『ウィッチャー:モンスタースレイヤー』のタイトル画像

2021/7/21から正式配信されているSpokko sp. z o.oの基本プレイ無料スマホゲーム。世界的人気作『Witcher (ウィッチャー)』シリーズの世界観を拡張現実(AR)で体験できるアクションRPG。

 

スマホのAR(拡張現実)技術を応用して展開する現実世界とファンタジー世界が融合したロールプレイング体験、ウィッチャーシリーズの系譜を受け継ぐ新作らしいダークファンタジー系キャラクターとモンスターたちの存在、どんどん強くなれるキャラクターの成長要素が魅力で、ARでウィッチャーを楽しみたい人におすすめ!

ウィッチャーの世界をARで楽しもう!

現在iOSとAndroid OS向けに正式配信中の『ウィッチャー:モンスタースレイヤー』は、世界中に多くのファンを持つ人気RPGシリーズ『Witcher (ウィッチャー)』の世界観でプレイを体験できるおすすめのARゲーム。現実世界の中に広がる拡張現実の世界でダークファンタジーRPG要素を楽しめるゴキゲンなスマホアプリだ。

 

本作で利用されている「AR(Augmented Reality)」は、スマホが持っている各種センサーの値を計算しながらリアルタイムでゲーム内のキャラクターを違和感なく融合させていく拡張現実技術で、スマホの画面越しに登場するファンタジー世界のキャラクターと交流したり、モンスターとバトルを楽しめるようになっている。

 

ウィッチャーの世界をARで体験できる『ウィッチャー:モンスタースレイヤー』

▲現実世界の中にウィッチャーの世界が融合。実際の景色を背景にプレイを進められるおすすめの新作アプリだ。

 

プレイヤーは訓練を受けたばかりの「新米ウィッチャー」として、現実とファンタジーが融合した拡張現実世界に乗り出し、様々なモンスターをハンティングしながら成長を遂げていくことになる。モンスター狩りの名手として名高い「ウィッチャー」になって活躍できるエキサイティングな世界観が作品の大きな魅力だぞ。

 

本作の開発を担当しているのは、元ネタになっている『Wicher』シリーズの生みの親「CD PROJEKT」のグループ「Spokko sp. z o.o」で、整合性と親和性も抜群。人気の主人公キャラクター「ゲラルト」が登場した時代よりも前の世界を描いているため、これまでウィッチャーシリーズに触れてこなかった人も安心だ。

 

怪物退治を生業とする「ウィッチャー」として現実世界に浮かび上がるダークファンタジー世界を冒険できるおすすめの新作スマホゲーム『ウィッチャー:モンスタースレイヤー』は、現在基本プレイ無料で好評配信中。ダークファンタジーの世界観を持つRPG作品が好きな人は、今すぐアプリをダウンロードして冒険を始めよう!

 

【おすすめポイント】AR世界でウィッチャーになれる!

実際に身体を動かす探索プレイ!

『ウィッチャー:モンスタースレイヤー』最大の魅力は、プレイヤーの周囲にある環境を読み込んで展開する冒険と探索要素。現実世界の時間帯や気象条件も利用するゲームシステムはシンクロ率が高く、見慣れた風景の中にウィッチャーシリーズの世界観が組み込まれていく驚異の最新AR技術を体験できるぞ。

 

ウィッチャーに与えられた使命は「モンスター退治」。本作には様々な種類のモンスターが登場するので、マップ上に示されるターゲット情報を確認しながら歩を進め、各場所に出現するモンスターに挑んでいこう。家の中でプレイするのではなく、実際に外出しながら戦うAR作品らしいプレイスタイルが特徴の新作アプリだ。

 

外の世界にゲームが登場する『ウィッチャー:モンスタースレイヤー』

▲実際の世界にクロスオーバーしてマップが生成されていく。怪物が潜む場所へ赴いて戦いを挑もう。

 

なお、マップ構成を含むクエストはプレイヤーの環境に応じて自動的に生成されていくが、現実世界を利用している作品の関係上、プレイヤーが立ち入れない場所にモンスターが出現することもある。プレイの続行が難しいと感じた場合には、クエストを再読み込みして適切な場所になるように調整してみよう。

 

ゲームにはモンスターと遭遇した際に起こすバトルアクションなどを学べる「チュートリアル」セクションが存在し、新米ウィッチャーとして訓練を受けることができる。操作自体は直感的に遊べる簡単なものだが、いざ本番となって迷わないように、最初は一通りのチュートリアルを受けておくと安心してプレイできるだろう。

 

プレイ中は周囲に対する配慮も必要

ゲーム内でも「安全なプレイを」という警告文が表示されるが、現在日本国内は新型コロナウィルスの脅威が広がっており、該当地域には緊急事態宣言が発令されているなど、外出を気軽に楽しめない状況が続いている。ゲームに熱中するあまり、これらの規制を破ってしまっては元も子もないので、慎重に遊ぶようにしよう。

 

【おすすめポイント】AR世界でRPGを楽しめる新作アプリ!

100種類以上のモンスターが登場!

『ウィッチャー:モンスタースレイヤー』もう一つの魅力は、登場するモンスターたちの豊富さにある。本作には新旧合わせて100体以上のモンスターが出現し、その外見と攻撃特性、弱点などがそれぞれ異なる。凄腕のウィッチャーとして成功を収めるべく、倒し方を工夫しながら徐々にモンスターハンティングを成功に導こう。

 

モンスターはマップ上に一定の間隔を開けて配置される。バトル前には装備品と武器、霊薬などのアイテムをしっかりと入手して準備を整え、どんな状況でも勝てるように体勢を整えておくと良いだろう。なお、ショップではプレイヤーの周囲にランダムで敵を引き寄せるアイテムも販売されているので、活用してみよう。

 

100体以上のモンスターが登場する『ウィッチャー:モンスタースレイヤー』

▲多彩な種類のモンスターが100体以上登場。最新アプリらしいゴージャスなグラフィックで再現されている。

 

モンスターとのバトル中に短い間隔でスワイプ操作を行うと「小攻撃」が発生し、長い間隔でスワイプ操作を行うと「大攻撃」が発生。さらに、画面に出現する「円」アイコンが2つ重なった状態でタイミング良くタップ操作を行うと「クリティカルヒット」が発生する。直感的な操作でバトルを楽しめる新作スマホアプリだ。

 

上手くタイミングを取りながら攻撃を繰り出すことが大きなダメージへ繋がるシステムを持っているので、何回もバトルを重ねながら一流のウィッチャーを目指すプレイが大いに捗る。リズムゲームでハイスコアを出すことが得意な人であれば、次々とクリティカルヒットを決めてモンスター狩りを成功に導けるだろう。

 

【おすすめポイント】多彩な敵モンスターを撃破していく快感!

成長・コレクション要素もバッチリ!

『ウィッチャー:モンスタースレイヤー』には、これまで自分が倒してきたモンスターの収集要素や、自分の分身として戦うアバターの成長要素があり、長くプレイを楽しめるようになっている。戦利品をコレクションしながらキャラクターを鍛え上げ、100体以上登場するモンスターを全て撃破して最強のウィッチャーになろう。

 

遊び甲斐満点の新作アプリ『ウィッチャー:モンスタースレイヤー』

▲ゲームを遊び尽くすための要素が満載されたおすすめの新作スマホゲーム。バッチリやり込めるARアプリだ。

 

「戦技」「錬金術」「印」に分かれるツリーをスキルポイントで進化させていくRPGらしい成長要素は必見で、振り分け方で自分なりのバトルスタイルを構築できて面白い。新米のウィッチャーとしてAR世界で冒険とバトルを繰り広げる必見の新作スマホゲーム『ウィッチャー:モンスタースレイヤー』は、現在好評配信中だ。

 

【おすすめポイント】長く遊べる新作ARアプリ!

あなたにおすすめのスマホゲーム

祝5周年!100万ダウンロードを達成したおすすめの超人気「女性向けドラマ」新作スマホゲーム。戦国時代で2つのメインシナリオをプレイして豪華声優陣がCVを担当するイケメン「殿」との恋愛を体験しよう。

集めたかわいいモンスターを派遣して、会社を大きくしよう!人気の放置しているだけでレベルがどんどん上がるシステムを搭載した育成シミュレーションスマホゲーム!お手軽な放置ゲームが好きな人、最強のモンスター...

銃器を武装した美少女部隊を指揮するおすすめ新作RPGがスマホゲームで登場!200名を超えるCV付き美少女キャラクターは別バージョンのイラストもあってコレクション性抜群!やり込み甲斐のある本格戦略バトルの世界に...

全世界1,000万DL達成!裏社会のボスとして自らの組織を拡大する、自由度の高い大人気ストラテジー系おすすめ新作スマホゲーム。他勢力との抗争や美しい世界各国の美女との交流など、普通のスマホゲームでは味わえな...

ゾンビだらけの世界をRTSで復興しよう!超本格ストラテジー要素を楽しめる異色のポストアポカリプス型MMOが好評配信中。タワーディフェンスやゾンビ治療システムも併せ持つおすすめの新作スマホゲーム。

準新作

銀河が舞台の新作RTSが登場!美しい3Dグラフィックで展開するゲームシステムと迫力満点のバトルシーンを同時体験できるおすすめの新作スマホゲームアプリ。帝国が支配する銀河で施設と戦力を発展させていこう。

ウィッチャー:モンスタースレイヤーの評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

ウィッチャー:モンスタースレイヤーのレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。