「戦国クロニクル」シンプルなシステムで熱くなれる要素盛りだくさん!全国の人と3分間の熱いオンラインバトルを行う、タワーディフェンス型リアルタイムバトルゲームだ。



スマホ サービス中 無料 RTS/MOBA

「戦国クロニクル」3分間のタワーディフェンス型バトルは、シンプルなシステムで熱くなれる要素盛りだくさん!

『戦国クロニクル』は、2019/02/13BIGBANGからiOS/Android向けにリリースされた、全国のプレイヤーたちと3分間の熱いオンラインバトルを行う、リアルタイムバトルゲームだ。

 

現代から戦国時代へ転移する形で主人公は時空を超える。GPSを利用した実際のマップを使って、武将やアイテムを取得できるなど、ガチャ以外でもプレイヤーの頑張りによって武将の獲得が可能だ。

 

タワーディフェンスゲームの様に、ユニットを戦場に配置するだけながら、投入するタイミング次第で状況が如何様にも変化する。ちょっとの見落としが、大きなツケになってしまうなど、戦況から眼が離せない。頭脳を使って相手を打ち負かしたい人にオススメのゲームだ!

 

戦国時代で活躍した武将たちが一緒に戦ってくれる!

04

戦国クロニクルでは、現代から戦国時代へトラベルする形で漂流する。そこはIFの世界になっていて、本能寺で死んだはずの織田信長が生きていたり、史実とは異なった歴史になっているのだ。

 

様々な状況に巻きこまれながら、主人公が歴史を改変していく熱いストーリーが展開されていく。選択肢があるなど、ストーリーにも幅があり、実際に自分が戦国時代に行って気分になれるはずだ。一方通行の展開が多いスマホゲームだけに選択肢があるのは素晴らしい。

 

タワーディフェンス的なゲームだけに、ストーリーがしっかりとしているとより面白く感じられる。絶対に負けられない場面で勝つために、好きな武将を揃えていったり、武将を鍛えて強くしたりしていこう。

 

仲間になった武将を育てるための育成要素もあり、1人で遊んでいても十分に遊べる内容だ。様々な武将が活躍する、怒濤のストーリー展開をぜひその目で見て欲しい。

 

駆け引き次第で勝負は2転3転する!

02

戦国クロニクルは3分間と言う決められた時間内で、相手の本陣を攻め落とした方が勝ちとなる。時間切れの場合は、戦況的に有利な方に軍配が上がるのだ。常に優勢に進めておくことも忘れてはいけない。

 

ユニットにはレア度が決められており、レア度が高い方が単純に強いと考えてもいいだろう。しかし、強いユニットだけで部隊を編成すれば強いかというとそうでもない。なぜなら、出陣させるためのコストがユニットごとに存在し、ゲージが貯まらないと戦場には送り出せないのだ。

 

強いキャラでもコストが高ければ、すぐには出陣は出来ないので、無防備な状態が続いてしまう。そこを弱くてもコストが低いユニットに狙われたら、ピンチになってしまうと言うわけだ。

 

さらに時間も3分間しかないので、高コストばかり揃えていると全てのユニットを出陣させられないこともある。プレイヤーの戦いは常にリアルタイムで行われているので、有利だと思った状況でも、相手はゲージを貯めているだけかもしれない。

 

ユニットには相性が存在し、高コストのユニットに対して、低コストユニットが打ち負かす場合もあるのだ。うまく相手のユニットを低コストでさばきながら、ゲージに余裕を持たせていくかがコツとなる。

07

ゲージを貯められて、まとめて強いユニットが投入されれば、戦況なんて軽々と変化してしまうだろう。状況を素早く見極めて、どのユニットをどのタイミングで戦場に投入させるのかが重要なのだ。この辺りの駆け引きが戦国クロニクルは抜群に面白い。

 

そして、ピンチを吹き飛ばせる総大将の奥義も用意されている。戦況を一気に傾けられるだけの力があるので、どうしようもないときには遠慮なく発動させよう。絶体絶命の危機から形勢逆転は非常に気持ちいい。

 

ゲージ貯まるのをじりじりと待ちながら、戦況を見極めていくじらされ感や攻め込みながらも、相手の手の内にドキドキさせられる感じなど、どれもこれも刺激的だ。相手の隙をついて、本陣を攻め落としたときの快感は半端ないほど大きい。シンプルなルールでありながら、奥深い人間味を味わえる素晴らしいゲームだ。

 

GPSを利用したマップ探索で一攫千金を狙える!

03

戦国クロニクルでは探索モードという物があり、GPSを利用して実際に街の中を散策し、アイテムなどを集めるられるようになっている。しかも、将魂という武将の欠片を集めれば武将がゲットできるため、利用する価値は大きい。

 

まるでポケモンGO!のように、休みの日まで外を駆け回るだけでなく、通学・通勤の合間や、普段行かないような場所も散策したくなるはずだ。街との触れあいも楽しめるので、探索モードはとてもユニークで有意義なシステムになっている。

 

しかし、標準の機能のままでは、魂のアイコンしか表示されないため、アイテムなのか将魂なのか判断ができない。おまけに誰の将魂なのかも不明だ。こんな状況では狙った武将をゲットするのは少々厳しい。

 

そこで利用してもらいたいのが、Yahoo! MAPだ。戦国クロニクルでは一部の地域限定ではあるが、Yahoo! MAPとの連動も行っている。これが非常に便利な機能でYahoo! MAPを使えば、どの武将の魂がどの場所にあるかを、簡単に把握することが可能なのだ。

 

狙った武将の将魂を探して移動していけば、より確実に仲間にするコトが出来るだろう。将魂だけでも十分面白いのだが、さらにGPSを利用した機能がある。それがを「おこぼれ」ちょうだいだ。

 

近くの人がガチャを引いて、武将を獲得したら「おこぼれ」が発生する。人が多い場所に行ったらぜひ探索モードを立ち上げて、おこぼれが落ちていないか探してみよう。

 

リアルタイムで行われるマルチバトルはかなり白熱!

05

戦国クロニクルの最大の売りとなるのが、このリアルタイムで行われるマルチバトルになるはずだ。好きな戦国武将たちを揃えて、どのような編成を組むか、そして、どんな戦い方をするのか、全てを含めて楽しめるモードになっている。

 

特に面白いのが戦い方による人間観察だろう。後出しでメタとなるユニットばかり出陣させてくるタイプや先行逃げ切りに、強いユニットばかりでごり押ししてくるタイプ。はたまた切り札をうまく隠して、隙を突いてくるタイプなど、千差万別になっているのだ。

 

人の数だけ作戦があるので、常に先が読めない展開になっている。特に実力差も武将の力も同じくらいだと、読み比べがいつも発生し、かなり白熱した試合になるだろう。どちらが勝つのかわからない状況だ。

 

マッチングは自動で行われるので、対戦したいときに簡単に相手を見つけてくれるのは非常に楽で良い。おまけに3分で試合に決着がつくので、カップラーメンを待っている間に遊べる手軽さだ。

 

これで熱いバトルが楽しめるのであれば、戦国クロニクルがいかに素晴らしいゲームなのかわかってもらえるだろう。

06

時間帯によって対戦相手も大きく異なってくる。特に昼間よりも夜の時間帯が人が多いので、実力差は大きい。たまには別の時間帯に遊んで見ると、違った雰囲気も味わえるはずだ。

 

戦国クロニクルには、1人プレイやマルチプレイ、武将を育成するRPG的な要素、そして、全てを集約する3分間のリアルタイムのバトル。プレイヤーを楽しませるシステムがこれでもかというくらいに詰まっている。非常に満足度の高いゲームだ。

 

リアルで色々な場所に移動しながら、武将を集めていき、空いた時間でマルチプレイ対戦を楽しもう。時間を有意義に使いながら、遊べるゲームを探しているなら戦国クロニクルが最高にオススメだ!

戦国クロニクルの評価・レビュー・評判(0件)

このゲームの投稿レビューはまだありません。

戦国クロニクルのレビューを投稿しよう

評価する

「投稿する」をクリックすることで、当サイトの利用規約及びプライバシーポリシーに同意するものとします。

2
3