『Divine Knockout (DKO)』のタイトル画像

『Divine Knockout (DKO)』は、2022/12/6からSteamで正式配信されているHi-Rez Studiosの購入型PCゲームで、可愛くアレンジされた神々が痛快なアクションバトルで戦いを繰り広げていくアクションゲームタイトル。

年代や性別を問わず幅広いユーザーが親しめるグラフィックとキャラクター造形、スキルを駆使しながら相手プレイヤーをアリーナ外へと蹴散らしていく豪快なプレイ体験、クロスプレイへの対応が大きな魅力で、世界のプレイヤーと一緒に盛り上がりながら遊べるアクションゲームを求める人におすすめの新作。

神々が戦うアクションゲーム

現在PCゲームのポータルサイト「Steam」で正式配信中の『Divine Knockout (DKO)』は、神の名前を持つキャラクターが豪快なアクションバトルを繰り広げていくおすすめの新作。3Dモデリングで再現されたファンタジー世界で競争力抜群のオンラインPvPを楽しめる必見のアクションゲームタイトルだ。

ゲームには合計で10種類のプレイアブルキャラクター「ゴッド」が登場。彼らは世界各国の神として有名な存在をモチーフとしており、日本からは「天照神 (アマテラス)」や「須佐之男 (スサノオ)」などが登場。タイトルが示す通り、「神々」がアクションバトルで激突する世界観が面白いおすすめの新作ゲームだ。

神々が戦う『Divine Knockout (DKO)』

▲デフォルメされた可愛さ満点の神々が問答無用のアクションバトルで激突する新作だ。

異なるデザインで設計されているアリーナで「1vs1」「2vs2」「3vs3」形式のバトルを体験できる点が特徴で、時間経過で崩壊するステージや、危険なトラップが仕掛けられているステージなど、アリーナマップにはそれぞれ固有の特性があるため、これらに対処していくプレイ要素も大いに捗るはずだ。

本作はPC版以外にXbox、PS向けにも配信されているマルチプラットフォーム対応タイトルで、異なるデバイスのプレイヤーとマッチングして戦える「クロスプラットフォームプレイ」に完全対応。ちなみにSteamストアのPC版のみ、期間限定の「無料バージョン」が配信されているので、今がチャンスだ。

一定期間経過後に基本プレイ無料タイトルへと移行

Steamの無料版で選択できるゴッドキャラクターは4種類で、それ以外のキャラクターはアンロックする必要がある。なお、通常販売版となる「ファウンダーズエディション」「アルティメットエディション」を購入することで8体のゴッドが即時プレイ可能になるので、急いでいる人は製品版を買うのもアリだ。

本作は「ファウンダーズ・ピリオド」と呼ばれる販売期間をすぎると「基本プレイ無料」の配信形態へと移行することが発表されている。販売形態の期間は数ヶ月ほどで、この期間内にプレイしたい場合には販売版を選択するしかない、という仕組みだ。少々ややこしい製品だが、現状は販売形態が基本だ。

可愛いデフォルメキャラが特徴の『Divine Knockout (DKO)』

▲アニメファンにも刺さるキャラ造形は必見。可愛さ満点のキャラで戦えるぞ。

ゲームは標準で日本語インターフェースと字幕をサポートしており、参入の敷居は低い。解除できるSteam実績も合計19種類あり、満足度も高い。なお、作品はユーザーのプレイの進捗状況を異なるデバイスで共有できるシステムを持っているが、それぞれのプラットフォームで製品を所有している必要がある。

ゲーム内課金要素を用いてゴッドキャラクターの外見をエディットできるスキンカスタマイズ機能もあるので、推しのゴッドキャラを変化させてオンライン対戦時に他プレイヤーへアピールすることも可能。なお、ロックされているゴッドキャラクターは課金要素なしでアンロックできるので、頑張ってプレイを続けよう。

可愛くアレンジされた神々が痛快なアクションバトルで戦いを繰り広げていくアクションゲーム『Divine Knockout (DKO)』は、現在Steamで好評配信中。現時点では作品を購入する必要がある新作タイトルだ。興味が湧いた人は今すぐストアにアクセスして、詳細なゲーム情報をチェックしよう。

【おすすめポイント】神々のバトルへ乗り込め!

ゲームシステム

『Divine Knockout (DKO)』最大の魅力は、相手プレイヤーをアリーナのステージから追い出していく単純明快なゲームシステム。前述の通り作品には「1vs1」「2vs2」「3vs3」で遊べるモードが存在し、ステージが持っている脅威にも対処しながらゴッドキャラを操作するプレイ要素が大いに捗るぞ。

本作を開発したイギリスのRed Beard Gamesは、2Dプラットフォームで展開していた格闘アクションゲームをヒントに本作を生み出しており、キャラクター固有のスキル技を叩き込みながら相手をステージ外へと叩き出すバトルシステムをサードパーソンビュー形式の3Dモデルで展開させることに成功した。

登場するゴッドキャラクターにはそれぞれ固有のアビリティーやスキルが存在し、操作難易度もそれぞれ異なる。キャラクターの個性を活かした戦い方を行っていく必要があり、2vs2や3vs3形式の場合には各プレイヤーがお互いを補えるキャラ選択を行うことも重要。遊び甲斐満点の新作アクションゲームだ。

神々のバトルが展開する『Divine Knockout (DKO)』

▲必殺スキル発動時には、ゴッドキャラの表情も変化。コミカル要素もあるゲームだ。

また対戦相手が使っているゴッドキャラクターのスキルに詳しくなっていくことも大切で、危険なスキルの発動時にすばやく回避できるようになっておけば、勝率もどんどん高まっていくはず。本質的には3vs3形式をメインに据えているタイトルなので、プレイヤー同士の連携要素も大いに堪能できるぞ。

基本ルールは「相手をふっ飛ばす」ことだが、3vs3モードではラウンド毎に異なるゲームモードが展開していくシステムを持っており、ノックアウトやキング・オブ・ザ・ヒルなど、多彩なルール下でバトルを楽しめるようになっている。純粋にバトル要素を存分に味わいたい人は2vs2か1vs1で遊ぼう。

クロスプラットフォームプレイに対応しているため、対戦相手を探すマッチングの成功確率が格段に上がっている点がポイント。今後作品が「基本プレイ無料」になれば、さらに多くのプレイヤーが参入してくる可能性が高いので、購入者は今のうちに腕を磨いて将来のオンライン対戦本格化に備えておこう。

【おすすめポイント】ぶっ飛びバトルが楽しい新作!

システム要件

『Divine Knockout (DKO)』のシステム要件は低め。最低動作環境で提示されているグラフィックボードは「GTX 555 (PCメーカー向けのOEMモデル)」で、推奨要件モデルは「GTX 960」となるため、現行のローエンドなゲーミングPCでも余裕で動作する。軽さが光る必見のアクションゲームタイトルだ。

CPUは最低要件で「i5-2320」、推奨で「i7-8700」となるので、プロセッサー面でも敷居は低い。推奨搭載メモリは16GBとなっているが、これはゲーミングPCでは標準的な搭載量なので、多くのプレイヤーがクリアできる数値と言える。フルHD以上のディスプレイでプレイする際はグラフィックボードに注意だ。

システム要件が低い『Divine Knockout (DKO)』

▲要求スペックの低さが光る新作タイトル。幅広いPC構成で遊べるゲーム作品だ。

インストールサイズは20GBとやや大きめ。主にテクスチャーサイズの最適化が上手くいっていない印象を受けるが、PCゲームとしては標準的なサイズとも言えるので、妥当と言えば妥当。普段ストレージが逼迫している人は、アップデートによる容量増加が起こる前に領域を確保しておこう。

OSについても参入の敷居は低く、最低でWindows 7をサポート。Windows 7はすでにマイクロソフトのサポートが打ち切られているOSだが、特定のソフトを動かすためにそのままにしている人も多い。スペック面でも多くのプレイヤーをサポートしてくれる新作ゲームで、気軽にインストールできるはずだ。

【おすすめポイント】軽さが光るアクションゲーム!

2種類のエディションで販売中

現在Steamストアでは、ゲーム本体とアイテム各種がセットになった『DKO ファウンダーズエディション』と『DKO アルティメットエディション』がそれぞれ2620円5250円で販売中。ゲームの面白さを広げるアイテムやコンテンツが詰め込まれているので、好きなエディションを購入してプレイを楽しもう。

『DKO ファウンダーズエディション』を購入すると、プレイアブルキャラクター「天照神」「ソル」「ヘラクレス」「須佐之男」「イミル」「アテナ」「トール」「アーサー王」の8体が即時アンロックされた状態となり、また「ソル」向けのエピックスキンやプロフィールカードなどを利用できる。

2種類の販売形態がある『Divine Knockout (DKO)』

▲基本プレイ無料になるまでの期間は、2種類のエディションのどちらかを購入する必要がある。

『DKO アルティメットエディション』に含まれているのは、前述のファウンダーズエディションに含まれる特典全てと、好きなキャラを即時アンロックできる「ゴッドトークン」4個、エモートやアバター、1000ルーンなど。値段は少々張るが「全部盛り」でゲーム世界を堪能できるエディションだぞ。

なお、Hi-Rez Studiosの人気作である『SMITE』との関連アイテムとして、両エディション共通で「須佐之男」向けのスキン「波乱のチビ」も配布される。このアイテムを獲得するためには、『SMITE』をプレイしているプラットフォームでいずれかのエディションを購入する必要があるので注意しよう。

『Divine Knockout (DKO)』のスキンアイテム

▲須佐之男向けの限定スキンアイテム「波乱のチビ」。ゲットして着せ替えてあげよう。

可愛くアレンジされた神々が痛快なアクションバトルで戦いを繰り広げていくアクションゲーム『Divine Knockout (DKO)』は、現在Steamで好評配信中。デフォルメされた神々の魅力が光る必見のタイトルだ。興味が湧いた人は今すぐストアにアクセスして、詳細なゲーム情報をチェックしよう。

【おすすめポイント】好きなエディションを購入しよう!

Divine Knockoutスペック/動作環境

動作環境 必須環境 推奨環境
対応OS Windows 7 64-bit or newer
CPU Intel(R) Core i5-2320
メモリー 4GB
グラフィックカード NVIDIA GeForce GTX 555
VRAM
HDD空き容量 20GB
DirectX
回線速度

あなたにおすすめのオンラインゲーム

新作

ガンダムファン必見の新作!6対6のチームバトル形式でスリリングなPvPを体験できるおすすめアクションFPSが現在PC向けに基本プレイ無料で配信中。個性的な能力を持つモビルスーツを操作して戦いを楽しもう

世界的ヒットを記録した「Dead by Daylight」と同じ非対称型対戦システムを搭載したサバイバルホラーゲームのPC版がDMM GAMESに新登場!

大人気ゲーム「テラリア」の製作スタッフが作り上げた宇宙を股にかけるサンドボックス型の新作2DアクションRPG!

リアルタイムで、スムーズに、戦闘開始!いつでも戦いが楽しめるマルチプレイアクションゲーム!

可愛い美少女キャラを集めて、敵と戦っていくだけでなく、好きな衣装やに着替えさせたり、好きなアクセサリーをに見つけさせられたり、女の子を様々な角度から眺められるなど、ギャルゲーが好きな人にはたまらないシ...

古代ギリシャ、エジプトを舞台にしたハクスラアクションRPG!大ボリュームのストーリーも魅力の一つで、シナリオ重視の人、古代神話世界を舞台としたゲームが好きな人におすすめ!

Divine Knockoutの評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

Divine Knockoutのレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。