【凍京NECRO SUICIDE MISSION】ニトロプラス×DMM GAMESの強力タッグがおくる死者再殺シミュレーションRPGがPCでもスマホでも楽しめる!



PC スマホゲーム サービス中 無料 シミュレーション オンラインRPG

『凍京NECRO<トウキョウ・ネクロ>SUICIDE MISSION』シミュレーションRPGとなっており、戦略性のあるゲームを楽しめるぞ!

『凍京NECRO<トウキョウ・ネクロ>SUICIDE MISSION』は、2019/3/29にDMM GAMESからPC版がリリース、2019/7/31にはスマホゲームとしてサービスがスタート。原作・監修はニトロプラスが手がけており、可愛い美少女たちが死人と戦う臨場感溢れた戦略シミュレーションRPGゲームだ。

 

ムフフなシーンが見たい紳士のために「凍京NECRO」には「通常版」「18禁版」が用意されている。両方でデータを共有しているので、自分の年齢や気分に合わせてプレイができるのだ。親密度を上げることでイベントが解放されるなど、楽しい要素も盛りだくさんになっている。

 

他のプレイヤーと一緒に戦えるレイドボスなども登場し、1人だけでなくみんなでも楽しめるのだ。オートプレイや速度アップなど、時間の無いプレイヤーでも遊びやすくなっている。グールがたくさん出てくるなど、ホラーの要素は強いが、キャラたちが前向きで明るいので恐さは少ない。戦略性のあるゲームをしたい人にオススメだ!

 

街の中を死者が徘徊するような世界で戦う!

02

『凍京NECRO<トウキョウ・ネクロ>』の世界観では、激しくなる戦争の中、人は使えるものは何でも兵器として使用するようになっている。「NECRO(ネクロ)」と呼ばれる人たちは、死者さえも利用しリビングデッド(グール)を生み出した

 

主人公である「月見里 一巴(やまなし いっぱ)」は凍える大都市「凍京」を舞台にリビングデッドを狩るもの「生死者追跡者(リビングデッド・ストーカー)」として戦い赴く。ホラー臭の漂うシリアスな展開が見物だ。

03

主人公を含め声優がきちんとボイスを入れてくれているので、物語に引き込まれやすくなっている。おまけにキャラたちはぬるぬると動き、手振りや身振りを加えながらストーリーに参加してくるのだ。非常に細かい動きもあるので、アニメを見ているような気分になれるだろう。

 

敵の行動を先読みして崩していくシミュレーションが楽しい!

04

「阿蛭(あびる)らび」の案内の元、チュートリアル式に戦闘方法が説明される。戦闘はターン制になっており、移動から攻撃まで全てプレイヤーの判断により行われていくのだ。

 

行動順番は左上に表示されており、次に誰の番なのか敵味方問わずにわかるようになっている。危険な攻撃が来る前に「先手を打って倒す」ように立ち回ることで、被ダメージを減らせ、安全な戦闘ができるのだ。

 

動ける範囲は青いマスで表示されるので、その範囲であれば、好きなところへ移動できる。攻撃を行うには敵との距離を縮める必要があるのだ。赤いマスは攻撃範囲を教えてくれる。銃のように遠距離まで届く武器であれば、密接しなくても攻撃可能だ。

11

行動する毎にアイコンの下にあるゲージが貯まり、満タンになれば必殺技とも言える威力を持つスキルを発動できる。攻撃が範囲が広くなったり、敵をノックバックさせたりと効果は様々だ。

 

スキルを発動させる前に説明が出てくるので、効果と範囲を理解して適切なタイミングでスキルを放とう。出しどころを誤ることなく、うまく使うコトが戦闘での勝敗を分ける鍵となるのだ。

06

戦闘では最初からオートも行えるので、作業の合間にゲームを行えるようになっている。賢い行動ばかりではないが、敵が弱く感じる場合は十分な働きをしてくれるだろう。忙しいプレイヤーでも安心してゲームができるのだ。

 

ストーリーを楽しみながらパーティを育成しよう!

『凍京NECRO<トウキョウ・ネクロ>SUICIDE MISSION』のメインコンテンツとなる「任務」には、「通常任務」「限定任務」「イベント任務」の3種類が用意されている。

 

「通常任務」はメインストーリーを体験できるモードで、戦いの中で少しずつ変わっていく状況を見守っていこう。初クリアや条件達成報酬で、ガチャなどに使える「Sマテリアル」なども獲得できるのだ。

09

「限定任務」ではメンバーや装備の強化に役立つアイテムがとれる。通常任務のクリアが難しくなったら、積極的に利用しよう。チームの全体的な底上げと強化に励めるのだ。

 

「イベント任務」は期間限定で開催される様々な任務になっている。繰り返し挑戦することで、新しいメンバーや装備がもらえたりするので、開催されている場合には最優先で攻略を進めよう。期間を逃してしまうと2度と手に入らない場合もあるので、要注意だ。

 

任務に参加する部隊編成はメインメンバー3人、サブメンバー3人まで選べるようになっている。編成にはコストが決まっており、最初は星5を2体程度しか配置できない。主人公である「月見里 一巴」はレアリティこそ高くないが、コストが1と格安なので、編成に空きがある場合に最適なキャラだ。

 

新しいメンバーや装備は「スカウト」を行うコトでも手に入る。お気に入りのメンバーが出てきたら、強力な武器を装備して部隊に編成しよう。大きな戦力となってくれるはずだ。

10

それでも敵に勝てないようなら、キャラや装備のレベル上げに励もう。武器の強化はアイテムを使って行うのだ。強化することで、ステータスが大きく伸びて、見た目が変わったり、スキルが強くなる

 

キャラのレベルを上げるには「エクスブレイン強化」を行わなければならない。「エクスブレイン強化」でステータスを上げる毎にレベルがアップしていく。素材は通常任務などでも簡単に集められるものばかりなので、どんどん使って強化しよう。

07

さらにエクスブレインにはアップグレードも用意されている。実行するには「ホログラフィック」と言うガチャなどで同じキャラを手に入れたときにもらえる特殊な素材が必要になる。

 

決して集めやすいものではないが、その分効果は絶大で、各パラメーターがにボーナス値が付与されるだけでなく、スロット上限も解放されていく。アップグレードは4段階まで行えるので、キャラの育成は奥深いものになっている。

 

バトルを盛り上げる攻撃範囲の違う武器!

05

各メンバーには「ハンドガン」「ショットガン」「アサルトライフル」「ナイフ」「拳」「刀」「火炎放射器」「ロケットランチャー」など12種類ある武器の中から、メインとなる武器がキャラ毎に1種類決められている。メイン装備により攻撃範囲が異なるので気をつけよう。

 

特に近接武器は相当敵に近寄らなければ攻撃出来ないので、攻撃後、敵に返り討ちに遭わないように注意を払う必要がある。好きなキャラだけど武器が使いにくいなどの問題も出てくるだろう。

 

他にもどんなに高レアリティの武器が出たとしても、持っているキャラたちによっては、あまり意味のない装備になる。そんな時はサブ武器として利用しよう。戦いやすさには影響しないが、戦闘力が大きく伸びるのだ。

08
▲ガチャの放出画面でもキャラはぬるぬると動いている。それぞれのキャラが独自の動きを見せてくれるので、アニメを見ているような気分だ。

 

メンバーには親密度があり、一緒に任務を達成すれば上がるようになっている。親密度が上がれば、回想シーンが見れるなど、楽しみが増えていく。お気に入りのキャラがいるなら戦力に関係なくパーティ編成に加えておこう。

 

豊富に揃った育成要素あるので、やりこみも十分に行える。戦略性のあるゲームでありながら、ここまで作り込まれているゲームはかなり珍しい。手軽に遊べるブラウザーゲームでありながら、ハイレベルな領域に達している。ちなみにダウンロード型のスマホゲームとの連動も可能で、本格的なシミュレーションRPGを探している人にぜひおすすめしたい。

凍京NECRO<トウキョウ・ネクロ> SUICIDE MISSIONの評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

凍京NECRO<トウキョウ・ネクロ> SUICIDE MISSIONのレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

2
3