【Jurassic World™: ザ・ゲーム】映画公式のリアルな恐竜たちに会える

ジュラシック・ワールド(Jurassic World™):ザ・ゲームは、Ludia Inc.より2015/8/3にリリースされた新作スマホゲーム。映画「ジュラシックワールド」世界観を再現した恐竜シミュレーションだ。

日本、イタリア、スペイン、ドイツ、フランス、ポルトガル、ロシア、中国、アメリカ、韓国など、映画が公開された多くの国で配信されている本作。世界中のプレイヤーたちとのバトルが楽しめる他、ジェラシックワールドで完成したテーマパークの運営にも関わっていける。

公式のゲームだけあって、3Dグラフィックで描かれた恐竜たちの姿はビックリするほど綺麗で、雄叫びなどの恐竜たちの声もリアルだ。博物館で恐竜の化石をみたり、恐竜図鑑などを眺めて思いを馳せていた人になによりも感動を与えてくれる。ゲーム本編そっちのけで夢中になれるほど、色々登場する恐竜たちを眺めているのが面白い

映画に登場する人物たちがミッションをくれたり、超美麗なイラストになっていたりと、映画からのファンも楽しめるゲーム設計。テーマパークを大きくしながら、恐竜たちのバトルで熱くなりたい人におすすめの新作スマホゲームだ!

映画公開に合わせて作られた「ジュラシックワールド」公式のゲーム

本作は2013年2月22日に配信がスタートし、大人気アプリとなった「ジュラシックパーク ビルダー(Jurassic Park™ Builder)」のクリエーターたちがに再び集結して作り上げた。「Jurassic World™」のオフィシャルのプレイヤーを新しい冒険に導く本格冒険シミュレーションゲームだ。

映画でついに完成した「ジュラシック・ワールド」をプレイヤーの手で、未来型のテーマパークとして経営していく。パーク内で飼育する観賞用の恐竜の種類を増やしたり、先史時代を再設計したり、育成した恐竜たちを「バトル」で戦わせたりしながら、より大きなテーマパークにしていこう


【Jurassic World™: ザ・ゲーム】映画公開に合わせて作られた「

映画公開に合わせて作られた本作だからこその演出もたくさんあり、内容を知っていればより楽しめる。登場する恐竜は新作映画を含めて200種類以上とかなり数になっており、強大な恐竜たちの姿が忠実に再現されている。

本作を語る上で最も目をひくところは、公式ゲームと言うだけあって、3Dグラフィックで描かれた恐竜たちの姿が美しいところだ。ビジュアルはもちろん、さらにクオリティが高いサウンドエフェクトやミュージックが挿入される。

恐竜の恐ろしいほどリアルな咆哮はヘッドフォンで聴いたら思わずビクッと体を震わせてしまうほどだ。木々の奥から何かやってくる威圧感に、思わず息を呑みながら、恐竜たちの姿を観察していこう。強大な恐竜たちをテーマにしたビルドとバトルを本作でぜひ楽しんで欲しい


【Jurassic World™: ザ・ゲーム】「ジュラシックワールド」公式のおすすめゲーム

経営とバトルでプレイヤーを飽きさせないシステム

本作ではシミュレーションゲームとして、テーマパークを大きくしていくと言う目的の他に、「トリケラトプス」から始まり、「マジュンガサウルス」「トロペオグナトゥス」などと新しい恐竜を手に入れながら、恐竜たちによるバトルを勝ち抜いていくRPG的な要素も備わっている

手に入れた恐竜は3Dモデリングで描かれており、じっくりと近くから観賞することも可能だ。巨大な恐竜のシワの一つ一つまで再現されている素晴らしいグラフィックをぜひ堪能しよう。そして、気に入った恐竜は育成も行える

バトルでは恐竜たちが尻尾をぶつけ合って戦うターン制になっており、手持ちのコストに合わせて恐竜を行動させられる。最初は1しかないが毎ターン1ずつ増えていく。最大で4までで、このコストを使って、「戦闘」「防御」「待機」の中から行動を決めよう。

相手も同様にコストを振る形で、こちらが「戦闘」に3振っていた場合、相手が「防御」に1しか振っていなかったら2のダメージを与えられる流れだ。言葉にすると意味がわからないかも知れないが、やってみると感覚でなんとかなる


【Jurassic World™: ザ・ゲーム】経営とバトルでプレイヤーを飽きさせないシステム

育成の面が大きく影響するため、ステータスを重視した育成をしっかりと行っておけばバトルで勝利するのはそれほど難しくはない。シミュレーションゲームの中で、恐竜同士の戦闘は非常に熱く、テーマパークの育成そっちのけでバトルにハマってしまう。じゃんけんのようなバトルシステムではあるが、勝ち負けがプレイヤーに委ねられている点では戦略性が高い

経営の方は豊富に揃った項目が用意されているおり、初心者の人は何をすればいいのかわからなくなるほどだ。しかし、ミッションがしっかりとしており、それに沿って進めていけば、安定したテーマパークの運営が行えるようになっている

ミッションをくれるのは映画に登場した人物たちで、役者そっくりのイラストが印象的だ。映画を見た人なら、気の利いた演出に感動するに違いない。育成や施設の建設をしながら、ミッションが少しずつ絞り込まれていく。

デイリーミッションなども用意されているので、すべてのミッションが終わったとしても迷うことなくゲームを続けられる。リワードではゴールドや恐竜のDNA、基本資源などの豪華な報酬もあり、プレイヤーを満足させるモノが急にもらえたりするのが嬉しい。

テーマパークの経営と恐竜たちのバトルを通して、資金繰りに苦労したり、育成で頭を悩ませたり、楽しい要素がふんだんに盛り込まれている。自分だけの最高の施設を作り上げていこう。


【Jurassic World™: ザ・ゲーム】おすすめの新作スマホゲーム

恐竜の飼育には非常にお金がかかる

本作のテーマパーク経営は中々シビアになっており、恐竜を育成してバトルで勝ち続けるためにも、ゲーム内で稼げるマネーが重要になっている。恐竜はエサを食べることで成長していくが、そのエサを買うのも中々大変だ。

恐竜を育成するためには、恐竜たちを使ってお金稼ぎをしなければならない。パーク内の空いたスペースに恐竜の種類でわけたゲージを配置しておくと、一定時間ごとに恐竜をタップするコトでお金が手に入るようになる。恐竜を育成するのに必要なお金が貯まったエサを与えて、レベルを少しずつ高めていこう。餌を食べている時の姿はかなり迫力があって面白い


【Jurassic World™: ザ・ゲーム】恐竜の飼育には非常にお金がかかる

少しのステータスアップではバトルアリーナで勝利するのは難しいので、レベルをマックスまで上げたら、恐竜を進化させていこう。最初は弱い恐竜しかいないが、研究が進むと新しい恐竜も孵化させられるようになる。新しい恐竜が誕生したら、また同じようにエサをあげて、レベルを上げてまた進化させよう。

順調に経営が伸びていけば、恐竜の育成も容易になり、バトルでも勝ち抜いていきやすくなる。施設のアップグレードなども定期的に行い、資金繰りが難しくなるような状況は避けるように立ち回っていきたい。しかし、ダメなことが分かっていても思った通りにならないのがシミュレーションゲームの面白さだ。

うまくいかせられることの中で、どれだけ前に進むことができるのかがプレイヤーの腕の見せ所となる。世界中のプレイヤーたちとのエキサイトなバトルは毎回手に汗握るバトル。だが、バトルをするのにもお金がかかるので、経営をおろそかにしてはいけない。

バトルと経営どちらの面もバランス良く、プレイヤーに高い満足感を与えてくれる。映画との連携でゲームがより面白くなった本作。大地を揺るがすような恐竜たちの姿を見ながら、楽しくジュラシックパークを育てていきたい人におすすめの新作スマホゲームだ!


【Jurassic World™: ザ・ゲーム】経営とバトルの両方が高い完成度でプレイヤーを満足

あなたにおすすめのスマホゲーム

アリ王国の発展を目指せ!「アリ」の世界をフィーチャーしたおすすめの新作スマホゲームアプリ。リアルタイムシミュレーション形式のシステムでアリ塚を発展させながら最強アリ軍団を結成して、生存と繁栄を目指せ。

世界1000万DL達成!ドット絵キャラを操作してダンジョン攻略を目指すおすすめのスマホゲームアプリ。謎解き要素も発生するダンジョンに最大4名のパーティーで挑もう

基地開発に艦隊育成、そして連盟対戦までやりこみ要素が満載に詰まっている。海戦の歴史で聞いたことのある有名な戦艦や巡洋艦、戦闘機を指揮して敵を壊滅しよう。軍隊総力戦も行える爽快感抜群の海戦スマホゲーム!...

リストラからの大逆転!新たに創業を始めた主人公の成り上がり人生を体験できるおすすめの新作スマホゲームアプリが好評配信中。本格経営シミュレーション要素をスマホらしい簡単なタップ操作でサクサクと楽しめる。

裏社会の頂点に君臨せよ!マフィアのボスになって様々なコンテンツに挑戦できるおすすめの新作スマホゲームアプリが現在基本プレイ無料で好評配信中。武闘派の英雄キャラを従えながら巨大な帝国を築き上げていこう。

街のお菓子屋さんになろう!1,300種類以上のレシピで素敵なお菓子を生み出しながらお店を立て直していくおすすめのスマホゲームアプリが基本プレイ無料で好評配信中!

Jurassic World™: ザ·ゲームの評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

Jurassic World™: ザ·ゲームのレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。