『Void Arena』のタイトル画像

2022/4/22からSteamで早期アクセス版が配信されているsad_gandalfの購入型PCゲーム。ファンタジー世界を舞台に一人称視点のアクションバトルを体験できる新作アクションRPGタイトル。

世界的に有名な3DCGツール「Unreal Engine」を用いて生み出されたリアルなゲーム世界、無限に続く敵ウェーブを倒し続けるやり込み度満点のコンテンツを含む3種類のゲームモード、対戦と協力プレイを体験できるマルチプレイ要素が魅力で、個人開発のインディーゲームに興味がある人におすすめ!

迫力の視点でファンタジーバトル!

現在PCゲームのポータルサイト「Steam」で早期アクセス版が配信されている『Void Arena』は、没入感を高めてくれるファーストパーソンビュー(一人称視点)でバトルを体験できるおすすめの新作。異なるクラスを選択しながらスキルベースの戦闘シーンを楽しめるファンタジー系アクションRPGタイトルだ。

ゲームはエンドレスに登場する敵をひたすら倒していく「インフィニット・リフトモード」を始め、ソロと協力プレイ要素で遊べる「ストーリーモード」、プレイヤー同士で対戦と協力プレイ要素を体験できる「アリーナモード」に分かれる3種類のゲームモードを実装。たっぷりと遊べるコンテンツ群が魅力の新作だ。

FPS視点でバトルを味わえる『Void Arena』

▲臨場感と没入感を高めてくれる迫力のファーストパーソンビューでプレイを堪能できる新作RPG。

ファンタジー世界を題材としているRPG作品で一人称視点のみが採用されることは少ないが、本作の場合には「プレイヤーが興奮できるバトルシーン」を念頭に開発されているため、その点に賛同できる人であればプレイを楽しめるはず。動かしている自キャラを眺められないのは残念だが、その分迫力が倍増しているぞ。

個人が開発を手掛けている新作アクションRPG

ゲームを開発しているのは、新人のインディーゲームデベロッパー「sad_gandalf」。ゲーム開発への高い情熱を抱いている個人開発者で、作品は世界的に有名な3DCGツール「Unreal Engine」を用いて開発されている。現在は2022年12月に予定されている正式版の配信に向けて鋭意開発を継続中だ。

なお、ゲーム内に登場する3Dモデルに関してはEpic Gamesストアで無料配布されている「アセット」を利用していることが明言されている。全てをフルスクラッチで生み出した作品ではなく、既存のモデルを拝借して作り上げられた世界だ、ということは覚えておこう。アセット使用に抵抗がない人なら楽しめるはずだ。

Steamでの販売価格は2570円で、この価格は正式版のは価格よりも20%値引きされた状態。お得な早期アクセス価格でゲームを楽しみたいと考えているインディーゲームファンにもおすすめできる新作で、ストアには丁寧に無料の「デモ版」まで掲載されているため、購入を決めやすい。親切な価格設定が光るARPGだ。

早期アクセス版の『Void Arena』

▲6種類のクラスに分かれている「ヒーロー」キャラクターを選択しながらプレイを楽しめるぞ。

インターフェースは英語一択となり、残念ながら日本語インターフェース及び字幕・音声環境は非搭載。ゲーム内に表示されるテキストを読みながら円滑にプレイを進めていくためには、一般的な英語読解力が要求される点には注意しておこう。プレイヤー同士でコミュニケーションを取り合う際には会話力も必須だ。

最新3Dグラフィックが展開する新作アクションRPGだが、PC環境への要求スペックは低い。CPUの内蔵グラフィックでも起動できる「軽さ」が売りのタイトルで、ノートPCユーザーでも問題なく遊べる環境が整っている。インストールサイズも約6GBと少なめで、ストレージが逼迫している人も安心だぞ。

ファンタジー世界を舞台に一人称視点のアクションバトルを体験できる新作アクションRPG『Void Arena』は、現在「早期アクセス版」としてSteamで配信中。完成状態で配布されている3Dモデルを活用しているため、クオリティーは高い。興味が湧いた人は今すぐストアにアクセスしてゲームの詳細情報をチェックしよう!

【おすすめポイント】 個人が開発中の新作アクションRPG!

3種類のゲームモードで遊ぼう!

前述の通り『Void Arena』には、合計で3種類のゲームモードが実装されている。ソロプレイ以外にオンラインマルチプレイで世界のユーザーやフレンドと一緒に遊ぶことが出来るためプレイバリューは高く、異なるモードで飽きずにプレイできる点がポイントだ。全てのモードにチャレンジしてゲームを遊び尽くそう。

インフィニット・リフトモードでは、無限に続く敵キャラクターのウェーブを撃退しながら生存を目指していくプレイが展開。戦いながらキャラクターのレベルアップとスキル強化を行うことが出来るようになっているので、アクションバトルに自信がある人には断然おすすめのゲームモードと言えるだろう。

3種類のゲームモードが存在する『Void Arena』

▲異なるゲームモードでファンタジーバトルを堪能できる新作ゲーム。チームバトルも面白いぞ。

ストーリーモードはソロとCO-OPに両対応。4つの章に分かれるストーリー要素が展開し、「インフィニット・リフト」モードと同様に自分のキャラクターをレベルアップしながらスキルを強化できる。親しいフレンドユーザーにゲームをプレゼントして、一緒に遊びながら物語要素を体験するのも面白いだろう。

アリーナモードはPvPを体験できるゴキゲンなゲームモード。「Kill the Man with the Ball」「Capture the point」「Deathmatch」に分かれる3種類のモードがあり、ソロまたはチームとして参戦しながらオンラインPvP要素を楽しめるようになっている。対戦と協力プレイ要素で盛り上がろう。

これらのコンテンツは現時点で「最小限」に留められているとのことなので、今後のアップデートによってゲームがどのように拡張していくのか非常に楽しみ。現時点でも多彩なゲームモードを内包しているため飽きにくく、長時間ファンタジー世界のバトルに没頭できるはずだ。遊び甲斐のある新作アクションRPGだぞ。

【おすすめポイント】 バトルが捗るモードが満載!

完成が待たれる新作アクションRPG!

2022/12/10という具体的な正式版リリース日付を発表している新作アクションRPG『Void Arena』は、今後の開発進捗に期待が高まるタイトル。早期アクセス版ながらオンライントーナメントも開催されており、優勝者には景品が授与されている。プレイヤー人口増加に結びつくアクションにも意欲的な作品だ。

前項で本作は現状最低限のコンテンツを搭載していると述べたが、今後は正式配信版配信までの期間に新たなコンテンツが続々と実装されていく予定で、こちらも非常に楽しみ。開発者には具体的なプランがあるようなので、今後のアップデート情報を見守っていこう。なにかアイデアがあれば、進言してみるのも手だ。

正式版が楽しみな『Void Arena』

▲より多くのプレイヤーが参加すれば、マルチプレイモードの活性化に繋がっていくだろう。

ファンタジー世界を舞台に一人称視点のアクションバトルを体験できる新作アクションRPG『Void Arena』は、現在早期アクセス版としてSteamで配信中。開発者の奮闘に期待が高まるおすすめのタイトルだ。興味が湧いた人は今すぐストアにアクセスして詳細なゲーム情報をチェックしよう!

【おすすめポイント】 今後が楽しみな新作ARPG!

Void Arenaスペック/動作環境

動作環境 必須環境 推奨環境
対応OS Windows 7+
CPU Pentium Celeron
メモリー 4GB
グラフィックカード Integrated Graphics
VRAM
HDD空き容量 6GB
DirectX
回線速度 ブロードバンドインターネット接続

あなたにおすすめのオンラインゲーム

準新作

ダンまちファン必見!累計発行部数1,500万部超えを誇るライトノベルのアニメシリーズをアクションRPG化したおすすめの新作スマホゲームアプリが基本無料で配信中!

メカで戦え!SF世界のアリーナバトルを体験できるおすすめアクションゲームが基本プレイ無料で好評配信中。5vs5のリアルタイムMOBAバトルでチーム力を発揮しよう

絶海の孤島に漂着した生存者となり、襲いかかる多数のゾンビからの生存を目指して戦い抜くアクションゲーム!100種類以上の豊富なクラフト要素を実装!単純なアクションゲームとは一線を画すおすすめ新作ゲーム!

走る音ゲーが復活!リズムゲーム✕レーシングゲームを体験できるおすすめのタイトルが、基本プレイ無料で好評配信中。新バージョンは最大20名の対戦をサポートしているぞ

次々に襲いかかってくるモンスター達の群れを迎撃し、撃退するダークファンタジーのおすすめ新作アクションゲーム!モンスターのグラフィックもリアルになり臨場感の高まるゲームとなっている!

「ELSWORD(エルソード)」簡単操作でド派手アクション!個性あふれる11人のキャラの物語をじっくり楽しむ横スクロール型オンラインアクションRPG!

Void Arenaの評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

Void Arenaのレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。