001 2

『戦国IXA(イクサ)』は、スクウェア・エニックスが開発し、2010年8月9日からYahooゲームで正式サービス開始され、ユーザー投票により選ばれる「2014年WebMoneyアワード」でセミグランプリを受賞している今でも根強い人気を誇るブラウザ型歴史戦略シミュレーションソシャゲだ!

ゲーム業界とネット業界の両雄が手を組み世に送り出したブラウザゲームということでも話題となったソシャゲだ!

死力を尽くして”合戦”に勝ち天下統一を目指そう!

プレイヤーは、日本の戦国時代を舞台に、「織田家」「徳川家」「豊臣家」など全国各地に存在する12の大名家に仕える家臣となって、主君と一緒に天下統一を目指すのだ!

005

003

家臣として一国一城の主となり、城下町の発展に尽くす「内政」と拠点周辺の賊を退治する「討伐」などを行いつつ、来るべき「合戦」のために備えるのだ!

「合戦」は、大名ごとの派閥(同じ大名家にいるプレイヤーは全員味方 )に分かれて全国のプレイヤー同士が一斉に戦い合う一大イベントで戦功をあげるほど家臣としての順位が上がり、より豪華な報酬を獲得できる。

004 

「合戦」までは気軽なソロプレイを中心に進められるので、のんびりプレイでありながら、プレイヤー同士で協力するダイナミックさも持ち合わせているのだ! 

豪華絢爛!有名イラストレーターによる武将イラストに注目!

「戦国IXA(イクサ)」に登場する武将カードには、
レアリティ:【 序 → 上 → 特 → 極 → 天 】
武将の種類:【 武将/剣/剣豪/忍者/文化人/姫/覇/童/医者 】

が存在しているのだが、武将カードが美麗なイラストで描かれているのだ!!

IXA 2073 2074 2082
2110 2111 2101 2132
2085 2089 2097 2102
2124 2116 2127 2128
2148 2139 2146 2147


さらに、

・『ファイナルファンタジー』シリーズなどのアートディレクターを務める 直良有祐氏
・『ストリートファイター』シリーズの 西村キヌ氏
・『逆転裁判』シリーズの 岩元辰郎氏
・『月下の棋士』の 能條純一氏
・『黒執事』の 枢やな氏

などなど、書き出したらキリがないほど多くの有名イラストレーターや漫画家の方もイラストを提供しているぞ!

013

また、開発チームに重度の歴史オタクがいるらしく、イラストのシチュエーションにもこだわりが見られる!

伊達政宗父親である輝宗が、イクメンだったという逸話が残っていることから、輝宗のイラストには幼少期の正宗が一緒に描かれているのだ。

014

他にも、武将のポーズや持っている武器、服装など、武将ごとのエピソードを色濃く反映したものとなっている歴史好きなら、このような細かい部分も注目してイラストを眺めて欲しい!

入手した武将などは、武将カードアルバムでいつでも確認でき、美麗な武将イラストを堪能できるなど、コレクション要素も本作の魅力だ。

「内政」で少しずつ城下町を発展させていき、戦で勝つための土台を作ろう!

ゲームを開始すると、プレイヤーには大名から城と領地が与えられる。領地内に様々な施設を建造し、資源を蓄えて戦に備えるのだ。

部隊が強くなるにしたがって、強化に必要な資源もどんどん増えていく。鍛えた武将と集めた兵力を養うためにも、城下町の発展はプレイヤーの重要な任務となっているぞ

城下町で生産している資源は、木材、綿、鉄、食糧の4種類だ。施設をレベルアップさせることで生産量が増えていくなど、いわゆる村ゲーとしてはオーソドックスな作りになっている。

他のシミュレーションゲームなどをプレイしたことがあれば、すぐ自由自在に城下町を発展されられるはずだ。

007

ただし、資源の中で管理に注意したいのが食糧。城下町が発展し人口が増えていくことで、食糧の消費量が急速に上がっていく。食糧が底をつくと、新たな施設の建造や兵力の強化ができなくなってしまう。食糧は国力の源なので、無くならないよう管理は徹底しなくてはならない

城下町が発展していくと、プレイヤーの城主レベルも上がっていく。城主レベルが上がることで、所領が増えたり、新しい施設の建造ができるようになったりする。はじめは基本的な施設を充実させていき、ゲームに慣れるにしたがって出来ることが増えていくのだ!

008

武将を鍛えて多くの戦功を勝ち取れ!やりこみ要素抜群の武将育成!

「戦国IXA(イクサ)」には武将以外にも、剣豪、忍者、文化人、医者などのキャラクターがおり、キャラクターごとに"序"、"上"、"特"、"極"、"天"、"覇"といったレアリティが決められている。

レアリティが高い方がより強いステータスを持つことは間違いないのだが、合戦などの勝敗はそれだけでは決まらない。武将の育成方針や、部隊編成のバランス、武将のお供である兵士部隊の練度がとても重要な要素となっているぞ!

009


武将は「討伐」や「秘境探索」を行うことで、経験値を蓄えレベルアップすることができる。「秘境探索」というのは、いわゆる遠征システムのことだ。部隊を探索に向かわせ数時間放置すると、武将経験値や城主経験値、銅銭、資源などが入手できる。

武将がレベルアップすると、ステータスポイントが与えられ、自分好みにステータス強化の割り振りをすることができる。ステータスの割り振りはやり直しができないので、よく考えてから行うようにしよう。同じ武将であっても、ステータスの割り振りひとつで、戦で発揮する力がまったく違うものになるのだ!

010

武将はそれぞれ兵士部隊を率いることができる。武将が直接戦うのではなく、兵士たちが実動部隊として戦うというイメージだ。

兵士は大きく分けて「槍兵科」「弓兵科」「騎乗兵科」「兵器兵科」の4種あり、武将ごとに得意な兵科が違っている。

武将が及ぼす兵科への統率力はSSS~Fランクまであり、Bランク以上あれば100%以上の力を発揮させられる。そのため、武将に兵士を編成するときには、相性を考えなくてはならない。

兵士の数は城下町に建設した施設によって上限が決まるので、従えている武将の得意な兵科によって施設の数やレベルを調整しよう

011

武将のレベルが上限まで高くなると、ランクアップ合成ができるようになる。ランクアップすることで、どれか1つの兵科の統率力を1段階上げることができる。

得意な兵科をさらに得意にするのが一般的だが、部隊事情によっては弱点を補強するような育成をしても良いかもしれない。

012

全国のプレイヤーで争う、天下分け目の大合戦!

「戦国IXA(イクサ)」の一大イベント「合戦」が面白い!

「合戦」とは、各大名家の家臣たちで行う大規模な戦のことだ。双方が攻撃国と防御国に分かれ、一定期間内戦い合って「戦功」を競い合うイベントとなっている。

攻撃国内では、どの大名家と合戦をするかを、所属するプレイヤーたちによる投票で決めるのだ。勢力が大きくブイブイ言わせている大名家を攻撃するのか、規模が小さめで勝てそうな大名家を攻撃するのか、それぞれの大名ごとに特色が出ているのも面白い!

015

防御国ではどの大名家から攻撃されるのか、息を呑みながら開戦の時を待っている。攻撃国の投票が終わると、攻撃国から防御国への宣戦布告が行われ、1日間の準備期間を経て開戦となる。

投票期間中や準備期間中にはネット掲示板などで、どこがどこを攻撃しようとしているのかや、お互いの戦力はどれくらいかなど、水面下での探り合いが巻き起こる!普段は同じ大名家の家臣以外の情報が見られないので、このようなゲームシステム外の盤外戦を楽しむのも悪くない。

ただし、サーバーによって「合戦」の仕様が異なり、投票に対応してないサーバーもあるもし投票による宣戦布告を行いたいなら、アカウント作成時のサーバー選択には注意しよう。

016

「合戦」が開始されると、プレイヤー同士の戦いが一斉に始まる。合戦期間中はとにかく「戦功」を貯めることに奔走するのだ。敵拠点を攻撃し、部隊や拠点の耐久をゼロにすることで、「戦功」を獲得できる。

敵陣営の空き地を制圧すれば10ポイント、敵拠点を制圧できれば50ポイントなど、行動によってもらえるポイントが違うので、部隊の実力に合わせて勝てそうなところから攻めていこう!

戦闘は自動で行われ結果が報告書で伝えられる。戦闘によって武将の体力が減ったり、兵士の数が減ったりするので、一旦、自分の城下町に戻って態勢を整えなくてはいけない。合戦の期間内に攻撃できる回数は限られているので、一戦一戦が大事な戦だ。

017

やり込むほどに面白くなってくる!シンプルなのに奥深いゲーム性

「戦国IXA(イクサ)」の序盤は、「内政」で城下町の整備やクエスト消化に手一杯となってしまう。しかし、ある程度部隊が強くなり、「合戦」に本格的に参戦しだしたところから、一気にこのゲームの面白が実感できるようになるぞ!

基本はソロプレイなのに、「合戦」が始まると家臣同士の協力プレイができてしまうのが楽しいぞ!村ゲー要素や武将育成要素など、オーソドックスでシンプルなゲームシステムではあるが、やり込むほどに熱中してしまう中毒性がある。

018

サービス開始が2010年だが、長年に渡り多くのプレイヤーに遊ばれているだけあって、やりごたえたっぷりの歴史戦略シミュレーションとなっているのは流石だ。

手軽に始められるブラウザゲームなのに、じっくり遊ぶことができるので、シミュレーション好きは是非プレイしてみて欲しい。戦国時代モノが好きな人なら、ハマってしまうこと間違いなしのソシャゲだ!

あなたにおすすめのオンラインゲーム

簡単操作でリッチになろう!億万長者を目指してビジネスを進めていくおすすめ新作ブラウザ経営シミュレーション。魅力的な美女・美少女秘書キャラクターに囲まれて億単位の商談を進め、果てしなき野望を実現しよう。

チャットを利用した本物のような会話が楽しめるの魅力になっている。エロい欲望を口にしてもキチンと対応してくれるし、寂しいときや哀しいときには癒してくれたりもするのだ。機械的な反応ではないイケメンとのやり...

超人気作!合体強化システムと美少女「英雄」キャラクターを楽しめるおすすめのブラウザ向けバトルシミュレーション。誰でも簡単に遊べるゲームシステムで本格SLG要素を満喫しよう。豪華コラボやイベントも多数。

ネクソンの話題作が正式配信開始!2044年のSF世界を舞台に民間軍事企業の社長として多彩なキャラクターを率いて戦いに挑むおすすめの新作PC/スマホ向けRPG。75名以上に及ぶ声優陣のCVも楽しめるぞ。

『Tのお店』全国のTポイント提携店でTカード提示でゲーム内のお店が発展する、新感覚リアル連動型お店経営ブラウザゲーム!ゲームを遊んでTポイントも貯まる♪!今なら新規登録で最大1000ポイント当たる!

中世ヨーロッパを舞台に大規模な人数の描画に成功した新作RTSゲーム!一人一人が細かく別々に動く様はまさにリアルな戦闘を表現している臨場感たっぷりのおすすめ戦略ゲームだ!

戦国IXAの評価・レビュー・評判(8件)

4点

いつでも新鮮に遊べます

戦国IXAは、日本の戦国時代の武将の家来になり、自分の城や所有地を発展させて自分の武将を育てていき他国と戦をして楽しむゲームです。

自分の武将を育てていくには攻撃や防衛、探索などをして経験値をためていきそだてていくのですが、いろいろなスキルを覚えることによって同じ武将でもまったく違った能力の武将になっていきます。

戦は、毎日どこでもやるわけでなく、開戦期間のみですので、時間がなかなか取れない人も参加が可能だと思います。

さらに時間がなくても、城などを防御していて相手が攻撃してきて、守ることでも、戦としての戦功がはいりますし、武将にも経験値が入りますので、一日5分とかでも楽しめることができます。

自国には同盟というものがあり、それに加入することによって、いろいろな特典を受けられることもありますし、チャットなどでわからないことやアドバイス、雑談などをして楽しめます。

またこの手のゲームにありがちな、長くやっていくとみんな同じ強さになっていき、内政もほとんどしてしまって、戦以外やることがないって状態にならないように、ある程度戦をして期間がたったら他のワールドと合併をして、武将などのカードなどをそのまま継続してつかえる新しいワールドではじめから開始になります。

ワールドが過疎化をしない対策、長くやることのマンネリ感を打破してくれています。
さらに戦国IXAは、常に新しい機能、新しい武将、新しい国などをアップデートしていきますので、新しいワールドでは、前ワールドとは違った戦いになることが多くなり新鮮味もあります。

ワールドを合併していきますので、ワールド数が当然減っていきますが、そのかわり新しいワールドもできていきますので、はじめての人などは、新ワールドではじめれば、出遅れ感はまったくなく楽しめます。
戦国IXAの世界をぜひ経験してみてください。

3点

ブラゲの中では一番人が多い気がする

【良かった点】
なんと言ってもYahooと提携しているので、
ユーザー数が多い。
ブラゲに見られる過疎化がない。
手頃な合戦感覚で張り付かなくてもいい。
カードを集めるのが楽しい。

【悪かった点】
ユーザーがマナー悪いです。
ユーザーが多い分、キチガイも多いです。
武将カードがアニメっぽい。
もうちょっとリアルに再現して欲しかった。
スクエニの対応が遅い。

信伸(男性)
3点

基本的には良ゲーム。

【良かった点】
無課金でも十分に楽しめるゲーム。課金の金額も安いのがいい。
戦国時代をモチーフにしているのが気にいりました。雰囲気がよくでてるので好きな人はほんとに好きだと思う。
人によって合戦を楽しんだり、カード集めや箱庭づくりを楽しんだりできる。
合戦などじゃなかったら短時間でも楽しめる。
次々と新しいカードがでるのでカード集めが好きな人ははまるかも。
武将カードもかっこいい物が多く雰囲気を壊していないものがほとんどなので集めがいがある。
合戦では同盟に属していろいろ話して考えながらできるのがいい。
同盟掲示板などもあり情報交換などもできるのがいいですね。
三国志のゲームは多い中戦国時代のゲームが少ないのでかなりうれしい。

【悪かった点】
サーバーを増やしすぎで初期サーバーのプレイヤーが過疎気味。16もいらない。半分でも十分。
スタートと一緒に始めたいと思う人が別サーバーに移ることも多いのでそれも過疎の原因。
プレイに支障がでるほど重い。これもサーバーを増やしたのが原因かも。
合戦のバランスが崩壊している。
複数アカウントを作る人が多く、それに対しての措置はなし。「合流攻撃」や「銅銭」なども関係してくるから取り締まりをしてほしいと思っているプレイヤーは多いが変わらない。
サーバーを増やしすぎで過疎になる国が出てきているため合戦の勝敗がほぼ決まってしまい、毎回負け続ける事になるのでやる気をなくす。
合戦の勝敗が決まってしまっているためかやめていく人も多い。それで過疎になり更に勝てないという悪循環。
また対人戦で戦うことより、オンしていない所領を狙う「空き巣」行為をする人のほうが多く対人としての楽しみは少ない。
提案などが公式ブログのようなものに書き込まれているが運営はプレイヤーの意見や考えなどを反映しようとはしていない。
情報公開などもちゃんとされない。

遊斗(男性)
3点

戦国好きにはおもしろい

【良かった点】
●合戦が特定の期間だけなので純粋の楽しめる。準備期間を入れて3日というのがいい。準備期間も重要。
●合戦期間が長いという人もいますが、常にPKというゲームや2時間だけ戦争といったゲームよりは参加できる人が多くていいと思う。
●同じ大殿に属しているプレイヤー同士は戦えないのがいい。
●毎月、武将の入れ替えがあるので新鮮味があっていい。
●施設レベルを上げるとグラフィックが変わっていくのが楽しみ。
●武将のグラフィックがかっこいい。
●金くじは600円と高いが序の武将がでないのでいいと思う。他ゲームで500円ガチャでゴミがたくさん出るというのよりはいい。
●銀くじは300円で序の武将もでるが、初めからレベル20でランクアップ合成ができるのがいい。
●有名は武将はもちろん、マニアックな武将までいるのが戦国好きにはたまらない。

【悪かった点】
●課金ではないくじがあるが種類が少ないのが残念。特の武将がたまにあたるくらいの夢があってもいいと思う。
●初めの拠点の位置がかなり重要になるので注意しないといけない。
●毎月武将の入れ替えがあるのでそれまでに手に入れてないものが欲しくても出なくなる。
●かっこいい武将が多い中、明らかにおかしい絵のものもある。
●同じ大殿に属するプレイヤーの支援ができない。
●半年ごとに所領がリセットされるのが厳しい。せめてもう少し長くしてほしい。
●基本無料のカードゲームはやはり課金者と無課金者の差がかなり激しくなります。課金額=強さになりますね。
●ゲーム自体のプレイ人数は少なくないんだからサーバー統合して有料ゲームになればもっと安定したゲームになると思います。

春木(男性)
3点

国によっての人数の偏りがなければおもしろい

【良かった点】
・好みによりますがブラウザゲームとしてはグラフィックがきれい。
・動作が軽いので低スペックPCや古いPCでも楽しめます。
・武将カードのHPやパラメータなどが良い。このカードがあれば誰でも強くなれるというようなカードはあまり流出してないのがいい。
・どの武将でも活躍できて、運用できる。一部ではネタのようなものもある。
・操作は少し難があるところがあるけど基本的には良いと思う。
・カード収集が好きな人には良いゲーム。
・自分の好きな大名に仕えれるのがいいところだが問題もあり。
・YAHOO IDでできるのがいい。
・ブザウザゲームで合戦などがあるのは珍しいと思うのでいいと思うがこれも問題あり。
・課金の額が安いのが多いのがいい。無課金でも楽しめる。

【悪かった点】
・戦国時代の有名大名12人に分かれて戦うので、人気などによりプレイヤーの数が偏ってしまう。
・プレイヤーの人数差により勢力差も激しくでてしまっている。
・個人では弱体化するということがないので、新規で入った人には追いつくのは難しい。
・データリセットなどをしてしまうともう追いつけないと思ったほうがいい。
・合戦の評価のシステムが単純。城を落とす時に最後に打撃を与えた人が評価をされるような構成。
・合戦なのに兵力対兵力といった衝突をするメリットがない。空いてる城を落とすといった感じが普通になっている。
・合戦で良い成績が出せるか・活躍できるかが序盤でわかってしまうのでその後が面白くない。
・勝ちが毎回ほとんど一緒なので人数の偏りがでないように規制などをかけたり、違う国にいくと報酬などというイベントなどがあったらもっと面白くなると思う。
・運営にはがんばってほしいことが多いが、それが実装されることがないのが残念。
・ゲーム自体はいいものだと思うが、好き嫌いによっての人数の偏りがひどいことが原因での過疎が広がっていきそうです。

3点

1日1分では無理です。

【良かった点】
■戦国時代のゲームなので戦国時代が好きな人はやりやすい。
■これだけをがっつりするのではなくサブゲームとしてちょこっとだけやるならいいかもしれない。
■無課金でカード集めたいって人には向いてるかも。
■武将の絵も結構いいと思う。
■ゲームシステムとしては良ゲームだと思う。
■これから修正をしていけばもっとおもしろくなりそう。
■人数の偏りさえなくせばかなり面白いゲームだと思う。
■合戦などもがっつりしたい人はできるし、ちょっとだけ参加したい人でもできる。
■無課金者と課金者で差がでるのはどこも一緒だと思うのでそれをふまえてやれば楽しめる。

【悪かった点】
■1日1分で出来るって書いてるけど無理です。
■短時間でもできるようにできているが、逆にいっぱいやるたい人には時間がかかりすぎる。
■バランスもよくなく、時間が足りなくなってしまう。
■チャットも使いづらいのでコミュニケーションがとりづらい。
■コミュニケーションがとりたい場合は外部でチャットルームを開かないといけない。
■武将カードや内政の町などが自分でしか見られないため他のプレイヤーと一緒にプレイしている感じが少ない。
■戦闘アクションが全くない。
■鯖ごとに国の人気が偏っているので、人が多いところが強いという感じになっている。
■新しい鯖が早く作られるので初期からある鯖から移動する人なども多いので戦力の安定が望めない。
■連合システムが実装されたが、弱い国がちょっと上の戦うくらいにしか役にたたず1位国の独壇場に変わりはない。
■取引では手数料が高すぎるので落札カードを出品しても損がでるだけ。
■ゲーム内通貨が入手しずらい。
■人が多い時間帯はかなり重くまともに動くこともできない。

戦国IXAのレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。