「アンセスターズ レガシー」暗黒期の中世ヨーロッパを史実に基づいて体験するおすすめの新作PCゲームのリアルタイムストラテジー!



PC サービス中 購入 外国語版 RTS/MOBA

01


アンセスターズ レガシー(Ancestors Legacy)は2018年5月23日にゲーム配信サイト「STEAM」でダウンロードサービスが始まった。
開発メーカーは「Destructive Creations」で、販売メーカーは「1C Company」になっている。

ターン性を用いずにリアルタイムに部隊を指揮して敵と戦う、戦術重視のストラテジーゲームだ。
のんびりしていると敵にどんどん攻められてしまうので、常に全体の状況を把握して速やかに行動しよう

 

Ancestors Legacyでは中世ヨーロッパの暗黒時代を史実を元に描かれており、物事を戦争で解決しようとするバイキング、アングロサクソン、ゲルマン、スラブの4つの国から1つの国を選んで戦いに参加することになる。

 

08

 

敵キャンプや村、町などを征服、襲撃、略奪するだけではなく、仮設基地や居住地を運営することで始めて勝利条件を満たせるものもあるのだ。
大陸全土に目を向け、刻々と変わっていく戦況に対応するリアルタイムのストラテジーゲーム。

戦場では時間共に爆炎があがり、死体の山ができていく。
幅広い戦術で熱い戦いをしたい人にはオススメのタイトルだ!

 

リアリティある迫力のグラフィック!

02

 

「Unreal Engine 4」により非常に細やかなグラフィックが実現されている。
カメラで近寄ったときの身近で見るユニットのグラフィックスは凄まじく、血のプールができているかのようなDestructive Creationsにふさわしいバイオレンス表現も随所で見せてくれる。
重圧感のあるたくさんの兵士達が、死闘を繰り広げる様は心を熱く響かせるだろう。

 

何よりもすごいのが流血アクション。このAncestors Legacyでは流血シーンの表現が誇張されているので、戦場の真っ只中を映すボタンを1つ押せば、そこにはまるで中世の戦争を見ているような血生臭いどろどろとした殺し合いが繰り広げられている

 

映画でもなかなか出せないアクションのシーンの迫力に夢中なってしまうはずだ。
突破されてはいけない状況拠点を守るため戦う姿も、本当に人が戦っているようで、感動を隠せない。

 

03

 

昔のリアルタイムストラテジーゲームだと、兵士は完全にコマにしか見えなかった。
だけど、今の優れたグラフィックスは本当に人1人を動かしているような気分になる。

兵士たちにそれぞれ勝手に名前をつけたり、人生を想像してみたりしたくなるほど、リアリティを感じさせる見事な人物像だ。

 

10

 

グラフィックの進化は本当にすごい。
これだけのクオリティでありながら映画ではなく、ゲームとして楽しめるのは時代の流れを感じる。
地形、人物、風景、天候、すべてが頭にこびりつくほど、リアルなグラフィックをぜひ堪能して欲しい

 

選べる勢力の特徴

Ancestors Legacyの大きな特徴とも言える、4つの勢力。バイキング(Viking)、アングロサクソン(Anglo-Saxon)、ゲルマン(German)民族、スラブ(Slav)民族が存在する。

それぞれが独自の考え方や分かを持っており、互いにわかり合うことが難しくなっている状況だ。
戦争は常に考えの違いである偏見からもたらせられるもので、この4つの勢力から眼が離せない。

 

07

 

バイキング(Viking)は約250年間の間、西ヨーロッパ沿海部を侵略したスカンディナヴィア、バルト海沿岸地域に存在した武装船団、海賊だ。

 

アングロサクソン(Anglo-Saxon)は、9世紀初めに、ウェセックス王エグバートの元で活躍した人種。ウェセックス王国が強大となっていき、イングランド全域を支配したするのに貢献している。

 

ゲルマン(German)民族は、現在のデンマーク人、スウェーデン人、ノルウェー人、アイスランド人、アングロ・サクソン人、オランダ人、ドイツ人などの祖先となった人々にあたる。

 

スラブ(Slav)民族は、中欧・東欧に居住している、インド・ヨーロッパ語族スラヴ語派に属する言語を話す諸民族集団を指す。つまり、ひとつの民族ではなく、本来は言語学的な分類であった。

 

島国である日本とは違い、中世のヨーロッパは対陸続きにになっているため、様々な人間が色々な考えを持って行動をしている。戦争が起こってもしかたのない状況だろう。

 

このAncestors Legacyでは繰り広げられるシナリオは全て、史実を元にして作られているキャンペーンなので、実際に時代背景や歴史、登場人物などを調べてみるとよりAncestors Legacyが面白くなるはずだ。
どんな結末を迎えて、今のヨーロッパが作り出されたのか、最後までプレイして見届けて欲しい。

 

ゲームプレイを彩る自由度の高い設定

04

 

史実を元にしたキャンペーンモードではマップサイズによって参加人数が変わ2~6人までが参加可能できるようになる。
勝利条件は敵プレイヤーすべてをせん滅させる「Annihilation」マップの中央に複数そびえる拠点を長く制圧したほうが勝利する「Domination」に分かれている。

 

マップによって険しい地形、不利な陣地など、様々な部分で異なっている。
プレイヤーは自軍をどこに配置するのか、コンピューターはどの位置になるのかなどを自由に選ぶことも可能だ。

 

06

 

自軍を圧倒的に有利な状況にしてもいいし、逆に破滅的な状況から奇跡の逆転を狙ってみるのもいいだろう。遊び方は思うがままだ。

 

さらに選べるのは対戦相手だ。
コンピューターが操るAIでもいいが、このAncestors Legacyはマルチプレイに対応している。
つまり、世界中のプレイヤーとどこにいても一緒に遊ぶことが出来るのだ。

 

目の前で色々なプレイを見せてくれる他のプレイヤーは、まさに学びの宝庫と言っても過言ではないだろう。
自分では絶対に思いつかないような戦いを見せられると、負けても勉強になるし、勝った際にはより嬉しさは引き立つはずだ。

 

09

 

特にリアルタイムストラテジーのゲームだと、自身の行動速度も関係してくる。
操作が速ければ速いだけ、部隊としての動きが活性化し、それだけ強くなるのだ。

RPGではレベルが上がれば、キャラの「すばやさ」は自然と高まっていく。
しかし、このAncestors Legacyでのすばやさは、イコールプレイヤーの操作速度と直結している。

 

全体を把握する力、状況に応じて対応する決断力、そして、それらを迅速に部隊に伝える操作速度、これらが合わさってAncestors Legacyでの強さになっていく。

 

自分の力も関係しているため、熱いバトルになることは免れない。世界中の猛者たちと手腕を賭けて戦ってみよう!

 

日本語の対応はアップデートに期待!

05

 

日本語にローカライズされていないのが残念だが、それでもゲームをやっていればすぐになれていくレベルの英語ばかりなので、難しく考えることなくはじめて見ると操作で困ることは少ない

 

むしろ、これだけ優れたゲームを英語だからと言う理由だけで敬遠してしまうのはもったいないだろう。特に血にまみれたリアルタイムストラテジーゲームは日本産ではなかなか見られないレベルになっている。

 

戦争物、過激な表現が苦手でなければ、ぜひプレイして欲しい。圧倒的な世界観がそこに広がっているのだ!

 

アンセスターズ レガシースペック/動作環境

動作環境 必須環境 推奨環境
対応OS Windows® 7 (Service Pack 1) , Windows 8.1 and Windows 10 - (64-bit only).
CPU 2.6 GHz Intel® Core™ i5-750 or 3.2 GHz AMD Phenom™ II X4 955
メモリー 4 GB RAM
グラフィックカード NVIDIA GeForce GTX 460 or AMD Radeon HD5850 (1 GB VRAM)
VRAM
HDD空き容量 18 GB 利用可能
DirectX Version 11
回線速度 ブロードバンドインターネット接続

アンセスターズ レガシーの評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

アンセスターズ レガシーのレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

2
3