『Hot Lap League: Deluxe Edition』のタイトル画像

『Hot Lap League: Deluxe Edition』は、2022/8/23からSteamで正式配信されているUltimate Studioの購入型PC/Nintendo Switch向けゲームで、ゲームらしい多彩なコースを楽しめるアクションレーシングゲームタイトル。

150種類以上に及ぶ驚きに満ちたコースの数々、ドライビングテクニックを磨きながら最速の座を目指せるリプレイ性抜群のゲームプレイ要素、個性的なマシンを構築できる多彩なカスタマイズシステムが大きな魅力で、カジュアルに遊べるアクションレーシングゲームを探している人におすすめの新作。

カジュアルに遊べるレースゲーム

現在PCゲームのポータルサイトSteamおよびMy Nintendoストアで正式配信中の『Hot Lap League: Deluxe Edition』は、多彩なコースにアクション要素満点の運転テクニックで挑んでいくおすすめの新作。幅広い年代のプレイヤーを夢中にさせてくれるアクションレーシングゲームタイトルだ。

ゲームに実装されているコースは150種類以上と豊富。どのコースも現実世界ではあり得ないデザインで設計されており、コースによって様々なドライビングテクニックが要求される。ドライビングアシスト機能などの便利なシステムはなく、プレイヤーのテクニック頼みとなる「真剣勝負」の世界が特徴だ。

多彩なコースにチャレンジしていく『Hot Lap League: Deluxe Edition』

▲コースを攻略しながら「最速の座」を目指していくスリリングなプレイ要素が展開する新作。

磁気アスファルトの上を高速で駆け抜けたり、特大のループになっているコースを一気に制圧したりといったゲームらしい運転要素の数々に触れられる点が大きな魅力となっており、同じゲームをプレイしているユーザーと一緒になって「世界記録更新」を目指せるため、リプレイ性は極めて高い作品と言える。

ゲームには自分好みに車両を改造できるカスタマイズシステムも存在し、100種類以上のパーツオプションで自由自在なデザインを施すことも可能。プレイを続けながら新たなコースをアンロックしつつ、変化させたマシンの外見を大いに楽しんでいこう。長く遊べるおすすめのタイトルだ。

スマホアプリ版も好評販売中

ゲームを開発・運営しているのは、新進気鋭のゲームスタジオ「Ultimate Studio」で、本作は彼らにとって記念すべきデビュー作。多国籍のメンバーで構成されている同スタジオの理念は「長続きするゲームを創造すること」で、その理念と設計思想は本作のゲームシステムにも反映されている。

なお、本作は元々iOSとAndroid OS向けに開発されたスマホゲームアプリで、Nintendo Switch版とPC版は移植作となる。販売価格はiOS版が610円でAndroid OS版が560円、Nintendo Switch版が2699円でSteam版が1520円。Switch版にはプレミアムボーナス車両4台が付属しているため、値段が高い。

スマホアプリ版も存在する『Hot Lap League: Deluxe Edition』

▲スマホゲームアプリ版とNintendo Switch版、そしてSteamのPC版で展開中のタイトルだ。

ゲーム設計的にはスマホを意識したデザインになっており、かつスマホ版の方が値段が安いため、お手軽に遊びたい場合にはスマホ版を選ぶという選択肢もアリ。Nintendo Switch版はフルコントローラーサポート、PC版は部分的なコントローラーサポートがあるため、この部分を考慮しながら選ぶのも良いだろう。

スマホ版とNintendo Switch版、そしてPC版全てで日本語インターフェースを搭載し、参入の敷居は低い。また作品は異なるデバイスのプレイヤーが一緒にレースでタイムを競い合えるクロスプラットフォームマルチプレイにも対応しているので、幅広いユーザーが最速の座を競い合えるようになっているぞ。

ゲームらしい多彩なコースを楽しめるアクションレーシングゲーム『Hot Lap League: Deluxe Edition』は、現在各ストアで好評配信中。プラットフォームで販売価格が異なるので、自分が遊びやすいデバイスで購入すると納得できるはずだ。興味が湧いた人は今すぐストアにアクセスしよう。

【おすすめポイント】大興奮のレースを楽しめる新作!

基本ゲームシステム

操作系統に多少の違いはあれど、『Hot Lap League: Deluxe Edition』の基本ゲームシステムはスマホ版とPC、Nintendo Switch版で共通。無料で作れるゲームのアカウントを先に作成しておくことによって、クラウドで保存されるセーブデータを各プラットフォームでも利用できるので、活用していこう。

ゲームのメインメニューには「ガレージ」「キャンペーン」「デイリーイベント」「ショップ」の項目が並ぶ。キャンペーンとデイリーイベントが実際にレースを行うコンテンツで、そこで獲得した報酬アイテムでマップやアイテムなどをアンロックしていく仕組みだ。日替わりイベントもある新作ゲームだぞ。

150種類以上のコースを実装する『Hot Lap League: Deluxe Edition』

▲スピード感満点のプレイ要素が展開。操作テクニックを磨いて最速タイムでのクリアを目指そう。

実際のレース画面では他プレイヤーとの競争要素があるが、プレイヤー戦についてはリアルタイムで戦うのではなく「ゴースト」方式を採用している。一緒に遊んで盛り上がりながらプレイを進めていく類の作品ではないため、リアルタイムオンラインPvPを求めている人は注意しておこう。

レース中には「ドリフト」操作も行いながらコースを疾走していく。リアル寄りのレーシングシミュレーションとは異なり、アクセスする操作ボタンの数が少ないので、初心者から上級者プレイヤーまで無理なく遊べるシステムに仕上がっている点がポイントだ。カジュアルかつアーケードライクな新作だぞ。

合計150種類以上存在するコースは、プレイの進捗によって次々と解禁。コース数が半端なく多いため飽きることがなく、常にフレッシュな気分でレースを楽しめる点がポイントだ。フィニッシュタイムによって金・銀・銅の評価が下されるので、全てのコースで「金」を獲得できるように頑張ろう。

【おすすめポイント】カジュアルに遊べる新作ゲーム!

カスタマイズシステム

ゲームプレイの進捗によってゲットできる報酬アイテムは、マシンの購入や所有する車両のカスタマイズに利用できる。ペイントパターンや各種パーツを購入し、自分好みの車両へとカスタマイズしていこう。長くプレイするほどカスタマイズの選択肢も増えていき、やり込み要素もどんどん深くなるぞ。

カスタマイズ可能な項目は「ボディ」「ホイール」「リム」「デカール」「カラー」の5種類。特にカラーとデカール要素が充実しており、凝ったデザインを施すことで見た目の印象も大きく変化。3Dモデリングされたリアルな車両を自分色に染めながらプレイを継続できるので、やり甲斐も出てくるはずだ。

『Hot Lap League: Deluxe Edition』のカスタマイズ画面

▲『Hot Lap League: Deluxe Edition』のカスタマイズ画面。好みの車両を生み出してみよう。

前述の通り、カスタマイズオプションは実に100種類を超えるので、他プレイヤーと被らないスタイルも十分に実現可能。所有しているキャラやビークルをカスタマイズしていくゲーム要素が好きな人であればハマること請け合いで、Ultimate Studioの理念でもある「長続きするゲーム」になっていくはずだ。

【おすすめポイント】カスタム要素が最高に面白い!

ランキング要素

ゴースト方式で他プレイヤーと「最速の座」を争っていく『Hot Lap League: Deluxe Edition』には、リアルタイムで反映されていくグローバルランキングシステムがあり、毎日プレイを継続しながら世界トップを目指すプレイにも熱が入る。他プレイヤーと何秒離れているのか確認できるので便利だ。

『Hot Lap League: Deluxe Edition』のランキング要素

▲他プレイヤーのタイムを確認できるので向上心にも火がつく。最速の座を目指して頑張ろう。

【おすすめポイント】競争力抜群の新作ゲーム!

システム要件

スマホアプリ版の移植作品のため、Steamで配信されているPC版『Hot Lap League: Deluxe Edition』の要求スペックはかなり低め。推奨要件で提示されているCPUは第6世代のプロセッサーとなっているため、かなりのユーザーがクリアできるはず。スペック面の軽さも光る新作レーシングゲームだ。

グラフィックボードに関しては最低動作環境でGTX 500番台、推奨環境ではGTX 1000番台となり、こちらも要求スペックは低い。現行のローエンドなゲーミングPCでも問題なく起動でき、かつ最高設定にしても安定したプレイ環境が実現するので、幅広いPCユーザーが遊べるタイトルとなっている。

推奨要件が低い『Hot Lap League: Deluxe Edition』

▲スマホアプリの移植作品なので要求スペックは低め。誰でも気軽にダウンロードできるぞ。

インストールサイズは最大で約1GBとかなり軽く、こちらの面でも参入の敷居は低い。普段ストレージが逼迫気味のプレイヤーでも安心して導入できるおすすめのタイトルで、導入したままでもストレージを圧迫しないので便利だ。ちなみにOSはWindows 7以上をサポートしているぞ。

インストールサイズも少ない『Hot Lap League: Deluxe Edition』

▲ゴージャスなグラフィックでありながら軽いおすすめのアクションレーシングゲームだ。

クラウド上にデーブデータを保存する関係上、Nintendo Switch版の本作は「セーブデータお預かり」機能には非対応。またプレイ人数は1名で、複数のプレイヤーが同時に遊ぶことはできない。ゴーストと勝負するゲームシステムなので、Switchらしいマルチプレイの多彩な遊び方ができない点はやや残念だ。

ゲームらしい多彩なコースを楽しめるアクションレーシングゲーム『Hot Lap League: Deluxe Edition』は、現在SteamおよびMy Nintendoストアで好評配信中。多彩なコースへのチャレンジ要素と豊富なカスタマイズシステムで長く遊べるタイトルだ。興味が湧いた人は各ストアをチェックしよう。

【おすすめポイント】軽さも光る新作タイトル!

Hot Lap League: Deluxe Editionスペック/動作環境

動作環境 必須環境 推奨環境
対応OS Windows 7 or Later
CPU Intel Core i5 4th Gen or equivalent
メモリー 4GB
グラフィックカード GeForce 500 series or equivalent
VRAM
HDD空き容量 800MB
DirectX Version 10
回線速度 ブロードバンドインターネット接続

あなたにおすすめのオンラインゲーム

新作

ガンダムファン必見の新作!6対6のチームバトル形式でスリリングなPvPを体験できるおすすめアクションFPSが現在PC向けに基本プレイ無料で配信中。個性的な能力を持つモビルスーツを操作して戦いを楽しもう

世界的ヒットを記録した「Dead by Daylight」と同じ非対称型対戦システムを搭載したサバイバルホラーゲームのPC版がDMM GAMESに新登場!

美麗なイラストで描かれた戦国武将が1500種類以上も登場!最大で40名が参加可能な「合戦」モードが実装されたおすすめ新作戦国バトルゲームがついにPCでも楽しめる!気の合う仲間と一緒に軍団を結成して合戦を楽しも...

「ELSWORD(エルソード)」簡単操作でド派手アクション!個性あふれる11人のキャラの物語をじっくり楽しむ横スクロール型オンラインアクションRPG!

最大16人協力プレイのハクスラのゾンビサバイバルゲーム!ゾンビが闊歩する地でサバイバル生活を営むおすすめのアクションRPG!前作の設定から一部共有されてシリーズファンにもおすすめの新作ゾンビゲームだ!

王道ファンタジーの世界で砂漠や雪山、西洋のお城などを網羅した重厚なストーリーで冒険ができるおすすめの新作ハクスラアクションゲーム!RPGならではの大型モンスターをアクションプレイを駆使して王道ファンタジ...

Hot Lap League: Deluxe Editionの評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

Hot Lap League: Deluxe Editionのレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。