『不如帰 大乱』のタイトル画像

2019/10/1から正式配信されているグランゼーラ基本プレイ無料スマホゲーム。カードゲームの楽しさとシミュレーションゲームの奥深さが融合した戦国カードゲーム。

 

70名以上の豪華イラストレーター陣が描く戦国武将キャラクターカードが大きな魅力で、戦略性満点のカードバトルで楽しむ戦国ゲームを求めている人に断然おすすめのアプリ。

カードで楽しむ戦国時代!

現在好評配信中の『不如帰 大乱』は、豪華なイラストで再現された戦国武将カードでデッキを構築しながら知略を尽くしたバトルで戦えるおすすめのスマホゲーム。様々な効果を持つカードで最強デッキを構築しながら戦うカードバトル要素と、シミュレーションゲームの戦術性が融合した戦国ゲームアプリだぞ。

 

戦国時代でカードバトルを行う『不如帰 大乱』

 

本作は2010年に「PlayStation Portable」向けソフトとして販売されていた同名作品のリメイク版となり、元祖タイトルが持つ世界観はそのままにゲームシステムを一新している。デザインとプロデュースを担当しているのは、『Magic:The Gathering』日本選手権優勝の経歴を持つ松尾悟郎氏だ。

 

カードには戦国武将がユニットになった「武将カード」、武将を強化する「伝令カード」、戦況を変化させる「計略カード」などの種類があり、バトルの状況に応じて多種多様な戦略性を発揮することが可能。カードコレクション要素とデッキ構築要素が抜群に楽しい戦国カードバトルシミュレーションゲームアプリとなっている。

 

豪華絢爛なカードイラストを担当するのは70名以上に及ぶ人気イラストレーター陣。誰もが知る戦国武将たちを緻密かつ美しいイラストで再現しており、カード集めが大いに捗る。ビジュアル的にも楽しめるシミュレーションゲームを求めている人にもおすすめできるスマホゲームと言えるだろう。

 

70名以上のイラストレーターが参加している『不如帰 大乱』

▲多種多様なカードイラストが登場してコレクション性もバッチリ。カード集めが楽しいアプリだ。

 

なお本作は全国にひしめくプレイヤーと気軽に対戦できるシステムを持ち、さらに先行配信されているNintendo Switch版とのクロスプラットフォーム対戦にも対応。多くのユーザーが切磋琢磨しながらカードバトルの腕前を競い合える環境も整っており、ナンバーワンの座を目指すプレイにも熱が入るはずだ。

 

基本プレイは無料。なおカードなど一部アイテム購入には課金要素の「小判」を利用するが、この小判は対戦結果による報酬や日々のミッション達成報酬など、ゲーム中で無料入手することも可能になっているため、基本プレイ無料のままでもゲーム内にある全ての機能を楽しめる。無課金主義の人にも嬉しいアプリだ。

 

【おすすめポイント】戦国×カードバトルアプリ!

70名以上の絵師が参戦!


『不如帰 大乱』の魅力はゲームの主役とも言えるカードのイラスト。本作で戦国武将カードなどのイラストを担当している人気イラストレーターの総数は実に70名以上に及び、コレクションする楽しさを存分に味わえるようになっている。自分が好きなイラストレーターのカードをゲットできるように頑張ろう。

 

『不如帰 大乱』参加イラストレーター(敬称略) 

豪華イラストのカードが映える『不如帰 大乱』

 

cuboon/kaya8/KEI/麻谷知世/文倉十/一徳/伊藤サトシ/緒方剛志/風間雷太/北千里/木村明広/後藤圭二/駒都えーじ/じじ/末弥純/菅原健/瀬口たかひろ/せんのあき/添田一平/高田明美/司淳/寺田克也 /戸部淑/成瀬ちさと/原田たけひと/原友和/樋上いたる/藤真拓哉/正子公也/真鍋譲治/みわべさくら 他多数

 

カードには5種類の種別以外に「コモン」「アンコモン」「レア」「レジェンド」に別れるレアリティーがあり、色や兵種によっても区別される。武将カードだけでも400種類以上存在するため、全てを入手するのには膨大な時間がかかるだろう。さらに「計略」「伝令」カードなどを合わせるとその総数は500枚以上に膨れ上がるぞ。

 

カードコレクション要素が魅力の『不如帰 大乱』

▲美しいイラストが映える武将カード。自分だけの最強デッキを構築してバトルに挑むことが楽しくなってくる。

 

なお本作は頻繁にアップデートを行っていることでも有名なアプリで、2020/2/27に実施された大型アップデートでは新たに70種類以上の武将カードが追加された。さらにイベントの報酬として獲得できる限定カードも存在するため、コレクション制覇への道のりは長い。末長く遊べる戦国カードゲームと言えるだろう。

 

【おすすめポイント】カードコレクションが楽しい戦国ゲーム!

奥深いカードバトルが展開!

『不如帰 大乱』最大の特徴は、自慢のデッキで相手に勝負を挑む白熱のカードバトル。5×5マスのフィールド上で展開するターン制のカードバトルでは、敵軍の対象を倒す「大将撃破」と、対戦相手の山札が無くなった状態でターンを終える「士気枯渇」の2条件で勝敗を決することになるぞ。

 

フィールドに配置できる「武将カード」には固有スキルに該当する「武将特技」があり、発動条件を満たすことで効果を発生させられる。なお武将毎にレアリティーが設定されているが、レアリティー毎にデッキへ組み込める枚数に制限があるため、デッキを構築する段階である程度の戦略性が必要になる点に注意しよう。

 

戦略性満点のカードバトルを楽しめる『不如帰 大乱』

▲スマホ縦持ち画面で展開するバトルはインターフェースが整理されて見やすい。戦術の限りを尽くそう。

 

お互いのプレイヤーが大将を配置するとバトル開始。その後は無作為に選ばれた2枚の武将カードが自動配置され、「手札補充」「戦略フェイズ」「戦闘フェイズ」を1ターンで行いながら戦いを繰り広げていくことになる。日本一に輝いた松尾悟郎氏がデザインした本格的なカードバトルをしっかりと堪能しよう。

 

戦略フェイズの「使用パート」では「武将カード」「昇格カード」「計略カード」を使用することが可能で、戦略フェイズの「実行パート」では「反計カード」を使用できる。相手が自分の「計略カード」を「反計カード」で打ち消した場合、さらにそこへ「反計カード」を使用することもできるため、バトルはかなり奥深い。

 

多彩な種類のカードで戦う『不如帰 大乱』のバトル

▲ルールはかなり本格的。最初は覚えるのに苦労するが、慣れてくれば自分の戦略を打ち出せるようになる。

 

武将カードを移動させて攻撃を行う場合、置かれた地形や場所によって地形効果陣形効果が発生するなど、戦場の全てを活用する戦い方も重要になってくる点がポイント。これらに加えて「伝令カード」を使う作戦もあるため、かなりの頭脳プレイが展開する作品となっている。やり込み要素バッチリなアプリだ。

 

カードバトルと戦略性の奥深さは群を抜いており、カードバトル上級者ほどハマるはず。多彩なカードをコレクションしながら理想的なデッキ編成を目指し、自分の戦略性を発揮しながらバトルに勝利した際の喜びはひとしおだ。カードの特性と陣形編成を熟知し、最高の勝ち方を目指してプレイを続けよう。

 

カードを集めて戦うサイクルが楽しい『不如帰 大乱』

▲新たなカードを入手すれば戦略性がさらに広がる。集めて戦うサイクルが楽しい戦国ゲームアプリだ。

 

アップデートで進化し続ける戦国ゲーム

前述の通り『不如帰 大乱』は定期的なアップデートによってゲームシステムが進化しているおすすめのスマホゲーム。常に改善を続けていく姿勢が見事で、ユーザーが楽しくカードバトルを遊べるように日々努力を怠らないアプリだ。季節限定のイベントなども豊富に登場し、長くプレイを続けられる作品になっているぞ。

 

豪華なイラストレーター陣が描き出すイラストをたっぷりと堪能できる戦国ゲームアプリを求めている人にはおすすめの作品で、カードコレクションとデッキ構築要素の奥深さはピカイチ。戦略性を発揮して戦国カードバトルに勝利を収めたい人は、今すぐゲームをダウンロードして戦国絵巻に飛び込もう!

 

【おすすめポイント】カードバトルの真髄を楽しめるアプリ!

不如帰 大乱の評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

不如帰 大乱のレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

2
3
Chevron up