【リネージュM】2019年春正式配信決定!事前登録キャンペーン絶賛開催中のスマホ向けMMORPG。話題の大作ついに上陸!



スマホ 事前登録中 無料 MMORPG

リネージュMのタイトル画像

『リネージュM(Lineage M)』は、韓国NCSOFT開発、エヌ・シー・ジャパン株式会社運営でおくる2019年春より正式配信予定のスマホアプリで、日本でも大人気のPC向けMMORPG「リネージュ」の世界をモバイル向けに再構築した新作ファンタジーMMORPG! ※2019/2/15から事前登録受付中!

 

一足先に韓国で2018/6/21より正式サービス開始され、リリース10日でプレイヤー数が700万人超え、1日(2018/7/1)の売上が約12億円を超えるなど、韓国スマホアプリ史上最高記録を樹立しているモンスタータイトルだ。いよいよ次の配信国はPC版ファンが多い日本とのことで、今すぐ事前登録して配信に備えたい。

 

遊び方が広がるコミュニティーコンテンツ「血盟(クラン)」、ソロから大規模人数向けまで用意されたPvPコンテンツが魅力で、原作「リネージュ」の世界観が好きな人、充実したバトルコンテンツを持つファンタジーMMORPGを求めている人にオススメの人気タイトルだ。

 

事前登録キャンペーン開催中

『リネージュM(Lineage M)』は2019年春の正式配信に向け、現在事前登録キャンペーンを開催中!事前登録を済ませた人は全体の登録者数に応じて豪華なゲーム内アイテムをもれなくゲットできる。話題の超本格スマホ向けMMORPGをプレイしたい人は迷わず参加しよう。

リネージュMの事前登録画面

リネージュM事前登録キャンペーン詳細

●事前登録キャンペーン達成報酬:
10万人達成:50,000アデナ
20万人達成:ドラゴンの真珠10
30万人達成:戦闘強化の巻物(刻印)5
40万人達成:防具強化の巻物(刻印)1
50万人達成:武器強化の巻物(刻印)1
70万人達成:ドラゴンのサファイア20
100万人達成:ドラゴンのサファイア30個・武器強化の巻物(刻印)1個・防具強化の巻物(刻印)1

 

●キャンペーン期間:
2019/2/15 〜 リリース前日まで

 

●事前登録方法
(1)LINE公式アカウントの友だち登録で完了
(2)公式Twitterをフォローで完了
(3)公式Facebookをフォローで完了
(4)事前登録サイト入力フォームにメールアドレスを入力して「登録する」ボタンを押すと登録完了
(5)Google Playストアで「事前登録ボタン」を押すことで登録完了

 

▼早くも登録者数50万人突破!

2210 1

日本で2019/2/15から事前登録を受け付けている『リネージュM』は、受付開始からわずか160時間で10万人の事前登録者数を獲得するという快挙を達成。

 

2019/3/29には50万人を突破し、事前登録キャンペーン50万人達成報酬として、武器アイテムの強化に使用可能な「武器強化の巻物(刻印)1個」のプレゼントが決定した。破竹の勢いは止まらない!今すぐキャンペーンに参加して豪華な報酬アイテムをゲットしよう。

2210 2

また、50万人突破を記念し、サービス開始時に人気職業「ダークエルフ」を実装することも発表された。「ダークエルフ」は、妨害と自己強化に長けた近接最大の火力を誇るアタッカーであり、闇精霊魔法を駆使した強力な自己強化と、敵の妨害を得意とする。

 

特に自己強化に関しては他の追随を許さず、完全な強化状態であれば全職随一の近接火力を誇る。加えて、回避力を上げる闇精霊魔法も所持しており、体力は高いほうではないものの、総合的な耐久力はある職業。

 

これにより、日本での『リネージュM』サービス開始時には、君主・騎士・魔術師・エルフ・ダークエルフの5つの職業が選択可能となった。

 

MMORPGの伝説がついにスマホ化!

『リネージュM(Lineage M)』のベースとなるPC向けMMORPG「リネージュ」は、配信開始から20年以上愛され続ける本格MMORPGの代表作。もはや「MMORPGの伝説」と言っても過言ではない超大作MMORPGがついにスマートフォンの世界にやってくる。2019年最大の事件を絶対に見逃すな!

 

ゲームの舞台となるのは韓国の漫画家シン・イルスク氏が描いた「リネージュ(Lineage)」の世界をもとに構築された独自のファンタジー世界「アデン大陸」。ファンタジー作品と正統派MMORPGのテイストが見事に融合した壮大かつ壮麗な世界が広がる。

20年以上愛されるリネージュの世界を再構築したリネージュM

130億ウォンの売り上げを達成したリネージュM

【オススメポイント】スマホ向けMMORPGの大本命がついに日本上陸!

 

ユーザーを夢中にさせる「4つの楽しさ」

『リネージュM(Lineage M)』の特徴は、何と言ってもユーザーを熱中させる4つの楽しさ!自分が操作するキャラクターを成長させ、プレイヤー同士の繋がりを持ち、1人では勝つことができない強敵を倒すために結束し、やがて攻城戦や世界全体を巻き込む大きな闘争へと発展するというヒューマンスペクタクルを堪能しよう。

 

1. キャラクターを育て上げる楽しさ!

RPG作品で欠かすことができないのがキャラクターの育成。本作では広大なゲームフィールドに出現するモンスターを討伐し、各種クエストをこなし、装備品を強化することでキャラクターが強くなる。ファンタジーMMORPGの王道を行くキャラクター育成システムがプレイヤーを待っている。

キャラ育成が楽しめるリネージュM

 

2. 仲間たちと一緒に冒険する楽しさ!

本作には多くのプレイヤーが参戦し、それぞれ異なる目的を持って日夜行動している。もしプレイヤーがある目標を掲げ、その目的に共鳴するユーザーがいれば彼らは「仲間」同士の関係になれる。さらにゲームを存分に遊び尽くしたい人は大規模コミュニティー「血盟(クラン)」に加入しよう。

仲間と冒険を楽しめるリネージュM

 

3. 未知のダンジョンやボスに挑む楽しさ!

MMORPGの醍醐味を存分に味わえる、豊富なダンジョンやレイドボス戦が続々と登場!ダンジョン最深部で待ち受ける強大なモンスターを討伐して報酬を得たり、1人では勝ち目が無い巨大モンスターを倒したりするためには仲間プレイヤーとの連携も必要になる。数々のバトルに挑戦してゲームを楽しもう。

ダンジョンやレイドボスが楽しめるリネージュM

 

4. 大規模ユーザーが激突する楽しさ!

本作には小規模なPvPやPK要素以外にもGvG(ギルドバトル)と呼ばれる大規模なユーザー同士のバトルコンテンツが登場。攻撃側と守備側に分かれる「攻城戦」ではまさに「戦争」規模のバトルが実現!ユーザーコミュニティで日々親交を深め、来るべき戦いの日に備えて連携を確立しておこう。

大規模なバトルが楽しめるリネージュM

【オススメポイント】MMORPGの楽しさは全部このゲームが教えてくれる!

 

5種類のクラス(職業)が登場

『リネージュM(Lineage M)』には君主・騎士・エルフ・魔術師・ダークエルフという5種類のクラス(職業)が登場する。それぞれのクラスは外見だけではなく、バトル中に操れるスキルや攻撃特性にも大きな違いがあり、クラス選択がプレイヤーのゲームスタイルに大きな影響を及ぼすことになる。

 

▼君主

目指すは覇道か王道か。血盟に集う仲間を導くリーダー。リネージュ独特のギルドシステム「血盟」を作れる唯一のクラスで、自身が作った血盟を通して攻城戦に参加するなど、他クラスとは全く異なる権利を有している。GvGのきっかけを作り出せるクラスなので、対人戦を主導したい人にオススメだ。

リネージュMの君主

 

▼騎士

非常に高い体力と防御力を持ち最前線で仲間を守護する役割を担うファイターで、リネージュの花形クラスとも呼ばれる。高水準の攻撃力も持ち合わせているので初心者にもオススメのクラスだ。バトルで先陣を切って敵と戦いたい人やパーティープレイで「タンク」になりたい人はこのクラスで決まり!

リネージュMの騎士

 

▼エルフ

独自の精霊魔法を用い、各場面で活躍するオールラウンダー。弓を使った遠距離攻撃に秀でており、遠方から素早い一撃を浴びせることができる。プレイヤーの技量次第で後方支援から前衛まで様々なポジションをこなせるので、大規模対戦コンテンツなどでプレイするとゲームが格段に面白くなるぞ。

リネージュMのエルフ

 

▼魔術師

全職随一の多彩な魔術を操る、最高峰のスペルキャスター。PC版では「ウィザード」の名称で親しまれ、比較的低いレベルから強力な魔法を習得できる点が特徴だ。近接戦闘には不向きで、後方から補助魔法を使用して仲間を支援、または強烈な攻撃魔法で戦況を一気に打開、というプレイに向いている。

リネージュMの魔術師

 

▼ダークエルフ

妨害と自己強化に長け、近接最大の火力を誇るアタッカー。強力な物理攻撃で短時間に多大なダメージを与えることができる一方、低めのHPMPで危険な状況に晒されることも多いため、MMORPGのゲームシステムや特性を良く知る上級プレイヤーに向いたクラスだと言えるだろう。

リネージュMのダークエルフ

全てのクラスには男性バージョンと女性バージョンがある。ビジュアルを確認したい人は現在オープン中の公式ティーザーサイトを覗いてキャラクターの外見をチェックしよう。

 

【オススメポイント】パーティープレイを考慮したキャラクターを選べる!

 

韓国で圧倒的な人気を誇る『リネージュM』

ここで、2017年に韓国でいち早く配信された本作の事前登録者数と売り上げから、その圧倒的な人気ぶりを見てみよう。比較対象として例に挙げるのはほぼ同時期に発表されたスマホ向けMMORPG「リネージュ2 レボリューション」だ。同じリネージュの名を冠した作品同士の激突は興味深い結果となった。

 

『リネージュM』は、韓国で事前登録が開始されると同時に8時間という短時間で約100万人の事前登録者数を達成。その53日後には全体の事前登録者数が500万人にまで膨れ上がった。2017年当時の韓国の人口はおよそ5,147万人なので、国民の10人に1人は事前登録をしているという恐ろしい計算になる。

韓国で事前登録者数500万人を達成したリネージュM

一方関連作の「リネージュ2 レボリューション」は事前登録者数25万名を突破するまでに約1週間を要しており、300万名の登録者を達成したのは登録開始日から約3ヶ月後(IGAWorks調べによる)。この数字も日本から見れば尋常ではない値だが、これを軽く上回る『リネージュM』はまさに怪物だ。

 

1. 売り上げ面でも「リネージュ2 レボリューション」を圧倒

課金システムを利用した金額面で見ると、『リネージュM』は正式配信サービス開始当日に79億ウォン(日本円で約77,800万円)の売り上げを達成し、発売から30日間の累計売り上げは約2,060億ウォン、日本円で約2029,500万円という大記録を樹立した(※Netmarble発表に準拠)。

 

「リネージュ2 レボリューション」の場合は、正式配信サービス当日の売り上げが63億ウォン(日本円で約62,100万円)30日間の累計額は1,546億ウォン(日本円で約1523,100万円)という結果。登録者数と同様に金額面でも『リネージュM』は「リネージュ2 レボリューション」を圧倒してみせた。

リネージュMとほぼ同時期に配信されたリネージュⅡ レボリューション

韓国では「リネージュM」に飲み込まれた形となった「リネージュ2 レボリューション」。

 

誤解のないように記しておくと、「リネージュ2 レボリューション」も一般的な尺度で考えれば破格の大ヒットを成し遂げた作品で、日本版の事前登録者数も100万人を突破している。ただし『リネージュM』は誰もが予想しなかった勢いで大量の事前登録者数と売り上げを達成し、熾烈な戦いを制したのだ。

 

特別デザインのクレジットカード発行やコンビニで利用できるカードのプレゼントなど、課金要素を求めるユーザーに訴えるイベントを大々的に展開したことも『リネージュM』成功の一因と見られているが、ダントツと言っても良いほどライバルを引き離した要因は「運営サイドの迅速な対応」だろう。

 

2. ユーザーの声をいち早く反映する運営方針

こんな逸話がある。2017/6/21の韓国正式配信サービス当日、一部のユーザーから経験値獲得や課金要素が絡むアイテムに関して不満の声が上がった。そしてその翌日、「リネージュM」の運営は問題視されていた数値や価格調整を含むゲームシステムの改善アップデートを実施したのだ。

リネージュMの「アインハザードの祝福」

配信直後にユーザーの声を受けて数値バランスの調整が行われた経験値獲得システム「アインハザードの祝福」。

 

圧倒的多数の事前登録者数を獲得し、配信サービス開始当日から莫大な利益を上げている作品であれば多少の「気の緩み」が出そうなものだが、『リネージュM』の運営チームはユーザーの不満や声に真摯に耳を傾け、わだかまりや不満を解消すべく迅速な行動を取った。まさにオンラインゲーム運営の鑑だ。

 

その後も韓国版『リネージュM』は積極的にアップデートを敢行し、莫大なユーザーを継続させながら安定した運営を続けている。小手先だけのイベントを乱発せず、ユーザーに満足感を覚えてもらうアップデートを重視して運営する方針がユーザーの心をがっちりと掴んだ結果だと言えるだろう。

 

【オススメポイント】本場韓国で圧倒的な人気と売上を獲得したスマホアプリ!

 

オリジナル版『リネージュM』最新情報!

ここからは本作のゲームシステムを詳しく知りたい人のために韓国と台湾で配信中のオリジナル版『リネージュM』について見ていこう。なお、ここでご紹介するシステムは今後日本・中国・北米でリリースされるグローバル版とは一部内容が異なる点があるかもしれないが、作品の雰囲気は伝わるはずだ。

 

1.「銃士」と「ドラゴンナイト」が実装済み

韓国版(オリジナル版)『リネージュM』では2018年に新クラス「銃士」「ドラゴンナイト」が実装された。グローバル版となる日本版の初期クラスは前述の5種類だが、配信後のアップデートで実装される可能性は高い。なお、韓国版では2019/3/6から最新クラス「暗黒騎士」が実装される予定だ。

新クラスが実装されたオリジナル版リネージュM

 

▼銃士

PC版「リネージュ」には存在しなかった『リネージュM』だけの新規クラス。その名の通り「銃」をメイン武器として用いる点が最大の特徴で、近距離と遠距離どちらの攻撃にも対応できる頼もしいキャラクター。バトル中に敵の魔法を破って牽制できるスキルなども持っており、かなり使えるクラスだ。

リネージュMの銃士

 

▼ドラゴンナイト

専用武器「チェーンソード」を扱うクラスで、PC版「リネージュ」にも登場する。攻守に役立つ多彩な魔法と剣による高い攻撃力を併せ持っている点が特徴で、使える魔法には自身の力を増強するものも多い。ちなみにPC版とは魔法の種類がやや異なっており、独自の調整が加えられているようだ。

リネージュMのドラゴンナイト

 

2. フルHDグラフィックにアップデート!

2018/5/15に韓国ソウルで開催されたメディア向け会見では『リネージュM』のグラフィックをフルHD品質にアップデートすることが発表された。現在スマホ市場ではフルHD1980×1080)の解像度を持つデバイスが数多く出回っているので、これはユーザーにとって嬉しいアップデートだと言えるだろう。

 

フルHDグラフィックになった恩恵はテクスチャの細かな表現やユーザーインターフェースの読み取りやすさなど様々な場所に現れる。画面がクッキリハッキリ表示されることによって世界が鮮明になり、より一層高い没入感を得られるのだ。日本版では最初からこの品質でプレイできることを期待したい。

フルHDグラフィックになったリネージュM

 

グローバルバージョンは別モノになる?

前述のメディア向け会見では日本・中国・北米向けに発表されるグローバルバージョンについても言及された。グローバルバージョンは現在韓国と台湾で配信されているオリジナル版を単純にローカライズしたバージョンではなく、All New(全てを一新した)リネージュMとして開発されているそうだ。

 

グローバルバージョンの開発にはオリジナル版とは別のチームが携わっており、基本設定やゲームの世界観などはオリジナル版を踏襲しつつ、正式配信サービス開始から1年以上が経過したオリジナル版の内容を国と地域に合わせたものへと全面的に作り変える構想らしい。

オリジナル版とは別の開発チームが担当するリネージュMのグローバルバージョン

「全く異なる新しいゲーム」と断言されたグローバルバージョンとオリジナル版との違いが非常に気になるところだが、これまでNCSOFTが日本で展開してきたゲーム作品全てに「日本向け調整」が入っていたことを考えると、該当国のユーザーが持つ趣向や特性を反映したバージョンになる可能性が高い。

 

ローカライズされた海外のゲーム作品を数多くプレイしているユーザーの方ならお分かりだろうが、同じゲーム作品でも国によってユーザーが「面白い」と感じる部分が異なる場合があり、また「言語の壁」「習慣の違い」によってオリジナルの呼称や言い回し・表現が分かりにくくなることもある。

日本向けに調整が施されるリネージュM

韓国NCSOFTはこの点について世界規模の詳細なリサーチ活動を行い、その国のユーザーが「何を求めているのか」を大切にしながらグローバルバージョンを開発しているのだ。この点だけを見てもNCSOFTがいかにエンドユーザーを大切にしているかが見て取れる。

 

【オススメポイント】日本向けの調整が施された『リネージュM』をプレイできる!

 

知っておきたい「リネージュ」の歴史

『リネージュM』をプレイする人の中にはベースとなる作品「リネージュ」についてあまりよく知らないユーザーもいるかもしれない。ここからはMMORPGの伝説的名作PC版「リネージュ」の歴史と魅力について見てみよう。原作の世界観や歴史について知っておけばプレイを深く楽しめるはずだ。

リネージュの歴史

前述の通りPC版「リネージュ」は韓国の漫画家シン・イルスク氏が描いた「Lineage」の世界観をベースに、PC向けMMORPGへと再構築したファンタジーRPG作品で、1998年の正式配信開始以来20年以上も運営が続くモンスターIPタイトル。現在は韓国・日本・中国でプレイすることが可能だ。

日本では2002年から配信されているリネージュ

日本での正式配信サービス開始は2002/2/12から。2019年で17周年を迎えた長寿MMORPGだ。

 

PC版「リネージュ」のリードデザイナーを務めたJake Song氏は韓国で「リネージュの父」と呼ばれるカリスマ的存在で、「風の王国」「アーキエイジ」などを世に送り出したことでも知られている。現在は「月光彫刻師 (The Legendary Moonlight Sculptor)」という新作MMORPGを鋭意開発中だ。

リネージュの父と呼ばれるJake Song氏

▲2001年当時のJake Song氏。現在はXLGAMESCEOを務めるMMORPG業界の重鎮。

 

1. 時代を超えて愛される「リネージュ」

90年代後半にインターネットカフェで流行したMMORPG。「リネージュ」もそんな時代に誕生した作品だ。他者とコミュニケーションを取り合いながら同じゲーム世界を楽しむシステムは多くの若者に受け入れられ、2002年には全世界で600万人ものユーザーを持つモンスターIPになった。

2002年当時の「リネージュ」プレイ画面

▲2002年当時の「リネージュ」のプレイ画面。非常にきめ細やかな2Dグラフィックは当時から確立されていた。

 

「リネージュ」の魅力を一言で言えば「RPGの本質を楽しめる作品」だということ。異なる個性を持つキャラクターを選択してモンスターと戦い、自分のキャラクターを育成システムで徐々に成長させていくというRPGの基本的なサイクルに比重を置いたゲームシステムが世界中のユーザーを夢中にさせたのだ。

 

さらに今回発表されたモバイル版にも受け継がれている運営の迅速な対応とアップデートがゲーム世界を新鮮なまま保つことへ繋がっており、何年プレイしても新たなクエストやコンテンツで遊ぶことができる。常にアップデートが可能なオンラインゲームの強みを存分に活かした作品だと言えるだろう。

精緻な見下ろし型グラフィックを持つリネージュ

当時出回っていた見下ろし型ゲームの中でもずば抜けた精緻さが光っていた「リネージュ」のグラフィック。

 

オンラインゲームの母数が飛躍的に増え、超リアルなグラフィックを持つゲームも続々と登場する現在でも多くの人に愛されているPC版「リネージュ」には他の派生系タイトルや類似作品が到達できないRPGの本質」があり、それが今もなお世界のユーザーたちを惹きつける大きな魅力となっている。

 

2. 進化するストーリー展開が魅力

PC版「リネージュ」を語る上で欠かせないのが様々な登場人物たちが織り成す重厚なストーリー展開。ファンタジー巨編と呼ぶに相応しい深遠な世界観と多彩な人間ドラマが生み出す物語がユーザーに深い没入感を提供し、さらにゲームを進めるモチベーションを沸き立たせてくれるのだ。

 

▼「リネージュ」のオリジナルストーリー

リネージュのオリジナルストーリー

 

魔法と剣、エルフとドラゴンの時代 

前王の突然の死去から物語が動き出した・・・ 

 

前王の葬儀の嵐の日、残された若き王妃と、 

その息子デポロジューの前に、前王の従兄弟を名乗る 

「ケンラウヘル」という男が現れた。 

 

ケンラウヘルに魅了された王妃がケンラウヘルとの婚姻を結ぶと 

王位を手中にしたケンラウヘルは圧政と他国への侵略を開始した。 

民は畏怖を込め、反王または黒の王と呼ぶようになった。 

 

この事に対して、前王の息子であるデポロジューの身を案じた 

王妃の手により、前王の血盟に預けられる事となる。 

 

時は流れ、青年へと成長したデポロジューは 

いまだ圧政と侵略を繰り返し、続く戦争や軍備のための税金、 

そして子や親を失った数多くの民のため、 

平和だったアデン王国を取り戻すべく 

自身が集めた新たなる血盟「赤き騎士団」を率いて、 

反王ケンラウへルへと革命の戦いに挑む旅に出るのだった。

 

リネージュのキャラクター相関図

デポロジューを取り巻くキャラクターの相関図。物語の重要なキーパーソンとなるNPCたちの人生にも注目だ。

 

歴史の一大絵巻を見せてくれるPC版「リネージュ」の物語はアップデートによって徐々にエピソードが追加されていく持続性が特徴で、誰もまだ物語の終わりを見たことがない。さらに追加エピソードがゲーム世界を変えて進化していくため、「生きたゲーム世界」を堪能できる点も大きなポイントだ。

 

オリジナル版のゲームシステムを紹介!

それではここで現在韓国と台湾で配信中のオリジナル版『リネージュM』のゲームシステムを少しだけご紹介しよう。なお、ここに掲載するゲームシステムは日本で配信されるグローバル版『リネージュM』とは一部異なる部分があるかもしれないので、その点だけ留意していただきたい。

オリジナル版「リネージュM」のゲームシステム

 

1. クエストシステム

オリジナル版『リネージュM』のメインクエストは主にNPCの依頼から発生。該当クエストを完了することで報酬アイテムや経験値を獲得できる。なおクエストには「メインクエスト」以外に「業績クエスト」「ミッションクエスト」「血盟クエスト」などが存在し、それぞれ達成条件が異なる。

リネージュMのクエストシステム

メインクエストはアデンワールドに入ることで自動的に起動。クエストはユーザーキャラクターのレベルに応じて分類され、ゲーム序盤は選択したクラスの種類に応じて異なる村でクエストが進行。以降はグルーディン村で全クラス共通のメインクエストが展開する流れになっている。

 

2. PvPPKシステム

オリジナル版『リネージュM』PvPとPK3種類あるゾーンの種類によって制限が設けられている。「Safety Zone」ではPvPPKは禁止、「Normal Zone」ではPvPPKは可能だがキルを達成したキャラのPKカウントが上がり、「Combat Zone」では自由にPvPPKを楽しめる。

 

Normal Zone」でPK行為を行うユーザーはPKカウントが上昇して様々なペナルティを受けることになる。まず24時間警備NPCから執拗な攻撃を受けることになり、キャラの名前は「赤色」で表示。さらに死亡した場合には所持するアイテムの大半をドロップするため、プレイが厳しくなる仕組みだ。

ゾーンでPvPとPKが分類されるリネージュM

▲PC版と同様ゾーンでPvPPKプレイを切り分けたオリジナル版『リネージュM』。これならPKプレイも安心だ。

 

オンラインゲームでやたらと好戦的なプレイヤーに狙われて嫌な思いをしたことがある人も少なくないはず。PKプレイが好きな人には専用の場所を確保し、PC版と同様に幅広い層のユーザーが安心してプレイを楽しめる設計が施されたオリジナル版『リネージュM』は良心的なスマホ向けMMORPGだと言える。

 

3. クラフトシステム

オリジナル版『リネージュM』では入手した材料を利用して各種のアイテムを製作することが可能。製作するアイテムの詳細や能力値・材料はクラフト専用画面から随時確認できるので非常に分かりやすい。なおクラフトは武器・防具・アクセサリー・その他という4つのセクションに分かれている。

リネージュMのクラフトシステム

クラフトウィンドウ画面。①はアイテムリスト、②は製作結果、③は製作回数、④は材料、⑤が製作実行ボタン。

 

武器セクションでは片手剣・両手剣・弓・短剣・斧・杖など全11種類のカテゴリーに分類される武器を製作可能で、防具セクションではヘルメット・マント・鎧・シャツ・盾・靴など全8種類のカテゴリーから製作できる。クラフト好きゲーマーのニーズを満たす充実ぶりが素晴らしい。

 

4. 様々なNPCが冒険をサポート

広大なアデン大陸には多彩なロケーションが存在し、各村には「特殊商人」「よろず屋」「雑貨商人」「武器防具商人」「魔法商人」などのNPCが暮らしている。彼らはプレイヤーがゲームを進める上で欠かすことができないアイテムを取り扱っているので、プレイ中は何度もお世話になることだろう。

リネージュMのアデン大陸マップ

アデン大陸の全体マップ。多くのプレイヤーがこの地に降り立ち、日夜冒険とバトルを繰り広げる。

 

5. 血盟(クラン)システム

オリジナル版『リネージュM』の同盟要素「血盟(クラン)」はレベル30以上の「君主クラス」が創設できる仕組み。加入できるプレイヤーの数は血盟を創設した君主のカリスマ値に基づいて算出され、最大で50名までの血盟員を募集できる。ちなみにカリスマ20の君主が募集できる血盟員は40名だ。

 

血盟にはクラスを問わず加入できるが、君主クラスは他の血盟に加入することができない。加入申請や拒否するシステムなど、現在一般的なオンラインゲームで主流の同盟システムとほぼ同じシステムなので迷うことはないだろう。日本版ではどのような名前の血盟組織が誕生するか非常に楽しみだ。

リネージュMの血盟システム 

6. パーティーシステム

オリジナル版『リネージュM』では他のプレイヤーと自由にパーティーを編成できる。パーティーの最大人数は4名で、バトルや狩りで得られる報酬やアイテムは分配制で獲得する仕組み。「招待」や「参加申し込み」「脱退」「追放」「委任」などの基本システムが充実しており、気軽にパーティーを組める。

 

苦楽を共にし、一緒に冒険とバトルを楽しめるのがパーティープレイの醍醐味。原作であるPC版「リネージュ」もこの共闘システムが人気に火を付けた。日本版が配信されたらどんどん他のプレイヤーと一緒にダンジョンなどを探検して『リネージュM』の世界観を存分に味わおう。

リネージュMのパーティーシステム

 

7. ボス&ダンジョンシステム

オリジナル版『リネージュM』はMMORPGの醍醐味であるボス戦やダンジョンが充実!全てのユーザーが団結して挑む時限制バトルコンテンツ「ワールドボス」や4人のパーティーメンバーでチャレンジするインスタンスダンジョン、2018/6/20のアップデートで追加されたドラゴンレイドなど盛りだくさん。

リネージュMのバトルコンテンツ

▲2018/12/6のアップデートでは専用ボス狩りとサーバー対抗戦ができる「ワールド統合ダンジョン」も登場。

 

【オススメポイント】MMORPGのお手本のような作風が秀逸なゲーム!

 

伝説的MMORPGがスマホにやってくる!

『リネージュM』は現在も愛され続ける伝説的MMORPG「リネージュ」の世界観をそのままスマートフォンの世界で遊べるように再構築した新作スマホアプリ。MMORPGってどこが面白いの?」と思っている人や「本物のMMORPGをスマホで遊んでみたい」と考えている人は本作をプレイしてみよう!

伝説的MMORPGをついにスマホで遊べるリネージュM

【オススメポイント】伝説のPC向けMMORPG「リネージュ」がついにスマホにやってくる!

リネージュM(Lineage M)の評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

2
3