『Last Epoch (ラストエポック)』のタイトル画像

『Last Epoch (ラストエポック)』は、2024/2/22からSteamで正式配信されているEleventh Hour GamesのPC向けハクスラアクションRPG。

多彩なクラスと120以上のスキルツリーで実現する自由なキャラビルドと痛快なハクスラバトルが特徴で、アクションRPG好きな人におすすめの新作。

このゲームはココが魅力!
  • 痛快ハクスラバトル
  • 自由なキャラビルド
  • 協力プレイ対応

愛好家が生み出したハクスラRPG

現在Steamで好評配信中の『Last Epoch (ラストエポック)』は、アクションRPGの愛好家によって開発されたおすすめのPCゲームタイトル。

新作ハクスラRPG

2018年にデモ版が登場後、度重なるリリースの延期という困難を経てようやく完成した必見のRPGで、ハクスラ要素満点のバトルが特徴となっている。

プレイヤーは見下ろし型のプレイ画面で展開する壮大なダークファンタジー世界へと降り立ち、スピーディーなアクションバトルで敵を打ち倒していく。

ゲームのプレイ画面

緻密なグラフィックで再現された本作のゲーム世界は雰囲気満点で、開発者たちの並々ならぬアクションRPGへの愛情が感じられる作品だ。

ゲームの世界観

時空を超えた戦いと冒険が本作の主題。ゲームの舞台エテラに存在する多くの派閥や秘密を発見し、タイムラインを新しい方向に設定するために戦おう。

ゲームの舞台「エテラ」

西洋ファンタジーの王道を行くデザイン性とミステリアスなストーリーラインが際立つ必見のアクションRPGで、海外ゲームファンにはハマるはずだ。

キャラクタークラス

ゲームには合計で15種類のマスタリークラスが存在。最初は5種類のクラスから1種類を選択して冒険をスタートし、その後昇格を目指していく。

クラスの詳細画面

ベースになるクラスは「センチネル」「アコライト」「プリマリスト」「ローグ」「メイジ」の5種類。それぞれ攻撃特性が大きく異なっている。

スキルツリー

用意されている120種類以上のスキルツリーも作品の大きな魅力で、プレイヤー好みの自由なキャラクタービルドを提供してくれる。

スキルツリー

マスタリークラスへと昇格することでさらなる能力をアンロックできる本作では、プレイを進めていく毎に強烈な攻撃力を持つ主人公へと成長可能。

スキル発動シーン

ハクスラ系アクションRPGの醍醐味でもある戦利品のコレクション要素も満点で、装備をアップグレードしながらさらなる戦いへと挑むプレイも捗るぞ。

作品に登場する全てのスキルには独自の拡張ツリーが存在しており、これを活用することでバトルスタイルを制御、変更、強化できるようになる。

クラスの詳細画面

NPCのスケルトンを射手に変えてみたり、稲妻をチェーンライトニングに変えたり、蛇を召喚して一緒に戦わせたりといったアクションも可能。

ダークファンタジーの世界観を上手く活用したプレイ要素とスキルシステムも作品の特徴で、新たなスキルを広げていくことが面白くなるはずだ。

クラフトシステム

装備品をクラフトで強化するシステムも本作の魅力で、スキルと戦利品で獲得した武器を自在に組み合わせながら、強烈なビルドを生み出すプレイも捗る。

クラフトシステムを実装

戦利品はランダムに出現するため、ハクスラバトルを重ねながらユニークなアイテムを求め、強靭な主人公を作り上げてゲームを遊び尽くそう。

公平なプレイ要素

熟練のプレイヤーと完全初心者が同じようにプレイを楽しめるようにゲームバランスが調整されている点も本作のポイントで、協力プレイも盛り上がるはず。

協力プレイも可能

課金要素が実力差に結びつく「Pay To Win」要素は完全に排除されていることが宣言されているため、キャラの強さはプレイヤーの能力とやる気に依存する。

ユーザーファーストで考え出されたおすすめのアクションRPGタイトルで、一度プレイすれば爽快感抜群のハクスラバトル共々気に入るはずだ。

日本語環境は非搭載

Steamでの販売価格は3,900円。ストアではアルティメット・エディションやデラックス・エディションなどがDLC形式で別売されている。

各エディションが販売中

インターフェースは英語と筆頭に合計9種類用意されているが、残念ながら日本語インターフェースは非搭載。ある程度の語学力が必須となる。

日本語UIは非搭載

ゲームは部分的ながらXboxコントローラーの操作に対応。他のデバイスについては公式の動作確認が取れていないので、自己責任で使ってみよう。

Steam Deckとの互換性については、一部但し書き付きながら対応済。Deckユーザーにも見逃せないアクションRPGで、手元でも遊べるぞ。

要求スペック

緻密なグラフィックを持つ作品のため、PCへの要求スペックは中程度。最低要件でもVRAMを6GB持つグラフィックボードが要求されるので注意だ。

要求スペックは中程度

推奨要件で提示されているグラフィックボードはRTX 3060もしくはRX-6600 XTクラスで、インストールサイズは無印で約22GB程度。

インストール場所についてはローディング時間の関係上SSDが強く推奨されている。HDD環境下でゲームを管理している人は気をつけておこう。

総評

ダークファンタジー系ハクスラRPGファンがゲームに求めているものを全て内包する開発者のセンスが光る作品。長時間夢中になれる要素もある。

戦闘シーン

ソロプレイでも遊べるが、オンラインマルチプレイに対応していることで遊びの幅も広がり、同じハクスラ好きユーザーと一緒に盛り上がれるはずだ。

日本語UIが実装されていない点は非常に惜しい。コミュニティーが盛り上がり、翻訳作業を買って出るファンが出れば、さらに注目を集める可能性がある。

緻密なグラフィック

最も注目すべき点は開発者がハイペースでアップデートを続けている所。公式サイトにもコンテンツ予告が掲載されているので、一度確認してみよう。

自由なキャラビルドと痛快なハクスラバトルが魅力を放つおすすめのアクションRPG『Last Epoch (ラストエポック)』は、現在Steamで好評配信中。

ゲームのイメージ画像

配信開始から間もない作品だが、すでに7万件以上のユーザーレビューを獲得し、全体の評価も「やや好評」と順調な滑り出しを見せている。

興味が湧いた人は今すぐストアへアクセスして、ゲームの詳細情報をチェックしよう。

【おすすめポイント】人気沸騰中のハクスラRPG!

Last Epoch (ラストエポック)スペック/動作環境

動作環境 必須環境 推奨環境
対応OS Windows 10
CPU Intel Core i5 2500 or AMD FX-4350
メモリー 8GB
グラフィックカード GTX 1060 / AMD RX 580
VRAM 6GB
HDD空き容量 22GB
DirectX Version 11
回線速度 ブロードバンドインターネット接続

あなたにおすすめのオンラインゲーム

メカで戦え!SF世界のアリーナバトルを体験できるおすすめアクションゲームが基本プレイ無料で好評配信中。5vs5のリアルタイムMOBAバトルでチーム力を発揮しよう

準新作

ダンまちファン必見!累計発行部数1,500万部超えを誇るライトノベルのアニメシリーズをアクションRPG化したおすすめの新作スマホゲームアプリが基本無料で配信中!

韓国発のバカゲーアクションが国内でも配信開始だ!このゲームにエッチなコンテンツはありません!あるのは可愛くてアホなパンツだけ!新作の面白爽快バトルを体感せよ!

可愛い美少女キャラを集めて、敵と戦っていくだけでなく、好きな衣装やに着替えさせたり、好きなアクセサリーをに見つけさせられたり、女の子を様々な角度から眺められるなど、ギャルゲーが好きな人にはたまらないシ...

殺人鬼との命がけ鬼ごっこゲームが登場!協力プレイやPvPが好きな人におすすめのホラーゲームだ!おすすめ新作FPS

流れるようなコンボを華麗に決めて相手を殲滅せよ!デフォルメ騎士が活躍する大人気新作アクションアドベンチャーゲーム!

Last Epoch (ラストエポック)の評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

Last Epoch (ラストエポック)のレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。