『Windlands 2』大人気VRゲーム待望の続編がSTEAMに新登場!ワイヤーを利用した移動アクションシーンが爽快!



PC サービス中 購入 アクション

『Windlands 2』のタイトル画像

2018/11/16STEAMで正式配信開始!Psytec Games Ltdが手がける購入型PCゲーム!独特の世界観の中で「グラップリングフック」アクションを駆使して冒険するVR専用アクションアドベンチャーゲーム!

 

VRで実現する迫力の空中移動プレイ、新たに加わった弓矢アクションとマルチプレイ要素が大きな魅力で、空中を思う存分飛び回れるダイナミックなスケール感覚を持った新作VRゲームを求めている人にオススメ!

 

続編がパワーアップして登場!

『Windlands 2』は2016年にSTEAM上で発表されて多くのユーザーから高評価を獲得したVR向けアクションアドベンチャーゲーム『Windlands』の正統続編!「グラップリングフック」のワイヤーアクションを活用して広大なフィールドを移動する爽快感を再びVR専用機器で味わうことができるぞ!

 

パワーアップして再登場した『Windlands 2』

▲ファンタジックなクレイアニメーション風の世界観が秀逸。このフィールドが360度全てに広がる。

 

『Windlands』シリーズを開発しているイギリスのPsytec Games LtdはJon Hibbins氏とNick Pittom氏によって立ち上げられたVR専門のゲーム開発会社。2人はVRのイベントで出会い、そのまま意気投合して一緒に仕事を進めていくことを決意。そんな同社の処女作が前作『Windlands』だった。

 

VRゲームの肝は日常では体験できない出来事をバーチャルリアリティの空間で疑似体験するところ。アニメや映画のようにグラップリングフックを用いて空中移動する『Windlands』の爽快感とスリリングなゲームプレイは多くのVRゲームユーザーに受け入れられ、VRゲーム業界に大きな功績を残した。

 

『Windlands 2』の前作にあたる『Windlands』

▲前作『Windlands』の1コマ。「VR映え」する高低差を意識したダイナミックなフィールドが大きな特徴。

 

多くのユーザーとメディアから賛辞を持って迎えられた『Windlands』から2年、ついに待望の続編がSTEAMで発表された。前作と同様対応VR機器は「HTC Vive」「Oculus Rift」「Windows Mixed Reality」の3種類。代表的なPC向けVR機器を所有していればすぐにゲームを楽しめる。

 

さらに『Windlands 2』ではアーチェリー型のアイテムを利用した攻撃アクションマルチプレイ要素を追加。パワーアップして帰ってきたゲーム世界は前作以上にプレイヤーを興奮のゲーム体験へと誘うことだろう。

 

【オススメポイント】大人気VRゲーム『Windlands 』の第2弾!

 

爽快グラップリングアクション!

『Windlands 2』最大の魅力はグラップリングアクション!VR機器のコントローラーの「トリガー」を押すことで発動する「グラップリングフック」は先端が鉤爪型になっているワイヤーを遠くへ飛ばすアクションで、この動作によって距離が離れた場所へ瞬時に移動できる。滑空する移動シーンは爽快だぞ!

 

グラップリングフックが固定できる場所は限られている。画面をよく見てフックが引っかかる場所を瞬時に判断し、その場所を目がけて正確にフックを放つという動作を要求される点が本作の特徴だ。慣れるまでには何度も失敗するが、一度コツを掴めばフィールド上を軽快に移動できるようになる。

 

グラップリングフックを利用したアクションが魅力の『Windlands 2』

▲前作で好評だったグラップリングアクションは健在。滑空する「浮遊感」をVRで存分に疑似体験できる。

 

両手でグラップリングアクションを繰り出せる点も本作の特徴。1本のワイヤーだけで移動するのではなく、左右両方のワイヤーを交互に引っ掛けながら移動できるため、極上の浮遊感と爽快感を得られるのだ。ダイナミックなアクションを内包するゲームが大好きな人には断然オススメのVRゲームだぞ。

 

常にフックが成功するとは限らないため、操作を誤ると数十メートル下に落下することもしばしば。2Dゲームで見ている分にはどうということもないシーンだが、VRゴーグルを装着している状態だと恐怖感がまるで違う。高所恐怖症の人はかなり怖い思いをするかもしれないので注意しよう。

 

【オススメポイント】一度は体験しておきたい爽快移動アクション!

 

新要素を存分に楽しもう!

『Windlands 2』で新たに加わった要素がアーチェリー型武器による攻撃と最大4名のプレイヤーで遊ぶマルチプレイ。両手のコントローラーを構えることで利用できる弓矢アクションは前作には無かったアクション要素で、ローカルとオンライン両方に対応するマルチプレイも本作で初登場する要素だ。

 

VRゲームで体験できる空中移動の楽しさを全面に押し出して制作された前作と比べ、本作にはアクションゲームらしいコンテンツが実装されて一段と面白さが増している。多人数でワイワイ遊べるVRゲームを求めている人にもオススメできる作品に仕上がっており、パーティー的なノリで楽しむことができるぞ。

 

弓矢アクションとマルチプレイを実装した『Windlands 2』

▲マルチプレイに対応した点は非常に大きい。VR機器を持つフレンドと一緒に遊べば格段に楽しさが増してくる。

 

本作には移動速度を競う「スピードランレース」が実装されており、スキルの高さを競い合うことも可能。プレイオプションで「フックなし」「ライフ1回のみ」「すべてのオブジェクトにフック有効」などの設定を選べるので、独自ルールを設定してバリエーション豊富なプレイスタイルを楽しめるぞ。

 

またフィールド内に存在するコレクションを収集するゲームモードもあり、ハイスコアを記録すればリーダーボードに名前を表示させて世界中のユーザーに存在をアピールできる。競技性が高まったことで新たな境地へ達した本作は、今後大勢のユーザーに親しまれるVR専用ゲームになっていくことだろう。

 

【オススメポイント】みんなで仲良く遊べるVRゲームへ進化!

 

VRでプレイする価値のあるゲーム!

現在日本でも着実に浸透している感のあるVRゲームだが、全体的なユーザーはまだまだ少ない。PCへの要求スペックが高い、セッティングの手間が多いなどのデメリット面が新規ユーザー参入の障壁になっていることも事実だが、それ以上に深刻なのが「これをやりたい!」と思わせるタイトルの少なさだ。

 

VR向けゲームの多くは描画的な制約で表現力に乏しく、360度周囲全てに広がる空間を活かしきれていない作品も目立つ。開発会社のノウハウにも関わる部分なので仕方がない面もあるが、それでも面白いVR専用ゲームが登場しない限り新しいユーザーを獲得することは難しいと言わざるを得ない。

 

全VRユーザーにオススメの『Windlands 2』

 

Psytec Games Ltdはこれらの問題に向き合い、VR専用ゲームとして遊ぶ価値がある作品を目指した。そして生まれたのが『Windlands』シリーズであり、ユーザーはまるで自分が映画やアニメの主人公になった気分で仮想空間内を飛び回れる。VRのポテンシャルを存分に活かした作品だと言えるだろう。

 

『Windlands 2』はVR機器を手に入れたら是非ともプレイしてもらいたいVRゲームの筆頭であり、一度グラップリングアクションの爽快感を味わったら「やみつき」になる作品。バーチャルリアリティーの世界が持つ素晴らしさを真剣に考えてゲームを作れば、これほどまでに面白いゲームができるという良い見本だ。

 

【オススメポイント】全VRユーザーにオススメの新作ゲーム!

Windlands 2スペック/動作環境

動作環境 必須環境 推奨環境
対応OS Windows 10
CPU Intel i5-4590
メモリー 8GB
グラフィックカード NVIDIA GeForce GTX 970
VRAM
HDD空き容量 10GB以上の空き容量
DirectX Version 12
回線速度 ブロードバンドインターネット接続

Windlands 2の評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

Windlands 2のレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

2
3