PC 正式サービス中:2015/06/09〜 基本無料 ブラウザゲーム TCG/カードゲーム シミュレーションゲーム

「魔戦カルヴァ」相手との熱い駆け引きが楽しめるおすすめカードバトルRPG!白熱の頭脳戦とやりごたえ抜群のRPG要素がマッチしたブラウザゲーム!



3.0点  1件

一味違う思考型カードバトル「魔戦カルヴァ」!

一味違う思考型カードバトル「魔戦カルヴァ」!

2015年夏にサービス開始した「魔戦カルヴァ」は、カードバトル方式のブラウザRPGゲームだ!

よくあるブラウザでカードゲームではカードのステータスで勝敗が決まるものが多い中、「魔戦カルヴァ」はTCGに近い要素を持っているので、カード性能を研究し、

自分だけのデッキを組むという戦略性、そしてそのデッキを駆使して、勝利する戦術などが行えるほんとに『思考型』なので、本格的なカードバトルを体感できるオススメのカードバトルゲームだ!

白熱の頭脳戦が楽しめる!カードバトルRPG「魔戦カルヴァ」を紹介!

ブラウザゲームのレベルを超えた完成度
本格的なカードバトルが楽しみたい人に、是非プレイしてもらいたカードゲームRPG

ブラウザで遊べるカードゲームは、操作は簡単でも戦略性が乏しいことが多い。しかし、「魔戦カルヴァ」はデッキ構成やスキル発動など、リアルで白熱したカードバトルが楽しめるゲームだ!

001


カードのステータスだけでは勝利することは難しく、カード同士の相性や場に出すタイミングなど、プレイヤースキルが勝敗を左右する。

プレイヤーが使えるカードは全部で300枚以上!カードの特性を把握し、相手に合わせた最適なデッキを組もう!

カードイラストも綺麗なので、新しいカードが手に入るたびにワクワクすくこと間違いなし!カードをコレクションするだけでも楽しめるゲームだ。

プレイヤー同士の対戦だけではなく、マップ攻略やダンジョン探索など、RPG要素もあるのでやりごたえ抜群!ありきたりなカードゲームでは満足できない人にオススメなカードバトルRPGだ!

002

 

手軽なのに戦略性が高い!美麗カードで本格カードバトル!

2015年6月9日に正式サービスが開始された、基本無料のブラウザゲーム「魔戦カルヴァ」。ブラウザゲームならではのシンプルさと、リアルなTGSさながらの高い戦略性が楽しめる。VectorGameが自信を持って提供する本格カードバトルRPGだ!

003


様々な「スキル」を持つカードと、「ルーン」とよばれる独自のシステムを組み合わせた、ターン制カードバトルが本作の特徴。

ブラウザで遊べる他のカードゲームのなかには、レアリティやステータスだけで勝負が決まってしまうものも少なくない。しかし、「魔戦カルヴァ」はそんなゲームとは一味違うぞ!

デッキ構成やカード配置、カードやスキルのタイミングなど、リアルなトレーディングカードゲームさながらの本格的な戦略が要求されるプレイヤーの選択でどんどん戦況が変化する、白熱の頭脳戦が楽しめるゲームだ!

004


マップ攻略をしながらメインストーリーを進めることで、新しいカードや強化用の金貨が獲得できる。

さらに、マッピングしながらのダンジョン探索では、そこでしか入手できないレアカードもあるぞ!このようなRPG要素を楽しみつつ、集めたカードでデッキを作り、NPC戦や対人戦で腕を競い合おう!

300種類以上もあるカードには、どれもハイクオリティなイラストが描かれている。マップ攻略やダンジョン探索など、カード収集だけでも楽しめるゲームだ!

005

シンプルだけど奥が深い!プレイヤーの戦術が勝負を決めるバトルに注目!

カードバトルの勝敗は、相手のHPを0にするか、相手デッキ内のカードを全て倒すことで決まる。バトルフィールド上には5枚のカードを配置できるが、攻撃対象は自由に選択できない

各カードが攻撃できるのは、基本的に目の前の敵カードだけだ。ただし、目の前に相手のカードがない場合は、先頭(一番左)に配置されたカードに攻撃を仕掛ける。さらに、相手のフィールド上に1枚もカードがない場合は、直接相手プレイヤーに攻撃することができる。

006


このようなバトルシステムなので、先頭に配置したカードは敵からの攻撃が集中することが多い。そのため、先頭には体力や防御力に優れたカードを配置するのがセオリーとなっている。

「魔戦カルヴァ」の特徴として、カードのステータスには攻撃力と体力だけではなく、「待機値」というものが設定されている。待機値はターンが経過するたびに1ずつ減っていき、0になるとフィールドに配置することができるようになる。

つまり、手札にあるカードでも、すぐにはフィールドに配置できないということだ。強力なカードほど待機値が高く設定されているため、配置できるまで時間がかかってしまう。強力なカードだけのデッキでは、フィールドに配置する間もなくやられてしまうので注意しなくてはいけない。

007

 

カードの特性を熟知しバランス良くデッキ構築することが勝つ秘訣!

カードにはコストが設定されており、デッキに入れられるコストの合計が決まっている。レアリティが高く強力なカードほどコストが高いので、はじめのうちは強力なカードはデッキに入れにくい。プレイヤーのレベルを上げることで、コスト制限も緩和されていき、デッキを強くすることができるのだ。

対人戦では、同じレベルのプレイヤーが相手なら、デッキコストも同程度なのでプレイヤーの腕前が勝敗を分けることになる。

008


高コストのカードは確かに強力だが、他のカードが弱いと敵からの一斉攻撃を受けるリスクが上がってしまう。勝つためには、全体のバランスを見ながらデッキを構築することが大切だ。

また、カードごとに属性が設定されているので、相性によってはレアリティやコストが高くても苦戦してしまうことがある。ストーリー上に出てくるNPCは、属性が偏っていることが多いので、相手に合わせた属性でデッキを組もう

対人戦ではどんな相手でも勝てるように、あらゆる場面を想定してデッキを構成していきたい!

カードには様々なスキルが備わっている。ダメージを軽減するスキル、体力を回復するスキル、敵全体にダメージを与えるスキルなど種類は豊富だ。低レアリティのなかにも有用なスキルを持つカードはあるので、上手く組み合わせることで格上相手でも勝つことは不可能ではないぞ!

009

 

戦況を変える絶大な効果!「ルーン」を使いこなして戦いを有利にしよう!

「魔戦カルヴァ」の独自システムにルーンというものがある。ルーンはカードとは別に4つデッキにセットすることができる特別なカードだ。ルーンにはそれぞれ特殊なスキルが設定されており、どれも戦況を変えうる絶大な効果を持っているぞ!

010


ただし、ルーンの効果を発動させる条件が少々厄介だ。ルーンは任意のタイミングで発動することができない。フィールドや手札のカードがルーンの発動条件を満たすと、自動で効果が発動する仕組みとなっているのだ。

カードの配置タイミングやデッキによっては、ルーンの効果を発動させることはできない。ルーンごとに発動条件はまちまちなので、効果を発動させられるようデッキ構築には注意したい。ルーンの効果は強力なので、上手く使いこなしてバトルを有利に進めよう!

ルーンはカード同様に合成強化ができ、レベルが上がるごとにスキルの効果も上がっていく。発動条件さえクリアすれば、強力な効果が得られるので、できるだけ強化しておこう!

011

 

自由なプレイスタイルで楽しめる!カードバトルだけじゃないコンテンツ!

「魔戦カルヴァ」には、普通のカードバトル以外にも様々なコンテンツが用意されている。普段カードゲームをしない人でも、好きなプレイスタイルで遊べるのが本作の魅力だ。

012

 

▼マップ攻略

はじめてゲームをはじめた人は、マップ攻略でストーリーを進行しつつ、バトルシステムを理解していくことができる。ステージをクリアしていくと、新しいカードや金貨が手に入るので、少しずつデッキを強化していこう。

また、ステージごとに課題が設定されており、課題をクリアすることで追加報酬をGETすることもできる。マップ上のステージ全ての課題をクリアすることで毎日金貨がもらえるようにもなるぞ!

013

 

▼地下迷宮

地下迷宮とよばれるダンジョンを攻略していくモード。全部で100階にもおよぶ巨大なダンジョンで、内部をマッピングしながら探索していく。

探索することで、大量の経験値やアイテムが手に入る。また、高レアリティのカードのなかには、地下迷宮でしか入手できないものもあるようだ。

014

 

▼フリー対戦、ランキング対戦

他のプレイヤーと非同期で対戦することができるモード。成績次第で報酬を獲得することができる。また、他のプレイヤーのデッキを見ることで、自身のデッキ構築の参考にすることもできる。

1度プレイすると10分間のクールタイムが必要だが、回数に制限はなく何度でもプレイすることができるぞ。

015

 

▼盗賊討伐、魔神討伐

フレンドや全プレイヤーで協力して強敵を倒すモード。マップ攻略中に突如として「盗賊」があらわれることがあり、一人では倒すことが難しいこの敵にフレンドと協力して挑む。

また、「魔神」というさらに強力な敵が出現することもあり、この敵は全プレイヤーで一斉に攻撃して倒すのだ。盗賊や魔神を倒すことで、レアなカードやアイテムが手に入るぞ。

016

 

「魔戦カルヴァ」は、カードゲームの枠に収まらない、さまざまな楽しみ方ができるゲームとなっている。カードゲームの経験がない人でも、楽しんでプレイすることができるはずだ。

カードのイラストも綺麗なので、バトルをしながらカード集めを楽しむこともできる。カードバトルだけじゃなく、カード収集も楽しいのが本作の魅力だ。

RPGのようにプレイヤーを成長させる要素もあるので、コツコツプレイする人にもオススメ。カードバトルとRPG、両方の要素が詰まった「魔戦カルヴァ」を是非一度プレイしてみて欲しい!


魔戦カルヴァが良く分かる動画を見てみよう!

プレイ動画


プレイ動画


魔戦カルヴァの評価・レビュー・評判(1件)

  1. たるたろー(男性)
    3.0点
    やりこむほどに粗が際立ってくるゲーム

    【良かった点】
    カードゲームとして、カードの種類が多いのは基本ですがうれしいポイントでした。
    スキルやレア度がカードごとに違うというのはわりと当たり前のことではあるものの、このゲームではその差異が細かくて、相性を考えたりコストをみたり、試行錯誤しながら手持ちの中で組み合わせを考えていくのが楽しかったです。

    またカードのイラストの雰囲気や塗りが、最近のキャラ萌えありきのゲームとは一線を画していて、本格的なカードバトルをうたうシステムと合っていてクオリティ高くみえました。

    ストーリーにクエストにと豊富なコンテンツをプレイしながら、カードを集めていくのは普通にゲームらしくてよかったです。ある程度に行くまでは敵もいい感じに骨太で、実力が拮抗した中で勝利を得るのは、カードバトルとして格別の面白さがありました。

    【悪かった点】
    ゲームを進めると敵が戦略なんて関係なくなるほど強くなってきて、課金をシステムが迫ってくる感じが嫌でした。仕方がないのでお金をかけてカードを手に入れようと思っても、ガチャでレアカードが出てくる確率が異様に低いので、回しているうちにげんなりしてきます。

    ゲームの進行に合わせてカードが増えてくると、似たようなイラストや嵩増しが気になって、純粋にカード集めを楽しめなくなったりもして。キャラ萌えができる類のゲームでないため、一度下がったモチベーションはなかなか戻らず、プレイの気力もなくなりました。

    敵が強くなることで売りの画期的なバトルシステムも、よくある力押しの凡庸なゲームに成り下がり、アニメーションの質やチャット機能の重さ等、グラフィックやシステムの面での粗も、一向に改善されないのでイライラが募ってきます。

    やりこめばやりこむほどに、面白くなくなることがただ残念でした。

    0 違反報告

魔戦カルヴァのレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

Jack ho left
Jack ho right