『All To Race』のタイトル画像

2022/7/12からSteamで正式配信されているPalion Companyの購入型PCゲーム。大企業が開催する全車両参加型のクレイジーなレースを体験できる新作アクションレーシングゲームタイトル。

一般車から4WD、リムジンやF1マシンまで豊富な車を運転できる20種類の登場車両、環境と天候が異なる10種類のコース、ゲームプレイを加速する2種類のゲームモード、汎用コントローラー対応と15名のマルチプレイが魅力で、ワンコイン価格でお手軽にゲットできるレーシングゲームを探している人におすすめ!

ワンコインで買えるレースゲーム!

現在PCゲームのポータルサイト「Steam」で正式配信中の『All To Race』は、とある大企業が開催する「全車両参加型」のレースを楽しめるおすすめの新作。車両別のカテゴリーが存在しない「総当たり戦」でナンバーワンの車両を決定するという破天荒な世界観が際立つ必見のアクションレーシングゲームタイトルだ。

ゲームには一般車両から四輪駆動車、さらにはF1マシンやセレブな人物御用達でおなじみのリムジンまで多種多様な車が合計20台実装されており、異なる車両をアンロックしながらプレイすることがどんどん面白くなっていくはず。現実世界ではあり得ない雑多な車両同士のガチンコバトルが展開する新作だぞ。

多彩な車両でレースを楽しめる『All To Race』

▲ジャッキー・チェンも出演していたロードレース映画『キャノンボール』の世界観に近いタイトル。

ゲームには異なる環境と天候を体験できる10種類のコースが実装され、レースモードとドリフトモードの2種類で最大15名のプレイヤーがオンラインマルチプレイバトルを楽しめるようになっている。程よいリアリティーを感じられるゲームグラフィックも秀逸で、幅広い年代のプレイヤーが遊べる作品となっているぞ。

なお、本作は一般的なキーボードとマウスでの操作に加え、汎用コントローラーでの操作もフルサポート。普段コントローラーを使ってゲームをプレイすることが多いユーザーでも安心して参入できる土壌が整っており、非常に優秀。カジュアルなレーシングゲームで順位を競い合いたい人にはピッタリだ。

ワンコイン価格でお手軽にゲットできるレーシングゲーム

作品を開発・運営しているのは、これがSteamデビュー作となる新人のインディーゲームデベロッパー「Palion Company」。個人ベースでゲームを開発しているデベロッパーのようで、ストア内に掲載されたユーザーの質問にも丁寧に答えてくれている。今後のアップデートと新作発表にも期待のデベロッパーだ。

Steamでの販売価格は310円と非常に安価。ワンコイン価格でお手軽にゲットできるレーシングゲームを探している人にもおすすめできる新作ゲームで、金銭的な負担が低いため、日頃仲良くしているフレンドユーザーへのプレゼントにも最適。一緒にマルチプレイモードに参加してワイワイ盛り上がれるぞ。

ワンコイン価格でお手軽にゲットできるレーシングゲーム『All To Race』

▲同じトラック内をタイプの異なる車両が一緒に走るという世界観が最高に面白い新作ゲームだ。

インターフェースは英語一択となり、残念ながら日本語インターフェース及び字幕・音声には非対応。ただし内容は単純明快なアクションレーシングゲームなので、基礎的な英語読解力を持っていれば十分にプレイできるはず。安価なインディーゲームながら解除できるSteam実績も10種類用意され、満足度は高い。

PC環境への要求スペックは低め。最低動作環境で提示されているグラフィックボードは「GTX 960」で、「Core i-3」クラスのCPUと8GBのメモリを実装していれば動く。インストールサイズも1GBとスマホアプリ並みに軽いため、インディーゲームの小作品を多数コレクションすることが好きな人にもおすすめだ。

大企業が開催する全車両参加型のクレイジーなレースを体験できるアクションレーシングゲーム『All To Race』は、現在Steamで好評配信中。カジュアルかつアーケードライクな世界観とシステムが光る必見のインディーゲームタイトルだ。興味が湧いた人は今すぐストアでゲーム情報をチェックしよう!

【おすすめポイント】 前代未聞のレースに飛び込め!

アンロックを目指して戦え!

『All To Race』に登場するコンテンツや車両は、レースで勝利すると得られるゲーム内通貨によってアンロックできるようになっている。レーシングテクニックを磨いて幾多の勝利を重ねつつ、ゲームに搭載されている全ての要素をアンロックしてゲーム世界を遊び尽くそう。夢中になれる仕掛けが楽しい新作だ。

ゲームのインターフェースは非常にシンプルで、画面右上にスピードメーター、左側に参加選手の順位や周回毎のラップタイムなどが表示される。全体的な情報と順位を確かめる「ミニマップ」機能は存在しないが、あまりにUIがゴチャゴチャしていると爽快感が無くなってしまうため、最適解のUIと言って良いだろう。

シンプルなUIが特徴の『All To Race』

▲ドリフトとレースモードでは異なるテクニックを要求される。運転技術を磨いて1位を狙おう。

前述の通り本作には「レースモード」と「ドリフトモード」に分かれる2種類のゲームモードがあり、それぞれのモードでコースを攻める際の走り方が大きく変わってくる。現実世界ではドリフトできないも車両も、本作の世界では簡単にドリフトできるようになっているので、深く考えずにレースを楽しめるぞ。

ゲーム作品らしいアクション要素でテンションアップ

コースによってはかなりダイナミックな設計が施されており、ジャンプ台からはるか遠くの場所まで飛び出すゲームらしい描写も体験できる点がポイント。エンターテインメント性に優れたシステム設計が光る新作インディーゲームタイトルで、自分の車両をサードパーソンビューで見る運転も捗るはずだ。

幅広いPCユーザーが遊べるようにグラフィックが簡略化されているタイトルだが、ドリフトする際に車輪から煙が立ち上ったり、アスファルトに車両痕が付くなどの演出があるので、臨場感満点にプレイできる点も優秀。程よいグラフィックで最大15名のオンラインマルチプレイを存分に遊び尽くせるタイトルだ。

ゲームらしい挙動の『All To Race』

▲ジャンプ後の自由落下描写も秀逸。絶妙なゲームバランスで誰もが楽しめる必見の新作ゲームだ。

作品には「リーダーボード」システムもあり、同じゲームで遊んでいる世界のプレイヤーたちと最速タイムを競い合う競争要素も大いに捗るはず。レースの勝利で獲得したゲーム内通貨で新たな車両やコンテンツをアンロックしつつ、競争性の高い世界で自分の存在をアピールしてみよう。長く遊べること請け合いだぞ。

310円という価格以上の面白さを提供してくれる『All To Race』は、今後のアップデートとプレイ人口の増加にも期待の新作アクションレーシングゲームタイトル。シム寄りのガチガチなレーシングゲームとは異なる「気軽さ」が際立っており、難しい事を考えずに直感的なプレイを楽しめる点も良い。

開発元の「Palion Company」がユーザーの意見に耳を傾けている点も良く、今後の進化と新要素実装などにも期待が持てる。大企業が開催する全車両参加型のクレイジーなレースを体験できる新作ゲーム『All To Race』は、現在Steamで好評配信中。今すぐストアでゲーム情報をチェックしよう!

【おすすめポイント】 人気作の予感が漂う新作レースゲーム!

All To Raceスペック/動作環境

動作環境 必須環境 推奨環境
対応OS Windows 10
CPU Intel i3-6100 / AMD FX4350 or higher.
メモリー 8GB
グラフィックカード GTX 960
VRAM
HDD空き容量 1GB
DirectX
回線速度 ブロードバンドインターネット接続

あなたにおすすめのオンラインゲーム

準新作

ダンまちファン必見!累計発行部数1,500万部超えを誇るライトノベルのアニメシリーズをアクションRPG化したおすすめの新作スマホゲームアプリが基本無料で配信中!

メカで戦え!SF世界のアリーナバトルを体験できるおすすめアクションゲームが基本プレイ無料で好評配信中。5vs5のリアルタイムMOBAバトルでチーム力を発揮しよう

スマートフォンアプリからPCに移植されたと思えないグラフィックと人体改造システムが魅力的な新作SFホラーアクションゲームがSteamに登場!

古代ギリシャ、エジプトを舞台にしたハクスラアクションRPG!大ボリュームのストーリーも魅力の一つで、シナリオ重視の人、古代神話世界を舞台としたゲームが好きな人におすすめ!

殺人鬼との命がけ鬼ごっこゲームが登場!協力プレイやPvPが好きな人におすすめのホラーゲームだ!おすすめ新作FPS

リアルタイムで、スムーズに、戦闘開始!いつでも戦いが楽しめるマルチプレイアクションゲーム!

All To Raceの評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

All To Raceのレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。