【魔界ウォーズ】世界売上本数200万本の「魔界戦記ディスガイア」と、累計600万DL突破の「ゆるドラシル」がコラボしたおすすめ新作シミュレーションスマホゲームアプリ!



スマホゲーム サービス中 無料 オンラインRPG

「魔界ウォーズ」”バックアタック”や”連携”など様々な要素を考慮して戦う奥深いコマンドバトルが楽しめるシミュレーションRPG!

 

『魔界ウォーズ』は、2018/02/16日本一ソフトウェアからスマホゲームアプリとしてリリースされた「次回作の主人公」と発表してから14年もの間「主人公」となることのなかった”アサギ”が、遂に主人公となって登場するシミュレーションRPG!

 

”アサギ”がかつて「ゲストキャラクター」として参加した、全世界累計販売本数300万本を超えるゲームタイトル「ディスガイアシリーズ」や、合計600万ダウンロードを超えるスマホアプリ「ゆるドラシル」の世界観を取り入れた本作は、

マス目状のフィールドを自由に移動しながら「スキル」、「連携」、「バックアタック」を駆使して戦うコマンドバトルと、装備やスキルの性能にこだわれる育成システムが特徴のおすすめの新作シミュレーションRPGだ! 

平凡な女子高生”アサギ”が”神”となって世界を救うファンタジーストーリー!

平凡な日常を絶賛満喫中の女子高生私こと、朝霧アサギ。平均的な家庭に育ち、平均的な学力、平均的な身長・体重に平均的なバスト・ヒップ・ウエスト…いや、残念ながらバストは平均以下かな。でも、成長期真っ只中。

 

041


平穏を満喫していたそんなある日、変な夢で目が覚めたら…なんとそこは「魔界」だった!突如現れた謎の女神「フレイヤ」に「戦え!」とか「あなたは神よ」とか言われ、いろんなことに巻き込まれてもう大変!なんだかよくわからないけど、と・に・か・くやったろうじゃないの!!

こうして、女子高生アサギは神となった。しかし、それは…神界、魔界、人間界を巻き込む終末の戦いの序章に過ぎなかった――。

 042

 

シンプルなシステムでありながら奥深さもしっかりと感じられるシミュレーションバトル!

『魔界ウォーズ』は、5×6マスのフィールド上最大5体のキャラクターを移動させながらスキルを使って敵を倒していくターン制のコマンドバトルRPGで、マスの青く表示された範囲内をタップするだけで移動ができたり、画面下に表示されたスキルを選択し敵に表示される”ATTACK”をタップすると簡単にスキルを発動できたりと、基本タップのみの操作で簡単にバトルを進められる。

 

また、攻撃時に”SELECT”が表示されれば攻撃対象の変更も可能で、シンプルな操作でありながら、敵を集中的に狙って効率よく倒していくこともできる。

 

キャラクターの攻撃には、「通常攻撃」のほか戦闘中任意で発動できる「アクティブスキル」と戦闘中常に能力を発揮する「パッシブスキル」が存在。特にアクティブスキルは、範囲内の敵に大ダメージを与えられるものや、味方のHPを回復するもの、敵にダメージを与えつつ1マスノックバックさせるものなど多種多様で、一度スキルを発動をすると一定のターンが経過するまで再度使用できないようになっているのが特徴だ。

 

そのため、肝心な場面でスキルが使えないといった事態に陥らないためにも、スキルの発動タイミングには十分注意するようにしよう。

 

043


さらに、スキルの中にはターンが回ってくるたびにダメージを受けてしまう”毒”、”火傷”、攻撃が失敗してしまう可能性がある”暗闇”、移動ができなくなる”移動不可”、特定のコマンドが使用できなくなる”封印”、行動不能となる”麻痺”と様々な「状態異常」を持っているスキルもある。

 

ただ攻撃に特化したキャラクターばかりを揃えて戦うのではなく、時にはバトルの流れを左右させる要因となる「状態異常」に臨機応変に対応できるキャラクターを編成することも重要な、奥深い戦略バトルを楽しめるような内容となっている。

 

この他にも、敵の後ろに回り込んで攻撃をすると与えるダメージが増加する「バックアタック」や、特定の武器のキャラクターを組み合わせるとスキル攻撃時に他のキャラクターが追撃をしてくれることがある「連携」、パーティに様々なステータスボーナスを付与できる「陣形」といった要素があり、これらのシステムを上手く活用すれば戦闘をより有利に進めることができるのが魅力だ。

 044

 

装備の組み合わせやスキル強化でキャラクターの個性を引き出していける育成システム!

キャラクターは、クエストをクリアしたり特定の素材を使用することで「レベルアップ」し、レベルが最大まで上がればレベル上限とキャラクターのレアリティを上げられる「進化」や、同じキャラクターや召喚石を手に入れればステータスにボーナスを付与できる「覚醒」でより強く成長していく。

 

キャラクター自体の育成に加え、装備欄にそれぞれ”武器”、”防具”、”アクセ”、”魔石”4種類の装備をセットすれば、ステータスを個別に伸ばすこともできる。最大3つまで装着できる”魔石”は、ピンク色を2つ装備させると”HP10%UP”、オレンジ色を3つ装備させると”攻撃力20%UP”と、

同色の魔石を揃えることで魔石本来の能力とは別の「セットボーナス」も発生するため、手持ちの魔石の種類が増えてきたら「セットボーナス」の効果も意識してキャラクターに装備させてみよう。

 

045

 

また、強化専用のアイテム”マナ”を使えば装備を最大15回まで強化可能で、強化レベルが一定値に達すると「エンチャント」と呼ばれる攻撃力や防御力が上昇する”サブ効果”がランダムで付与される。

 

エンチャントにより同じ装備でも全く能力の異なる装備品が作り出せるので、キャラクターにぴったりの最強武器を作り出していきたいユーザーにとってはこの「エンチャント」システムは特に嬉しい機能なのではないだろうか。

キャラクターの戦闘力をもっと高めたい時は、素材アイテム”オーブ”を集めて「スキル強化」を行おう。スキルのレベルが上がると、威力、発動率、回復量などが増加したり、再使用時間が短縮したりと戦闘の流れに影響を与えるスキルに成長し、柔軟な戦い方ができるようになる。

キャラクターの特徴を考慮した編成を作るのはもちろんのこと、最適な装備の組み合わせ、スキルの強化レベルなど、攻略の幅を広げることのできるやりごたえある育成を楽しめるのもこのゲームの魅力の一つであると感じる。

 046

 

ゲーム初心者から上級者まで無理なく遊べるほど良い量のバトルコンテンツ!

本作では、”神”として魔界に呼び出された女子高生”アサギ”が世界を救う物語「ストーリー」以外に、装備やマナなどを入手できるダンジョン「SPダンジョン」が実装され、シナリオを読み進めたり、効率よくキャラクターを育てたりと自分好みの遊び方ができるようになっている。

 

047

 

また、「ストーリー」には各章をクリアすることで解放される”ハードモード”、「SPダンジョン」には攻略難易度が上がっていく”階層”があるほか、指定されたミッションをクリアすることでガチャを回せる”ルビー”や素材アイテム”マナ”、スタミナを回復できる”サンドイッチ”などが報酬として受け取れる「デイリーミッション」、「実績」といったやり込みコンテンツも用意されており、ゲームの遊びごたえも十分。

 048

 

「ディスガイアシリーズ」と「ゆるドラシル」のキャラクターたちが続々と登場!

本編では、念願の主人公となった”アサギ”を始め、「ディスガイアシリーズ」に登場するキャラクター”エトナ”、”フロン”、”ラハール”や、「ゆるドラシル」に登場するキャラクター”オーディン”、”ヒルド”、”スレイプニル”など、数多くのお馴染みキャラクターたちが登場

作品同士が絡み合う彼らのオリジナルストーリーを読めるだけでなく、「ゆるドラシル」のキャラクターたちも新たに「ディスガイア」の絵柄で描かれていたりもして、本作ならではの要素をじっくりと堪能することができるようになっているのもポイントだ。

今回は、主要キャラクターたちのビジュアルとプロフィールを紹介するので、これからゲームを始めるユーザーは一度キャラクターたちの相関関係を確認してみよう。

 

念願の主人公 アサギ

苦節13年・・・長い長い歳月を乗り越えて、ようやく念願の主人公になった女子高生。
主人公になっても周りに振り回されるのは相変わらず。

049

 

魔王の息子 ラハール

魔王クリチェフスコイのひとり息子であり、魔界を統べる自称大魔王。
わがままで、身勝手な自己至上主義の固まりのような性格で、自身の力を見せ付けるため魔界を渡り歩いている。

050

 

光の神徒 ヴァルキリー

幾多の試練を乗り越え救世主と謳われた歴戦の戦乙女。
今は天界で任務についているが、その横顔はどこか暗い。

051

 

キュートな小悪魔 エトナ

ラハールに仕える野心に溢れる家来。
隙あらばラハールを倒して自身が魔王の座に就こうしているが、今のところ機会は巡ってきていないよう。亡き魔王クリチェフスコイを尊敬している。

052

 

豊穣の女神 フレイヤ

全ての種族から厚い信頼を得ている豊穣の女神。
主神であるオーディンの躾が彼女の主なお仕事。今日も今日とて彼女のツッコミは冴え渡る。

053

 

天使見習い フロン

大天使を尊敬している天使見習い。
魔王ラハールとともに行動し、悪魔に愛を説くことに熱意を注いでいる。ヒーローが大好きで、悪魔以上に暴走することもしばしば。

054

 

嵐の軍神 オーディン

全てを貫く神槍グングニル、森羅万象を操るルーンの魔術を操るヴァルハラの最高神。
普段は姿を変えて油断を誘っている、と豪語しているがどちらが真の姿かは誰も知らない。 055

 

筋金入りの熱血漢 アデル

悪魔に変えられた家族を元の人間に戻すため、自ら命をかえりみず魔王ゼノンに立ち向かう青年。
魔王ゼノンの呪いを受けていない唯一の人間でもある。一度かわした約束は命がけで守り通す強靭な意志の持ち主。

059

 

黒の炎神 スルト

巨人族を統べる灼熱の王。
趣味は温泉巡りで日々秘湯を探している。オーディンとは仲が悪い。

056

 

暗黒英雄 アクターレ

かつてはテレビに映画に大活躍だったが、今はローカル旅番組のレポーターの仕事をしている。
本人はまだまだ人気者と思い込んでおり、昔の栄光を忘れられないでいる。

 057

 

戦闘中の操作はタップのみというシンプルなバトルシステムを採用していながらも、キャラクターの組み合わせ次第で発動する追撃「連携」、敵の背後に回り込み通常時よりも高いダメージを与えられる「バックアタック」、パーティの戦闘力を向上できる「陣形」と、戦略的に戦えるシステムもしっかりと盛り込まれているおすすめのシミュレーション新作スマホゲームアプリだ!

 

”アサギ”が主人公のゲームを待ち望んでいたユーザーや、「ディスガイアシリーズ」や「ゆるドラシル」をプレイしていて”アサギ”のことを知っていたユーザーはもちろん、これから始めてプレイするユーザーも一緒になって楽しむことのできる内容に仕上がっているので、少しでも興味を持ったらぜひプレイしてみてもらいたい。

魔界ウォーズの評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

魔界ウォーズのレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

2
3