「Signal Decay」迷路のような暗い道を進んでいくおすすめの新作アクション!センサーや敵を避けながら見つからずにゴールできるかという人気アクション!



PC 正式サービス中 購入 外国語版 アクション

「Signal Decay」

 

「シグナルディケイ(Signal Decay)」は2018年にSteamでリリース予定の薄暗い部屋や通路をセンサー敵に見つからないように進んで行く天井からの見下ろし型2Dアクションゲーム!

 

主人公はディストピア構築のために、不正設定されたコンピュータによるマインドコントロール技術を逃れた唯一の人間として、世界を救うために戦う使命を持っている。

 

潜入する場所は、防衛システムが完璧な軍事研究所の基地。様々な仕掛けが施され、侵入者を阻もうとする基地を進み、世界を救う設定だ!

 

少し重いテーマでありながら、見やすい2Dのアクションゲームとしてシンプルにまとめてあり、マルチプレイでは二人で協力しながら進行し、敵に見つかっても協力して倒していくことができる爽快感があり、ステルスゲームが好きな人や2Dゲームが好きな人にオススメの新作ゲームだ!

 

見下ろし型2Dアクションでほどよい緊張感を堪能!

本作は、見下ろし型2Dのアクションゲームゆえに、操作キャラが敵と鉢合わせる前に居場所をつかめるので戦闘準備や挙動予想など事前に把握することで、実際に対峙する距離まで近づくと、程よいアクション性が生まれ緊張感を楽しめるぞ!

事前に敵情報を見ることができるので、敵の動き方や方向を察知できるので、その点、難易度もほどほどに楽しめる内容となっている。

 

「Signal Decay」

 

また、マップをライト照らす形にしてあるため、常に全てが見えるようになっていない。
そのため、敵がどう動くのかをあらかじめ想像しておく必要がある。

これは実にうまい演出だ。
このライトでの表現のおかげで常にほどよい緊張感のある展開が期待できるオススメの人気ゲームだ!

 

「Signal Decay」

 

独特の世界観でステルスアクションを楽しめる!

潜入先にいる敵は、人間ではなくロボット。

特定の動作ばかり行うロボットしかいない無人の建物の中を進む主人公を見ているとこの世の終焉を連想させてしまうほど、哀愁がある。

BGMも少し悲壮感の漂う薄暗いものが多く、ハードボイルド的な要素を強く感じさせているのだ。


ゲームの中の設定とは言え、グラフィックと音楽、そして、タイプライターの音など、ここまで見事にマッチさせ、独特の世界観をぜひ体感して欲しい。

 「Signal Decay」

 

マルチのキャラを一人で操作することも可能!

キャラクターが二人用意されており、それぞれに特徴がある。
単純な特徴で言えば武器が違い、強力な攻撃ができるキャラと、素早い攻撃ができるキャラとで使い分けることがある!

 

使い分けは他にもあり、扉を開けるために一方が先へ行き、残った方が仕掛けを解除するなど多彩なトリックが随所に仕掛けられており、一人だけを操作していても先へは進めない場面も多い。
うまく二人を操作して仕掛けを解いていくのも醍醐味の一つである。

 

キャラが複数いるとなると操作が面倒になると思われるかもしれないが、通常時はもう1人のキャラが自動でついてきてくれて、代わりに戦ってくれたりする。
必要があるときだけ操作キャラを切り替えてプレイできるので、自分の操作しやすい方を選べるのも魅力だ!

 「Signal Decay」

 

2人のキャラをうまく使いこなせば、敵を引き付けたり挟み撃ちにしたりと作戦も大きく広がり、敵が誰を狙っているか線で表示されるため、どう動けば最適なのかわかりやすい。

相手が狙われているようであれば、自分は援護したり、自分が狙われているようなら、敵の攻撃を引き付けて、安全に撃破出来るように動くなどの連携もこのゲームの魅力的な要素だ!

 

そして何より、片方がやられてもゲームオーバーにならないこと。
片方が倒れても、もう一方が近づき、蘇生処置を行うことで復帰できるのだ。
一緒に戦っている気持ちになれるので、助け合う仕組みが多く存在するのは嬉しいシステムだ!

 「Signal Decay」

 

最大の魅力はドキドキワクワクの探索!

3Dであれば見えにくい場所に鍵を置いておくだけで、それは立派な仕掛けになるだろう。
しかし、2Dではそんな見かけだけの仕掛けは使えない。

実際にスイッチを押して、何が動いてどうなったのかが、プレイヤーにはっきり伝わるような仕組みを用意しなければ楽しんでもらえないのだ。
故にその仕掛けの豊富さは目を疑うほど多く存在する。

 

「Signal Decay」

 

マップの各地に散らばっているスイッチを押しながら、ドアを開けたり、仕掛けを発動させたりして、先へ進んでいく。
そして、その度に侵入者を阻むためにロボットが襲ってくる。

戦闘自体は敵の攻撃射線から逸れるだけでいいので、広い場所であればそれほど難しくはない。
しかし、下手に動いたことで他のロボットに気づかれて大変目に陥ってしまうこともあるだろう。

 

「Signal Decay」

 

ステージの最後にいるボスを倒してクリアと言いたいところだが、このSignal Decayでは、ボスを倒して脱出するまでが1つのステージになっている。

そのため、緊急警報が鳴る中で相棒と一緒に脱出する必要があるので、戦闘をしている暇などない緊迫した時間になるだろう。

 

完全に閉じ込められる前に出口まで辿り着かなければ、という緊迫感が本作最大の魅力と言っても過言ではないだろう!

 

直感的にプレイしたい人にオススメ

このSignal Decayは非常にシンプルな操作でゲームができるため、複雑なコトを覚える必要はない。

 

2Dアクションなので直感的に動かすことが用意となり、移動も行きたい方向のボタンを押すだけ、攻撃やアクションもポチッと簡単に行える。

ゲームに慣れていない人や直感で操作したい人には2Dの方が覚えやすい。
これが初めてのゲームだったとしてもスムーズに入り込み、純粋にゲームを楽しむことが出来るだろう!

 「Signal Decay」

 

置いているアイテムも体力回復するとハッキリわかるアイコンになっており、その他アイテムも徹底的にわかりやすくてシンプルにまとめてあるのは非常に好感が持てる。

 

手軽に遊べるように簡単な操作でシンプルに動けるので、気軽に始めることができるオススメのゲームとなっているぞ!

 「Signal Decay」

「Signal Decay」

シグナルディケイ(Signal Decay)の評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

シグナルディケイ(Signal Decay)のレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

2
3
Chevron up