PC 正式サービス中:2012/12/01〜 基本無料 外国語版 ダウンロード MMORPG RTS/MOBA

「カバル2」ついに2017年日本上陸なるか!? 前作を凌ぐストーリー&ボリュームに期待高まる、人気スタイリッシュアクションMMORPG!



0点  0件

「カバル2(CABAL II)」とは?

001

『カバル2』は、韓国の開発元ESTsoft(イーストソフト)が2012年11月にサービスを開始し、現在は英国圏を中心とした地域で展開されている大人気無料MMORPG。
前作にあたる『カバルオンライン』は2016年に10周年を迎え、日本国内で今も変わらず高い人気を誇り、初心者でもコアユーザーでも楽しめる。

そんな後継作にあたる本作は、前作のスタイリッシュアクションがよりグレードアップ!
シンプルな操作で連続コンボを発動する【スキルコンボシステム】に加え、敵に華やかにトドメの一撃を与える【フィニッシュブロースキル】など、より爽快なバトルを楽しむことが可能となった。ストーリーも一新されており、前作未プレイでも問題ない。

004

また、今回新たにMOBA要素を取り入れた「ミッションバトルフィールド」が導入され、大規模なPvP戦も楽しむことができる。これらフィールドや、数々のダンジョンを巡り、より多くのスキルを手に入れながら目標をクリアしていこう。

海外での評価の高さから、日本でのサービス開始を待ち焦がれている人も多いはず。2017年にはいよいよ日本版もリリース?!との話もあり、ますます期待が高まる作品となりそうだ!

 

MOBA要素追加で、ますます熱い本格派MMORPG

『カバル2』は、RPGらしさが滲み出るストーリーベースの本格派無料MMORPG
本作では、プレイヤーは雇われの身の傭兵として、ダンジョンやPvPバトルフィールドを経てEKTENSIAの世界を探検していく。 

002

 

▼MOBA要素も取り入れたミッションバトルモードが登場!

ストーリー内容はもちろん、本作では、対人戦闘の面でも力を入れた内容となっている。
その一つが前作にはないMOBA要素を取り入れたミッションバトルモードの導入だ!(ちなみにMOBAとはプレイヤーが二つのチームに分かれて双方の本拠地を先に壊すことを目的とした対戦ゲームのこと)。

006

003

 

バトルフィールドとして用意されているのは主に二つ。
一つは「Forgotten Desert Temple」で、チームに分かれて、砂漠を舞台に古代王国の宝を奪い合う。
制限時間は45分。各チームは3パーティーずつ、18vs18の最大36人で戦う大規模なPvP戦だ。

005

 

もう一つの舞台「Maelstrom Castle」は、各チーム1パーティーずつ6vs6の計12人で、その名の通り城を舞台に30分の制限時間内で戦い合う。

007

それぞれ定める目標も異なっており、何より大人数での大規模戦闘が楽しめるという点が、他のMMORPGでは味わえないものだ!他にも1vs1の個人戦を行えるPvP機能など、従来のシステムもきっちり引き継いでおり、ソロでも対人戦を体験できる

 

 

▼豊富なクエストとダンジョンシステム

RPGと言えば、欠かせないのがダンジョン攻略。本作『カバル2』は特定のレベルに達することによって、そのダンジョンへの挑戦資格を得ることができる

ダンジョンにはさまざまなトラップやギミックが用意されており、真正面切ってのバトル以外にも、モンスターに合わせて戦い方を工夫しなければ乗り越えられない局面もある。
例えば、ダンジョン「世捨て人の穴」の場合、エリア内にあるスイッチを順番にアクティブな状態へしなければボス戦までたどり着くことができない。

押し寄せる敵をなぎ倒しつつ、巧妙に仕掛けられた謎を解いていくことも本作の醍醐味の一つと言えるだろう。

008

009

また、クエストの数もかなり豊富な上に、ペットの飼育や装備を新調したりするためのクラフト専用ゾーンも設けられており、長く楽しめるゲームとなっている。

 

■フロストロックの森(FROSTROCK FOREST)
フロストロック・フォレストは、プレイヤーが最初に遭遇するダンジョン。
数々の罠が仕掛けられたこの森を探索し、Monglersと呼ばれる敵を討伐し行方不明になった娘を探すことがミッション。必要レベル9/推奨パーティー数3人。

010

011

 

■世捨て人の穴(HALL OF THE RECLUSE)
砂漠に埋もれた大邸宅には、古代の強力な力が眠っていた。この力を利用しようとする敵を討伐するのがプレイヤーのミッション。必要レベル9/推奨パーティー数5人。

012

013

 

■古代の実験室(ANCIENT LABORATORY)
レベル45のダンジョン。これらの他にも数多くのダンジョンが発表され続けている。
日本版にどこまで実装されるかまだ未発表だが、美しい世界観がお分かり頂けるはずだ。

014

015

 

爽快感を重視したバトルアクション

『カバル2』のバトルアクションやスキルは派手なモーションと共に繰り出され、初心者でもコンボを出せるようになっており、誰でも爽快なアクションが楽しめる様になっている。

016

▼勝利のカギはスキルコンボにあり!

プレイヤーはバトルのなかで多種多様な武器を召喚し、バトルモードスキルを使用して戦闘を行なっていくのだが、スキルは単発で使用するのではなく、連鎖的に放つことによって発生する「コンボシステム」を活用していくのが勝負のカギを握る
まず最初にバトル中にプレイヤーが何かしらのスキルを発動すると、使用されたスキルのアイコンが画面上に表示。このスキルアイコンが消える前に次のスキルを発動し、敵にヒットさせるとこでコンボを繋げていくことができる。

017

つまり、複雑な技術は必要なく、画面上に表示されるアイコンを見てタイミングよく操作することでコンボを繋げていけるため、アクションゲームが苦手な人や不慣れな人でも、より派手な演出の攻撃が繰り出せる。
ちなみに前作は繋がるスキルは決められていたが、本作では多彩に分岐していくため、敵に合わせて有効なコンボを探したり、属性を絡めたりすることができるようになった。


▼フィニッシュブローで華麗に決めろ!

また、『カバル2』はMMORPGの特徴としてレイドボス(仲間と一緒に倒すボス)が各場面に用意されている。そのプレイヤーVSレイドボスという熱い戦いの中で、本作から「フィニッシュブロースキル」が使用可能になった。

018

このスキルは、交戦中レイドボスが暴走しダウンした際に、コマンドを入力することで発動。成功すればドラマチックな固有モーションが発生し、大迫力の必殺技を食らわせることができる。 コンボを繋げてラストをフィニッシュブローでカッコよく決めろ!

 

個性あふれる! 魅力的なキャラクターたち

本作ではMMORPGでは欠かせない職業システムも顕在だ。プレイヤーは6種類のクラスから選択して、自身のアバターを育成していく。

019

 

■ウォーリア(WARRIOR)
攻撃力と防御力のバランスがよく、接近戦を得意とするクラス。破壊力抜群の巨大な両手剣で次々と敵をなぎ倒す、鋼の鎧を全身にまとった騎士。

020021

 

■ウィザード(WIZARD)
遠隔戦闘に優れ、火力の高いスキルで一気に相手を圧倒する。ただ防御力やスタミナが低いため、接近戦などには不利。遠方から魔法攻撃を仕掛け、戦況を一気に覆すことのできるクラス。

022023

 

■フォースブレイダー(FORCEBLADER)
コンボを得意とする魔法剣士のようなクラス。攻撃力、防御力のバランスが良いが操作性の難易度が高いため、プレイヤーの力量に依存する場合がある。

024025

 

■フォースシールダー(FORCESHIELDER)
巨大な盾と剣で武装し、高い防御力とスタミナで味方を守り抜く。攻撃力が低いのが玉にキズだが、戦場の最前線でおとり役になったり、他のメンバーに命令を下すことができるため、1人いると戦闘を有利に進めることができる。

026027

 

■フォースアーチャー(FORCEARCHER)
弓や銃で遠方から味方を援護するサポートクラス。
ダンジョンではボスが強力なバフ(攻撃力や回復力UPなどの、味方ユニットのステータスを引き上げるスキル)を使用してくるが、これはフォースアーチャーのみデバフ可能。その他DoT(時間の経過によるダメージ)、スタン(気絶状態)など幅広い能力を所有する。
バトルの行く末が左右される重要なポジションだが、プレイ難易度の高い玄人向けのクラス。

028029

 

■プリースト(PRIEST)
高い治癒能力でもって味方をサポートする回復系クラス。敵からの攻撃には非常に弱いが、難易度も低く扱いやすい、最も重要なクラスの1つ。

030031

 

スキル特性や役割の異なる6つのクラスだが、本作ではより細かいキャラクターカスタマイズも可能。セクシーな衣装にも注目だ。

先に発売されている韓国では7つ目のクラス「ブレーダー(BLADER)」が追加されているが、果たして2017年リリースが期待される日本版にも導入されるのか、随時情報を追っていきたい。


カバル2(CABAL II)が良く分かる動画を見てみよう!

公式プロモーションムービー



カバル2(CABAL II)の評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

カバル2(CABAL II)のレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

Jack ho left
Jack ho right