『Liberation Special Forces』のタイトル画像

『Liberation Special Forces』は、2022/10/20からSteamで早期アクセス版が配信されているCreative Oven Studioの購入型PCゲームで、危険な組織から人々の開放を目指していくアクションFPSタイトル。

様々なクラスに分かれる兵士で構成される「小隊」を率いながらミッションを繰り広げていく戦略性抜群のゲームシステム、臨場感満点のファーストパーソンビューが大きな魅力で、新人のインディーゲームデベロッパーが開発している作品を応援しながら完成に導くことが好きな人におすすめの新作。

ほぼワンコインで遊べるFPS

現在PCゲームのポータルサイト「Steam」で早期アクセス版が配信されている『Liberation Special Forces』は、特殊部隊の小隊を率いながら様々なミッションに挑んでいくおすすめの新作。ミリタリー系のアクションFPSをプレイすることが好きな人には刺さるシステムと世界観を持つタイトルだ。

ゲームの世界では邪悪な組織が無実の人々に危害を加えており、プレイヤーは訓練を受けた小隊と共に組織の壊滅ミッションに挑むことになる。多彩な武器と特性を持つメンバーを3種類の部隊に配置しつつ、集団で作戦を実行していくプレイ要素が展開する作品で、個人のバトルとは異なる戦術を発揮できるぞ。

小隊を指揮して戦う『Liberation Special Forces』

▲臨場感を高めるファーストパーソンビューで様々なミッションにチャレンジできる。

ゲームはソロプレイ以外にオンラインマルチプレイモードをサポートし、フレンドや世界のユーザーと共闘しながら作戦を実行するプレイを楽しむことも可能。小隊として同じ目的を持ちながら行動し、お互いをカバーしながらアクションシューティング要素に触れられるので、ソロプレイより面白さも増すはずだ。

早期アクセス版の現時点ではミッション内容が限定されており、一部プレイできないコンテンツも存在。どちらかと言えば「アルファ版」に近い状態のタイトルで、プレイ中にバグや不具合に遭遇する可能性も非常に高い。購入時にはこれらの事柄を理解し、開発中の作品で遊ぶ感覚でプレイを進めよう。

新人のインディーゲームデベロッパーが送るタイトル

本作を開発しているのは、これがSteamデビュー作となる新人のインディーゲームデベロッパー「Creative Oven Studio」。正式バージョンの配信は約1年後を予定しており、公式Discordサーバーでプレイヤーからの意見を募っている。開発途上の作品に対してアドバイスしたい人にもおすすめのタイトルだ。

Steamでの販売価格は520円。ほぼワンコインでゲットできるお手軽なインディーゲームで、お財布にも優しい。この価格は正式版で値上がりする可能性が示唆されているため、安価な今のうちに購入するという手もある。なお、早期アクセス版の作品が値上がりした場合でも、購入者は差額を払わずに遊べるぞ。

安価な価格が魅力の『Liberation Special Forces』

▲オープンワールド型のフィールドで小隊を率いながら作戦を展開していくFPSだ。

インターフェースは英語一択となり、残念ながら日本語インターフェース及び字幕・音声には非対応。ゲームの中で画面にテキストが表示される「チュートリアルセクション」が展開する関係上、プレイを円滑に進めるためには一般的な英語読解力が要求される点には十分に注意しておこう。

解除できるSteam実績は存在せず、また汎用コントローラーでの操作にも非対応となっているなど、少々利便性に欠ける部分もあるが、安価な購入価格がそれを補っている。オンラインマルチプレイで遊びたい場合には、日ごろ親しくしているユーザーにプレゼントして一緒に遊ぶのもアリだろう。

危険な組織から人々の開放を目指していくアクションFPS『Liberation Special Forces』は、現在「早期アクセス版」としてSteamで配信中。インディーゲームデベロッパーを応援しながら作品の完成を後押ししたい人にはおすすめのタイトルだ。興味が湧いた人は今すぐストアにアクセスして情報をチェックしよう。

【おすすめポイント】小隊で戦える新作ゲーム!

ゲームシステム

『Liberation Special Forces』では、「アルファ」「ブラボー」「チャーリー」に分かれる3種類の部隊にAI兵士を動員して小隊を指揮するプレイ要素を体験できる。無論プレイヤー自身も武器を持って戦うことが可能で、ソロプレイ時でも賑やかな編成でアクションシューティングに挑める点がポイントだ。

ホーム画面にある「チュートリアル」を選択すると、操作体系と可能なアクションについて学べるセクションで訓練を体験できる。この場所がゲームのヘルプ画面を兼ねているので、初見でプレイする際には面倒でも最初にチュートリアルセクションに移動して基礎を学んでおこう。親切なシステムが光る新作だ。

現時点でアクセスできるゲームモードはソロプレイ向けの「キャンペーン」と、オンラインCO-OPが展開する「マルチプレイヤー」モードの2種類。前者ではAIが操作する兵士を小隊のメンバーとして編成し、後者ではプレイヤーが一緒に小隊として行動していく。状況に応じて好きなモードで遊ぼう。

『Liberation Special Forces』のホーム画面

▲ゲームのホーム画面。「クイックミッション」については現在開発中となっている。

ゲームモードを選択するとミッションの選択画面へ移行。ここで好きなミッションを選択し、その後メンバーを編成してから戦いに挑んでいくことになる。なお、現時点では人質救出などの要素が存在せず、拠点にいる敵プレイヤーを倒すだけの簡易的なミッションが展開。今後の開発進捗に期待しよう。

小隊に編成できるメンバーは「ライフル」「マークスマン」「アンチ・タンク」「サポート」のクラスに分かれており、それぞれ装備品と武器、行動特性に違いがある。現時点ではそれほど明確なクラス分けができていないようだが、こちらも今後の開発で個性が出てくるはず。好きな編成を行おう。

小隊メンバーに指示を与えながら戦うプレイ要素が展開

小隊を編成し終えるとゲームがスタート。プレイ画面にはミッション目標がテキストで表示され、画面下部では自分が装備している武器の種類と弾薬が表示される。自分の周囲にいる兵士に対して行動指示を与えつつ、敵が陣取っているエリアまで進軍して攻撃を加えていこう。マップはかなり広いので注意だ。

プレイ中の小隊メンバーの動向は画面右上で確認することが可能。この場所には現在各兵士がどんなアクションを行っているのかがテキストで表示されるので、いちいち後ろを振り返って状況を確認する手間が省ける。AIの精度に関しては「それなり」なので完璧とは言えないが、ゲームが何を目指しているかは分かる。

『Liberation Special Forces』のプレイ画面

▲小隊メンバーの動向は画面左上のテキストで確認可能。上手く指揮して敵を制圧しよう。

アクションFPSの黄金期には、こうした「AIメンバーに指示を出しながら戦う」形式の海外ゲームが人気を博した時期があり、本作の作風はそれを思い起こさせてくれる。残念ながら現時点では敵が棒立ちになるバグがあるなど、プレイの没入感を阻害する不具合も起こるが、今後の開発が楽しみだ。

オンラインマルチプレイで遊ぶ場合には、ソロプレイ時とは全く趣きが異なるため、敵兵士たちのAIが進化していけば遊び甲斐のあるCO-OP型のミリタリーゲームとして人気が出るはず。PvP要素は一切含まれない作風だが、逆にそれを望んでいるプレイヤーも多いと思われるので、このまま進んでもらいたい。

アルファ版に近い作品なので総合的な評価を下すことは困難。だが作者が思い描いているゲームシステムは把握できるので、今後はこれをいかに磨いていくかが勝負の分かれ道になるだろう。SteamにはミリタリーFPSにうるさいファンが多いので、彼らを味方に付ける勢いで開発を進めてほしいところだ。

【おすすめポイント】これからに期待の新作FPS!

システム要件

『Liberation Special Forces』のシステム要件はやや高め。推奨要件で提示されているグラフィックボードは「Nvidiaの最新バージョン」という曖昧な表現で書かれているが、どうもローエンドなPCは受け付けない作品のようで、万全を期して遊びたい場合にはミドルスペック帯のPCが必須になりそうだ。

システム要件が重い作品の大半は「最適化不足」に陥っている事が多く、本作もご多分に漏れずそのパターンである可能性が高い。グラフィック品質はまだ稚拙なので、ミドルレンジ帯以上のPCでないと処理できないほど負荷が重い描写が今後生まれるとは少々考えにくい。最適化に期待のタイトルだ。

システム要件が高めの『Liberation Special Forces』

▲それほど豪華なグラフィックではないが、PCへの負荷は高め。最適化が必須の新作だ。

OSに関してはWindows 10と11のみが対象で、7や8.1はサポート外。インストールサイズは現時点で10GBとやや大きめだが、このサイズは今後の開発進捗で増加する可能性があるため、正式バージョンもプレイしたい人はストレージの空き容量に注意しておこう。やや敷居が高い新作ゲームだ。

【おすすめポイント】PCのシステム要件に注意!

正式版への展望

約1年後の正式バージョン配信を目指して開発中の『Liberation Special Forces』は、今後の開発次第で人気が出そうな新作ゲーム。とは言え現時点ではゲームバランスや挙動の面で不備が多く、正当な判断を下すことは難しい。多くのテストプレイを経てゲームを磨いていく姿勢が求められるタイトルだ。

正式版に期待の『Liberation Special Forces』

▲開発はまだ始まったばかり。少々出すのが早かった印象も受けるアクションFPSだ。

危険な組織から人々の開放を目指していくアクションFPS『Liberation Special Forces』は、現在「早期アクセス版」としてSteamで配信中。作者が思い描くような世界になるにはかなり時間が掛かりそうなタイトルだ。興味が湧いた人は今すぐストアにアクセスして、詳細なゲーム情報をチェックしよう。

【おすすめポイント】今後に期待のFPS!

Liberation Special Forcesスペック/動作環境

動作環境 必須環境 推奨環境
対応OS Windows 10, Windows 11
CPU i-5
メモリー 8GB
グラフィックカード NVIDIA latest. or other powerful ones.
VRAM
HDD空き容量 5GB
DirectX Version 11
回線速度

あなたにおすすめのオンラインゲーム

プレイヤー数1億6000万以上!実在戦車を操りながらオンラインバトルを楽しめるおすすめのPCゲームが基本無料で好評配信中。世界のプレイヤーと一緒に戦いを楽しもう

2024年のニカラグア、ボリビアからロシアが舞台となっている世界を描いたおすすめ近未来ミリタリーアクションゲームが登場!現実世界で起きているようなリアルな戦争を再現している新作本格派FPSだ!

ダークな世界観で今もなお世界中のファンから親しまれている名作FPS「S.T.A.L.K.E.R.」の精神的後継作品が「STEAM」に堂々登場!放射能で汚染されたチェルノブイリを舞台に最大100名参加可能なバトルロイヤルで勝ち...

人類の移住実験が失敗した100年後の「火星」に取り残された「クローン人間」となり、来るべき「太陽フレア」のインパクトに備えてサバイバル生活を行う近未来SFのおすすめ新作PCゲームのマルチプレイFPS!PvPが可能...

eスポーツで世界的な盛り上がりを見せている大人気FPSシリーズ最新作!前作を遥かに超える美麗グラフィックで展開する緊張の対テロバトルが見所!5対5のチーム戦でアクションシューティングの腕前を見せつけろ!

「レインボーシックス」と「ゴーストリコン」の制作に関わったスタッフが立ち上げた独立系ゲームスタジオが放つ最新タクティカルシューティングゲームのアーリーアクセス版が「STEAM」に登場!FPS黄金期への回帰を目...

Liberation Special Forcesの評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

Liberation Special Forcesのレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。