『7 Sins : Lost in Labyrinth』のタイトル画像

『7 Sins : Lost in Labyrinth』は、2023/2/10からSteamで「早期アクセス版」が配信されているZai Studioの購入型PCゲームで、「美少女キャラクター×悪霊」の世界を体験できるホラーアクションゲームタイトル。

プレイする毎に構造が変化していく迷宮マップ、サードパーソンビューで遊ぶ恐怖のプレイ体験、セクシーさ満点の美少女キャラクターたち、最大4名のプレイヤーが一緒に遊べるマルチプレイ協力モードの存在が大きな魅力で、『7Sexy Sins』シリーズファンの人、美少女ホラーゲームを探している人におすすめの新作。

美少女キャラが主役のホラーゲーム

現在PCゲームのポータルサイト「Steam」で早期アクセス版が配信されている『7 Sins : Lost in Labyrinth』は、不気味な悪霊と対峙していく美少女キャラクターを描くおすすめの新作。アニメ調の造形とセクシーさ満点の水着衣装を着用した美少女キャラクターの魅力を存分に味わえる必見のホラーアクションゲームだ。

ゲームを開発しているのは、タイに拠点を構えるインディーゲームデベロッパーのZai Studioで、Steamにはこれまで『7 Sexy Sins』と『Shoot Shoot My Waifu』を発表している。これらの2作品はいずれも成人向けのアダルトビデオゲームタイトルとなっているので、閲覧・購入する際には年齢制限に十分に注意しよう。

美少女が主役の『7 Sins : Lost in Labyrinth』▲日本の美少女キャラクター文化に大きな影響を受けているキャラ造形が印象的な新作ゲーム。

本作の主人公は、『7 Sexy Sins』に登場する「モエ」。ゲームにはシリーズ作品の特徴でもある「七つの大罪」をイメージした悪霊キャラクターが登場し、迷宮状態になったマップ内でミッションを遂行していくプレイを楽しめるようになっている。本作に限ってはアダルトビデオゲームではなく、一般向けのゲーム作品だ。

プレイ視点はサードパーソンビューを採用し、ファーストパーソンビューで画面酔いが起きやすいプレイヤーでも安心して遊べる点がポイント。また三人称視点の副産物として可愛さ満点の美少女キャラクターを常に視界に入れながら遊ぶことができるようになっているため、美少女キャラクターファンの人には特におすすめだ。

ゲームはソロプレイ以外にオンラインマルチプレイモードにも対応し、2名から最大4名の協力プレイで遊ぶこともできる。ただし現時点での本作はシステムと挙動にやや不安定な面があるため、万全な状態でゲームプレイを楽しみたい場合には、開発進捗ある程度までが進むか、アップデートで作品が安定するまで待つと無難だ。

マルチプレイに対応する『7 Sins : Lost in Labyrinth』▲最大4名のオンラインマルチプレイにも対応。親しいフレンドと一緒に恐怖体験を味わえる。

標準で日本語インターフェースに対応

Steamでの販売価格は470円と非常に安価。ワンコイン価格でゲットできるお手軽な値段設定も冴える新作ゲームで、お財布にも優しい。なお、この価格はゲームに新規コンテンツが実装された場合や、正式バージョンの完成時に値上がりする旨がアナウンスされているので、底値となっている今のうちに購入するのも手だ。

標準で日本語インターフェースと字幕を完備しているので参入の敷居は低く、またPCへの要求スペックも低くなっているため、幅広いパーツ構成に対応。インディーゲームらしい「軽さ」も光る新作ホラーアクションゲームタイトルで、値段も安く設定されているので、フレンドにプレゼントするのもアリだろう。

撮影も楽しめる『7 Sins : Lost in Labyrinth』▲キャラクターがエモートでポーズを決めてくれる機能も。美少女キャラを堪能できる新作だ。

解除できるSteam実績も31種類実装されており、実績ハンターを自負する人にもおすすめ。ホラーゲームとしてのレーティングは「CERO B」相当で、残酷な描写などは存在しないので安心。悪霊が出現するシーンで「怖さ」を感じることはあるが、スプラッターやゴア的な表現とは無縁の作品なので、幅広い人が遊べるぞ。

美少女キャラクター×悪霊の世界を体験できるホラーアクションゲーム『7 Sins : Lost in Labyrinth』は、現在「早期アクセス版」としてSteamで配信中。最長で約1年後の正式バージョン配信を目指している新作タイトルだ。興味が湧いた人は今すぐストアにアクセスして、詳細なゲーム情報をチェックしよう。

【おすすめポイント】可愛さ満点のホラーゲーム!

ゲームシステム

サードパーソンビューでミッション達成型のプレイを体験できる『7 Sins : Lost in Labyrinth』の魅力は、毎プレイ時に構造が変化していく迷宮マップ。この機能があることによってリプレイ性が高まり、何回チャレンジしても飽きない作風を確立している。ソロやマルチプレイで「七つの大罪」を起源とする悪霊に立ち向かおう。

ゲーム開始前に注意書きが出るが、本作は光の点滅描写に敏感な人には向いていない作品となっているので、自覚症状がある人は要注意。プレイ開始前のセッティング画面では垂直同期やアンチエイリアス、モーションブラー効果の有無などを決められるので、好みのグラフィック品質に設定しながらプレイを始めよう。

迷宮を探索する『7 Sins : Lost in Labyrinth』▲ミッション目標を着実に達成しながらマップのクリアを目指していく。スリリングなプレイが魅力だ。

プレイヤーに与えられるミッション内容は、画面左上のテキストで確認できる。キャラクターはスマホのライト機能を頼りに薄暗いマップ内を探索しつつ、該当するアクションを次々に達成していく流れだ。キーとなるアイテムなどは透過表示されるため、随時確認しながら進んでいくと良いだろう。ドキドキのプレイが展開するぞ。

迷宮マップ内部には悪霊が出現。プレイヤー目掛けて襲いかかってくるので、スマホのカメラ撮影ボタンを押してフラッシュ機能で怯ませていこう。この場面だけはサードパーソンビューからファーストパーソンビューに切り替わり、臨場感のあるプレイ画面になる。なお、走るとスタミナが消費されていくので注意だ。

探索によって入手できるアイテムには「手記」もあり、ステージボスである悪霊の「成り立ち」などが文面で解き明かされる一面も。ただし現時点では日本語翻訳の精度にやや難があるため、意味が通りにくい箇所も散見される。タイ語と日本語の通訳に自信がある人は、ボランティアで翻訳を買って出るのも手だ。

『7 Sins : Lost in Labyrinth』の悪霊▲スマホを構えて悪霊を映し出している画面。この場面だけは一人称視点に切り替わる。

マルチプレイで遊んでいる際には、他プレイヤーを撮影してスクリーンショットを残すことができるため、ソロプレイ時よりも遊びの幅が広がっていく。ガチなホラーゲーム作品と言うよりは、あくまで美少女キャラクターの可愛さを愛でる方向性を持っているゲームタイトルなので、そのあたりを理解すると楽しめるだろう。

暗いプレイ画面と突如発行する演出効果には調整の余地がありそうで、真っ暗い部屋でプレイしていると目が疲れる可能性が高まる。1ステージのプレイ時間も数十分かかるため、今後はこういったゲームバランスをどのように調整していくかも課題となってくるだろう。ゲームとしては完成の域に達しているが、課題も残る新作だ。

【おすすめポイント】恐怖の迷宮をクリアせよ!

システム要件

『7 Sins : Lost in Labyrinth』のシステム要件は低め。推奨要件で提示されているグラフィックボードは「GTX 970」もしくは「R9 290」となるため、現行のローエンドなゲーミングPCがあれば問題なくプレイできる。CPUの推奨モデルは「i-7」クラスか「FX 9500」クラスのプロセッサーとなっているぞ。

メインメモリの推奨搭載量は16GBで、OSに関してはWindows 7からサポートされている。一般的にゲーム作品のfpsはプレイ画面の解像度とポストエフェクトの選択に関わる部分が多いため、フルHD以上の解像度を持つディスプレイで最高設定のグラフィックを体験したい人は、ミドルスペック帯のPCを組んでおこう。

システム要件が低めの『7 Sins : Lost in Labyrinth』▲要求スペックはおとなしめ。幅広いPCパーツ構成に対応してくれるホラーアクションゲームだ。

Steamストアのストレージ欄では「2MB」と記載されているが、これは「2GB」の誤り。誤字や誤植は会社の品位を問われる部分になっていくので、開発者は速やかに訂正した方が良い。一般的なPCゲームと比較するとインストールサイズはかなり低く、普段ストレージが逼迫気味の人でも安心してダウンロードできるぞ。

【おすすめポイント】軽さも光るホラーゲーム!

正式版への展望

最長で約1年後の完成を目指している『7 Sins : Lost in Labyrinth』は、正式バージョンで新たなステージボスやミッション、カスタマイズ要素などを実装していく予定。7種類の大罪がすべて完結する予定となっており、今から非常に楽しみだ。ユーザーからのフィードバックは公式Discordサーバーで受け付けているぞ。

現時点で重要なのは、ゲームバランス調整と画面表示の調整。ホラーゲームは暗いプレイ画面になることが一般的で、ユーザーに恐怖感を与える演出効果としてフラッシュを用いることもあるが、これが過剰なバランスになっていると体験を大きく損ねることになっていくため、慎重に調整を続けてほしいところだ。

正式版に期待の『7 Sins : Lost in Labyrinth』▲美少女キャラクターを堪能するためのシステムは充実。後はゲームバランス調整にかかっている。

美少女キャラクター×悪霊の世界を体験できるホラーアクションゲーム『7 Sins : Lost in Labyrinth』は、現在「早期アクセス版」としてSteamで配信中。美少女キャラクターファンには見逃せない新作タイトルだ。興味が湧いた人は今すぐストアにアクセスして、詳細なゲーム情報をチェックしよう。

【おすすめポイント】完成が楽しみな新作!

7 Sins : Lost in Labyrinthスペック/動作環境

動作環境 必須環境 推奨環境
対応OS Windows 7
CPU i-5
メモリー 4GB
グラフィックカード Intel(R) HD Graphics 3000
VRAM
HDD空き容量 1GB
DirectX Version 11
回線速度

あなたにおすすめのオンラインゲーム

メカで戦え!SF世界のアリーナバトルを体験できるおすすめアクションゲームが基本プレイ無料で好評配信中。5vs5のリアルタイムMOBAバトルでチーム力を発揮しよう

準新作

ダンまちファン必見!累計発行部数1,500万部超えを誇るライトノベルのアニメシリーズをアクションRPG化したおすすめの新作スマホゲームアプリが基本無料で配信中!

可愛い美少女キャラを集めて、敵と戦っていくだけでなく、好きな衣装やに着替えさせたり、好きなアクセサリーをに見つけさせられたり、女の子を様々な角度から眺められるなど、ギャルゲーが好きな人にはたまらないシ...

韓国発のバカゲーアクションが国内でも配信開始だ!このゲームにエッチなコンテンツはありません!あるのは可愛くてアホなパンツだけ!新作の面白爽快バトルを体感せよ!

「ELSWORD(エルソード)」簡単操作でド派手アクション!個性あふれる11人のキャラの物語をじっくり楽しむ横スクロール型オンラインアクションRPG!

絶海の孤島に漂着した生存者となり、襲いかかる多数のゾンビからの生存を目指して戦い抜くアクションゲーム!100種類以上の豊富なクラフト要素を実装!単純なアクションゲームとは一線を画すおすすめ新作ゲーム!

7 Sins : Lost in Labyrinthの評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

7 Sins : Lost in Labyrinthのレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。