「Blood and Bacon」一風変わった家畜を倒し続けるオススメのおもしろ新作FPS!98円という驚異の安さから面白半分で購入する人も多数!



PC サービス中 購入 外国語版 ダウンロード FPS/TPS

「Blood and Bacon」家畜を撃ち続ける面白FPSだ!

 

「ブラッド オブ ベーコン(Blood and Bacon)」は2016/02/01にSteamでリリースした家畜を撃ち続ける面白FPSだ!

 

本作は有料ゲームであるが、その値段がなんと98円!
1コインで始められることから新規ユーザーも後を絶たない人気のFPSなのだ。

また、Steamでこの値段なのであればフレンドなどに一緒に買ってやらない?と気軽に誘ったり、ギフトとして気軽に送ることができる値段なのも大きい。
友達を誘いあってプレイする人が多ければ多いほど、どんどんプレイヤー人口が増えていくのだ。

普通のFPSと言えば、荒廃したフィールドでゾンビをひたすら倒して生き残るようなもの、戦争時代を舞台にしたものなどを想像する人が多いだろう。

しかし、本作は家畜をひたすら撃ち続ける、なんともシュールなゲーム!
農夫の主人公も壁にくし刺しの状態から始まるグロテスクなシーンのはずなのにどこか面白い。

 

本作にも協力プレイなどはあるが、他のFPSのような緊迫した空気は無く、みんな好き放題にプレイしているので、PvPや協力要素がメインだと他プレイヤーに迷惑かけてしまいそうだからとFPSを避け気味な人でも楽しめるオススメの面白FPSだ!

 

笑える要素があまりにも多い!!

本作は豚をひたすら狩り、倒し続けるゲームというだけでもシュールで笑えてしまう設定のゲームであるが、他にも謎設定で笑えてしまう要素が多々存在する。

例えばミッションを受注することになる農夫、養豚場のおじさんがいるのだが、彼はなぜか登場から壁に串刺し状態となって登場する。
いやいや、それもう普通は死んでるだろ!!と思わずツッコミたくなる惨状で、とてもグロテスクな状態なのだが、なぜかグロさをあまり感じない。

それもぞのはずである、串刺しで血だらけな状態であるにも関わらず元気よく喋っていて、ミッションなども意気揚々と依頼してくるのだから・・。
他にも少々下品な演出ではあるが豚の攻撃方法が非常に汚い。


「Blood and Bacon」彼はなぜか登場から壁に串刺し状態となって登場する。


これは好みも分かれるところではあるので、あまり下品な演出などは苦手というプレイヤーにはオススメすることができない。
どういうことかというと豚の種類によっては糞などをビーム攻撃のようなノリで使用してくる種類の豚が存在するのだ。

本当に汚い演出のようにみえるのだが、そう感じつつも思わず絵面がシュールすぎて笑ってしまうのである。
他にも豚の尻に銃をぶっぱなすといきなり爆発する豚が存在したり、中には初見殺しのような豚も存在する。

ゲームで笑いたいときや友達と爆笑しながら遊ぶには最適なゲームであるといえよう。

 「Blood and Bacon」ゲームで笑いたいときや友達と爆笑しながら遊ぶには最適なゲームであるといえよう。

 

毎日一日中、豚を狩り続ける!何日かり続けられるか!

Blood and Baconの基本的な流れは非常に単純である。
このゲームは基本的に1日=1waveで時が流れていくシステムになっている。

1日の流れは至って単純だ。
串刺しになった農夫と話してミッションを受注→銃を入手する→小屋を出て、外でひたすら豚を狩る→小屋に戻り、串刺しになった農夫と話す→1日終了。


日にちが経過していくに連れ、使用可能武器が増えるなどといった要素もある。
一応101waveまで存在するという噂が存在するが、そこまでやりとおすことができたプレイヤーはあまりいない。
自分の目でこの豚狩り生活を何日続けることができるのかを確かめてみてほしい。

 「Blood and Bacon」基本的に1日=1waveで時が流れていくシステム

 

ネタゲーとはいえFPS部分やシステムはしっかり作られているのも魅力!

Blood and BaconはあくまでジャンルはFPSである。
どんなに設定やゲーム内容がネタ要素ばかりであるとはいえ、FPSとしての部分は最低限のシステムや要素はちゃんと作りこまれているのだ。

武器は基本的に銃で、手榴弾もある。
良くも悪くもシンプルな作りを心がけている。

アイテムなどもしっかりと用意されているのも特徴だ。


「Blood and Bacon」武器は基本的に銃で、手榴弾もある。


一定時間、移動速度などのステータスをあげることができるミルク、自身の攻撃力を上昇させることができる缶詰、蘇生アイテムなどのFPSに必要な最低限のアイテムは全て用意されているのだ。

銃を使う以上、弾薬の補充も必須である。
これらのアイテムは普通に豚を倒してドロップするわけではないところがBlood and Baconのこだわりを感じるところなのだ。

豚を倒して、豚が撒き散らした肉片や骨などを養豚場にある精肉機やミキサーにかけることで弾薬を補充したり、ステータスアップアイテムを入手することができるようになっている。


「Blood and Bacon」アイテムは普通に豚を倒してドロップするわけではない

「Blood and Bacon」精肉機やミキサーにかけることで弾薬を補充したり、ステータスアップアイテムを入手することができるようになっている。


その他にも操作方法はしっかりキーボードだけでなく、ゲームパッドなどにも対応済み。
マルチプレイは最大4人で遊ぶことができるようになっている。

ネタゲーとはいえ、マルチプレイでの協力プレイもあり、しっかりゲームとして楽しむための要素が盛り込まれているオススメの面白FPSだ!

 「Blood and Bacon」ネタゲーとはいえ、マルチプレイでの協力プレイもあり、しっかりゲームとして楽しむための要素が盛り込まれているオススメの面白FPSだ!

ブラッド オブ ベーコンの評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

ブラッド オブ ベーコンのレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

Sf jack left4
Sf jack right4