【WELCOME】ポストアポカリプスな世界でハードコアサバイバル!FPS/TPS要素をフィーチャーした本格サバイバルゲームの早期アクセス版がSTEAMで配信中。



PC サービス中 購入 外国語版 シミュレーション FPS/TPS

『WELCOME』のタイトル画像

2020/2/12から早期アクセス版が配信されているTomasKGames購入型PCゲーム。荒涼としたフィールドを舞台にクラフトで飢えをしのぎながら生き残る新作サバイバルSLG。

 

PCゲームらしい豪華なグラフィックで再現された広大なオープンワールド、資源を集めてクラフトするサバイバルシステム、他ユーザーとのPvP要素が大きな魅力で、ディストピアな世界でサバイバルを続けていくハードコアなゲーム作品を求めている人、オンラインゲームで他ユーザーと射撃の腕前を競い合いたい人に断然おすすめ。

新たなサバイバルゲームが誕生!

現在PCゲームのポータルサイト「STEAM」で配信中の『WELCOME』は、高精細なゲームグラフィックで再現されたポストアポカリプスな世界に降り立って「生存」を目指していく新作サバイバルゲーム。クラフト要素とシューティング要素を打ち出した人気ジャンルの醍醐味を味わえるおすすめのPCゲーム作品だぞ。

 

プレイヤーが操作するキャラクターには総合的な体力を表す「HP」以外に「飢え」「渇き」のステータス値が存在し、プレイ中は適度な飲食を行なって健康を保つ必要がある。一般的なサバイバルゲームではおなじみの身体マネジメント要素が加わることにより、圧倒的な没入感を得られる仕組みだ。

 

ハードコアサバイバルが展開する『WELCOME』

▲文明が崩壊した世界で生き延びるための戦いを続けていく新作PCサバイバルゲーム。

 

空気感とリアリティーを併せ持つゲームグラフィックが素晴らしい作品で、荒涼とした風景の中に取り残されたキャラクターの気分に浸りながらゲームを続けられる点は大きい。最新PCゲームらしいゴージャスかつ本物感を感じられるグラフィックが好きな人にもおすすめできるサバイバルゲームに仕上がっているぞ。

 

ゲームを開発しているのはインディー系ゲームデベロッパー「TomasKGames」。本作以外にオンラインFPS対戦を楽しめる『FLAGFIGHTS』をSTEAM上に発表している若きデベロッパーで、こと射撃要素メインのゲーム開発を得意としている。今後の成長が楽しみなインディー系ゲームデベロッパーだ。

 

グラフィックが美しい『WELCOME』

▲細かく再現された世界は没入感満点。精緻なグラフィックにも注目したい新作PCゲームだ。

 

インターフェースは英語一択となり、日本語インターフェースおよび字幕は非搭載。プレイ中にクラフトメニューなどで英語文を参照する必要があるため、プレイを円滑に進めるためには一定の語学力が要求される点には注意しておこう。海外のサバイバルゲームを数多くプレイしている人であれば十分にプレイできるはずだ。

 

なお本作は現時点で「早期アクセス版」の段階にあり、突然のシステム変更やプレイ中のバグなどに見舞われる可能性がある。この点が気になる人は購入を控えた方が良いだろう。ただしその分価格は620円とかなり抑えられているので、正式版での価格上昇を見越して今のうちに購入するのもアリだ。

 

【おすすめポイント】射撃とクラフトでサバイバルを楽しもう!

生き延びて、撃ちまくれ!

『WELCOME』の醍醐味は、厳しいハードコアなサバイバル環境で生き延びつつ、同じゲームをプレイしているユーザーと生死をかけたシューティング対決を楽しめるところ。問答無用のポストアポカリプスな世界に法のルールは存在せず、頼れるのは自分自身だけ。射撃を腕前を存分に発揮しよう。

 

ハンドガンからライフルまで、本作にはFPS対決を楽しむための武器が豊富に用意されている。無論木材の採取に活躍する斧も立派な近接戦闘用武器に使えるので、状況に応じた戦い方を極められる。見知らぬプレイヤーと出会った際の緊張感、そしてその直後に起こるバトル要素はサバイバルゲームならではの興奮だ。

豊富な武器類が登場する『WELCOME』

▲殺られる前に殺る、というのがハードコアサバイバルゲームの鉄則。常に用心しながら探索を続けていこう。

 

シューティング要素が強めに打ち出されている本作は、FPS/TPSで射撃の腕前をアピールしたい人にもおすすめの新作PCゲームで、過酷な世界の中で巻き起こるPvP要素がプレイヤーの興奮度をMAXにまで引き上げてくれるはず。探索を続けてより多くの銃器類や武器類を発見し、来るべき戦いに備えよう。

 

【おすすめポイント】FPS/TPS好きな人にもおすすめの新作!

クラフト要素も完備!

『WELCOME』は、サバイバルゲームの特徴である素材アイテム集めクラフトシステムも楽しめる新作PCゲーム。飢えや渇きのゲージに注意しながら広大な自然に囲まれたフィールド内を探索し、クラフトに役立つ素材をかき集めて生き延びるために必要なアイテムを製作しよう。本格サバイバル要素が待っているぞ。

 

クラフトシステムを実装する『WELCOME』

▲木材を収集すれば自分が住む小屋を生み出すことも可能。「集めて作る」が捗るサバイバルゲームだ。

 

ゲームに親切なチュートリアルは存在せず、ある程度サバイバルゲームの様式に慣れていないと苦労する場面も出てくるが、この不親切さもハードコアサバイバルたる所以。試行錯誤を繰り返しながら「長く生き延びるためには何が必要か」という命題に取り組んでいくプレイも、本作が持っている大きな魅力だ。

 

クラフトシステムで何かを生み出すことが得意な人にもおすすめできる『WELCOME』は、プレイヤーの考え方次第で多様な人生が展開していく新作PCゲーム。役立ちそうなものは全て掻き集め、豊富なクラフトシステムを活用しながら安心できるプレイ環境を生み出していこう。

 

【おすすめポイント】クラフト好きな人ならハマる新作!

早期アクセス版の作品

前述の通り『WELCOME』は早期アクセス版の段階にあり、完成版とは異なる状態で配信されている。キャラクターの基本的な動作「飲食」「射撃」「クラフト」「収集」などは現時点で実装済みだが、シューティングアクションについては調整が加えられてモーションが見直されることが発表されている。

 

また現段階ではプレイヤーが移動する際に「足音」が発生しないなど、まだまだ開発途上にあることを窺わせる要素が多いのも事実。したがってプレイする際にはテスト段階の作品を遊んでいるという認識を持っているとストレスにならない。不完全な要素が徐々にアップデートで改善されることを期待しよう。

 

早期アクセス版の状態にある『WELCOME』

TomasKGamesは実際にゲームをプレイしたユーザーからのフィードバックを募っている。インディー系ゲームデベロッパーに協力しながら作品を「良い方向」へと導いていくことが好きな人にはおすすめできる新作PCゲームで、ユーザーからの意見や指摘は本作の完成に大きな影響を与えていくはずだ。

 

正式バージョンでは最後の1人を目指して全員が対戦する「バトルロイヤル」型のゲームシステムやマップ面積の増大、さらに「経済要素の追加」などが掲げられており、こちらも非常に楽しみ。正式版配信までには1~2年の期間を見ているので、長い目で見守りながらフィードバックを送り続けるのが正しい楽しみ方だと言えよう。

 

正式配信版が待たれる『WELCOME』

 

ことインディー系ゲームデベロッパーがSTEAMで発表する作品には正式版までに時間がかかるものが多いが、オンライン対戦をメインコンテンツに据えている作品の場合、ユーザーの意見を取り入れながら開発を続ける姿勢が不可欠なため、この開発期間は「作品をより良いものにするために必要な時間」と言える。

 

多くのサバイバルゲームが市場に出回っている以上、本作が輝くためにはユーザーが求める「理想形」のゲームシステム実装が必要。インディー系ゲームデベロッパーを後押ししたい人は、本作をプレイして忌憚のない意見を送り、作品を世界のユーザーから愛されるものへと変化させていく手伝いをしよう。

 

【おすすめポイント】現在鋭意開発中のサバイバルゲーム!

WELCOMEスペック/動作環境

動作環境 必須環境 推奨環境
対応OS Windows 7
CPU Intel Core i5 650 3.20 GHz
メモリー 10GB
グラフィックカード GeForce GT 430
VRAM
HDD空き容量 7GB以上の空き容量
DirectX
回線速度 ブロードバンドインターネット接続

WELCOMEの評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

WELCOMEのレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

2
3