『Warhammer 40,000: Darktide』のタイトル画像

『Warhammer 40,000: Darktide (ウォーハンマー40K:ダークタイド)』は、2022/12/1から正式配信されているFatsharkの購入型PCゲームで、世界的人気を誇るミニチュアゲームの世界観で遊べるFPSタイトル。

4つに分かれるクラスを選択しながら壮絶なシューティングバトルを展開していく協力プレイ専用のゲームプレイ、没入感が深まるキャラメイクシステム、近接攻撃と遠距離攻撃を使い分けていくスリリングな戦いが魅力で、『ウォーハンマー40K』ファンの人、ド迫力のアクションSTGで戦いたい人におすすめ。

『ウォーハンマー40K』ファン必見のFPS

現在PCゲームのポータルサイト「Steam」で正式配信中の『Warhammer 40,000: Darktide (ウォーハンマー40K:ダークタイド)』は、遠未来SF世界が舞台のボードゲーム『ウォーハンマー40K』の世界観を持つおすすめの新作。4名のプレイヤーがCO-OPで戦いを進めていくアクションSTGタイトルだ。

ゲームの舞台となるのは、広大な蜂の巣都市「テルティウム」。プレイヤーは「罪人」としてゲーム世界へ降り立ち、「異端審問官」に協力する形で死刑の恩赦を確保する契約を結ぶ。言わば「使い捨ての軍隊」だ。映画『スーサイド・スクワッド』的な「ワルな罪人が活躍する世界観」を持つ新作ゲームだぞ。

人気シリーズの世界観で戦う『Warhammer 40,000: Darktide』

▲オンラインで4名のCO-OPを繰り広げていくおすすめの新作アクションFPSタイトルだ。

ゲームには4種類のクラスが存在し、クラス選択後には詳細なキャラメイクで性別や外見などを設定できるようになっている。このキャラ設定では自分自身の「出自」まで選べるため、没入感が高まること請け合い。他プレイヤーとマッチングして遊ぶ作品なので、個性的なキャラを生み出してみよう。

プレイ視点はファーストパーソンビューを採用し、圧倒的な3Dグラフィックで展開する怒涛のバトルシーンを多いに堪能できる。生き延びるためには近接戦闘と遠距離攻撃に分かれる攻撃スタイルをマスターして立ち回る必要があり、独自のバトルスタイルを持つ敵との攻防戦が大いに捗るぞ。

標準で日本語インターフェースをサポート

ゲームを開発・運営しているのは、2007年にスウェーデンで発足したインディーゲームデベロッパー「Fatshark」。高い評価を得た『Warhammer Vermintide』の開発元で、100名以上の経験豊富なスタッフを擁する巨大スタジオ。『Warhammer』シリーズファンからの信頼も厚いデベロッパーだ。

Steamでの販売価格は5200円。なお、本作は標準で日本語インターフェースと字幕を完備しており、参入の敷居は低い。ゲーム内では85,000文字に及ぶ会話シーンが発生するため、日本語版があるのは非常に有り難い。伝統あるシリーズ作品の世界観を持つタイトルだが、初心者ユーザーでも入り込めるはずだ。

ディストピアな世界観で戦う『Warhammer 40,000: Darktide (ウォーハンマー40K:ダークタイド)』

▲退廃したディストピアなSF世界で決死のバトルが展開していくシリーズファン必見作。

Steamストアでは、ゲームの面白さを広げてくれるダウンロードコンテンツ『Warhammer 40,000: Darktide - インペリアルエディション』が併売中で、これと本作をバンドルにした製品も7801円で併売中。DLCとデラックスエディションの名前が同じなので紛らわしいが、ファンは購入を検討しよう。

ゲームは部分的ながら汎用コントローラーでの操作にも対応し、普段コントローラーで遊ぶことが多い人も安心。また詳細については後述するが、PCへの要求スペックも中程度に抑えられているため、幅広いPCゲーマーがプレイできる環境も整っている。なお、快適なプレイを実現するためにはSSD環境が必須だ。

世界的人気を誇るミニチュアゲームの世界観で遊べるFPS『Warhammer 40,000: Darktide (ウォーハンマー40K:ダークタイド)』は、現在Steamで好評配信中。ワルな罪人として死刑の恩赦を目指す決死戦に挑むタイトルだ。興味が湧いた人は今すぐストアにアクセスして、詳細なゲーム情報をチェックしよう。

【おすすめポイント】壮絶バトルが展開するFPS!

ゲームシステム

『Warhammer 40,000: Darktide (ウォーハンマー40K:ダークタイド)』の醍醐味は、マッチングした4名のプレイヤーが一緒に共闘要素でプレイを進めていくアクションシューティングバトルにあり、そこに選択したクラスの特性を活かせる余地がある。CO-OPを存分に味わえる必見の新作タイトルだぞ。

クラスは「ベテラン」「サイカー」「ジーロット」「オグリン」の4種類。それぞれ初期装備とパッシブ効果、クラスアビリティーに違いがあり、CO-OP時にはこれらの違いでお互いをサポートするプレイ要素が大いに捗る。自分がどのように暴れ回りたいのかを考えてから選ぶと良いだろう。

4種類のクラスがある『Warhammer 40,000: Darktide (ウォーハンマー40K:ダークタイド)』

▲4種類のクラスはそれぞれに明確な特徴がある。好みのクラスを見つけ出す面白さもあるぞ。

プレイヤールームに相当するエリアでミッションを選択し、その後マッチングしたユーザー同士で戦いを進めていく本作には、難易度が異なるマップが多数実装されており、自分のレベルに応じて選べるようになっている。灼熱の工場や、酸性雨で腐敗した水源エリアなどの過酷なマップで戦いを進めていくぞ。

マップは基本的にオープンワールド型で、参加したプレイヤーは散開しながら行動することもできるが、ゲームバランス的にみんなと一緒になって戦うことが推奨されるため、あまりに単独行動で進んでいくと危険。「生還する」ことを目標にミッションにチャレンジし、歴戦のプレイヤーに成長していこう。

見事にマップをクリアすると報酬アイテムを獲得し、キャラクターを成長させられる。何度もリプレイしながら自分のキャラを成長させ、より危険度の高いミッションへと挑んでいくプレイ要素も加速するはずだ。新たな武器類をアンロックしてロードアウトを変更していくプレイも可能なので楽しいぞ。

成長要素もある『Warhammer 40,000: Darktide (ウォーハンマー40K:ダークタイド)』

▲群がる敵キャラを粉砕しながらクリアを目指すプレイ要素が展開。バトルが最高に面白い。

各クラス固有の能力を発揮できるように敵キャラクターが出現する点が本作のポイントで、大量の敵が湧いた場合には「オグリン」の圧倒的なパワーで押し返すなど、「適材適所」のプレイを堪能できて面白い。マップ内で局地的に発生する場面でチームメンバーを機能させていくことが勝利への近道だ。

一緒に遊ぶプレイヤーの考え方次第でゲームバランスが変わっていく不確定な面もあるが、それを含めてオンラインCO-OPの醍醐味を体験できる作品と言える。フレンドや世界のユーザーと一緒になってチームを組み、壮絶な戦いが待ち受ける数々のマップにチャレンジして報酬を勝ち取っていこう。

【おすすめポイント】CO-OPが捗る新作ゲーム!

システム要件

『Warhammer 40,000: Darktide (ウォーハンマー40K:ダークタイド)』のシステム要件は中程度。ストアで提示されている推奨要件のグラフィックボードは「RTX 3060」もしくは「RX 5700XT」となるため、現行のミドルスペックなゲーミングPCを持っていれば快適にプレイできるはずだ。

CPUの推奨モデルは「i7-9700K」もしくは「Ryzen5 3600」で、こちらもミドルクラス。ただしOSに関してはWindows 10以上が動作対象になっているため、これよりも古いOSで遊んでいる人は注意。またCO-OPメインの作品のため、通信環境も万全な状態にしてからプレイをスタートしよう。

システム要件が中程度の『Warhammer 40,000: Darktide (ウォーハンマー40K:ダークタイド)』

▲PCへの要求スペックは中程度。ローエンドなゲーミングPCの場合は設定を妥協しよう。

インストールサイズは50GBとなかなかの重量級。精緻な3Dグラフィックで重たくなっている作品だが、最新ゲームらしい迫力満点かつ高精細な映像美をたっぷりと味わえるので、サイズ分の満足感は堪能できるはず。ミドルからハイエンドなPC構成を持っている人は、最高設定の美しい画面で世界を遊び尽くそう。

【おすすめポイント】ミドル以上のPC推奨!

ダウンロードコンテンツ

『Warhammer 40,000: Darktide (ウォーハンマー40K:ダークタイド)』には、ゲーム世界を深く楽しむためのダウンロードコンテンツ『Warhammer 40,000: Darktide - インペリアルエディション』が存在する。Steamでの販売価格は3188円で、ベースとなる無印版を所有している人が購入対象だ。

『インペリアルエディション』には、4種類のクラス向けの衣装や武器などがセットになった「忠臣パック」や、装飾用のポートレートフレーム、人間キャラクター用の装飾用バックパック、英国アカデミー賞受賞歴を持つ作曲家イェスパー・キッド氏のデジタル・サウンドトラックなどが同梱されている。

『Warhammer 40,000: Darktide (ウォーハンマー40K:ダークタイド)』のDLC

▲『Warhammer 40,000: Darktide - インペリアルエディション』の収録内容一覧。

またゲーム内で利用できるプレミアム通貨「アクィラ」2500枚もあるので、ゲーム内ショップでの買い物も捗るはず。キャラの見た目を変えてくれるアイテムが数多く詰まったダウンロードコンテンツだが、同じゲームをプレイしているユーザーに自慢できるアイテムばかりなので面白いぞ。

世界的人気を誇るミニチュアゲームの世界観で遊べるFPS『Warhammer 40,000: Darktide (ウォーハンマー40K:ダークタイド)』は、現在Steamで好評配信中。プレイヤー同士で結束しながら戦える必見のタイトルだ。興味が湧いた人は今すぐストアにアクセスして、詳細なゲーム情報をチェックしよう。

【おすすめポイント】遊び甲斐満点のアクションFPS!

ウォーハンマー40K:ダークタイドスペック/動作環境

動作環境 必須環境 推奨環境
対応OS Windows 10 (64 bit) / Windows 11 (64 bit)
CPU Intel i5-6600 (3.30GHz) OR AMD Ryzen 2400G (3.6 GHz)
メモリー 8GB
グラフィックカード NVIDIA GeForce GTX 970 OR AMD Radeon RX 570
VRAM
HDD空き容量 50GB
DirectX Version 12
回線速度 ブロードバンドインターネット接続

あなたにおすすめのオンラインゲーム

プレイヤー数1億6000万人以上!世界的に絶大な支持を得る無料戦車TPSゲーム!戦車好きにはハマる要素しかないオンラインゲームだ!第二次世界大戦を550以上の忠実に再現された戦車での多人数同時参加型オンラインア...

日本でNo.1人気の無料オンラインFPS!ユーザー数200万人突破し、プレイ人口、グラフィック、武器種類、MAP数、そして多彩なモードなど最高峰のタイトルだ!

Riot Gamesが2020年6月にリリースしたタクティカルFPS。プレイヤーは実際に存在する文化や背景をモチーフとしたキャラクター「エージェント」を駆使して、5対5のチーム戦にチャンレジする。FPSの決定版を遊びたい人...

グラフィックの高さではFPS随一のDOOMシリーズ最新作が登場!綺麗な映像で、また、よりリアルなグロテスクシーンを求める人に特におすすめできる新作FPSだ!

裸の状態からスタートし、クラフトを極めて生き延びる!「Garry’s MOD」で有名な「Facepunch Studios」が長い開発期間を経てついに正式発表したおすすめの終末新作サバイバルシミュレーションが「STEAM」で好評販売...

2024年のニカラグア、ボリビアからロシアが舞台となっている世界を描いたおすすめ近未来ミリタリーアクションゲームが登場!現実世界で起きているようなリアルな戦争を再現している新作本格派FPSだ!

ウォーハンマー40K:ダークタイドの評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

ウォーハンマー40K:ダークタイドのレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。