【マナビモ!アソベンジャー!】遊ぶだけで勉強になるおすすめの新作バトル猛勉強RPG!エンターテイメントとエデュケーションが融合した新しいタイプのスマホゲームアプリだ!



スマホゲーム サービス中 無料 オンラインRPG

「マナビモ!アソベンジャー!」遊んでいるだけで勝手に学力が上がっていく素晴らしいゲームを堪能せよ!

『マナビモ!アソベンジャー!』は、株式会社でらゲーより2019/5/23からOBT(オープンβテスト)を開始したスマホアプリで、エンターテイメントとエデュケーションが融合した新しいタイプのバトル猛勉強RPGだ!

 

実際の教科書から問題が作られたクイズで成績アップ間違いなし。「小学1年生」から「中学3年生」の義務教育期間を全て網羅する。遊びながら学んで成績アップができるイカしたアプリの登場だ。

 

間違いを選んでいく選択問題。適当に答えても正解しにくいシステムになっているので、当てずっぽうでは先へ進めなくなる。キチンと問題を読み、内容を理解することがクイズ攻略のカギとなるのだ。

 

親子で成績を共有できたり、見守り機能があったり、子どもにスマホを触らせることも考えられている。遊びながら勉強をしたいゲーム好きにオススメのアプリだ!

 

親と子どもの使い分けができるなど、2つのモードが面白い!

02

「マナビモ!アソベンジャー!」は、記録的な大ヒットを飛ばしている「モンスターストライク」の開発に携わった「岡本吉起」がプロデュースするだけあって、配信前から高い評価を得ている。

 

小中学生向けのアプリで、ゲームを楽しく遊ぶだけで、知識が身につくようになっており、知らず知らずのうちに勉強になっているという画期的なシステムだ。使用する携帯端末の環境によりゲームの内容を設定できるようになっている。

 

親の携帯を子どもに貸し与える場合には、成績を親が管理することもできるし、子どもの携帯であれば、純粋にクイズだけを楽しませるコトも可能だ。自分の環境に合わせて色々と設定を変えていこう。

 

「マナビモ!アソベンジャー!」には2つのモードが用意されている。1つめがクイズ形式で問題が登場するモード「マナビモ!」、もう1つのモードが「アソベンジャー」、こちらは勉強の合間に息抜きができる本格的な大冒険になっている。

05

「マナビモ!」モードをプレイすると「ガチャ」で使える「ジェム」が手に入る。「クイズ」では「間違っている答え」を選んでタップして消していく。正しい答えを最後まで残せばクリアとなるのだ。

 

間違い探しの要領になっているのだが、これが実に頭を使う。なぜなら、人は早押しであれば自然と正解をタップしてしまうからだ。この方法に慣れていけば、全ての言葉の意味を考えながら、間違った答えを潰していく「消去法」が自然と身についていく

 

「アソベンジャー」モードは本当に息抜きの時間になっており、ターン制の本格バトルが楽しめようになっている。プレイヤーはコマンドをタップして敵と戦う。クイズなどはなく、純粋にフィールドを移動して、敵に近づき攻撃を放って倒すだけだ。

 

非常にシンプルな設計でありながら、移動や攻撃など、行動が細かく指定できるので、敵の次の行動まで見越す必要がある。しかも、出てくる敵もそこそこ強くなっているので、しっかりとキャラを育ておかないと手も足もでない。

06

つまり、「マナビモ!」でしっかりと学んでジェムを集めて、ガチャでキャラクターを手に入れる必要があるのだ。

 

さらに、属性効果や連携、相性などを気にしながら、パーティを編成する。もちろん、育成要素なども備わっており、キャラを育成することでより多くのダメージを与えられるようになる点などはまさにRPGだ。

 

勉強とはまったく関係ないが、頑張った分が実際に役立つという意味では非常にポイントが高い。継続的にやる気と目標を持って、根気よくゲームに取り込むことができるのだ。

 

ガチャで得たキャラを使って楽しいバトルができるので、強い高レアのキャラクターが出てきたら「アソベンジャー」でも遊んでみよう。

 

ただのクイズでは終わらない素晴らしい問題集!

03

「マナビモ!アソベンジャー!」がただのクイズゲームではなく、教育ゲームとなっているのにはわけがある。それは出題される問題だ。通常のクイズであれば、一般常識的な問題が多くなり、勉強にまったく関係ない。

 

しかし、本作のクイズの内容は「小学1年生」から「中学3年生」の教科書に準拠した問題になっているので、正解を覚えていけば、教科書を暗記しているのと同じ意味になるのだ。

 

さらにすごいのが使っている教科書を指定することで、クイズがより教科書にあったものに変化する。同じ学年でも通っている学校が違えば、使っている教科書が違う。そんな細かいところにまで対応してくれるのだ。

 

出題問題も国語、算数、理科、社会、生活、英語、地理、歴史、公民から選べるようになっており、自分の得意な科目や苦手な科目などを重点的に学べるようになっている。

 

苦手な科目は中々手をつけにくいが、科目によって集まる「ジェム」の種類が違うため、色々なキャラを集めようと思ったら、どうしても苦手な科目にもチャレンジなければならなくなる。実に考えられたシステムだ。

09

人は苦手なことはなるべくやらないでしまそうとする。その結果、苦手な科目はわからないコトが増えていくので、ますます嫌いになってしまう。それではダメだと分かっていても、「高校受験や大学受験のため」の遠い未来の話では、行動には移せないのだ。

 

しかし、勉強をすることで、直接的な実益があれば、人はまったく違った行動をとるようになる。ガチャで強いキャラを手に入れたい。そんな思いだったとしても、チャレンジしていけば、だんだんとわかることも増えていく。そうすれば、苦手な意識は減り、成績がぐんぐんと向上していくのだ。

08

この「マナビモ!アソベンジャー!」に夢中になればなるほど、勉強への意欲が増して、苦手な科目も減り、必要な知識も得られる。素晴らしい循環だ。

 

勉強しない子どもに無理矢理やらせるよりも、面白い遊びを通じて、大事なコトを学ばせていった方が、結果として子どもの成長にも繋がる。勉強が本気で嫌いになる前に、楽しく学ぶ方法もぜひ覚えて欲しい。遊びながらテストで良い点数が取れるようになれば最高だ。

 

現在、オープンβテスト開催中!

04

「マナビモ!アソベンジャー!」は現在、公式サイトにてオープンβのテスターを募集している。参加方法は簡単で、QRコードを読み取り、「TestFight」をAPP Storeからインストールを行う。あとは再びQRコード読み込みページに戻り、「テストを開始」をタップすれば完了だ。

 

文字にすると難しく思えるかも知れないが実際にやってみると2タップ程度で終わる。非常に簡単なので興味があったら今すぐにゲームを試してみよう。

07

チュートリアルでは、クイズが問題というか質問形式になっており、自然と自分の性別や髪の長さ、年齢などを答えていくようになっている。素直に答えないといつまでも繰り返しでジェムがもらい続けられるなど、まだ作り込みの甘い部分もあるようだ。

 

一応、テスターという形なので、問題を見つけたら遠慮なく運営に報告して改善を促せる。ゲームがより良くなるためであれば、どんどん発言した方が、運営も喜んでくれるのだ。

 

運営である「株式会社でらゲー」『面白いゲームを開発して、多くの人たちに楽しんでもらうだけではなく、未来を担う子どもたちを笑顔にしたい』と言う思いで本作を開発している。本作を通じて、その心意気を強く感じられるだろう。

 

楽しくゲームで遊ぶだけで、勉強を好きになっていけたら、学校生活がもっともっと楽しくなっていく。ゲームで人生が変わるそんなことも期待できる。勉強を楽しくやっていきたい全ての人にオススメしたい最高の学習ゲームだ!

マナビモ!アソベンジャー!の評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

マナビモ!アソベンジャー!のレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

2
3