力を高めることができるのが特徴だ。

048

パンドラの普段見ることのできない可愛らしい姿やヘアースタイルなどを楽しめるのも本コンテンツの魅力でもあるが、バトルに有利になる衣装を着て戦闘を行えば楽にゲームを進めていくこともできるようになるので、オシャレを楽しみつつ能力の効果も気にしてその都度パンドラを着替えさせてあげよう。ちなみに、”心情度”は毎日3ポイントずつ上げていくことができるので、毎日忘れずに心情度も上げていこう。

 049

 

敵である”ソウルロスト”に立ち向かって行く個性的なキャラクターたち!

本作では、メインストーリーがコミック調に展開されるのが特徴で、キャラクターの立ち絵だけでなくシーン毎の表情の変化、勢いを感じられる迫力のカットなどコミックならではの演出を存分に楽しむことができる。

 

ストーリーに登場するキャラクターたちも一層生き生きとしているように感じられ、ストーリーを読んでいるうちにキャラクターに感情移入してしまったり、ストーリーのコマ一つ一つをじっくりと読んでしまったりと、つい『アビストライブ』の世界に引き込まれてしまうのではないだろうか。

今回は、本作の主人公”ソウマ”とヒロイン”パンドラ”、ソウマが初めて獲得するアビス”エジソン”を紹介するので、まだゲームをプレイしていないというユーザーはメインストーリーを盛り上げるこれら3体のキャラクターのプロフィールをチェックしてみてほしい。

 

ソウマ(CV:KENN)

本作の主人公。
平凡な日常を過ごす普通の少年だったが、学園聖地で発生した奇妙な事件に巻き込まれることになる。

024

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パンドラ(CV:喜多村英梨)

本作のヒロインであるパンドラの保護形態。
エネルギー消費を抑えるため子供の姿をしている。
ソウマと出会うまで人間の食べ物を口にしたことがなく、初めて食べたチョコレートの美味しさに感激し大好物となった。

025

 

パンドラX(CV:喜多村英梨

ソウマの前に突然現れた謎の女性。
情人を遥かに超えた身体能力をもち、高威力のエネルギーを発射する特殊な銃を使いこなす。
言葉遣いがきつく、冷たい性格と思われることが多い。

026

 

エジソン(CV:KENN)

トーマス・エジソン。人類で最も多くの特許のための訴訟を抱えた発明家。
その特許数は1000を超えるといわれる。
ソウマが獲得する最初のアビス。光を操ることができる。

027



コミック調で展開される独特のストーリーや簡単な操作で楽しめるバトルシステムが採用された新作ゲームアプリ『アビストライブ』。バトルでは全自動や倍速機能も備わっているので、空いている時間や片手間にサクッとプレイすることもでき、時間のない人でも気軽にゲームを楽しむことができるおすすめの新作スマホゲームアプリ。


また、公式サイトでは、本作の原作にあたるコミックも読むことができるので、より深く『アビストライブ』の世界観を知りたい人はぜひ閲覧してみてほしい。原作コミックも本作のメインストーリーのように全編フルカラー仕様となっており、1話ごとのストーリーのボリュームもあるので読みごたえも抜群だ! 

アビストライブの評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

2
3