【ヘイ・デイ (Hay Day)】世界122ヶ国で1位を獲得したおすすめの新作面白農場経営シミュレーション!親子で仲良くプレイできるスマホゲームアプリだ。



スマホゲーム サービス中 無料 シミュレーション

『ヘイ・デイ (Hay Day)』のタイトル画像

2012/6/21正式配信開始!Supercell運営の基本プレイ無料新作スマホゲームアプリ!世界122カ国で1位を獲得した「自分だけの農業をまったりと遊べる」新感覚の農業シミュレーションゲーム!

 

海外CGアニメ作品のようなポップで明るい世界観、男女や年代を問わず遊べるゲーム性が大きな魅力で、自分のペースでのんびりゆったり遊べるほのぼのとしたスマホゲームアプリを探している人に断然おすすめ!

世界122カ国で1位を獲得!

2012年に配信された本作は884日間に渡って売上ベスト10に入るという快挙を達成!その後世界122カ国で1位を達成するという偉業も成し遂げている。「農業系シミュレーション」というニッチな需要に入る類の作品がこれまでの大ヒットを達成することは極めて異例。世界が認めたスゴいスマホゲームアプリなのだ!

 

『ヘイ・デイ (Hay Day)』を開発したSupercellはフィンランドのヘルシンキに拠点を置くモバイルゲーム開発会社。少数精鋭のチーム体制を維持することで良作を生み出す同社は日本でも大ヒットを記録したモンスターアプリ『クラッシュ・オブ・クラン (Clash of Clans)』の開発・運営会社としても広く知られている。

 

世界122ヶ国で1位を記録した『ヘイ・デイ (Hay Day)』

▲ポップで明るいプレイ画面が印象的。施設を増やしていけば自分の農場がどんどんカラフルになってくる。

 

プレイヤーは「新米農場主」としてゲーム世界に降り立ち、農業と畜産を行いながら作物を収穫し、市場に出荷して利益を得る暮らしを始めることになる。経済要素と交易システムのシミュレーションが分かりやすく共存しており、ゲームを通じて生産者の喜びを疑似体験できるようになっている点が本作の魅力だ。

 

プレイ画面は海外のアニメーション作品を見ているようにカラフル。建設した各種施設で家畜や作業員が動き回る様子も可愛らしく、画面を開くだけで優しい気持ちになれる。じっくりと取り組める農場経営SLGなので、自分の都合が良い時間帯にちょこちょこと遊んで長く続けられる点も好印象だ。

 

ステキなファームで思う存分農場経営を楽しもう!

 

【おすすめポイント】世界のユーザーに愛される農場経営シム!

楽しみながら農場運営を学べる!

『ヘイ・デイ (Hay Day)』最大の魅力は誰にでも分かりやすいゲームシステム!自分の農場に畑や鶏小屋、豚小屋などを作り、作物と家畜を大切に育てて出荷するという農場主の基本的なサイクルがコミカルに描写されていく本作をプレイすれば、誰でも楽しく農場経営について学ぶことができるぞ。

 

本作はリアルタイムストラテジーのゲームシステムを採用しており、種蒔きから収穫までリアルタイムで待ち時間が発生する。ただし農場経営を軌道に乗せるためには様々なことを同時進行させなくてはならないので、やることがなくなってヒマになることはない。様々な作業をこなしてゲームを進めよう。

 

農場経営を疑似体験できる『ヘイ・デイ (Hay Day)』

▲知識として頭に入っていても、実際にやると大変。作物や家畜の世話を欠かさずに続けることがプレイのコツだ。

 

プレイヤーの目的は自分が育てた作物と家畜を市場に出荷して利益を得ること。趣味で農場を続けるのではなく、きちんと収益を上げることがゲームの主題になっており、働いた分だけ豊かになれる仕組みだ。コツコツと地道にプレイを重ねていけば売る物もバラエティ豊かになり、農場がどんどん潤っていくぞ。

 

畑からはトウモロコシや小麦を、豚からはベーコンを、そして焼き窯からは美味しそうなケーキを作れる。作成した食べ物は隣人や注文主が買い取ってくれ、そこでお金になって戻ってくる。「需要と供給」のサイクルをこれほどまで楽しく学べるゲーム作品は少ない。農場経営の喜びを体験しよう!

 

【おすすめポイント】経済観念も養えるおすすめスマホゲームアプリ!

暴力描写ゼロ!

『ヘイ・デイ (Hay Day)』がヒットしている理由は残酷な暴力描写が一切含まれていないから!豚からベーコンを取るシーンも「ダイエットマシン」という「ぼかした描写」になっているから感受性が強い子供と一緒にプレイしても大丈夫。本作は登場する人間と動物たちが元気なままなので安心して楽しめるぞ。

 

残酷描写を排除した『ヘイ・デイ (Hay Day)』

▲家畜に屠殺は付きものだが、子供への影響に配慮した表現方法になっている。こうした気配りは非常に大切だ。

 

ゲームが要因となって暴力的な言葉遣いをする、または残酷な表現をする子供は世界的に多い。確かに「生命と死」は切っても切れない関係だが、それを段階的に学ばせる配慮も必要だ。その点本作は「家畜の屠殺」に向き合う準備ができていない小さな子供に対して万全の配慮を施しているのでおすすめできる。

 

【おすすめポイント】教育的な配慮が万全に整えられたおすすめゲームアプリ!

豊かになっていく楽しさ!

『ヘイ・デイ (Hay Day)』の醍醐味は農場経営が安定して農場がどんどん豊かになっていく様子を眺められるところ!小さな畑に始まって徐々に家畜を揃え、出荷する作物や料理のバリエーションを増やしていけば「大農場主」になれる日も近い。工場を建て、ショップを経営してバンバン豊かになろう!

 

地道にゲームを続ければ「大農場主」にもなれる『ヘイ・デイ (Hay Day)』

▲ボートを修理すれば「釣り」もできるようになる。やれることが広がっていくので飽きないぞ。

 

子供と一緒に「働く」ことについて学び、ゲームを通じて経済や交易の重要性を認識できる本作は、正真正銘の「親子で一緒に楽しめる」スマホゲームアプリアプリだと言える。敵を倒すばかりがゲームじゃない、と考えている人にはおすすめのスマホゲームアプリで、ゆったりと続けられる作品を求めている人なら絶対にハマる作品だ。

 

【おすすめポイント】今日から豊かな農園ライフを始めよう!

農園ゲームに革命をもたらした新作!

GDC2018の壇上でSupercellのスタッフTouko Tahkokallio氏は「農園ゲームには可能性があるからいけるだろうと感じた」という趣旨の発言をしている。ライバルが比較的少ない農場ゲームを開発するにあたって、Supercellは多くの農場ゲームを支配する2つの要素について徹底的に研究を重ねた。

 

その2要素とは農業シミュレーションゲームでは切っても切れない「経済システム」「交易システム」。『ヘイ・デイ (Hay Day)』は他に類を見ない画期的な経済システムと交易システムを搭載することによって、世界122カ国で1位を獲得するモンスターヒット作品に変貌を遂げることになる。

 

プレイヤー同士の交易を楽しめる『ヘイ・デイ (Hay Day)』

 

「経済システム」については「収穫までにかかる時間」をゲーム内通貨の「ダイアモンド」に置き換え、商品価格を全てダイアモンドで換算する方式を採用。これによって個々の作物を製作する際の偏りを「レート変更」で調整できるようになり、ユーザーは幅広い作物を作る楽しさを維持できる。

 

「交易システム」ではユーザーが作った作物を廃棄できないシステムを採用し、さらにアイテム発生率を調整してプレイヤー同士の取引を促進。ソロプレイで完結することなく、オンラインで繋がれる機能を最大限に活かした交易ルートを確保したことでゲームは爆発的に普及していった。

 

経済と交易システムに力を入れて成功を収めた『ヘイ・デイ (Hay Day)』

 

優れたゲームは全てのゲームシステムが合理的で理路整然としている。Supercellはその「当たり前」のことに真正面から向き合い、ユーザーが「楽しい」と思える作品を生み出すことに成功したのだ。その結果は世界中の反応を見れば明らか。『ヘイ・デイ (Hay Day)』は農業SLGに革命をもたらした作品なのだ。

 

ただしプレイ中は今説明したような難しい要素を実感することなく、ただ栽培と牧畜と収穫、そして販売に至るまでのプロセスを「楽しみながら遊べる」ところが本作の優秀な点。難しいことを簡単に分かりやすくゲーム化しているので、予備知識ゼロでも存分に楽しめるスマホゲームアプリに仕上がっているぞ。

 

【おすすめポイント】ユーザーが経済と交易を存分に楽しめる優秀な作品!

ヘイ・デイ (Hay Day)の評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

ヘイ・デイ (Hay Day)のレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

2
3