【10 Miles To Safety】ゾンビが溢れる都市を10マイル走破して脱出を目指す新作おすすめPCゲーム。クラフト要素を駆使して生き延びるシステムが魅力。



PC サービス中 購入 外国語版 アクション FPS/TPS シミュレーション

『10 Miles To Safety』のタイトル画像

2019/10/22からSTEAMで配信されているTrickjump Games購入型PCゲーム。ゾンビで溢れかえった都市で生き残りをかけた強行突破を目指すトップダウン型アクションゲーム!

 

プロシージャル(自動生成)されるゲーム世界、最大4名が参加可能なマルチプレイ要素、探索した資材を利用してアイテムを生み出すクラフトシステムが大きな魅力で、ゾンビを倒しながら進んでいくアクションゲームが好きな人、トップダウン視点で戦略的なバトルを進めることが好きな人、黙示録的世界観に惹かれる人におすすめ!

10マイルを突破せよ!

現在PCゲームのポータルサイト「STEAM」で配信中の『10 Miles To Safety』は、壊滅した都市にゾンビが溢れかえるという黙示録的世界観の中で生存者(プレイヤー)が生き残りをかけた突破を目指す新作おすすめPCゲーム。ゾンビを次々と打ち倒していくプレイが大好きな人にはおすすめの作品だ。

 

ゲームの舞台は荒廃した都市部。プレイヤーは街を徘徊するゾンビたちに対処しながら「10マイル(約16キロ)」を踏破して安全地帯への脱出を目指す。トップダウン型の視点が特徴で、周囲から襲いかかるゾンビの状況がよく分かるようになっているため非常に怖い。スリリングな展開が持ち味の新作ゲームだ。

ゾンビで溢れかえる世界からの脱出を目指す『10 Miles To Safety』

▲四方から押し寄せるゾンビに立ち向かいながら生存を目指す。ゾンビゲーム好きにはたまらない展開。

 

ゲームには武器を利用したバトルアクション要素だけではなく、道中手に入れた資材を活用したクラフトシステムが実装されており、自分の身を守るために知恵を絞りながら行動することが可能。バトルに探索要素とクラフト要素を加えたことでゲームプレイに幅が広がり、戦略性を活かせるようになっている点がポイントだ。

 

ソロプレイ以外にも最大4名のマルチプレイに対応し、フレンドと一緒に難局を切り抜けるプレイ体験も享受できる。オンラインゲームらしい協力要素を求めている人にもおすすめの作品で、一緒にゲームをプレイすれば大いに盛り上がることだろう。チームワークを活かせるPCゲームに仕上がっているぞ。

 

早期アクセス版の作品

なお本作は現時点で「早期アクセス版」の作品であり、プレイ中に予期せぬ不具合やバグに遭遇する可能性がある。購入を考えている人はその点にだけ注意しておこう。開発中のゲーム作品に積極的に参加してフィードバックを送ることや、ゲームに関してアイデアを提示したい人にはおすすめの作品だ。

 

プレイ言語は英語のみで、日本語UIや字幕は非実装。プレイ中にクラフトメニューを開く場面が頻発するため、基礎的な英語読解力を身に付けていないと進行に支障をきたす可能性がある。海外ゲームを数多くプレイしている人であれば、問題なくプレイを進められるだろう。

時間経過の概念がある『10 Miles To Safety』

▲時間経過で夜間にもなる。暗がりから襲いかかってくるゾンビはかなり怖い。ドキドキする展開が待ち受けるぞ。

 

STEAMでの販売価格は1320円。早期アクセス版の作品としてはやや高めの値段設定だが、開発元Trickjump Gamesによればゲームのコアな部分はすでに完成しており、半年後に予定されている正式バージョンでは値段が上がる予定なので、抑えめな今がチャンスかもしれない。

 

ちなみにゲームは汎用コントローラーでの動作をフルサポートしているため、キーボードとマウスの操作が苦手な人でも安心。ゾンビで溢れかえった黙示録世界でバトルとクラフトを駆使したサバイバル体験を楽しみたい人は、今すぐゲームをダウンロードしてプレイをスタートさせよう。

 

【おすすめポイント】黙示録的世界を体験できる新作ゲーム!

個性的なキャラを操れ!

『10 Miles To Safety』は最初に自分が操作するキャラクターを選択できる。用意されているキャラクターはそれぞれステータス特性や能力特性が異なるので、自分が操作しやすいと感じられるキャラを選ぼう。マルチプレイで遊ぶ場合にはお互いに助け合えるキャラ選択を行うことも生き残るための秘訣だ。

 

登場するキャラクターは「The Brawler」「The Engineer」「The Crafter」「The Looter」「The Sharpshooter」の5種類。「The Brawler」は体力多めの近接戦闘向き、「The Sharpshooter」はヘッドショット確率が増大する銃のスペシャリストなので、武闘派の人におすすめのキャラだぞ。

自分好みのキャラを選べる『10 Miles To Safety』

▲各キャラクターは外見も能力も全く違う。キャラ選択が重要になってくるので慎重に選ぼう。

 

「The Engineer」「The Crafter」「The Looter」の3キャラクターはクラフトシステムで頭脳プレイを楽しみたい人におすすめのキャラクター。それぞれ少ない材料でクラフトできる、クラフト時間が短縮する、探索で多くの資材を素早く発見するなどの能力を持っているため、クラフトが非常に捗る。

 

4名でマルチプレイを行う際にはこれらの特性を考慮してキャラを選ぶと展開が楽になる。探索とクラフトに秀でたキャラクターを武闘派キャラで援護すれば、お互いがカバーし合いながら脱出を目指すプレイが俄然楽しくなってくるはずだ。ロールが重要視されるゲームが好きな人にはおすすめの作品だぞ。

 

【おすすめポイント】キャラの特性を活かせるおすすめゲーム!

クラフトとバトルで生き延びろ!

10マイルにも及ぶ危険地帯を生き延びることは容易ではない。『10 Miles To Safety』では的確な射撃による攻撃以外にも、クラフトを活用したバリケード構築やアイテム製造が不可欠だ。黙示録の世界へと変貌を遂げた都市をくまなく探索し、迫り来るゾンビの脅威に対抗する手段を生み出そう。

 

本作のインベントリ画面は非常に細かく設定されており、装備品の状況や残弾数、各種アイテムの種類やクラフトシステムを一括して管理できる。ゾンビに対抗するためには十分な装備とアイテムの確保が必要。プレイ中は各種システムへのアクセスをチュートリアル的に学べるので、しっかりと覚えておこう。

『10 Miles To Safety』のインターフェース

▲アイコン状に並んだインターフェースは見晴らしが良く使い勝手も良好。万全の体制を整えよう。

 

本作のマップは自動生成されていくが、ゲームには細かなチェックポイントが設けられており、ミニクエストを達成しながら進んでいくスタイルになっている。闇雲に歩き回るゲームではなく、達成すべき目的がしっかりと掲示されるためやり甲斐があり、途中で迷子になってしまうことはない。タスク達成が好きな人におすすめだ。

ミニクエストをクリアする方式の『10 Miles To Safety』

▲画面右下には進むべき方向が赤い矢印で表示される。安全な方向へと避難を続けていこう。

 

ゲーム内には多彩なロケーションが登場。アウトブレイクによって崩壊した都市像が上手く描写されており、没入感は満点。トップダウン型のゲーム作品らしく、階層がある構造物に侵入した際には天井が消えて見えるなどの視覚的工夫も施されているため、探索を続けることが楽しくなってくる。

多彩なロケーションを持つ『10 Miles To Safety』

▲狭い空間でゾンビに襲われると非常に危険。探索には常にリスクが付きものだが、得られるものも大きい。

 

ゲームを進行すると生存者NPCも登場し、彼らを守るプレイも体験できる。10マイルという距離の中で様々なイベントが発生し、生存を目指して生き延びるプレイにメリハリを与えてくれる点が特徴だ。凶悪なゾンビ集団に敢然と戦いを挑み、クラフトとバトルで10マイル突破を目指そう!

 

【おすすめポイント】創意工夫で生き延びるおすすめ新作PCゲーム!

10 Miles To Safetyスペック/動作環境

動作環境 必須環境 推奨環境
対応OS Windows 7, Windows 8.1, Windows 10 (64-bit versions only)
CPU Intel Core i5 or better / AMD Phenom II X3 or better
メモリー 8GB
グラフィックカード NVIDIA GeForce GTX 1050 or better / AMD Radeon RX 560 or better
VRAM
HDD空き容量 2GB以上の空き容量
DirectX Version 10
回線速度 ブロードバンドインターネット接続

10 Miles To Safetyの評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

10 Miles To Safetyのレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

2
3