【Vainglory】PC版とのクロスプラットフォーム対戦プレイを実現したスマホ向けMOBA!eスポーツ大会でも採用中!



PC スマホゲーム サービス中 無料 RTS/MOBA

『Vainglory』のタイトル画像

2015/6/29正式配信開始!Super Evil Megacorpが送る基本プレイ無料スマホゲームアプリ!極上のファンタジー世界で多彩なヒーローを操りながらオンライン対戦プレイを楽しめる次世代型MOBA

 

PC版とのクロスプラットフォーム対応、世界中のeスポーツ大会で盛り上がっている点が大きな魅力で、MOBAのシステムを持つゲームが好きな人、豊富なキャラで対戦プレイを楽しみたい人におすすめ!

 

クロスプラットフォーム対応のMOBA

スマホゲームアプリとして2015年から配信中の『Vainglory』は、海外PCゲームのポータルサイトSTEAMで早期アクセス版が配信中のPC版とのクロスプラットフォーム対戦に対応したMOBAゲーム。異なるプラットフォームのユーザーが多数対戦できる本作は、オンライン対戦を極めたい人におすすめの作品だ。

 

クロスプラットフォーム対戦に対応している『Vainglory』

 

2019/2/14に配信された『Vainglory』は早期アクセス版の段階だが、現時点でクロスプラットフォームの対戦に対応。スマホ版よりも大きな画面表示で描かれるゲーム世界はPCゲームらしい美しさを誇り、何よりもスマホゲームアプリと同様に基本プレイ無料なので気軽に遊べる。日本語化にも対応済みだ。

 

より多くのクロスプラットフォームを目指す『Vainglory』

▲PC版ユーザーとスマホ版ユーザーの対戦を可能にした『Vainglory』。画期的な次世代MOBAだ。

 

開発元のSuper Evil Megacorpは本作をスマホ・PC・家庭用ゲーム機・次世代型ハイブリッドデバイスなどの垣根を超えたゲームにしたいと考えており、将来的にはさらなるクロスプラットフォームに対応することもあり得る。多くのゲーム用デバイスを持っている人にもおすすめできる作品と言えるだろう。

 

【おすすめポイント】スマホでもPCでも遊べるMOBA

 

極上のファンタジー世界!

Vainglory』の魅力は高精細なゲームグラフィックで描かれる極上のファンタジー世界。スマホ版は2018年にバーチャルゲームパッドの操作にも対応し、美しいゲーム世界MOBA形式の対戦プレイを存分に楽しめるようになった。次世代型グラフィックを持つゲームが好きな人ならハマること間違いなしだ。

 

プレイ画面はクォータービューの見下ろし型を採用。スマホ横持ち画面に広がるゲーム世界が文句なしに美しく、西洋ファンタジーの深遠な世界観を見事に再現。緻密なグラフィックでありながら各キャラクターの動きが非常に見やすく、視認性にも優れている。イラストタッチの色使いもグッドだ。

 

美しいグラフィックを持つ『Vainglory』

スキルや各種情報アイコンは整理されて分かりやすい。何度かプレイすればすぐにゲームシステムに馴染める。

 

スマホでもデバイスによっては120fpsを可能にしているゲーム描写は極めて滑らか。ゲームプレイに特化したハイスペックなスマホを所有している人には十分すぎる恩恵がある。PCCS向けゲーム作品と比べても全く遜色のないグラフィックの美しさこそが『Vainglory』の大きな特徴なのだ。

 

自社製ゲームエンジンで開発された『Vainglory』

自社製ゲームエンジンを搭載しているという点も大きい。ゲームエンジンの性能がフルに発揮されている印象だ。

 

常に最新テクノロジーを研究しているというSuper Evil Megacorpはスマホのスペック進歩に合わせたゲーム開発を行なっており、本作もアップデートを重ねて「次世代のスマホゲームアプリ」という立ち位置をキープし続けている。基本プレイ無料でありながら豪華なグラフィックを持っているおすすめのスマホゲームアプリだ。

 

【おすすめポイント】美しいグラフィックを体験しよう!

 

初心者からコアゲーマーまで満足できる!

Vainglory』は5分間のお手軽バトルや55の本格的なバトルアリーナまで様々なゲームモードを実装。スマホゲームアプリらしい短時間プレイにも向いているため、本格的なオンライン対戦をする時間がない場合でもゲームを楽しめる点がポイントだ。移動時間などのスキマ時間に遊べるゲームを探している人にもおすすめだぞ。

 

現時点で本作に搭載されている主なゲームモードは「5v5ランク」「5v5カジュアル」「3v3ランク」「ランブル」「電撃」の5種類。3vs35vs5の平均プレイ時間は20分から25分と長めで、戦略性を駆使したやり甲斐のあるオンライン対戦プレイを存分に楽しめる点が大きな特徴だ。

 

多彩なゲームモードを持つ『Vainglory』

 

スマホゲームアプリらしいカジュアルな対戦プレイを望んでいる人にはクイックモードの試合形式で展開するゲームモード「電撃」がおすすめ。このモードはプレイ時間が5分」に定められているため、忙しくてあまりゲームに時間を割けないライトユーザーでも安心してゲームを堪能できる。

 

3vs35vs5のモードで共通している基本ルールは相手チームの「ベインクリスタル」破壊。特定のランク試合では使用禁止にするヒーローキャラクターと使用できるヒーローを双方のチームが交互に選ぶ方式になっており、非常に戦略性の高い試合展開になる。本格的なMOBAの興奮を味わえるぞ。

 

初心者からコアゲーマーまで楽しめる『Vainglory』

 

選んだヒーローキャラクターによって変わるプレイスタイルとチーム戦らしい協力プレイ要素が楽しい『Vainglory』は、スマホゲームアプリで本格的なMOBAを遊びたいと考える人におすすめの作品。その一方でカジュアルな対戦プレイもサポートしているため、初心者や上級者まで全ての人が楽しめる点が魅力だ。

 

【おすすめポイント】幅広いユーザーにおすすめのスマホゲームアプリ!

 

eスポーツ競技作品として大人気!

Vainglory』はeスポーツ種目作品としても人気の高いスマホゲームアプリ。国際的大企業アリババの子会社アリスポーツが2016年から開催している国際eスポーツ大会「WESG(World Electronic Sports Games)」の正式種目作品としても選ばれており、20192月には日本予選も開催された。

 

Vainglory』の日本予選の賞金額は20000ドル。eスポーツは単に腕前を競い合うだけの大会ではなく、優秀な戦績を残せば報酬も獲得可能なゲーム大会。eスポーツ大会を通じて世界中にプロのチームやゲーマーが生まれており、その活気と熱気はここ日本でも近年着実に感じられるようになった。

 

eスポーツが盛り上がる『Vainglory』

WESG 2018-2019 Japan Division」オフライン決勝大会の様子。優勝したのはGGNEWtype2nd

 

WESG」は世界125カ国から63000人以上のプレイヤーが個人または団体で参加する国際的なeスポーツ大会で、2017年大会の賞金総額は550万ドル(約59千万円)。同大会は試合を中継などで視聴する観戦者の数が実に37500万人以上を記録した大規模なeスポーツ大会だった。

 

『Vainglory』が採用された「WESG」

 

2018年からモバイル向けゲーム作品として初採用された『Vainglory』は、配信当初存在しなかった5vs5のゲームモードを実装するなど、eスポーツ参戦への意欲も十分に感じられる作品。ゲーム業界の最新トレンドや動向をチェックしているSuper Evil Megacorpらしい手腕が存分に活かされたゲームだと言える。

 

eスポーツタイトルにも名乗りを上げた『Vainglory』は、MOBAのゲームシステムが好きで、かつチームプレイが得意な人にも断然おすすめのスマホゲームアプリ。フレンドと一緒に練習を重ね、多額の賞金も獲得できるeスポーツ大会に出場すれば、いつの日か世界から注目されることになるかもしれないぞ!

 

【おすすめポイント】eスポーツ大会にも出場できるスマホゲームアプリ!

Vaingloryの評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

Vaingloryのレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

2
3