【ブラウンダスト】展開を予測してキャラを配置し戦う、おすすめ新作采配スマホゲームアプリ!豪華声優陣演じる個性的なキャラは300以上。奥深い戦略バトルを楽しもう



スマホゲーム サービス中 無料 オンラインRPG シミュレーション 美少女

「BROWN DUST」味方の”配置”と”行動順”を決定し”予測したバトルの展開を見て楽しむ”頭脳戦が展開される采配バトルRPG!

『ブラウンダスト(BROWN DUST)』は、 2018/03/07よりNEOWIZがリリースした新作スマホゲームアプリ。敵味方のあらゆる情報を見ながら、最適な位置配置をして戦う「ディレクティブ・ポジション・バトル」が魅力の采配バトルRPG。

 

プレイヤーはキャラクターをフィールドに”配置”し”行動順”を入れ替えるといった操作しかできず、その後はプレイヤーの決めた采配通りにバトルがオートで進行。簡単操作でありながら、バトルの展開をしっかりとシミュレートして戦うことが必要な奥深いバトル内容となっている。

 

バトル以外にも、キャラクターを「強化」、「昇級」、「覚醒」で強く成長させたり、装備アイテム「ルーン」を自由にセットして自分だけの能力を持つキャラクターに育てたり、レアリティの低いキャラクターを最高レアリティまで育ててバトルで活躍させたりと、プレイヤー好みに楽しめる充実した育成要素が用意されているのも特徴。

 

自分で予測した行動を見て楽しむ新感覚のおすすめの新作戦略RPGだ!

傭兵団を率いて父の死の真実を知るために戦う一人の若者の物語!

カリアン帝国の偉大な将軍であり名誉ある貴族だったファビアンが突如として反乱を起こした。誰よりも国を愛し忠義を尽くしてきた男の意外な行動により、帝国全土に衝撃が走った。カリアンの皇帝、アルテイア2世は数万規模の帝国軍を送り、将軍が率いる反乱軍をくい止めようとした。

「BROWN DUST」カリアン帝国の偉大な将軍であり名誉ある貴族だったファビアンが突如として反乱を起こした。

帝国軍に立ち向かう反乱軍の勢力は数の上では圧倒的に少なかったが、ファビアンが率いる邪悪な6つの星、「六魔星」と呼ばれる者たちの活躍により戦力の劣勢を覆した。

反乱軍の長ファビアンはついにアルテイア2世を倒した。人々はアルテイア2世の死を太陽が消えたことに例え、この事件を「日食」と呼ぶようになった。

「BROWN DUST」ファビアンが率いる邪悪な6つの星、「六魔星」と呼ばれる者たちの活躍により戦力の劣勢を覆した。

続く帝国軍の反撃によりファビアンは戦死、反乱は間一髪で鎮圧されたが、帝国は大きな傷を負うこととなった。皇帝をなくした帝国の支配力は急速に弱まり、変化が始まるのは一瞬だった。辺境の部族たちは帝国の支配から逃れるため協定を結び指導者を選出、アランという名の同盟国家として生まれ変わった。

 

北部の諸公国もまた各々が固有の国家であることを主張し、自国の主権を守る為北部連邦スベルンと言う名の連合国を形成した。帝国の領土の一部は帝国の統治に批判的な勢力により分裂し、リアン共和国として独立を宣言した。

「BROWN DUST」反乱は間一髪で鎮圧されたが、帝国は大きな傷を負うこととなった。

帝国派崩壊寸前に追い込まれたが、首都を中心に秩序を回復しカリアン帝国の名だけは守り抜くことができた。そして7年後……。

大陸のあらゆる場所で激しい内戦が繰り返され、どの陣営も兵士が不足していた。腕の立つ傭兵たちには依頼が殺到し、戦力の高い傭兵団は全大陸にその名を轟かせ、莫大な富と名声を手に入れた。

そして彼らの中の一人。没落した家門を復興させるため、そして父の死の真実を知るために身分を隠して傭兵団を率いる男がいる。皇帝殺し、太陽を隠す月、6つの星の主、口にできない名前……。ファビアンの息子だった。

「BROWN DUST」皇帝殺し、太陽を隠す月、6つの星の主、口にできない名前……。ファビアンの息子だった。

敵の行動を先読みして戦う本格的で奥深い戦略バトル!

『BROWN DUST』は、バトルを開始する前にキャラクターの”配置””行動順”を決めてから戦う独自のゲームシステム「ディレクティブ・ポジション・バトル」が導入された采配バトルRPGで、3列×6マスのフィールド上に最大9体のキャラクターの配置などの設定が終わればそのあとは全自動でバトルが進行するのが特徴

 

操作自体はキャラクターをスライドさせるだけで時間制限もないので、簡単操作でじっくりとシミュレートしながら戦えるゲームシステムとなっている。

 

また、本作では味方の配置、行動順の設定以外に、敵のいるマスをタップすれば、”攻撃対象”、”攻撃範囲”、”攻撃タイプ”、”使用するスキルの効果”といった「敵情報」を細かくチェックできるようになっているので、味方だけでなく敵情報も考慮して戦闘準備を整えることが重要だ。

「BROWN DUST」3列×6マスのフィールド上に最大9体のキャラクターの配置などの設定が終わればそのあとは全自動でバトルが進行するのが特徴。

敵の中には、キャラクターを飛び越えて攻撃をするタイプや一番後ろに配置しているキャラクターを狙って攻撃してくるタイプなど、”真正面の相手を攻撃しない敵”もいるため、守りの硬い防御型タイプのキャラクターを前衛に配置させて戦えばいいというわけではない、一筋縄ではいかない頭を使った戦略戦がしっかりと楽しめるように工夫されている点もポイント。

 

これに加え、攻撃力の高いキャラクターの行動順を早めて敵を即座に倒したり、攻撃タイプのキャラクターの行動前に支援タイプのキャラクターを行動させて、能力アップ効果などを味方に付与し戦闘力を高めたりと、キャラクターの”行動順”を任意で変更して戦闘の流れを有利に持っていくこともできるのがゲームの戦略性をより高めてくれる。

 

敵からの攻撃を配置の設定でどこまで軽減できるか、敵に大ダメージを与えるにはキャラクターをどこに配置し行動順をどのように設定したらいいのかなど、敵味方の行動を”予測”していく面白さがあるのがこのバトルの魅力だ。

「BROWN DUST」敵味方の行動を”予測”していく面白さがあるのがこのバトルの魅力だ。

この他にも、特定のキャラクター同士をパーティに編成すると、指定されたメンバーの攻撃が成功した時に溜まる”バブル”が最大値になった際、次に行動する指定メンバーの攻撃時に「連携攻撃」もしくは「支援効果」と呼ばれる特別なセット効果も発動できる。

 

「連携攻撃」には”連携攻撃75%”といった合同攻撃技、「支援効果」には”攻撃力25%UP”、”HP30%UP”などのステータス上昇効果があるので、仲間キャラクターの数が増えてきたら、この2種類の”セット効果”も有効に活用し戦力を増強に役立たせてみよう。

「BROWN DUST」「連携攻撃」もしくは「支援効果」と呼ばれる特別なセット効果も発動できる。

全キャラクター★6まで成長可能なシステムに便利機能も多数プラスで育成のボリュームも満点!

キャラクターは、ストーリーバトルをクリアして経験値を獲得したり、キャラクターカードや強化素材として使用できる”スライム”を消費することで簡単に「レベルアップ」できる。

 

キャラクターレベルがMAXになれば、レアリティを上げられる「昇級」ですべてのキャラクターを★6まで成長できるほか、一定のレアリティまで成長すると、ステータス強化+新スキル習得に加え外見変化が起きる「覚醒」も可能に。

「BROWN DUST」”スライム”を消費することで簡単に「レベルアップ」できる。

もちろんこれだけでなく、同じキャラクターやアイテム”スキルの書”を使ってキャラクター固有の「スキル」の強化や、装備アイテム「ルーン」を装着・強化してステータスを自由にカスタマイズすることもできる。

 

特に「ルーン」は、”攻撃力アップ”、”体力アップ”、”クリティカル確率アップ”、”クリティカルダメージアップ”、”防御力アップ”と様々な種類が存在するので、攻撃型のキャラクターにクリティカル率アップのルーンを装備させて強力なダメージを与える確率を高めたり、
防御型のキャラクターに攻撃力アップのルーンを装備させて攻守ともにバランス良いキャラクターにしたりと、プレイヤーが思う理想のキャラクターに育て上げられる箇所だ。

 

戦略に応じたルーンを装備して自分好みのキャラクターに鍛え上げていこう。

「BROWN DUST」プレイヤーが思う理想のキャラクターに育て上げられる箇所だ。

また、育成をサポートする機能として、クエストなどで獲得した”傭兵の欠片”を使って新たなキャラクターを入手する「欠片合成」、レベルMAXに育てたキャラクターを素材にして新たなキャラクターを合成する「傭兵合成」、同じランクの+9強化キャラクターを2体合成して上位ランクのキャラクターをランダムで合成する「進化合成」、

強化を終えたルーンのオプションをランダムで変えられる「ルーンの製錬」といったシステムも多数備わっている。手に入れたキャラクターやアイテムを何一つ無駄にすることなく有効活用できるというのは、キャラクター強化を効率よく進めていきたいユーザーにとっては特に嬉しい要素になるのではないかと感じた。

ソロプレイから対人戦まで遊びごたえ抜群のバトルコンテンツを搭載!

本作には、家門復興と父の死の真実を知るため傭兵団を率いて戦う主人公の物語を読み進めることのできる「ストーリー」に加え、装備アイテム”ルーン”が入手できる「ルーンの寺院」、各種覚醒素材を獲得できる「水晶の洞窟」、
一度に大量のゲーム内通貨”ゴールド”を獲得できる「金鉱山」、経験値素材として使用できる”スライム”が手に入る「スライムの森」と、目的別に楽しめるダンジョンが用意されており、育成に必要な素材を必要に応じて手軽に収集していくことができる。

 

素材収集のできるダンジョンのほかにも、他のプレイヤーを実力を競い合う「アリーナ」や、各ギルド間による戦争「ギルド戦」、様々なアイテムと交換可能な”神秘の粉”を採取できる場所を占領し合う占領戦「神秘の島」などモードの異なる対人要素もしっかりと導入。

「BROWN DUST」モードの異なる対人要素もしっかりと導入。

この対人戦は、ソロプレイ時とはまた違ったルールを採用し戦闘スタイルがワンパターンにならないようになっているため、バトル好きのユーザーも毎回違った戦略を使って楽しむことができるだろう。

 

2018年3月13日(火)現在はまだ未実装であったが、他のユーザーと協力して挑戦できるダンジョンも”準備中”とあり、今後のアップデートで多人数によるマルチプレイ要素の実装も期待できそうだ。協力プレイを楽しみにしているユーザーも、これらのコンテンツを活用してキャラクター強化やプレイヤースキルを磨き、マルチプレイコンテンツの実装に備えておくのも良いかもしれない。

様々な方法で仲間にすることのできる個性豊かなキャラクターたち!

このゲームでは、ガチャからキャラクターを入手するだけでなく、物語を進めることでキャラクターが仲間になったり、ステージをクリアして”傭兵の欠片”を集めることでキャラクターと獲得したりと、様々な方法で仲間を増やしていける。

そのキャラクターたちの情報も、「傭兵図鑑」を利用すれば、全キャラクターの名前はもちろんのこと、”攻撃”、”防御”、”魔法”、”支援”のタイプや、最大レベル時のステータス、スキル効果、覚醒時のビジュアルなどをまとめて閲覧でき、お気に入りのキャラクターを見つけたり、獲得済みと未獲得のキャラクターのステータスを比較したりと、図鑑を埋める以外の楽しみ方もできるようになっているのが特徴だ。

今回は、対人戦「アリーナ」でポイントを獲得して交換できる伝説の傭兵”六魔星”のビジュアルとプロフィールを紹介するので、どのようなキャラクター像なのか確認してみよう。

 

堕落の星 アンジェリカ

「不浄は消えるべき。たとえそれが私自身だったとしても…」

六魔星の一人。「堕落」という異名を持つ、魔剣を扱うシスター。ファビアンに従う前はアクライト教団のシスターで、封印された魔剣の守護者だった。
しかし、ある陰謀による2本存在していた魔剣のうち1本が消え、守護者としての責務を全うしなかった罪に問われ、生命の危機に晒される。

 

刑が執り行われる直前にファビアンによって救出された彼女は、ファビアンに説得され、自らの責務を果たすまで生き抜くと決心する。
残った1本の魔剣を持ち、ファビアンと共に「日食」を経たアンジェリカは、ファビアン亡き今、消えた魔剣の行方を求め大陸を彷徨っている。

「BROWN DUST」堕落の星 アンジェリカ

 

虚無の星 グランヒルト

「片翼は、ご主人さまを守り抜いた証…」

六魔星の一人。「虚無」の異名を持つ、片翼のヴァルキリー。半神エッダに仕えている。
片翼のみの翼のせいで、他のヴァルキリーから半人前とからかわれているが、実力だけは誰にも負けない最高の戦士。

 

エッダの命によりファビアンに従い、「日食」以降はエッダの側で彼女を警護している。
強靭な戦士の姿だけでなく、女神に仕える使用人としての一面もある。特に美味しいお茶を淹れる方法だけは戦士としての実力にも負けていない…と考えているらしい。

「BROWN DUST」虚無の星 グランヒルト

 

災いの星 ナルタス

「この身体、大陸のために捧げることを誓おう。」

六魔星の一人。「災い」の異名を持つ、悪魔の力を用いる魔術師。呪われた力の影響により、肉体の時間が停止してしまった。そのため、外見上は少年の姿だが、年齢は100歳を超えている。


肉体の時間が停止した原因は、古代魔法研究所の事故によるもので、それにより家族を失い、悪魔の力が体に宿ることになった。事故による衝撃と恐怖でナルタスは姿を隠し、彼は災いと共に消えてしまった天才少年魔術師と記録されていた。

 

そしてその名が忘却に至る頃、ファビアンに会うために姿を現した。
「日食」以降、再び姿を隠したナルタスは、また起こりうるやもしれぬ異変を監視していた。

「BROWN DUST」災いの星 ナルタス

 

呪いの星 セリア

「地獄で天使に会えた気分でしょう?」

六魔星の一人。「呪い」の異名を持つ、謎めいた魔女。呪いの魔女の血を受け継いでいる。
幼い頃から自らを恐れる世界に嫌気がさし、隠遁生活を送っていたが、彼女の元を訪れたファビアンとの出会いにより、再び世に姿を現した。世界の為、という彼の大義にはちっとも興味がないが、彼が見せた分け隔てない態度や、慈愛に満ちた性格に心を動かされた。


「日食」以来、他の六魔星はほとんど姿を隠したが、彼女はとある疑念を解消すべく行動を起こしていた。

「BROWN DUST」呪いの星 セリア

 

貪欲の星 レピテア

「レピ、ぜったい良いお嫁さんになるよ!」

六魔星の一人。「貪欲」という異名を持つ、精霊を使役する妖精。過去に消失した、とある妖精だけの王国の姫であったが、王国に訪れた災いにより、人間界に逃避してきた。


悠久の刻を生きるが、人間に換算するとまだまだ子供である彼女は、妖精の生き残りとして孤独を紛らわすため、自棄的ないたずらに興じるばかりだった。そんな彼女が生きる目的を持てるようになったのは、彼女の元を訪れたファビアンの助力によるものが大きい。


彼女は女王として王国を再建する目標を掲げ、ファビアンと、ある約束を取り交わした。「日食」以降は、その約束が果たされるのを待つ日々を送っている。

「BROWN DUST」貪欲の星 レピテア

 

破壊の星 アレック

「教えてやるよ。最強ってのはどういうことかを。」

六魔星の一人。「破壊」という異名を持つ戦士であり、全大陸にその悪名を轟かせた元海賊。有名な海賊を挙げる際には必ずその名が入るほどで、右に出るものはいないほどの最強の海賊だった。


しかし、不本意ながら海賊にならざるを得なかった彼は、心のどこかで海賊に対する反感を持っていた。その後、最愛の人となるアイラとの出会いをきっかけに、海賊から足を完全に洗うことになった。


現在、彼はアイラと彼女が愛するものを守る為だけに最強を謳われた剣を振るっている。ファビアンに従ったのもアイラが生きる世界を守る為だった。

「BROWN DUST」破壊の星 アレック

敵情報を読み取り有利な戦闘スタイルを作り上げてから戦う独自のバトルシステム「ディレクティブ・ポジション・バトル」を搭載した新作スマホゲームアプリ『BROWN DUST』。

味方の特徴だけでなく敵の攻撃タイプやスキル効果など、あらゆる情報を見極めることが重要な本作のバトルは、”キャラクターをフィールドに配置して行動順を入れ替える”という操作のみで楽しめ、奥深い戦略性がありながらも誰でも手軽にプレイできるシステムとなっているのが魅力。

複雑に頭を使うような戦略バトルに慣れていない人でも安心してプレイできるように、ゲームの進捗に合わせてシステムやルールを一つ一つ説明してくれる丁寧なチュートリアルも付いているので、戦略ゲーム初心者の人にもおすすめできる新作戦略RPGだ!

ブラウンダスト(BROWN DUST)の評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

ブラウンダスト(BROWN DUST)のレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

2
3